« ミドリガメの産卵と「スズメの学校」……今年は桑名水郷花火大会も中止で残念至極 | トップページ | そろそろ自分でカツを入れないと! »

2020年5月23日 (土)

鳥はおらず、モチベーションもイマイチ(苦笑)

Img_8831c_20200523154201

 気温は25℃ほどですが、未明に雨が降ったためか少し蒸し暑く感じました。歩いてきたのは6.0㎞でしたが、汗をかきました。8時過ぎからいつも通り、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、入江葭町、新築公園、京町、田町です。帰宅は11時半。相変わらず鳥は少ないのですが、散歩友達に出合い、そのたびに少しずつ話をするので、時間がかかります(苦笑)。

Img_8818c_20200523154201  今日、まともに見た鳥はスズメとツバメくらい(苦笑)。これらの写真は、昨日、「スズメの学校」が開かれImg_8824c ていたところで撮りました。桜の木の下で、堀沿い(冒頭の写真の中央あたり)。堀の対岸は、鎮国守国神社。ここを通る人はあまりありませんので、いわばスズメにとっては安全地帯。

Img_7027c_20200523154201  奥平屋敷跡にある花菖蒲園では、白色系の花菖蒲が数本咲いています。3箇所の内、ここの花菖蒲がもっともよく生育しています。

Img_7040c Img_7043c  こちらは、本丸跡の花菖蒲園。ひょっとしたらまったくダメかと思っていたのですが、今日は2本開花。散歩友達のWさんは、「これじゃ、花菖蒲じゃなくて『二輪草』だ」とオヤジギャグ(笑)。左の写真は「朝日空(伊勢系)」、右は「有馬川(江戸系)」と名札がありました。

Img_8833c  これが全景。拡大しても、どこに花菖蒲が咲いているか、分かりません。中央あたりと、右奥の隅で咲いています。

Img_8836c  京町のお宅のツバメの巣。ヒナは元気そうでした。親がエサを運んでくるシーンを撮りたかったのですが、フッと気を抜いたときに限って登場するのです。何ともタイミングが悪いこと(苦笑)。昨日、カメの産卵シーンを撮るときも、「今産むか、今産むか」と(爆)。注意の持続も難しい。

Img_7034c_20200523154201  ところで、いつもの生活派とはさほど変化もなく、自粛疲れはしていないつもりですが、非常勤の講義も、市役所関係の仕事(会議)もなく、メリハリがないためか、モチベーションが今ひとつ上がらないまま暮らしている感じです(苦笑)。困ったこと。散歩しても鳥がいないというのも影響しているかも知れません。ここは、テンションを上げるのに、「勝手にハイキング」でも行こうか、思案中。写真は、九華公園で撮ったナミアゲハ(アゲハ)。

|

« ミドリガメの産卵と「スズメの学校」……今年は桑名水郷花火大会も中止で残念至極 | トップページ | そろそろ自分でカツを入れないと! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。

おっしゃるとおりで、野鳥が少ないのは分かってはいるものの、「ひょっとしたらいるのではないか」という気がします(微笑)。
上之輪新田あたりの田んぼでは、長島と違って、サギも少ないので、コースが自ずから限られます。

例の場所、私が行ったときは1羽のみでした。
コチドリもコアジサシも同じようなところに営巣しますから、バトルもあり得るのでしょうね。

キンクロさん、今日もいましたか。
気になりますね。
アマサギはまた見に行こうと思うのですが、クルマを止めるところに困ります。

投稿: mamekichi | 2020年5月23日 (土) 20時34分

mamekichiさん、こんばんは!

この時期、野鳥が少なくなるのは判っていても寂しいですね、幸いにもこちら側は、田んぼや川、堰等が有るので、バードウォッチングに困る事は無いのですが、そろそろ1散歩1アオサギは達成出来なくなりそうです。昨年同様ですが、今年もこちら側のツバメは少なめです。
先日例の場所を確認頂いたようですね、本日も4羽確認しました、うち2羽が座っていましたが、タマゴの有無は確認出来ず。そして驚いたのが、何故かコチドリとコアジサシがバトルしていました、繁殖地の縄張り争いとかも有るのでしょうか。
堰のキンクロ1羽、本日も居ましたよ、アマサギも順調に増えてきた感じです。

投稿: ひらい | 2020年5月23日 (土) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミドリガメの産卵と「スズメの学校」……今年は桑名水郷花火大会も中止で残念至極 | トップページ | そろそろ自分でカツを入れないと! »