« アルフォンス・デーケン先生ご逝去 | トップページ | 遠隔授業の資料作成について(覚え書き)【加筆修正あります】 »

2020年9月 9日 (水)

九華公園でヤマガラ……だんだん野鳥が増えてきた感じ(微笑)【遠隔授業準備についての付記あります】

Img_7191c_20200909153101  今日も不安定な天候で、午前中はよく晴れていましたが、午後からは、雨が降り始めました。雨雲レーダーを見ますと、15時半頃、周囲にはレーダーで真っ赤に見える強い雨雲があり、ゴロゴロという音も聞こえてきます。月曜日午後は郷土史講座、昨日は遠隔授業講習会と、半隠居の私にしては、珍しく予定が続き、しかも昨晩は夜中に目が覚め、お疲れであります(苦笑)。しかし、「桃屋の江戸むらさき」ではありませんが、何はなくとも散歩ですから、今日も7時半過ぎから散歩(微笑)。いつものように、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、入江葭町、吉津屋町、新築公園、常盤町、寺町商店街と5.9㎞を歩いてきました。

Img_7107c_20200909153101  証拠写真しか撮れなかったので、惜しいのですが、九華公園では、ヤマガラを確認しました。独特の鼻にかかったような感じでImg_7087c_20200909153101 「ビィー、ビィー、ビィー」という声が聞こえてきて探しました。メジロや、シジュウカラと入り交じったグループできていました。メジロは撮れませんでしたが、シジュウカラも証拠写真(微苦笑)。だんだんと散歩中に見られる鳥の種類、数が増えてきそうで楽しみです。

 さらに、写真はありませんが、今朝は諸戸氏庭園の方から、モズの鳴き声と思える鳥の声も聞こえてきました。2年前の今日、九華公園でモズを確認していますから(2018年9月9日:九華公園でモズ……サギソウ、メダカ、ミナミヌマエビの話も)、そろそろモズの姿が見られたり、高鳴きが聞こえたりするかと思います。ヒガンバナ、去年は遅かったのですが、例年ですと咲き始める頃。もう少し気温が低くなって、散歩しやすくなるとありがたいところ。

Img_7061c_20200909153101  九華公園の続き。今日は、アオサギさんがいました。定位置の鎮国守国神社の社務所裏の木にいました。ここにアオサギがいてくれると、ホッとすると同時に、散歩に来た甲斐があるという気がするのです(微笑)。

Img_7168c_20200909154501    さらに、ホシゴイは計4羽、ゴイサギは1羽も。いずれもアオサギがいた、同じ木のあちこちに隠れるようにImg_7148c_20200909153101 います。ざっと見ていると、見落とします(苦笑)。そのため、堀の対岸から、桜の木が植わっているあたりをあちこちウロウロしつつ、立ち上がったり、しゃがんだりといろいろな視点から見てきます。ホシゴイは、去年は漁の練習で木の枝や松ぼっくりを堀の中から突いていましたが(2019年9月8日:九華公園でカワセミ、ホシゴイ3羽、ゴイサギ1羽にアオサギ……ホシゴイは漁の練習中か?)、今年は今のところそういう様子はありません。今日見たホシゴイのうち少なくとも2羽では、羽毛が大人のようなブルーに変わりつつあるものがいました。ホシゴイは3年で成鳥のゴイサギになりますので、これらは、今年生まれの幼鳥とは考えられません。

Img_7095c_20200909153101  ところで、九華公園の奥平屋敷跡には、サンゴジュの木があり、実が熟してきています。木の実を食べる鳥は多いのですが、このサンゴジュに鳥がやって来て、実を啄んでいるようなところは見ません。日本野鳥の会のサイトに「野鳥により種子散布される樹25種」というページがありますが、ここにはサンゴジュは載っていません。ということは鳥はたぶん好まないのでしょう。自分では食べてみてはいませんが(苦笑)、触るとけっこう堅い感じでした。

Img_7179c_20200909153101  こちらは、時々取り上げている、九華公園の外周遊歩道の南にあるお宅の柿の実。すでに熟して、遊歩道に落ちている実もいくつかあります。その中には野鳥が突いたと思われる傷が付いているものも。この柿の実もよく見ると、向かって右側が突かれているようです。

Img_7014c_20200909153001 Img_7015c_20200909153001  余談というか、自分の興味と記憶のため。諸戸氏庭園主屋の修復工事、全体を覆うように足場がほぼ組み終えられています。工事が行われるときには、シートで覆われるのでしょうが、どんな風に作業がなされるか気になります。

Img_7004c  昨日の遠隔授業講習会で説明があった内容、やるべき作業は、概ね理解したと思います。質疑応答で「私はほとんど理解できない。先生に(学生部長が説明してくださいました)聞けば、教えてもらえるか?」という質問もありました。教員の知識・スキルもさまざまでしょうから、大学も大変でしょう。昨日の記事に書きましたように、要Img_7008c_20200909153001 するにフォルダ操作や、どこにどういうファイルを載せるかなどですから、本質的にやることは前期と同じ。Google Classroomに私が担当する授業用の「クラス」を作成し、それについてGoogleから割り当てられる情報を非常勤先に知らせなければなりません。さらに、前期は非常勤先でつくってくれたのですが、出欠確認、課題報告などのためのGoogle Form、後期は自分でつくれということでした。これらは手順を教えてもらいましたので、あとは間違いなくそれにしたがって作業を進めればよいはず。授業をするのですから、最大のポイントは、授業用の資料の作成と、講義の録音。10月からスタートですから、早めに取りかかり、コツコツと準備をしなくては、と思っているところ(まだ作業にはほとんど着手していません)。

 アサガオ、今朝は6輪咲いています。

【付記(9/9)】 自分の記憶のためのメモですが、夕方、早速、後期の遠隔授業に必要な、Google Classroomのクラスと、Google Formによる出席確認フォームを作成してみました。ものの30分もかからず、あっけないという感じ。説明された手順通りに進めれば、トラブルもなく終了。あとは、授業資料のチェック、加筆修正を進めるとともに、できあがった回の分から講義を録音しなくては。そうそう、図書館の推薦図書も選定し、連絡しないといけません。前期・後期で計2科目分。

 結局何をしたかというと、非常勤先から与えられたアカウントで割り当てられたGoogleドライブに、①Classroomのフォルダ、②出席確認のフォームファイル、③出席確認のデータ用のGoogle Sheetsのファイルの3つをつくったということです。あとは、Classroomのフォルダに授業資料と音声ファイルをアップロードすると、登録した学生諸君に「授業資料と音声ファイルがアップロードされた」という連絡が行き、学生諸君は視聴した後、出席確認フォームに出席したことや、課題の回答、質問などを記入します。出席確認フォームに学生たちが記入したことは、自動的にGoogle Sheetsに転記されるという仕組みです。

 ということで、ネットやパソコンを操作することの肝は、やはり、フォルダ、ファイルの操作だということのようです。

|

« アルフォンス・デーケン先生ご逝去 | トップページ | 遠隔授業の資料作成について(覚え書き)【加筆修正あります】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルフォンス・デーケン先生ご逝去 | トップページ | 遠隔授業の資料作成について(覚え書き)【加筆修正あります】 »