« ヒマワリは、青空のもとで見たい | トップページ | 終日、缶詰めで仕事 »

2020年7月27日 (月)

前期はすべて遠隔授業が確定

Weeklyweather  7月の最終週を迎えました。週間予報を見るたびに晴れマークが遠のいていく気がします。梅雨明けはどうやら8月に持ち越しという雰囲気になってきました。明日・火曜も曇りときどき雨という予報。東海地方の平年値では、梅雨入りは6月8日、梅雨明けは7月21日となっています(こちら)。リンク先で、過去の記録をざっと見た限り(精査はしていません)、2009年の6月3日から8月3日の2ヶ月が目立ちました。今年の梅雨入りは6月10日でしたから、この2009年よりは短いかも(これを希望的観測といいます……苦笑)。

0727cloud  今日も、続々と雨雲がかかり続け、止み間もあったものの、地面が乾く時間はほとんどありませんでした。午前中は、遠隔授業の録音作業。散歩に行けると思っていたので、臨時(笑)。第11回を飛ばして、最終回の第12回の録音を終えました。ご心配の向きもおありかも知れませんが、大きな失敗はしておりません(あくまでも主観的な話しではありますが)。第11回は、カウンセリングのシナリオを書き起こした記録をもとに話をするという、対面授業ではなかった内容です。それ故、もう少し検討する必要があって、後回し。

Img_9030c_20200727143601  録音作業を終えて、メールを確認したら、非常勤先から、前期はすべて遠隔授業でという連絡が入っていました。状況をよく把Img_9024c_20200727143601 握していなかったのですが12回の授業を4週×3クールに分けて、対面授業に戻すかどうかを検討していたようです。これで、前期は出勤の必要なし。在宅ワーク、テレワークの1種かも知れません。密かにホッとしたのは、準備をほとんど終えていたのに、対面授業に戻すと言われたら、最悪だなと思っていたこと。これで、努力が報われます(微笑)。それにしても、最近、ときどき書いていますが、また新型コロナの感染者数が増えていますので、後期の授業形態がどうなるか、気になります。

Img_9033c_20200727143601  という次第で、ウロウロしていましたので、今日は散歩には行けそうもありません。この夏は、花火も、石取祭もありませんので、ベランダ園芸の話しでお茶を濁すことにImg_9036c します(苦笑)。アサガオは、一段と青々と茂ってきています。昨日の記事で冗談半分に「蔓は夜伸びる」と書きましたが(2020年7月26日:ヒマワリは、青空のもとで見たい)、本当にそうかも知れません。ご覧のようにまたもやググッと伸びていました。ブロ友のこころんさんから、一昨日の記事に「アサガオは行燈にするにはリングに時計回りとか同じ方向に回した方がいいですか?」というお尋ねをいただきました。4年前の記事を調べたのですが(たとえば、2016年8月2日:九華公園、春日神社へ……午後からは試験の採点を確認し、成績をつけました(微笑))、蔓の巻き方は一定にはなっておらず(この時はホームセンターで買ってきたものです)、むしろジャングルのようになっていました。

Img_9037c_20200727143601  そこで、まぁ気にしない、ということにします。というより、すでに左の写真のようになってきているのが、現状(笑)。右Dscn7029_800x600 の写真は、4年前の8月2日の記事に載せた写真です。

Img_9052c_20200727143501 Img_9048c_20200727143501  続いて、サギソウの話し。1輪咲いて、もう1つつぼみがあると書きましたが(2020年7月25日:サギソウが1輪咲きました)、その後変化はありません。つぼみの方は、何となく小さくて、ひ弱な感じがしてなりません。晴れて、太陽が当たった方がよいような気がしています。

Img_9049c_20200727143501  サギソウは4鉢ありますが、残りの2鉢は、こんな感じです。茎が伸びてくる気配がありません。日照不足かなという気がしますが、こればかりは何ともなりません。梅雨明けを楽しみにしています。

Img_9063c  シラサギカヤツリの方も、次から次へと花が付いてきます。水やりをマジメにしているだけで、手がかかりません。とブログの記事を書きながら、ときどき雨雲レーダーを眺めています。現在15時25分、雨雲が切れてきました。落ち着かなくなります(苦笑)。少しだけでも歩いてくるか、どうしようか……。

|

« ヒマワリは、青空のもとで見たい | トップページ | 終日、缶詰めで仕事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんばんは。

長梅雨になりましたが、今週後半には梅雨も明けそうですね。
天気予報を見るたびにその内容がかわって、一喜一憂してしまいます。

新型コロナ、今日で三重県のトータルも74例だそうですし、桑名市内でも出ていますね。
感染者数が多いところへ出かけたり、そうしたところから来た方が感染ルートになっているようですから、気をつけなくてはなりませんね。

学生など、若い人たちも増えていますので、遠隔授業の方が安全です。
しかし、学生達は、出席確認のためにも、どの授業も毎回課題が出ていますから、大変だと思います。
遠隔授業の準備も、資料の整理や録音など、対面授業以上に時間をかけています。
小声で言うと、ちょっと割が合わないかもという気もします(微笑)。

投稿: mamekichi | 2020年7月27日 (月) 19時24分

こころんさん、こちらこそありがとうございます。

アサガオの巻き方は一定ですが、キュウリの巻きひげは左右どちらでも行けるとネットに書いてありました。
アサガオの巻き方は遺伝的に決まっているそうです。
http://lib.ruralnet.or.jp/syokunou/lib/sou2002/t/tj94158_059.htm

今日、夕方、アサガオの蔓を少し整えました。
おっしゃるように手がかかります。
放っておくと、まさに勝手に巻いて、ジャングルになりそうでした。
しかし、もっと繁ってきたら結局同じかも知れません。

おっしゃるようにこころんさんと同じようなことをして楽しんでいます。
我が家は、マンションですから庭がありませんので、スペースに限りがありますから、自ずと制限があります。
庭があったら、もっと大々的にやったかも知れません。

ブログにはあまり書いていませんが、メダカも睡蓮鉢から赤ん坊が大量に産まれ、このところ毎朝、網で掬って、別の容器に移しています。

投稿: mamekichi | 2020年7月27日 (月) 19時19分

こんばんは、雨ばかりの日ももう少しで明けそうですね。
新型コロナが桑名市内でも出てきたし油断できないですね。、
買い物以外出かけなくてブログのネタもないです。
遠隔授業の準備は大変そうですがコロナのことを考えると遠隔の方が安心ですね。


投稿: ミリオン | 2020年7月27日 (月) 19時17分

コメントありがとうございました
巻き付く時は右回りですね。
キュウリのツルも右回りのようです。
渦のように北半球、南半球のように違うのでしょうかね?

やはり上へ上へと絡んできますね。
自分でリングに絡んでくれるといいんですが
世話を焼かせます(笑)
上へ絡んだのをほどいて右回りで時計回りや
右回りで反時計回りでリングに絡ませてます。
上のリングがいっぱいになってきたので
下のリングへまた下ろして絡ませようかと思います。

なんだかいろいろと同じことを楽しんでますね^^;

そろそろプランターにヒマワリやコスモスを蒔こうかと思ってます。

投稿: こころん | 2020年7月27日 (月) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒマワリは、青空のもとで見たい | トップページ | 終日、缶詰めで仕事 »