寺院

2017年1月25日 (水)

今日も蟄居……正受老人の「一日暮らし」が気になる

Dscn4312_800x600

 今日5時過ぎの夕景です。17時過ぎ。太陽が鈴鹿の山並みに沈んだ直後です。なかなかよい景色だと思い、コンデジで何枚か撮った内の1枚です。昨日出かけたのがよくなかったのか、まだ風邪気味です(苦笑)。今日は、終日、蟄居です。
 来月依頼された講演の準備をしたり、論文や、捕物帖などを読んだりして過ごしておりました。論文と捕物帖を並べてはいけないかも知れませんが……(苦笑)。
Shoujuroujin_748x303 今日読んでいた中に、この昨日の中日新聞の切り抜きがありました。「今週のことば」というコラムで、正受老人(道鏡慧端)の「一日暮らし」という言葉が取り上げられていました。
 正受老人というのは、不勉強にして知りませんでしたが、道鏡慧端(1642-1721)の通称です。道鏡慧端は、江戸時代前期-中期の僧で、松代藩主真田信之の子です。つまり、あの真田信繁(幸村)の甥。白隠禅師の師でもあります。信濃飯山に正受庵をむすび、修行に専念し、享保6年10月6日に80歳で亡くなられています。
 「一日暮らし」とは、千年万年の始めである一日をよく暮らすようにしていると、その日は充実したものとなり、それは一生をよく暮らすことにつながるといった意味です。飯山市教育委員会から「正受老人物語」が発行されており、その概要がこちら、龍雲寺のブログで読めます。

| | コメント (2)

2016年11月 2日 (水)

九華公園にユリカモメ、ツツドリらしき鳥も……住吉入江でカイツブリの漁

Img_9525_800x533_2  九華公園にユリカモメがやって来ました。「冬の使者」の代表といってよいImg_9447_800x579_2 でしょう。今日は2羽が、10時半すぎに二之丸堀の東側に登場。去年は、10月24日に初めて1羽が飛来。次は、11月16日でした。

Img_9416_800x586_2  早速、いろいろなシーンを撮ることができました。やはり鳥は、飛んでいるImg_9481_800x533_2 ところが美しいですねぇ。ほれぼれします(自分の写真にではありません。鳥の方にです)。

Img_9412_800x533_2  キンクロさんたちに混じって餌をもらっていましたが、ユリカモメの方が運動能力が高く(ユリカモメは、浮いていてもそこからすぐに飛べますが、キンクロさんたちカモは、助走を付けないと飛べません)、ユリカモメが餌を独占してしまいます。

Img_9562_800x533_2  今日は、もう一つよいことがありました。九華公園の外周遊歩道東を歩いていたら、目の前にこの鳥がやってきました。最初は、ヒヨドリかと思ったのですが、ヒヨドリよりはかなり大きく、カッコウの仲間のツツドリかなと考えています。夏鳥で、秋の渡りの時には、市街地の桜の木などにやってくるとありました。

Img_9564_800x551_2  追いかけたのですが、結局、北側の野球場を越えて飛んで行ってしまい、あまりはっきりした写真は、撮れませんでした。

Img_9280_800x547_2  さて、ここからは時間的順序に沿って行きます。住吉水門の内側には、カImg_9304_800x566_2 イツブリと、オオバンが1羽ずつやって来ていました。珍しいシーンが撮れました。右の写真をご覧ください。魚を捕らえたところです。初めて見ました。カイツブリの体の大きさに比べ、かなり大きな魚を捕まえるものだと感心します。もう少しクリアに撮れていればよかったのですが……。

Img_9299_800x604_2  オオバンは、冬になるとここ住吉入江や、七里の渡し跡などにも姿を見せます。今日は、住吉水門の内側にある浮き桟橋のところで、桟橋についた藻のようなものを啄んでいました。

Img_9317_800x521_2  住吉神社前から見える、揖斐長良川の中州。今日はアオサギは7羽。拡大していただいても、よく分からないとは思いますが、自分の記録のようなものです。ご容赦ください。

Img_9345_800x540_2  九華公園のカモたち、今日は、合計47羽と、昨日に比べやや少なくなってImg_9353_800x545 いました。キンクロさんが44羽。ハシビロガモが2羽(オス、メス1羽ずつと見えました。右の写真)。そして、ホシハジロのオスが1羽(左の写真)。

Img_9371_800x583  ナナちゃんのお父さんから(この方も鳥好きでいらっしゃいます)から、「コImg_9383_800x607 ガラの群れがいた」という情報をいただいたのですが、見つからず。代わりにシジュウカラと、メジロ。曇天になって、証拠写真(苦笑)。

Img_9507_800x595  公園内の野球場では、フェンスの上にハクセキレイが1羽。グラウンドにImg_9537_800x554 は、セグロセキレイ。これらの他にも、ハクセキレイが2羽、戯れながら飛んでいました。

Img_9552_800x597  野球場の東側のフェンスには、メスのモズ。九華公園では久しぶりにモズImg_9571_800x611 の姿を確認しました(鳴き声はしていたのですが)。また、久しぶりといえば、ジョウビタキのメス。外周遊歩道の東の電線の上。ツツドリらしき鳥を追いかけて、少し戻ったところで発見。

 だんだんと冬の役者たちがそろってきて、散歩が楽しみになります。

Img_9605_800x577  散歩は、9時半から12時。ちょっとした用事で遅くなりました。住吉神社かImg_9613_800x542 ら九華公園、京町、寺町と回り、もう一度住吉水門の方へ(オオバンや、カイツブリがまだいるか、見に行ったのです)。5.8㎞。帰りがけに立ち寄った住吉入江にて、ハクセキレイ2羽。左のハクセキレイ、やたら白いような気がします。下から見上げたからかも知れません。

Img_9615_800x538  諸戸氏庭園の東側、桑名七里の渡し公園との境にある電線には、よくカImg_9620_800x598 ワラヒワや、キジバトがいます。時にはモズが止まっていることもあります。


Img_9406_800x533  九華公園で巣作りをしていたコゲラ、日曜日から姿を見ません。これだけきちんとした巣穴を作ったのに、どうしたのでしょう? 鳥の行動、よく分からないことがたくさんあります。

Img_9603_800x533  余談であります。10月31日の中日新聞朝刊の「くらし歳時記」に「菩提樹の実」という記事がありました。「菩提樹の苞がプロペラのようにくるくる回り、種を運んでいる」というのが、気になって、寺町の桑名別院で見てきました。が、ご覧のように、実がなっているだけ。風もあまりありませんでしたし、また見に行こうと思っています。ちなみに、お釈迦様がその下で悟りを開いたというのは、印度菩提樹で、日本にある菩提樹とは違うのだそうです。

| | コメント (4)

2016年10月20日 (木)

九華公園にはホシハジロのオス登場……吉津屋堀で大きなカニ(いったい誰ぁれ?)

Dscn0516_800x600 最低気温20℃、最高気温28.1℃だそうです。道理で朝から「ちょっと暑いDscn0543_800x599 な」と感じるわけです。明日の朝は、気温が下がるそうですから、風邪を引かないようにしなくてはなりません。冒頭の写真は、諸戸氏庭園の煉瓦蔵。手前は、桜の木。土手の雑草はいただけませんが、好みの景色。今日は8時半から11時過ぎまで6.0㎞も歩いてきました(苦笑)。いつもの住吉神社から九華公園、貝塚公園のあと、吉津屋町あたりから旧東海道をちょっと南に下って、吉津屋見附跡まで足を延ばしてきたからです。右の写真で、「現在地」とあるあたりまで。ここは、旧東海道が、枡形になっています。その後は、吉津屋堀、寺町とたどってきました。

Img_6559_800x601  今日はまず、こちらから。九華公園の堀にホシハジロのオスが1羽、登場しImg_6584_800x553 ました。ただし、昨日いたオナガガモのメスと思われるカモは、不在。ハシビロガモのメスは、今日もいてくれました(右の写真)。

Img_6515_800x533  この2羽を含み、今日の九華公園には、カモは計16羽。当初は、二之丸堀Img_6540_800x532 の東西に分かれていましたが、グループは適宜離合集散するようです。左は、吉之丸堀の西、神戸櫓の下にいたキンクロさんたち。この近くにハシビロガモのメスもいました。右は、東屋の東にいたカモたち。この中にホシハジロのオスがいます。

Img_6479_800x586  さて、アオサギさんを何羽か見ました。左の写真は、川口水門(七里の渡し跡のところ)の上流側にいたアオサギさん。住吉水門のところから撮ったもので、200mほど先。この他、住吉神社の前の中州にもアオサギが3羽いるのが見えました。

Img_6490_800x532  吉之丸コミュニティパークの西側、水門近くにも1羽のアオサギ。そっと近Img_6494_800x533 寄ろうとしたのですが、30mほどの距離があったにもかかわらず、逃げました(笑)。揖斐川を越えて、長良川との中州方面へ飛び去りました。

Img_6505_800x552 九華公園、鎮国さんの社務所の裏の、いつもの場所にもアオサギさんがImg_6507_800x537 いました。ここに来るアオサギはいつも同じ個体のように思えます。興味、見ていたほとんどの時間、身繕いに費やしていました。

Img_6475_800x573  今日は、モズも、諸戸氏庭園の東や、六華苑入り口のイチョウの木、また、九華公園でも2箇所で見たのですが、残念ながら、きちんとした写真は撮れず仕舞い。左は、六華苑入り口のイチョウの木のてっぺんにいたモズ。100数十m先ですから、そもそも250mmズームでは撮れません。

Img_6467_800x546  代わりに、スズメさん。住吉神社のあたりにはいつもスズメがいます。普Img_6470_800x560 段は滅多に撮らないのですが、今日は気になって撮ってきました。休憩所や、案内板の上で遊んでいるところです。

Img_6484_800x570  川口水門に来たハクセキレイ。もう1羽やって来たのですが、そちらはピンぼけ写真(苦笑)。貝塚公園では、ヒヨドリなどはいたものの、これという鳥はいません。

Img_6615_800x580  ところで、吉津屋堀で、こんな大きなカニを見つけました。モクズガニかとImg_6629_800x532 思ったのですが、そうであれば、体長はせいぜい数㎝。ちょうど流れてきた落ち葉の何倍もの大きさがありました。ガザミでもありません。いったい誰なのでしょう? よく分からないこと、知らないこと、この年になっても多々あります。もう少し調べますが、ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。

Img_6645_800x532  オマケは、御坊さん(桑名別院本統寺)の山門前でとった落ち葉などの写Img_6649_800x533 真。ここにはソメイヨシノの木が何本かあります。夏は涼風が通り過ぎ、これからの時期は日だまりになり、一休みに好適な場所です。

| | コメント (2)

2016年9月19日 (月)

彼岸の入り……ヒヨドリ、シギ(?)、ヒガンバナ、猫歩き

Dscn8924_800x600 彼岸の入りだそうです。桑名別院本統寺でも、本堂に飾りがなされていましDscn8927_800x397 た。お墓参りをなさる方もチラホラといらっしゃいました。小生は、本堂に向かってお参りして来ました。寺町商店街から、桑名別院に入るところには、右のような「寺院案内」の看板が出ています。

Dscn8877_800x600  さて、午前中は雨という予報でしたが、降らないような空模様でしたし、雨雲レーダーを見ても、しばらくは降りそうにありませんでしたので、歩いてきました。昨日など、出歩かなかったら、1日の歩数が、932歩ととんでもない数値だったこともあります(苦笑)。いつものように、8時50分から2時間弱。住吉神社から九華公園、京町、寺町と5.1㎞。

Img_2415_800x566  住吉神社前から七里の渡し跡方面に向かって歩いている時、揖斐川の水Img_2416_800x521 面近くを2羽の鳥が飛んでいきました(下流に向かって)。慌ててシャッターを押したのですが、何だかよく分かりませんでした。パソコンで見ると、シギの仲間のようでした。このあたりでシギの仲間を見ることはあまりありません。

Img_2425_800x557  七里の渡し跡の川口水門から漁船を撮ったら、ちょうどカワウが1羽飛んできました。川の向こう岸は、なばなの里。夕方、家内が、「イルミの試験点灯しているんじゃない?」といっていましたが、確認できませんでした(灯りは付いていましたが、イルミではないと思います)。

Img_2458_800x589  九華公園では、久しぶりにあちこちで、ヒヨドリの姿と鳴き声が。ただ、このImg_2522_800x643 曇天では、クリアには撮れません。一応、証拠写真を載せておきます(苦笑)。


Img_2463_800x532  他には、カワウさんたちくらい。野球場の照明灯の上に数羽。揖斐川から水を入れていると、魚も入ってきて、カワウももう少したくさん集まるようですが、今日はダメでした。

Dscn8892_800x600  やむなく、今日もまたヒガンバナで遊んでみました。花菖蒲園のところも、Dscn8913_800x600 鎮国さんの裏手や、社務所の裏もかなり咲いてきました。朝方雨が降っていましたので、花には水滴が結構付いていました。これらは、花菖蒲園のところで撮ったもの。

Img_2457_800x572  水滴にはなかなかうまくピントが合いません。そこで、いつものように、Img_2481_800x594 「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式で撮って選んでみました。左の写真には、花の赤が写り込んでいます(花菖蒲園のところ)。右の推定には、ヒガンバナの茎が写っています(鎮国さんの裏手)。

Dscn8904_800x600

 去年もやりましたが、花の裏側(下側)からの写真も撮ってみたのですが、曇天では今ひとつでした。ヒガンバナの赤色もイマイチ鮮やかにはなりません。また天気のよい日に再挑戦です。

Img_2513_660x800  オマケは、「猫歩き」。今日は、九華公園で5匹の旅ネコさんに遭遇。ベスImg_2512_800x533 トショットは、左の写真。このネコさん、普通に撮ると右のようなふうです。

Img_2509_800x532  本丸跡の藤棚近くに3匹が集まっていました。あまり見ない顔ぶれでしたImg_2517_800x532 が、近づいても逃げず、多少相手をしてくれました(笑)。

Img_2531_800x532  台風16号が九州に接近しています。東海地方へは、明日の午後以降近づくようです。大雨と高波に注意ということです。被害なく通り過ぎてくれることを願います。

 

| | コメント (0)

2016年9月12日 (月)

ヒガンバナが出始めました……コゲラの餌取りや、昨日、浄土寺を案内した話も

Dscn8564_800x569 萩があちこちに咲いてきました。萩が咲き始めると、残暑はもう来ないと何かで読んだ記憶があります。そう願いたいものです(写真は、昨日・9/11に九華公園で撮影)。秋雨前線が停滞しているということで、今週前半は天気は良くないようです。今日も夜から降るという予報。気温は28.5℃だったようですが、湿度が高く蒸し蒸ししていて、いやです。

Img_2142_800x573  さて、早いところでは、もうヒガンバナが咲き始めたと聞きますので、散歩しImg_2145_800x532_2 ながら探していました。なかなか見つけられなかったのですが、今日、鎮国守国神社の拝殿の裏で、ヒガンバナが出てきていました。まだ出始めたばかりで、「咲いた」といえるものはありません。

Img_2131_800x533  九華公園でも管理事務所の南や、外周の遊歩道の南にありますし、土曜日(9/10)に出かけた大山田川沿いでも咲きます。伊勢大橋のすぐ北にある長願寺のところでは、数年前までシロバナヒガンバナが咲いていました(その後、改修工事でなくなってしまっています)。小生自身は、とくに好みの花ではありませんが、季節の花として、また、被写体としては気になります。

Img_2070_800x617  鳥はたくさんはいませんでしたが、コゲラをすぐ近くで撮ることができました。Img_2081_800x591 九華公園の朝日丸跡。数メートル先の木にやって来て、餌となる虫をほじりだしていました。懸命になっているあまり、こちらの存在は気にならなかったようです。

Img_2076_800x596  これらの3枚は同じ個体ですが、近くにももう1羽いましたし、本丸跡などでも鳴き声が聞こえていました。


Img_2105_800x567  シジュウカラと思って見ていたのですが、写真で見ると、シジュウカラならば胸にある「黒ネクタイ」がないような気もします。ヒガラなのかも知れません。正面から写真が撮れませんでしたので、確認はできませんでした。ヒガラも、シジュウカラも鳴き声は、「ツッピー、ツッピー」と似ています。場所は、野球場のライト側フェンスに近い枝垂れ桜の木。

Img_2119_800x592  その野球場のフェンスには、シジュウカラ(目が写っていませんし、写真としてはイマイチです)がいました。上のヒガラ(?)と一緒に行動しているようでした。

Img_2040_800x529  その他の鳥さんたち。ハクセキレイは、吉之丸コミュニティパークにて。ここの藤棚で、鳥好きのSさんに遭遇。望遠鏡を取り付ける三脚をずっと探していらしたのですが、小生が朝日町のモ○マ○アにありませんかとお話ししたら、早速行ってこられ、気に入ったものを見つけることができたとよろこんでいただけました。

Img_2044_800x599  九華公園の奥平屋敷跡の石碑の近くには、カワラヒワが数羽。曇っていImg_2049_800x577 ましたので、こんな写真です。右の写真など、ムクドリかと思ったくらい(苦笑)。


Img_2052_800x532  しばらくカルガモの姿がありませんでした。今日は、奥平屋敷跡から東に行く橋の下にカメさんと一緒に休憩中でした。見当たらない時は、どこにいるのかは、相変わらず謎です。

Img_2101_800x584  今日の散歩は、8時45分から2時間あまり。例のように、住吉神社から九華公園、京町、寺町と4.9㎞。蒸し暑く、結構汗をかきました。


Img_1903_800x532  ところで、昨日もサボらず散歩には行っていました。似たようなコースで、Img_1904_800x533 4.5㎞、2時間半ほどです。トピックスだけ載せます。写真は、住吉水門の内側にある浮き桟橋。ときどき船巡りの船の発着に使われます。昨日は、流木らしきものが置かれていました(今日はありませんでしたので、誰か持ち去ったのでしょうか?)。

Img_1909_800x533  この桟橋のすぐ西に県道が通っています。住吉入江の上で、奥(西)に見えるのが、住吉ポンプ場。ここは、Img_1907_800x533 隠れた釣りスポットのようで、釣りをしている人がよくいます。昨日も2組。日陰になりますし、風も通って涼しいのです。ハゼが釣れるようですから、小生も子どもの頃を思い出して、一度ハゼ釣りでもしてみたい気がします。

Img_1911_800x522  揖斐川の堤防から、揖斐長良川の中州の南端を見たら、何かいました。Img_1912_800x554 「鳥にしては大きいし、形が違う」と思って、よくよく見ましたら、釣り人でした(笑)。向こう(長良川の方)を向いて、川の中に立っているのか、何かに乗って浮いているのかよく分かりませんが、釣りをしているようです。

Dscn8567_800x600  鎮国守国神社の「御車修祓殿」、完成が近いようです。お社の前には、石Dscn8571_800x600 畳が敷かれ、周囲には玉垣がしつらえられつつありました。ちなみに、玉垣、1つを奉納するのに、20~30万円だそうです。実費はこんなにはしないと思いますが……。

Dscn7890_800x570  散歩をほぼ終え、三崎見附まで戻ってきたら、ハイキングの一団の方かDscn7897_600x800 ら、「浄土寺はどこですか?」と聞かれました。「本多平八郎忠勝の墓所が見たい」ということです。NHKの大河ドラマ「真田丸」が始まってから、ときどき尋ねられるようになりました。おもしろいことに皆さん「本多平八郎忠勝とフルネーム(?)でおっしゃいます。

Dscn8213_600x800  本多忠勝公については、吉之丸コミュニティパークの入り口に銅像がありImg_0775_800x533 ます。この銅像は、立坂神社が所蔵する「紙本淡彩 本多忠勝像」がもとになっていると思います。リンク先に画像があります。江戸初期のもので、作者は不詳、出陣姿を描いたものだといいます。この銅像を写真に撮っている方もよく見かけます。

Tadakatsu_1024x515  桑名中心街マップの一部です。浄土寺と本多忠勝像は、赤丸で囲んであります。その他、小生の散歩コースでよく登場するところは、赤枠をつけてあります。ご参考までに。

| | コメント (4)

2016年8月23日 (火)

九華公園でアオサギ……浄土寺の地蔵盆と、メダカの余談

Dscn7878_800x600 暦の上では、処暑で、暑さが落ち着く時期といいますが、今日も桑名は、34.6℃の暑さ。雲には、秋の気配も見て取れますが、実際には暑くて耐えられません(苦笑)。冒頭の写真は、住吉神社。9時前の西の空であります。今日もいつもと同じように、8時40分スタートで散歩(修行? 巡回?)であります。吉之丸コミュニティパークで散歩友達のWさんの話を40分ほど聞くこととなり、ちょっと調子が狂いました(苦笑)。九華公園、寺町と回り、清水町の浄土寺(今日、明日と地蔵盆です)を経て、11時過ぎに帰宅。4.8㎞。汗だくでした。

Img_0111_800x588  九華公園を出るとき、散歩友達のナナちゃんに久しぶりに会いました。余りに暑いせいか、ちょっとだらしない格好。これでも女の子です(微笑)。ちょっとあられもない姿でした。ワンちゃんも、さすがに食欲が落ちるそうです。食べ残したドッグフードは、冷凍して、次の日、ハトの餌になるそうでした。

Img_0013_800x528  今朝6時半頃の写真ですが、久しぶりに木曽御嶽山の姿が見えていました。夏の間はほとんど見られません。秋から冬になるとよく見えるようになります。ちょっとだけ、「秋も近いかな」と思わせてくれました。

Img_0067_564x800  さて、今日は何と言っても、こちらから。アオサギさんです。「昨日も見ただろImg_0087_800x599 う?」とおっしゃるかも知れませんが、九華公園に来ていたのです。奥平屋敷跡にあるステージの裏にいました。ステージのところに来たとき、何となくアオサギがいるような気がしたのです(アオサギ・センサー稼働中です……なぁんちゃって)。10数mのところから撮ることができました。堀をのぞき込む動作も繰り返していたのですが、15分ほど見ていた限りでは、餌はゲットせず。

Img_0090_800x555  二の丸跡から撮った写真。以前、「お立ち台」と呼んでいたところです。前は、ここによくアオサギが来ていたのですが、この頃はさっぱりでした。好みの場所というのがあるのだろうと思いますが、このアオサギさんにもここを好きになってもらいたいものです。この後、本丸跡などを回って、外周遊歩道に来たら、もういませんでした。

Img_0037_800x593  吉之丸コミュニティパーク、Wさんに捉まる前、ハクセキレイを3羽。余り暑い時期には、このあたりではハクセキレイを見かけませんから、少しは暑さが和らぐサインかと期待します。

Img_0040_800x541  こちらの2羽のハクセキレイは、戯れ合って飛んでいたもの。ペアなのかImg_0042_800x565 も知れません。



Img_0043_800x545  九華公園でこの頃ときどき見かける光景。エノキなのですが、ムクドリがImg_0109_800x603 たくさん集まって、まるで実がなっているかのようです。



Img_0095_800x599  他に九華公園で見られたのは、カワウさん。野球場の照明灯の上で、口を開け、のど元をブルブルしていました。カワラヒワや、シジュウカラの鳴き声もしていたのですが、姿はなし(残念)。

Img_0113_800x533  夕方6時前、浄土寺の地蔵盆の様子でも見てこようと、本日2度目の散歩Img_0114_800x526 に出ました。名古屋の方の空を見たら、ご覧のような入道雲。予報では、夕方、にわか雨といっていましたから、名古屋方面では降ったかも知れません。ちょうどセントレアに着陸する飛行機も飛んでいました(ズームをつけていなかったので、ちょっと分かりにくい写真でした)。

Img_0125_800x533  浄土寺の地蔵盆。もっと賑わっているのかと思ったのですが、案外でした。ちょっと早過ぎたのかも知れません。本堂の前に机が出て、子どもたちが座っていました。「お金をもらって、飴を渡して……」という声が聞こえてきました。飴? 買ってきませんでした。たぶん誰も食べないからです(苦笑)。

Dscn7892_600x800  袖野山浄土寺であります。袖野というのはこのあたりの古い地名と聞いDscn7891_800x600 ています。説明によれば、永承4年(1049年)、海中から出現した地蔵尊を安置したのが始まりといいます。桑名藩初代藩主・本多忠勝公の「慶長の町割り」により、現在地に移っています。本多家の菩提寺であり、忠勝公の本廟となっています。地蔵盆は、我が家の近くでは、北桑名神社の脇にあるお地蔵さんでも開かれ 、そこからは、石取祭に使う金・太鼓の音が聞こえてきています。こちらの方が、賑わっているかも知れません。

Dscn7914_800x609 余談であります。メダカ、その後も元気に育っています。ご近所のSさんかDscn7910_800x572 ら、「大きくなったら、ください」といわれていましたので、昨日、5匹を差し上げました。左は、Sさん宅のメダカ・ハウス。陶器製の鉢です。我が家もこういう住まいを提供したいと思っています。Sさんからは、冗談半分なのか、「いつでも世話をしていただいて構いません」といわれています(苦笑)。

| | コメント (2)

2016年8月18日 (木)

実家で遅れてお墓参り……田んぼアートの今(微笑)

Dscn7563_800x600 稲がかなり実って来ました。今日は、家内の実家へ出かけたのですが、国道23号沿い、鈴鹿市内ではあちこちで稲刈りが行われていました。8時半に出発したら、23号線の下りは空いていて、楽でした(1時間半ほど)。ただ、帰りは、19時に出てきたのですが、四日市市内で大渋滞。この頃、朝は上り車線が、夜は下り車線が、よく渋滞しています。国道1号に迂回したのですが、2時間以上(涙)。

Dscn7566_600x800  旧のお盆期間は、道路も混雑しますので、家内の実家へは行っておりませDscn7561_800x600_2 んでした。そこで、遅ればせながら、お墓参りへ。ご先祖様からお叱りを受ける覚悟であります(苦笑)。家内の父は、「あぁ、あっつ(暑いの意味)」が、口癖でしたから、お墓からそういう声が聞こえてきそうでした。浄土真宗高田派圓浄寺さまであります。永享元年(1429年)に草創されたお寺ということです。足利義政が将軍だった頃です。当初は、天台宗だったそうですが、寛文元年(1661年)に浄土真宗高田派に変わったとお寺の沿革にあります。冒頭の稲の写真は、お寺の山門前のものです。

Dscn7568_800x600  圓浄寺さんの掲示板。いつもの散歩のときも、お寺の掲示板はよく眺めてきます。たいてい、このように何か「お言葉」が書かれています。納得できるものもありますし、失礼ながら、ちょっとなぁと感じるものものあります。これは、なるほどと思いました。手を合わせる意味が書かれていたからです(屁理屈好き故、ご容赦ください)。

Dscn7570_800x600  それにしても、暑い日でした。蒸し暑い。車庫の片付けなど、少ししたのですが、汗だく。午後からは、にわか雨。余計に蒸し暑くなりました。写真は、実家前の水田。前にも書きましたが、米粉を採るための稲が植えられています。普通の米よりも遅く田植えが行われたのですが、それでも青々としてきました。

Dscn7574_800x600  さすがに暑くて、「今日は、接骨院はいいから、買い物だけ」となり、イオンへ。小生は近くの本屋へ。イオンの中にも本屋はあったのですが、閉店して、サイクルショップに模様替えされています。5分ほど歩くと、宮脇書店のかなり大きな店舗があります。最近は、ここへよく行っております。

B0145296_14353353  そうそう、今年も、田んぼアートがつくられていて、植えられてすぐに見に行ったのですが(6/28、家内の実家へ……今年の田んぼアートは、温泉につかる干支のサル)、その後、ちょっとしたアクシデントが発生。黄色い稲が全滅してしまい、ビニールを使った人工稲(?)の代用品が植えられています(吾作の榊原温泉だより田んぼアートの今)。最近の様子と、上から撮った写真を、吾作の榊原温泉だよりさんからお借りしました(田んぼアート 上から見ればバッチリ )。それなりに見られると思います(微笑)。

| | コメント (0)

2016年8月15日 (月)

巨大松ぼっくり、ハクセキレイのバトル、鬼灯に、カニ釣り

Dscn7508_800x598 とてつもなく大きな松ぼっくりです。今日、九華公園の管理事務所でいただきました。しばらく前から、大きな松ぼっくりをたくさん届けてくださった方がいらっしゃるという話は聞いていたのですが、これほど大きいとは、驚きです。小生の知識では,どういう種類なのか特定できませんが、調べると、大王松<だいおうまつorだいおうしょう>という松の木の松ぼっくりに似ています。もらってきたのは、長さ13cm、直径10cmほど。大王松は、アメリカ原産、高さは20~40mになるそうです。葉は、20~30cmとなり、3個が束生するといいます。そして、松ぼっくりは、長さ15~25cmになるとありました。こちらにその松ぼっくりの写真がありました。オブジェではありませんが、室内に飾ってあります。

Dscn7496_800x600  さて、曇っていて、ムシムシし、昼過ぎにはかなり強い雨が降りました。いつものように、8時40分くらいから、降られるかなと思いつつも散歩に。今日は、住吉神社から九華公園、赤須賀神明社、寺町と5.4㎞も歩いてしまいました(苦笑)。2時間ほどです。天候のせいか、散歩友達の方にはほとんど会えず仕舞い。

Img_8828_800x567  こういう日は鳥もあまりいません。揖斐長良川の中州にアオサギなどの姿Img_8829_800x564_2 もなしでしたが、船津屋さんの裏あたりで、ハクセキレイ2羽が、バトル(?)を展開していました。テキトーにシャッターを押したら、それなりに写っていました(笑)。本当にバトルなのか、よく分かりません。絡み合いながら、七里の渡し跡方面へ飛び去りました。

Img_8838_800x616  九華公園。管理事務所で、管理人のOさんと話し込んできました。そのときに、松ぼっくりをいただきました。九華公園では、これということはありませんでしたが、ボラのジャンプが撮れました。たいてい2~3回連続して跳ねますので、うまく行くとこういう写真が撮れます。

Dscn7519_800x600  その後、赤須賀神明社へ。8月の旧盆に祭事として石取祭が行われるのDscn7515_800x600 です。8月14日神明社の神楽太鼓を合図に一斉に叩き出し、15日試楽の町内練りを経て、16日本楽渡祭が行われます。祭車は、開勢町・市場町・蛭子町・弁天町・宮本町・港町の6町内に1台ずつ、6台の祭車があるそうです。

Dscn7511_800x600  もちろん、午前中に出かけても、祭事は行われていないのですが、神社Img_8841_577x800 がどんな風になっているかだけでも見てみたいと思ってのことです。右上の写真にある案内板には、「古くは桑名石取祭の祭車行事(春日神社の石取祭)にも参加していたようですが、独立し街区の整備とともにまつりの形が整い、現在のような形となりました」とありました。昨日の夜、我が家にも鉦・太鼓の音が聞こえてきていました。


Img_8850_800x551  寺町では、いつものように桑名別院にお参り。睡蓮はまだ、1~2輪ずつ咲いています。お墓参りの方の姿はチラホラありました。本堂からは、阿弥陀経のど今日が聞こえてきていました。

Img_8854_800x533  月曜日は、寺町商店街は定休日なのですが、お盆期間であるためか、花Img_8852_800x617 屋さん、仏壇屋さんなどは営業していました。花屋さんの店頭には、鬼灯がたくさん売られていました。お盆というと、この鬼灯のイメージがあります。ただ、我が家に関しては、親父の実家あたりの地域が、なぜかお墓を作らない習慣があり、それを受け継いで、お墓がありません。子どもの頃から、お墓参りをしたことがありませんでした結婚してからは、家内の実家のお墓参りはするようになりました)。

Img_8867_800x565  帰り際、寺町交差点近くの堀で、男の子と、そのおじいさん(と思います)Img_8873_800x568 が、カニ釣りをしていました。棒きれに糸を結び、先端には、さきいからしきものが付いています。堀の石垣の隙間にモクズガニでしょうか、いましたが、すぐに餌に飛びついていました。

Img_8880_800x590 一度目は失敗。二度目になってうまく行きました。男の子の方よりも、おじImg_8883_800x580 いさんが一所懸命になっていました。昔を思い出して、のことのような気がします。微笑ましい光景でした。小生は、子どもの頃、カニ釣りはしたことがありませんが、同じようなやり方で、ザリガニを釣って、それを餌にハゼを釣ったことがあります。

 今週は、水曜日に相談会で名古屋へ。お二人の予定。資料を読み終え、ほぼ方針を立てたところです。明日はその見直し。台風もまた発生して、その影響でか天気がよくないようです。

| | コメント (4)

2016年7月 2日 (土)

朝稽古で親方は渋い顔、七里の渡公園で「カラスが行水」

Img_4756_800x533 今日は、峰崎部屋の朝稽古が見られました。なかなか迫力のある写真は撮Img_4791_595x800 れませんが、今日の「自画自賛」ショットはこちらです(爆)。右の、親方の写真もいいかもしれません(苦笑)。さすがに親方、稽古中は厳しい表情です。「そんな相撲じゃ、ちっとも疲れないだろう!」などと厳しいことばが飛んでいました。

Img_4767_533x800  こちら、黙々と鉄砲をこなす若手。地道な稽古が実を結ぶことを祈ります。

Img_4776_800x533  何枚も撮ったのですが、なかなかこれはというショットはありません。向こう側のお相撲さん、アフロヘアではありません。それと、この向こう側のお相撲さんが、親方から「疲れないだろう」と言われていました。

Img_4819_800x597  娘からは、「そんなお尻の写真、載せてどうするの!?」と言われたのですが、ひょっとしたらお好きな方がいらっしゃるかと思って、敢えて載せました(爆)。

Dscn5785_800x600  土曜日ですので、平日よりもギャラリーはたくさんでした。カメラを持った方もいらっしゃいますし、少し離れたところからじっと見守っている方もいらっしゃいました。それぞれに朝稽古を見るスタイルがあるようです。


Img_4825_800x533  さて、こちらは打って変わって、九華公園の管理事務所前。プランターに花菖蒲が植えられていますが、先日の株分け会の後、ここも管理の方が、土を入れ替えておられました。ここは、プランターでも育てられるという、一種のショーウィンドウのような意味でつくっていらっしゃいます。

Img_4834_800x533  先日見つけた、キジバトの巣。見つけた人その翌日くらいは、キジバトが座っていたのですが、それ以降は、空っぽ。ひょっとしたら、小生たちがこの下で、あれこれ言っていたのが気に入らなくて、他に引っ越したかも知れません。

Img_4841_800x552  鎮国さんの社務所前の電線。今年巣立ったツバメのこと思いますが、3羽Img_4845_800x533 が休憩中。たまに親らしきツバメがやって来て、空中で飛びながら餌のやりとりをしているようでした。飛んだり、餌を採ったりの訓練なのでしょう。

Img_4863_800x569  ツバメ続きで、まずは、京町柿安本店近くの巣。5羽とも元気だと思うのですが、しっかり確認したわけではありません。親は頻繁に餌を運んできていました。

Img_4889_800x534  吉津屋町にある巣。親ツバメがずっと巣に就いていましたし、ときどきもうImg_4880_800x575 1羽がやって来て様子を見ているようでした。右は、巣の様子を見に来た親ツバメ。この巣のある向かいの電線に止まって、身繕いをしたりしていました。

Img_4892_800x534  京町のマンションの駐車場の巣。しばらく見ていたのですが、親ツバメはやって来ませんでした。雛たちも、巣に籠もって待っているようで、頭の一部シカ見えませんでした。順調に育ってくれていることを願っています。

Img_4939_800x561  散歩の終わりに、久しぶりに桑名七里の渡し公園へ。せせらぎには、カラImg_4944_800x560 スがやって来て、まさに「烏の行水」(笑)。初めは水を飲んでいたのですが、そのうち、期待通りせせらぎに入ってくれました。カラスが水浴びをするのは、ここでは初めて見ました。

Img_4964_800x583  「カラスの行水」とは言いますが、水浴びをしている時間は、カワラヒワImg_4965_800x609_2 や、スズメなどと変わらないような気がしました。水浴びの後は、公園の脇にある釣具店の屋上に移動していき、ここで身繕いをしていました。身繕いの様子はあまりよく撮れなかったのですが、カラスの飛ぶ様子が割とよく撮れました。

Img_4982_800x577  カワラヒワなども、せせらぎの近くまでやって来たのですが、親子連れのDscn5789_800x600 方が2組、せせらぎで遊んでおり、残念ながら、降りてきませんでした。ここなら小さいお子さんも、水遊びができて、楽しいだろうと思います。オッサンは、やむなく帰宅であります(苦笑)。

Img_4838_800x533  今日も32℃を超えたようですから、これで2日連続の真夏日。明日も同じくらいになるようです。散歩は、8時45分から11時過ぎまで。いつものように、住吉神社から九華公園、京町、寺町、桑名七里の渡し公園と、今日は、4.7㎞。ネコは、九華招魂社にいました。

Img_4903_647x800  桑名別院では、仏前結婚式が行われていました。新郎は、法衣に袈裟がImg_4895_800x530 け。僧職の方かとお見受けしました。「新郎、新婦のご焼香です」という声が聞こえてきました。仏前結婚式を見るのは初めてです。別にすっと見ていたわけではありませんが……。


Img_4906_800x579  江戸橋関係の仕事は、いよいよレポートのチェックへ。午後から2/3以上の枚数を見て、点数をつけました。20点満点なのですが、なるべく20点をつけようとは思うのですが、誤字があったり、関連性が不明であったり、レポートに書く文体になっていなかったり(はっきり言えば、話し言葉で書いてあるものがあるのです)、ときどき頭を悩ませます。「~やった」などという表現を見て、仰け反ったりしています(苦笑)。句読点がないものもあります。退屈はしないのですが、レポートを読んで、評価するのも大変です。共同研究のデータは、ざっと確認。用いてある統計学の手法が、適切なものでなかったりして、こちらが、「どうしたものか?」と頭を悩ませられます。

| | コメント (4)

2016年6月 4日 (土)

桑名別院でムクドリの雛、色が半々のアジサイ続編

Img_1405_800x533 鳥さんがいませんので、ブログを「桑名猫歩き」に模様替えします。というこImg_1398_559x800 とではありませんが…….去年の暑い頃だったと思いますが、似たようなシーンを撮って載せていました。鎮国守国神社の拝殿前にある狛犬のお腹の下に、旅ネコさんが入り込んでいました。下からは、別のネコさんが見上げています。

Img_1429_800x533  この旅ネコさん、しばらく後で参道で見かけました。視線の先にいたのはモンシロチョウだったのですが、チョウを狙っていたのでしょうか? ネコの考えていることは分かりませんが……。

Dscn4878_800x600  土曜日ということもあってか、九華公園を訪れる方は、けっこうたくさんいImg_1380_800x533 らっしゃいました。カメラを持った方も多かったですね。花菖蒲が寂しいと繰り返し書いていますが、それだけではありません。右は、野花菖蒲の咲いているところを撮ったものですがご覧のようにすでに終わってしまった花と、今が盛りくらいという花が混在しているのです。盛りの花をズームアップして写真を撮るのならよいのですが、周りを入れようと思ったり、ビデオを撮ろうと思うと、ちょっと苦しいという状況です。

Img_1433_800x558  たとえばこちらは、本丸跡南の花菖蒲園に、今年植えられた「業平<なりひら>」という品種。この2輪は昨日まではつぼみで、今日開花していました。周りにはまだ花は咲いていません.こういうものを狙うのであれば大丈夫ですが、他の2カ所の花菖蒲園は、上右の写真のような感じなのです。

Img_1451_800x589  さて、鳥さんのお話に。先だって、桑名別院本統寺の本堂の屋根の下にImg_1460_800x581 鳥の巣があり、雛の鳴き声がしていると書きました(5/29、
九華公園でシジュウカラ、新しいツバメの巣を発見)。今日、ようやく見つけました。たぶん、ムクドリの雛だろうと思います(確信はありません)。最初は1羽だけが顔を覗かせていましたが、もう1羽も出てきました。

Dscn4890_800x600  巣のある場所は、ここ。本堂に向かって右上。何というものか、正式名称を知りませんが、赤丸をつけたところにあります。



Img_1383_800x533  九華公園では、ムクドリ、スズメの他は、カルガモさんとカワウさんだけ。Img_1395_800x551 シジュウカラもいたのですが、写真は撮れずじまい。この時期、こんなものでしょう。


Img_1442_800x533  京町あたりにあるツバメの巣、3つを見て回りましたが、マンション駐車場にあるこの巣にだけ、親がいました。ただし、覗いたら、この親は飛んで行ってしまいましたので、まだ卵はないように思います。九華公園では、今日はツバメは見ませんでした。

Img_1444_533x800_2  昨日、色が半々のアジサイの花を載せました(6/3日、いつものコースを巡回……ドバトの不思議な行動、シジュウカラ、ツバメ)。この花が咲いているところの全体像は、こちらです。中央やや左よりにある花が昨日のものです。他の花も、色が入り交じっている感じです。木の根元をのぞき込んでみたのですが(お断りしておきますが、決して不審者ではありません)、枝というか、幹というか、何本も出ていましたので、よく分かりませんでした(笑)。


Img_1463_800x539  他にもあちこちでアジサイが咲いています。この2枚は、蓮見町にあるお宅で撮Img_1465_800x533 らせてもらいました。アジサイ、やはり曇天の方が似合うのかも知れません。


Img_1436_800x567  以上、本日の散歩、8時45分から11時半にかけて、住吉神社から九華公Dscn4875_588x800 園、貝塚公園に立ち寄り、京町から寺町、さらに蓮見町まで足を伸ばしてきました。合計6.4㎞。これだけ歩くと、「歩いた!」という感じになります。九州から中国、四国まで梅雨入りだそうです。九華公園の管理事務所前には、「花菖蒲株分け会」のポスターが貼られていました。プランターでも栽培できそうで、魅力的なのですが、きちんと世話ができるのでしょうか? いやいや、それ以前に「これ以上ベランダにグリーンを置くな」といわれそうです(苦笑)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧