昆虫

2018年8月 2日 (木)

39.6℃だそうです……過去最高か?【最高気温とWi-Fiルーターについて付記しました(8/2)】

Img_8986c

 午後からベランダに出ると、何と形容してよいのかよく分かりませんが、熱風というか、熱波というか、暑さが押し寄せてくるような感じがしています。先ほど見たら、今日の桑名の最高気温は39.6℃となっていました(14時54分)。現在16時前後ですが、38.2℃となっています。
Img_8997c 朝は恒例によって散歩。ただし、7時40分出発、10時帰宅。住吉神社、九華Img_0545c 公園、貝塚公園、吉津屋町、寺町と5.3㎞。散歩する人はかなり少数。揖斐長良川の中洲、肉眼ではよく分からなかったものの、アオサギが1羽いました(右の写真、赤い○の中)。例年ですと、8月に入ると少しずつサギたちが戻ってくる頃ですが、この暑さではねぇ……。
Img_0550c 蟠龍櫓近くの草地には今日もツバメがエサ取り。ただし、一昨日よりも少Img_8977c 数。飛び姿に挑戦してみたものの、なかなか難しい。うまくできるようになる前にツバメがいなくなりそう。柿安コミュニティパーク近くの堀には、ハクセキレイ。このあたりにはよくいます。
Img_0567c 九華公園、奥平屋敷跡のステージの裏、ここにもハクセキレイ。よくここにいImg_0597c る幼鳥のようです。もう独り立ちしたということでしょうか。毎度お馴染み、セミだけは元気です。日の出の頃(5時前)から鳴き始めています。
Img_0583c 萩の花、奥平屋敷跡と、鎮国守国神社の九華招魂社の脇に1本ずつありImg_0590c ます。どちらも咲いてきていますが、まだわずか。左の写真は、招魂社のところ。右は、近くにいたツバメシジミ。9-19mm。翅の表を見るとオス・メスが区別できます。
Img_9009c 吉津屋町へ回ったのは、知人Oさん作の石取祭の飾りを見るため。吉津屋通りにある、あるお店の前に並んでいます。今年の石取り祭に参加する町内の祭車がランタンになっています。あまり宣伝するなといわれていますので、ナイショで(笑)。
Img_0627c 桑名別院にお参りして帰ってきました。帰ってからは、明日の江戸橋方面の授業準備。3コマありますが、1コマは普通に授業。午後からの2コマ目は試験の説明、最後に筆記試験。試験説明のプレゼンを用意していました。○×式はそれなりにできるのですが、用語説明、記述式が苦手なので、その傾向と対策を特別に伝授(ちょっと親切すぎるかも知れません)。
Img_8990c 「暑さに喝!」と行きたいところですが、これだけ暑いとカツを入れただけでは対応困難。明日も思いやられます。上述のように3コマではあるものの、こちらはさほど負担ではないでしょう。学生諸君の健闘を期待して出かけることにします。
【桑名の最高気温記録について(8/2)】
 今日の最高気温39.6℃を過去最高か?と書きましたが、この7月23日に39.7℃を記録していました。気象庁のサイトを見る限り(こちら)、この39.7℃が最高記録のようです。
【Wi-Fiルーターについて(8/2)】
 HDレコーダは、今朝になってスイッチを入れて確認したら、無事Wi-Fiにつながっていました。昨日は、設定確認をするたびにエラーが出ていたのに(苦笑)。よく分かりません。結果オーライなのですが、どういう状況だったのか分かっていた方が後々のためになるのですがねぇ。

| | コメント (4)

2018年7月31日 (火)

Wi-Fiルーター壊れ、大慌て

Img_8947c

 最高気温は33℃。しかし、湿気が多くて蒸し暑い。湿度が高いのは大嫌い(笑)。8時過ぎから2時間で、住吉神社、九華公園、寺町など5.3㎞。汗だくで、相も変わらず修行。散歩友達も少なし。冒頭の写真は、九華公園の野球場のところから見上げた西の空。
Img_0475c 蟠龍櫓近くでツバメの飛び姿に挑戦。昨日よりは少しマシ(笑)。このあたりImg_0485c の草地や、三の丸公園に餌を撮りに来ています。飛びながら虫を捕まえていると思うのですが、肉眼(正確には、老眼)ではよく分かりません。
Img_0511c 猛暑のせいか何なのか、理由はよく分かりませんが、このところ九華公園Img_0526c の「甲羅干しスロープ」は賑わいが見られません。いつもの夏であれば、押し合いへし合いなのに。九華公園で元気なのは、セミだけ。力尽きて地面に横たわっているものも増えてきましたが、今を盛りという感じ。
Img_8953c 午後から、とあるアクシデントでWi-Fiルーターを落としてしまい、Wi-Fiがつながらなくなりました。無線LANカードの差し込み口が物理的に壊れた模様。インターネット回線は@niftyと契約しているものの、ルーターはNTTからのレンタル品。@niftyに電話し、カスタマーサービスでテクニカルセンターの連絡先を教えてもらい、架電したものの、「ただいま混雑しています」というアナウンスが何度も。つながるまでに1時間弱。そこで説明したのち、NTTに連絡してもらい、今度はNTTからの連絡待ち。結局2時間位を要して、明日午後、業者さんが来てくれることになりました。ネット回線をNTTのままにしておけば、もう少し手間が省けたと思います。こういうことがありますので、費用が安くなるからといって、電気やガスなどをまとめてしまうのに躊躇します。昔は「安かろう悪かろう」といいました。今は安いからといって、単純に悪いとはならないでしょう。しかし、トラブったときには手間が余計にかかるのではないかと疑っています。
Img_0513c 本当は、ナゴヤドームへ中日・阪神戦を見に行こうと思っていたのですが、このアクシデントもあって中止。明日は、1時間目に補講に行かねばなりませんし。写真は、九華公園・奥平屋敷跡の萩。昨日咲き始め、今日はかなり咲いてきていました。

| | コメント (0)

2018年7月30日 (月)

修行継続中(笑)……九華公園で萩の花一輪

Img_8905c

 台風は、九州の南でぐるっと一回転しているようで、近くの方は大変迷惑をしていらっしゃるでしょう。被害ないことをお祈りします。こちらは、「猛暑は今週も続く」という、ありがたくない天気予報。お陰で、「修行」を続けております。冒頭の写真は、九華公園の野球場。この間は、桑員中学校野球大会が行われていました。グラウンドの向こうは、市民プール。その昔、子どもたちを連れて来ました。
Img_8897c 散歩は、あれこれしていたため8時10分出発。迷ったものの、いつものコースで、住吉神社、九華公園、貝塚公園、京町、寺町と5.2㎞。鳥はいないのも、暑いのも覚悟の上(苦笑)。10時半過ぎに帰宅。本屋にでも行こうかと思ったものの、これまたウロウロしていました。
Img_0386c 諦めきれませんので、揖斐川と長良川の中洲を眺めてきました。川面は穏やかなものの、水量はかなり多めでした。花火大会の有料席も、今日から払い戻しが始まったとか。あちこちでイベントは中止されましたが、台風では仕方ありません。
Img_8886c 蟠龍櫓や、三の丸水門の近くでは、花火大会の場所取りでしょうか、シートImg_8888c が堤防上に敷かれていました。散歩友達の中にも、花火大会中止をご存じない方もいらっしゃいましたので、この場所取りをなさった方も、知らなかったのかも知れません。
Img_0403c ここまでで見た鳥は、スズメ、ツバメ少し、ムクドリ、カラス。柿安コミュニティパーク西の堀にカルガモ1羽。ハッキリ断定できませんが、九華公園に常駐していたカルガモの内の1羽のように見えます。このあと、九華公園方面に飛んで行ったのですが、九華公園では見つけられず。
Img_8893c その九華公園の奥平屋敷跡では、早くも萩の花が1輪だけ咲いているのを見つけました。この間から新しい芽が伸びてきていましたので、早めに咲くかも知れないと期待していました。萩は、鎮国守国神社の境内にも1本ありますが、そちらはまだ。
Img_0439c 咲いていたと言えば、フジの花も。九華公園の本丸跡の藤棚。4月以降、時々花を付けています。吉津屋堀のところの藤棚も、先日花を付けていました。
Img_0428c 鳥影はありません。ムクドリだけ。カラスもいません。例外は、ハクセキレイ1羽。幼鳥のように見えます。奥平屋敷跡のステージの裏。日陰になったあたりでエサ探し中。
Img_0435c
 「昆虫写真家」などと昨日、書きましたが、転身も容易でImg_0407c はありません。今日も見たのは、セミとトンボ、バッタくらい。左はニイニイゼミ。右はシオカラトンボのオス。何度か書きましたが、ウチワヤンマ、今年は少なくてあまり見ません。
Img_0410c よく見るバッタですが、イボバッタ。まだら模様で、少しゴツゴツした感じのあるバッタ。いろいろな植物の葉を食べるといいます。
Img_0412c そして、昨日見つけたこちら、キマダラカメムシ。いったん判別できるようになると、よく気づくようになるようで、あちこちにいるのを見つけました。九華公園のソメイヨシノでも、寺町商店街のソメイヨシノ、河津桜、何カ所かにいました。カメムシの世界でも、外来種優勢なのでしょうか、困ったもの。
Img_0452c 花火大会が中止になりましたので、次の楽しみは、石取祭。写真は、宮Img_0454c 通。春日神社の門前町。8月3日(金)24時から叩き出し。5日(日)の本楽、今年は南市場整列と、我が家から遠い方。4日(土)の試楽は、町内練りですからそれを見に行こうかと思っています。ただし、その前に、8/1と8/3は、江戸橋方面の補講4コマ。

| | コメント (0)

2018年7月29日 (日)

桑名水郷花火大会は中止に(ガッカリ)……昆虫写真家に転身?

Img_8852c

 ガ~~ン。延期して、開催されると期待していたのに、今年の桑名水郷花0729suigouhanabi 火大会は中止になってしまいました。ガッカリ。11時にメールが来ました。桑名市観光プロモーションのFacebookには、打ち上げ場所の揖斐長良川の中洲の様子の写真も載っていましたが、これではいけません。水浸しです。観光プロモーションのFacebookには、「今年度中の開催の可否については、関係者において協議する予定」とありますから、可能性ゼロではなさそうです。
Img_0193c 朝8時40分過ぎに住吉神社の前から眺めても、この写真のような状態でした。川の水量は多く、風で川面は波立っていました。中洲にも水がついているようにも見えます。まぁ、開催されることに期待をつなぎましょう。
Img_8755c さて、台風12号、我が家のあたりでは雨はさほどでなく、風が強かっただけで澄みました。ベランダから取り込んだものを出すなどしていて、散歩に出たのは8時半。いつも通り、住吉神社、九華公園、京町、寺町と回って、4.5㎞。さすがに散歩する方は多くはありません。
Img_8779c 住吉神社、花火大会に備えてフェンスで囲ってあったのですが、ご覧のImg_0192c 通り。台風の風でかなり倒れてしまっていました。揖斐川の堤防に準備されていた椅子席やテントは、撤収してありました。
Img_8797c 柿安コミュニティパーク近くの堤防には、1ヶ所だけ花火の場所取りがしてありました。ブルーシートがしっかりと止めてあって、苦労が偲ばれるものの、残念ながら、結果的には無駄になってしまいましたねぇ。



Img_8805c 九華公園でも強風の影響があちこちに出ていました。二の丸跡の東側、Img_0205c 二の丸橋のたもと近くでは、桜の古い木が地上1mあたりで折れてしまっていました。虫に食われて、内部はほぼ空洞でしたから、やむを得ません。鎮国守国神社の境内では、ギンナンと思いますが、銀杏の葉っぱとともにかなり落下していました。もったいない。その他、木々の枝が折れたり、葉っぱが落ちたりしてあちこちに散乱。
Img_0226c  台風に飛ばされて珍しい鳥でも飛んできていないかと思ったものの、そImg_0234c_2 れはなし。アキアカネの姿があちこちに見られたものの、止まってくれないので、写真はこんなものしか撮れず仕舞い。セミは相変わらず賑やか。今日は、ニイニイゼミを3羽ほど見つけました。右の写真は、九華公園にいたもの。

Img_0246c 九華公園の外周遊歩道のソメイヨシノの木で、今まで見たことのない虫を2種類発見。まずこちらは、Img_0253c キマダラカメムシと思います。こちらは、交尾中と思われるものもいて、合計4匹。サクラ、カキ、サルスベリ、ナンキンハゼなど、多くの樹木につき、公園や神社、街路樹などでよく見られるといいます。台湾から東南アジア原産の帰化種で、近年、急速に分布を広げているそうです。
Img_0320c もう1種類は、こちら。体表面に細かい毛のようなものがみっしりと生えています。あれこれ探した結果、上のキマダラカメムシの幼虫ではないかと思っています。リンク先に色は異なるものの、模様が似たものが幼虫として載っています(似ているのは、赤色の小斑紋があることと、腹部中央(腹背盤)にボタンのような黒色部分があること)。鳥がいないので、セミを見がてら木々、とくにソメイヨシノをよく見て歩いていますが、いろいろといます。
Img_0272c 久しぶりにアオスジアゲハ。以前ほど見なくなっている気がします。九華Img_0285c 公園の外周遊歩道、南のお宅にて。ちょっと翅が傷んでいる感じ。けっこう速いスピードで、樹木や花のまわりをめまぐるしく飛び回ります。
Img_8825c 今度はバッタ。最近見ないというのか、マンション暮らしをしているから見なくなったのか、よく分かりませんが、あまり見なくなりました。子どもの頃などは、あちこちで見た記憶があります。クツワムシでしょうかねぇ?
Img_0347c セミはもう飽きたといわれるかも知れませんが、このクマゼミ、よくご覧ください。翅の色がツートン。左右で異なってます。向かって右は、普通のクマゼミの翅の色をしていますが、左はアブラゼミのような茶色。こういうのを見ると、すぐに「突然変異か?」と思うのですが、そこまでは不明。
Dscn7337c TDRの土産に「ミニうどん」をいただいた話は書きました。「中はどうなっDscn7342c ているのか?」と家内が言い始め、見るだけ見てみました。「これはちょっとお腹が空いたときにいいね」というだけで、まだ食べてよいという許可は得られておりませんので、食レポはお預けです。

| | コメント (8)

2018年7月27日 (金)

桑名水郷花火大会は中止、7/30に開催か?……セミのクローズアップ写真にTDR土産の「ミニうどん」

18suigouhanabi

 台風12号のお陰で、土曜日(7/28)の桑名水郷花火大会は中止。7/30にや072712 るかどうかを、7/29の10時に決めるというメールが届きました。まぁ、今の進路予想では無理でしょうねぇ。やむを得ません。
Img_0059c その水郷花火大会の準備は、けっこう進んでいました。左は、住吉神社前Img_0186c の揖斐川の堤防。有料の観覧席は椅子が並んでいました。また、中洲には、打上げ用の筒が並んでいるのも見えます。右の写真でちょっと分かりにくいのですが、中洲の中央に太いパイプのようなものが4本並んでいます。
Img_0188c 中洲の少し下流側では、準備作業をする方の姿も見えます(いずれも、我が家の玄関先からの写真)。29日に台風が通過すれば花火は打ち上げられそうな気もしますが、雨が降ると増水しますから、準備に支障が生じるのでしょう。ここは揖斐川と長良川の中洲で、機材は、長島町側から船で運ぶそうです。
Img_8724c さて、仕事で2日間散歩ができませんでしたので、今日は8時から住吉神社、九華公園、貝塚公園、吉津屋町、京町、寺町、田町と6.1㎞歩いてきました。久しぶりというのと、けっこう涼しかったからです。ほぼ1ヶ月ぶりに出会った散歩友達の方もありました。暑かったので、出てこなかったとおっしゃっていました。
Img_0070c 野鳥は相変わらずほとんどいなかったのですが、住吉神社の前の堤防Img_0170c で、ヒバリのペア1組を確認。このほか、柿安コミュニティパークでハクセキレイ2羽をみたくらい。他は、カラス、ムクドリ、スズメ、ドバト。町中ではツバメの姿をほとんど見なくなりました。ヒナも巣立ってしまったためと思われます。このあたりですと、木曽三川公園近くの揖斐川沿いにツバメのねぐらができるそうですから、そちら方面に行っているものと思います。
Img_0112c 今年は、トンボやチョウが少なくて、目につくのはセミばかり(苦笑)。「撮Img_0174c り飽きた」というとかわいそうなのですが、あまりモチベーションが湧きません。今日は、接近して写真が撮れるかと、あれこれ試してきました。アブラゼミは、かなり接近できました。右は、超望遠コンデジで撮った写真。広角側で撮って、少しだけトリミング。口吻を木の幹に刺して、樹液を吸っている最中のようです。
Img_0178c クマゼミも、個体によってはかなり近づいても平気なものがいます。こちらも、口吻が木の幹に刺さっています。樹液を吸っているときには、すぐには反応しない(できない)のかも知れません。ただし、あまり近づくと、セミが逃げるときにおしっこをかけられる危険性があります(笑)。
Img_0146c 鳥がいないので、昆虫、というわけでもありませんが、こちらは桑名別院Img_0143c 本統寺の池にいたアメンボ。普段は滅多に撮りません。アメンボといってもいろいろな種類があるそうです。メジャーなのは、ナミアメンボやヒメアメンボといいます。脚に毛が生えているためで、毛の水面張力によって滑っているのです。体重は30mgとか。またほとんどが飛べるそうで、水がなくなりそうになると飛んで移動します。もうちょっと勉強してみると面白そう。
Img_8682c 帰り際に、桑名七里の渡し公園の拡張工事現場を覗いてきました。7月Img_8689c 末までの予定でしたが、工事が遅れ、伸びるようです。せせらぎの先に設ける池の工事が行われていました。
50eaae0b こちらが拡張工事の様子を描いた図。今日の工事は、石橋(すでに設置されていました)の近くに大きな石をクレーンで入れていました。修景池もかなりできてきています。完成して、利用できるようになるのが待ち遠しいところ。
Img_8695c 午後からは、一昨日(7/25)に実施した、江戸橋方面での試験の採点。50人分あまりを一通り採点し終えました。出来具合は、当然のことながら、いろいろ。最初の採点では、合否ラインにわずかに足らない学生も少し。悩ましいところ。明日にでも、もう一度見直しをしようと思っています。
Dscn7287c オマケ。ご近所の方にいただいた東京ディズニーリゾート土産。ミッキーもようのかまぼこが入った「ミニうどん」。大きさがわかりやすいかと思って、マウスと一緒に撮りました。ミニにしては大きいと思ったら、この中に、めん20g+スープ・かやく3gのセットが6食入っているそうです。合計しても138gですから、一気に食べられそうです。まだ食しておりません。

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

「朝から真夏やなぁ」で誰も歩いていません……今日は38.7℃

Img_8618c

 散歩の帰り、10時40分頃の田町交差点。歩いている人の姿は見えません(苦笑)。この時点ですでに35℃を超えています。お昼のニュースでは、桑名は11時に36.8℃となって、全国2位だといっていました。ありがたくないニュースです。
Img_8601c 8時前に散歩をスタートし、住吉神社から九華公園と進んだものの、公園管理事務所で2時間弱も話し込んでしまい、九華公園を半周しただけで帰ってきました。あまりの暑さに、これはヤバいと思ったのです。3.5㎞しか歩いておりませんが、この暑さではやむを得ません(と勝手に決め込んでいます)。
Img_0001c 住吉神社の前から、揖斐長良川の中洲を見たら、アオサギとダイサギの姿Img_0003c が見えました。繁殖期を終えたサギたちは多いはずで、江戸橋へ行く通勤電車からもよく見かけますが、ようやくこの中州にも戻ってきたようです。今日見えたのは、アオサギ2羽とダイサギ1羽。このほか、カルガモ2羽の泳ぐ姿も見えました。
Img_0007c それにしても暑い。6時前に新聞を取りに降りていったときお目にかかった知人は、「朝から真夏やなぁ」とおっしゃいました。暑いと名言が出るのかもしれません(ホントかいな?)。こちらのハクセキレイ、やはり嘴を開けて、日陰に避難していました。三の丸水門近くです。
Img_0013c 九華公園、旅ネコさんの姿も少なく、去年のような「灯籠ネコ」はまったく見B16e8400 られません。右の写真は、去年7月24日のもの(2017年7月24日:ニイニイゼミ発見、「灯篭ネコ」写真に挑戦中……散歩はいよいよ「修行」状態に(笑))。灯籠も暑いのかも知れません。
Img_0029c 元気なのはクマゼミばかり。5時前から鳴いています。今を盛りに、というImg_0036c 感じ。左の写真では、翅の透明感や、太陽の光が反射するところを狙ったものの、イマイチ。右は、顔面のアップをと思ったものの、こちらもどうもいけません。
Img_0026c アブラゼミも見かけるようにはなったものの、鳴いていないものばかり。メスばかりなのか? と思ったりしますが、不明。ニイニイゼミも越えはするものの、姿は見つけられません。
Img_0015c サルスベリ。あちこちに咲いています。百日紅とも書きますが、長期間咲いて楽しませてくれます。明日は、江戸橋の15回目。1コマ目のピンチヒッター科目は講義、2コマ目のレギュラー科目は試験。多少は早く追われるかもしれませんが、正午前ですから暑い中帰ってきて、出欠確認、Q&A書き、採点作業をしなければなりません。

| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

万助溜公園でチョウトンボ……猛暑の中、粘った成果はありか?

Img_8354c

 最高気温は、34.8℃(14時12分)と、少し楽になりました。が、真夏日であることに変わりなし。ブロ友のこころんさん(今年初の蓮撮り。7/16動画追加)や、makoさん(猛暑、酷暑、皆さま気をつけて!)の記事に「挑発」されて(悪い意味ではありません。念のため)、万助溜公園にチョウトンボを見に行ってきました(微笑)。8時15分出発、8時45分に到着。猛暑の中、10時過ぎまで、途中休憩を挟みながら粘ってきました。
Img_9782c 前回出かけたとき、草刈り作業が入って、公園内はスッキリ(苦笑)。ありがImg_9720c たいような、トンボ撮影の立場からすると、ちょっと迷惑なようなというところ。上池の蓮田にチョウトンボは集まっていました。浮御堂あたりを中心に撮ったのですが、ここではなかなか近くに来ません。動画もなかなか難しい。
Img_9831c あまりにも暑く、1時間以上もいましたので、帰ろうと思って駐車場に向かうImg_9834c 途中、万助溜の西側で1羽のチョウトンボが往復しているのを見つけ、「これがラストチャンス」としばらく見ていました。ここでも粘ってよかった(微笑)。こんな写真が撮れました。
 また、ここで撮った動画がそれなりに(あくまでもそれなりにですが)よかったと思いますので、載せておきます。編集をしていませんので、「撮って出し」で恐縮ですが、ご覧くだされば幸い。動画はどちらも、コンデジ(Canon Powershot SX60 HS)で撮影しています。
 もう1つの動画。きちんと編集できたか、アヤシいのですが、ご覧くだされば幸いです。
 どちらの動画も、後でチェックし直して修正するかも知れませんが、ご了承ください。
 このほかのトンボや、盛りを過ぎたハスの写真もとってきましたが、今日は、江戸橋方面の仕事で時間がなくなりましたので、それはまた明日にでもアップします。

| | コメント (6)

2018年7月17日 (火)

猛暑で8時前から散歩スタート(笑)

Img_8285c

 あまりにも暑い日々が続きますので、今日の散歩は7時45分スタート。気休めに過ぎないかも知れませんが、多少ラクな感じ(微笑)。コースはいつも通り、住吉神社、九華公園、京町、寺町、田町と5.1㎞。散歩友達も少なく、2時間で帰宅。その後、本屋とMEGAドンキ星川店へ買い物。
Img_9577c あまりたいした写真はありませんが、クマゼミ全盛の中、九華公園でも、拙宅前の住吉入江でもアブラゼミを発見しました。合計3匹。ただ、いずれも鳴いていません。メスなのかも知れませんが、不明。引き続き観察することにします。
Img_9499c 九華公園には今日もアオサギが来ていました。しかし、さすがに暑そうで、Img_8301c 例のように嘴を開けて、のど元をブルブルさせています。カワウなども同様の行動をします。写真だけではわかりにくいので、動画を撮ってきました。あまりよいできではありませんが、よろしければご覧ください。
Img_9571c そのあとは、首筋がかゆくなったのか、ご覧のように大きな足で掻きまくっていました。アオサギはやはり役者です(笑)。しっかりと楽しませてくれるのです。
Img_9490c さて、住吉神社から七里の渡し跡へ行く揖斐川の堤防。先日、草刈りが行われ、ムクドリやスズメがよくエサ探しに来ています。しかし、今日見たムクドリ、エサ探しをしながら皆、口を開けています。カラスやカワウのように黒い色をしていなくても、鳥も暑いのだろうと同情したくなります。
Img_9496c 三の丸水門あたりでは、ハクセキレイ。若鳥のように見えます。このハクセキレイ、エサを見つけたところですが、この前後には、やはり嘴を開けていました。鳥さんたちに共通した、暑いときの行動のように思えます。
Img_9540c こちらのムクドリさん、九華公園にいたのですが、天を仰いでいます。あImg_9560c まりの暑さにということでしょうか? 右のカラスさんは、鎮国守国神社の境内で見かけました。セミの幼虫のようなものを咥えてやって来て食べていたのです。
Img_9594c ツバメの巣も巡回してきました。現在、散歩コースでは2ヶ所の巣にヒナImg_9598c が2羽ずついます。左は、京町の呉服屋さんの巣。かなり成長してきました。巣を見ていたら、他に3羽がやって来ました。この巣のヒナの親なのかという気もしますが、向かって右はのど元が黄色く、若いツバメのように見えます。
Img_9630c 田町のパン屋さんの向かいにある巣。ここもかなり大きくなっています。手前の1羽が、巣の中でゴソゴソ。もうそろそろ巣立ってもよいように思えます。
Img_8296c ところで、今日は早くに出ましたので、峰崎部屋の朝稽古、終わりがけにImg_9549c 見ることができました。荒鷲関は、黒星が先行しています。このあと盛り返してもらいたいところ。荒鷲関、稽古の後、鎮国守国神社にお参りしておられました。この際、神頼みでも構いませんので、何とか勝ち越ししてくれないでしょうか。
Img_8342c 午後からは、昼寝の後(今のような猛暑の時期、昼寝は体調維持に不可欠……笑)、江戸橋方面の授業準備。ピンチヒッター科目もどうやらこうやら最終授業の準備も完了。明日はレギュラー科目の方は、試験前最終の授業。ピンチヒッター科目は、明日を入れて残り6回(試験1回を含め)。猛暑の中ですから、体調管理に気をつけて、どちらも無事に終えたいと思っています。写真は、桑名別院の池のスイレン。
 そうそう、ブロ友のこころんさんや(今年初の蓮撮り。7/16動画追加)、makoさんが、万助溜公園でチョウトンボの写真を撮っておられます。makoさんなど、交尾シーンまでゲット(猛暑、酷暑、皆さま気をつけて!)。これは負けていられません。明日の授業が終わったら、今週後半にでも出かけないと。

| | コメント (4)

2018年7月12日 (木)

今シーズン初の熱中症警報

0712necchuushou

 今シーズン初の熱中症警報が出ました。14時に送られてきたメール(暑くても散歩に出るので、登録してあるのです)。14時の暑さ指数が、31.2で、運動は原則禁止、外出はなるべく避けるなどのお知らせ。暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防するための数値で、気温とは異なり、①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標だそうです。リンク先をご覧ください(ちょっとややこしいのですが、28を越えると熱中症患者が増えています)。
Img_8096c いつものように、住吉神社、九華公園、京町、寺町、田町と5.1㎞を回って来Img_8095c ました。九華公園の堀は、水位が下がって、ご覧のような状態。何年かに1度くらいしか見られない光景。「堀」と称しているものの、かなり浅いのです。先日の大雨のため、揖斐川の水が濁ってしまっていて、導水ができないためこのような状況になっています。
Img_8080c 揖斐川の水は、かなりきれいになってきたものの、我が家の前の住吉入江などはまだかなり濁っています。九華公園の堀、一度水を入れると入れ替えが難しいので、このような措置を執っているそうです。
Img_8993c さて、これだけ暑いと(最高気温は、35.8℃)、鳥もいません。スズメ、カラImg_9005c ス、ムクドリくらい。代わってセミが賑やかなこと!散歩コースではほとんどがクマゼミ。数年前は、もっとアブラゼミがいたのですが、激減。ごく一部にニイニイゼミがいます。しかし、ニイニイゼミは写真のように、木の幹に同化していますので、見つけるのは困難。
Img_8996c 散歩コースのツバメの巣、2ヶ所にまだヒナがいます。左は、京町の呉服Img_9012c 屋さんの巣。3羽いたはずが、2羽しか見えません。右は、田町のパン屋さんの向かいのお宅。ここは最初から2羽。暑いので、親が来るのを待つのは断念(苦笑)。
Img_8104c それにしてもホントに暑い。8時15分に出かけて、10時半過ぎには帰宅Img_9018c (笑)。無理はいけませんから。桑名別院でスイレンを見て、田町でアサガオ。アサガオ、それも行灯仕立てのものが欲しいのですが、ホームセンターでは見かけません。
Dscn7202c 寺町商店街の花屋さんで、サギソウを売っていましたので、ついつい買02241626_58afe0429e8b5 ってきてしまいました。¥400のところを¥280でしたし(苦笑)。咲くのかどうか分かりませんが、少しだけ期待。4月に買ってきたスイレン(4月23日:またもや勝手に近鉄ハイキング(笑)……本日は、名古屋線・津新町駅から松菱、お城公園などなど(予告編) )、葉っぱは出てきたものの、まだ咲きません。実は、「最低気温が20℃になったら」というところを、「最高気温が20℃になったら」と勘違いして、栽培をスタートしてしまったのです。しかし、小さいながら葉っぱは出ていますので、まだ諦めていません。
Img_8990c 午後からは愛車・コペンを車検に出してから、帰宅して昼寝(真夏は必須)。その後は、授業のQ&A作成。昼寝をしたら、能率が上がりました(笑)。

| | コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

午前中は散歩の傍ら、またもや朝稽古見学……午後は市民大学講座へ

Img_7650c_2

 今日は、半夏生だそうです。七十二候の一つで、本来は夏至後10日目から小暑の前日までをいったようですが、現在では、7月1日か2日が半夏生とされています。昔は田植を終わる目安だったといいますが、今のように日にちが決まっていると、季節感はない気もします。地域によって、タコ、焼き鯖、うどんを食べるという習慣があったようです。「半夏生」の「半夏」は「烏柄勺」(からすびしゃく)という薬草のことで、この薬草が生える時期を指した名称だといわれています(こちら)。
 そうそう、忘れないために書いておきます。写真はありませんが、九華公園で蝉の鳴き声が聞こえてきていました。今シーズン初確認です。
Img_7636c 午前中は、いつものように8時半前から散歩。住吉神社、九華公園、歴史をImg_7913c 語る公園、内堀公園、京町、寺町、田町と回ってから、バローで買い物。5.8㎞。峰崎部屋の朝稽古は、今日も行われています。昨日は、また芝田山親方を始め、芝田山部屋の力士が出稽古に来ていたそうです。右の写真、こちらを向いているのは、荒鷲関。
Img_7862c 荒鷲関の稽古で、投げを打つシーンも撮れたのですが、あいにく土俵を覆Img_7887c うテントの柱などに被ってしまいました。なかなか難しいものです。それにしても、荒鷲関のように幕内力士と、幕下では力量がかなり違うように見えました。
Img_7902c 荒鷲関、名古屋場所の番付は、西前頭12枚目。頑張って勝ち越して、1枚でも番付をあげてもらいたいものです。
Img_7824c さて、野鳥はかず少ないものの、ヒナの姿があちこちに見られました。左は、散歩に出てすぐ、拙宅マンションと諸戸氏庭園との間ところにいたハクセキレイ。色が薄いので、幼鳥のように見えます。
Img_7935c こちらは、九華公園二の丸跡にて。九華公園では、割りとよくハクセキレImg_7923c イの幼鳥を見かけます。幼いと、警戒心がさほど強くないので、近くまで寄っていけます。右も同じく、二の丸跡に来たスズメの幼鳥。スズメは、この頃幼鳥だけで行動しているところもよく見かけます。
Img_7964c 一方、こちらは田町にある商店のツバメの巣。ヒナは2羽。もうかなり大きくなって、図体は親並のように見えます。いつ巣立ってもおかしくない気がしました。しかし、まだエサをもらっています。なんだか笑えます。
Img_7983c 親が近づいてくると、ご覧のように大騒ぎ。もっと小さいヒナと同じなのでImg_7984c す。しばらく見ていたのですが、親は平等にエサを与えてはいないようでした。向かって右のヒナが何度もエサをもらうのです。アピール上手なのかも。最初にアピールしたヒナにエサを与えるというのを雑誌で読んだ記憶があります。
Img_7976c 説明をつけないとお分かりいただけませんし、拡大してよくよくみていたImg_7977c だかないと気づかないのですが、向かって左のヒナ、お尻を突き出して何をしているかというと、ウ○チなのです。お尻から白いものが出かかっています。向かって右のヒナ、「何だ、こんなところでするのかよぉ!?」とでも言いたげな、不機嫌な表情に見えます。右の写真、下の方に白い物体が落ちていくのが写っています。これが、そのウ○チ(笑)。
Img_7836c 鳥が少ないので、昆虫をと思うのですが、それもなかなか。蝉はまだ数Img_7941c が少ないので、鳴いている近くに行くと泣き止んでしまい、姿を見つけられません。左は、ツマグロヒョウモンのメス。右は、オナガアゲハか?
Dscn7164c 午後は、1時半から市民大学講座に出席。今年度のテーマは、「戊辰戦Dscn7162c 争 それぞれの戦い」。桑名藩を中心に戊辰戦争に関わった各藩の立場、事情を読み解くという内容です。毎回課題が出ますので、それなりに準備が必要です。年表を使っての講義、今日は、戊辰戦争前後の話。桑名では有名ですが、山崎、淀城あたりで、津藩が旧幕府軍を裏切って川の対岸から砲弾を撃ち込んだというエピソードも出て来ました。戊辰戦争などをめぐって裏切ったという話はあちこちにあるようで、「○○から嫁をもらうな」という言い伝えがかなり最近まであったというのが各地に残っているそうです。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧