« モズのオス、イソヒヨドリのメスにコサギ、アオサギ……午後は郷土史講座へ | トップページ | 20201003「勝手に三岐鉄道北勢線ハイキング『員弁街道を歩く』(楚原~阿下喜)」(その1)……楚原駅から瑞龍院観音堂まで »

2020年10月 6日 (火)

散歩中は曇天で風も強く、鳥はおらず……後期第1回の遠隔授業準備は滞りなく終了【プリンター不調についての余談あり(10/6)】

Img_2460c_20201006171601  どうも散歩中は、曇っていて風も強く、帰宅すると晴れてくるという巡り合わせになっているようです(苦笑)。特段、悪いことをしているつもりはないのですがねぇ……。それはさておき、今日も7時半から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、入江葭町、吉津屋町、新築公園、常盤町、寺町と、今日も謀ったように5.7㎞。歩く距離までワンパターンとは、これいかに(爆)。10時過ぎに帰宅。冒頭の写真、今朝のアサガオ。まだしぶとく、1輪咲きました。しかし、そろそろ限界か、次のつぼみが見当たりません。

Img_2685c  歩いている間は曇天で、北西の風がやや冷たく、散歩する人も、野鳥もかなり少なめ。九華公園に着くまでに聞いたのは、カワImg_2668c_20201006171601 ラヒワとヒヨドリの鳴き声くらい。最近、カラスも少ない気がします。九華公園でいつものようにいたのは、アオサギとホシゴイ、1羽ずつ。

Img_2659c_20201006171601  北門を入ってすぐの堀には、何故かカルガモが3羽いました。いったいどういう風にできたグループなのでしょう? 管理人さんに確かめたら、昨日の午後から3羽になったといいます。試しに「アーちゃん!」と呼びかけたら、2羽が寄って来てしまい、どれがアーちゃんか判別不能(苦笑)。

Img_2484c  奥平屋敷跡では、メジロ、シジュウカラがいたものの、木の奥で写真には撮れず仕舞い。その代わり、イソヒヨドリのメスが来ていました。オスはこの間見ましたが、メスは初めて。最近よく話すようになったMさん(畏友M氏とは別人)、「朱に交われば赤くなる」で私の悪影響をもろに受け、「鳥が気になるようになった。どうしてくれる?!」といわれます。「自己責任で」と答えていますが、同好の士が増えるのはありがたいこと。

Img_2698c_20201006171701  貝塚公園では、カワラヒワがいたものの、他には鳥果なし。

Img_2505c  明日から、後期の遠隔授業が始まります。前日には資料をネットに載せるようにという指示がありますので、今日は、16時頃から授業資料(pdf)と音声ファイル3本をアップロード。シミュレーションはしていましたので、トラブルなく済ませられました。途中、マニュアルになかった方法を発見してしまいました。こちらの方が楽(微笑)。「状況が変われば、対面授業に戻す」ということですが、冬に向かいますから、それはかなり難しいかも知れません。先ほど見たら、気の早い学生がすでに「出席確認」をしてくれていましたので、無事に聴講できることも確認できています。

Img_2454c  明日は、とある経緯で知り合った方のご依頼で、「桑名城惣構ツアー」の「俄ツアー・コンダクター」(微笑)。以前から、時々「インチキ歴史案内人」をナイショで務めていましたから、大丈夫という気もしますが、さてはてどうなりますやら? 個人的には、上記のように、第1回遠隔授業の準備も無事に終えましたので、安心して出かけられます。左の写真は、今朝の朝焼け。きれいでした。5時45分頃の撮影。

 余談。プリンタが不調。紙がきちんと給紙されなくなりました。斜めに給紙され、詰まってしまいます。エプソンのPX-049Aという機種。給紙ローラーに汚れがあるのか、細部は確認が難しく、原因は今のところ、不明。チョー困ります。ごく普通の方に比べれば、酷使しています。紙は、毎月500枚くらいは使用。遠隔授業になってから、資料の確認をよくするようになったため、紙の使用量は増えています。このくらい印刷するのであれば、エコタンク仕様のものの方が、ランニングコストは安いはず。再度調べて、不調なら、新調を考えましょう。しかし、出費は痛い。

 プリンタ不調についての追加。「プリンター・クリーニング用紙」があるそうです。ダイソーなど100均でも売っていて、効果があるとか。プリンタを新調する前に、試してみる価値が大いにありそうです。結果はまたここに書きます。

| |

« モズのオス、イソヒヨドリのメスにコサギ、アオサギ……午後は郷土史講座へ | トップページ | 20201003「勝手に三岐鉄道北勢線ハイキング『員弁街道を歩く』(楚原~阿下喜)」(その1)……楚原駅から瑞龍院観音堂まで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モズのオス、イソヒヨドリのメスにコサギ、アオサギ……午後は郷土史講座へ | トップページ | 20201003「勝手に三岐鉄道北勢線ハイキング『員弁街道を歩く』(楚原~阿下喜)」(その1)……楚原駅から瑞龍院観音堂まで »