« 鳥はおらず、モチベーションもイマイチ(苦笑) | トップページ | スズメのヒナの水浴び……遠隔授業マニュアル届く »

2020年5月24日 (日)

そろそろ自分でカツを入れないと!

Img_8845c  よく晴れて、散歩日和。朝、いくつか用事を済ませ、8時半からいつものコースへ。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園から京町、寺町と5.3㎞。11時過ぎに帰宅。冒頭の写真は、住吉神社前から見た、揖斐川の下流方面。中央遠くに見えるのが蟠龍櫓。その手前に七里の渡し跡があります。蟠龍櫓から右手の建物は、旅館山月、船津屋。江戸時代は、それぞれ脇本陣、本陣があったところ。九華公園に行くには、こちら方面に歩いて行きます。

Img_7061c-2  珍しくもない鳥ですが、ヒヨドリ。最近、散歩コースではほとんど見かけませんし、鳴き声も聞こえませんでした。静かでよいといえばそうなのですが、他に鳥が少ないので、ちょっと淋しい気もしていました。ヒヨドリも繁殖シーズンで、どこかへ行って営巣しているのでしょう。諸戸氏庭園前の桜並木で見ました。

Img_8867c_20200524163901  九華公園では、久しぶりにコゲラを見ました。巣穴にはもう来ていません。鳴き声は公園内のあちこちで聞いていたのですが、姿を見たのは何日ぶりか。今年は、営巣は見られないようです。期待しただけに残念。

Img_8847c_20200524163901  スズメのヒナは元気で、早く巣立ったヒナは親から離れて行動しているところも見かけます。今日は、「スズメの学校」は日曜で休みでした(笑)。少数がでてきてはいたのですが、一昨日ほどの数は集まっていませんでした。

Img_8880c_20200524163901 Img_8888c_20200524163901  こちらのスズメ、ヒナですが、落ちていたパンか何かを自分で拾ってきました。巣立ってどのくらいの期間で自立するのでしょう? ネットで検索したり、手元にあるバードウォッチングの本、雑誌を見たところ、「身近な鳥の生活図鑑(三上修、ちくま新書、2015年)によれば、「親鳥は巣立ってから10日ほど、子どもの世話をする」ということでした。その間、ヒナがくわえたものを親鳥に見せ、食べられないものであれば親がそれを取ってポイッと放るそうです。食べられないものを教えていると思われます。

Img_7067c  花菖蒲は少しずつ咲いています。左の写真は、「曲水の詩(きょくすいのうた;肥後系)」。「曲水」は、①曲がりくねって流れる小川、②「曲水の宴」の略。「曲水の宴」は、「宮中や貴族の屋敷で陰暦3月3日に行われた年中行事の一つ。庭園の曲水に沿って参会者が座り、上流から流される杯が自分の前を通り過ぎないうちに詩歌をよみ、杯を手に取って酒を飲んでから杯を次へ流すという遊び」ですが、そのイメージなのでしょうか。

Img_7077c Img_7094c_20200524163901  これらの2枚は、奥平屋敷跡への入り口にある花菖蒲園で見たもの。今年、ここがもっともよく育っているのですが、ここは品種別には植えられておらず、名札もありません。そうなると、何という品種か、お手上げ(苦笑)。どこかのWebサイトで調べて、比較していけば分かるのでしょうが、その根気がありません。我ながら、困ったもの。

Img_8854c_20200524163901  アジサイは、去年や一昨年に比べると少し遅い印象があります。こちらは、九華公園の管理事務所南にあるアジサイ。外周遊歩道の南にもあるのですが、そこもまだ。

Img_8893c  さて、5月も最終週に入ります。6月になると、今のところの予定では、市民大学郷土史学科の講義がスタートし、中旬からは江戸橋方面の非常勤も遠隔授業開始、今年になって引き受けた某社会福祉法人の評議員会も予定されています。そろそろその気にならないといけません。

|

« 鳥はおらず、モチベーションもイマイチ(苦笑) | トップページ | スズメのヒナの水浴び……遠隔授業マニュアル届く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。

スズメに限らず、ヒナたちにはやはり教育は必要のようです。
引用した新書にはいろいろと面白いことが書いてあります。
食べられないものをヒナが咥えると、親はそれを取って、ぽいと放ってしまいます。

九華公園の花菖蒲は、管理形態と管理会社が変わってから手入れがほとんどされず、今年は、残念ながら、ダメのような感じです。

投稿: mamekichi | 2020年5月24日 (日) 19時51分

こんばんは
スズメってそんな教育するんですね。
見る機会があったら注意して観察してみたいです。
九華公園の菖蒲はまだまだのようですね。

投稿: こころん | 2020年5月24日 (日) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥はおらず、モチベーションもイマイチ(苦笑) | トップページ | スズメのヒナの水浴び……遠隔授業マニュアル届く »