« 九華公園で7年4ヶ月ぶりにヒレンジャク | トップページ | コゲラは今日も巣にいました »

2020年4月16日 (木)

九華公園でコゲラの巣2ヶ所、貝塚公園で今シーズン初のトンボ

Img_3234-2c  気温は22.7℃まで上がり、歩いていると汗ばみます。九華公園では、数少ない八重桜が咲き始めました。ソメイヨシノは、場所や木によっても違いますが、かなり散ってしまっています。もう4月も後半ですから、ソメイヨシノもよく保ったといえるかも知れません。8時半からいつものように、住吉神社、九華公園、貝塚公園、入江葭町、京町、田町と6.5㎞を散歩。11時半に帰宅。寺町に行っていませんが、京町、田町でツバメの巣チェックをしているからです。

Img_3187-2c  昨日、二の丸跡で知人と話しているとき、コゲラが木をつつく音がよく響いていましたが、巣穴を開けていたようです。今日Img_3195-2c は、九華公園内某所、それも2ヶ所でコゲラが巣穴を開けているところを見つけました。コゲラが突く音を頼りに、そっと歩き回って見つけたという次第。これらの2枚は、そのうちの1ヶ所。既に中には入れるくらいの大きさになっていて、入り込んでは様子を確かめていました。

Img_3218c_20200416170901  もう1ヶ所が、こちらの写真。よく似てはいますが、別の巣穴です。九華公園では、5年ほど前に営巣し、雛も誕生したのですが、巣立つ寸前にヘビか、カラスにやられたのを見ています(たとえば、2015年5月13日:今日もコゲラを見て来ました)。そっと見守って行くことにします。ちなみに、キジバトさんは、今日も巣に就いていました。もう1ヶ所ある聞いたところは、未確認。

Img_3247c_20200416172001  そして、もう1つのトピックスは、今年初のトンボ。貝塚公園で見つけました。シオカラトンボのメス。

Img_3202c  さて、住吉入江、揖斐川にはカモはいません。今日は、揖斐川でヒドリガモのオスを1羽見ただけ。旅館山月の裏手では、揚げ雲雀。高水敷に降りてきたのですが、あちこち移動してまともな写真は撮れず仕舞い。三之丸公園では、ツグミ2羽。柿安コミュニティパーク西の堀にオオバンが1羽。他はスズメ、ムクドリ、ヒヨドリがところどころにいるくらい。

Img_3232c  九華公園でもツグミを2羽。二の丸跡と、朝日丸跡にいました。左は二の丸跡にいたツグミですが、わりと近くまでいっても平気でした。このほか、メジロが盛んにさえずっています。カワラヒワはあまり姿を見なくなっています。去年は、この時期エナガを見たのですが、今年はほとんど見ません。公園上空をゴイサギが2羽旋回しているのも見えました。

Img_3288c_20200416172101  あまり鳥がいませんので、カメの甲羅干し(苦笑)。以前、管理事務所近くの元アヒル小屋にあった「甲羅干しスロープ(本来は、アヒルが小屋に上ってくるスロープでした)」がなくなってしまい、甲羅干しに適した場所が限られてしまっています。それ故、激戦(爆)。甲羅干しができないと、健康に過ごせない僧ですから、カメたちにとっては死活問題。

Img_3257c_20200416172301  九華公園のフジもご覧のようになってきました。施肥など世話がされていませんので、だんだんと貧弱になってきている気がImg_3238c して、残念。右は、あの「ナンジャモンジャ」。鎮国守国神社の境内にあります。本名は、ヒトツバタゴ。地方によっては、ヒトツバタゴ以外の木をナンジャモンジャというところもあるそうです。

Img_3245-2c  貝塚公園では、ツグミ2羽とシロハラ1羽。公園はどこもさほど賑わっていません。Img_3302c_20200416172701 お子さん連れの方も少なく、散歩する人も顔なじみの人がほとんど。公園であれば、「3密」になることはほとんどありえません。人と出会うことはあり、話もしますが、せいぜい数分くらいで、「濃厚接触」にはまずなりません。

Img_3312c_20200416172901  ツバメの巣は、京町で3ヶ所、田町で3ヶ所を見てきました。昨日と同じ京町のあるお宅では巣にいましたが、卵があるのかどうかは不明。継続して観察することにしましょう。

Img_3324c_20200416173301  ところで、ニュース速報によれば、全都道府県を緊急事態の対象にする検討に入ったとか。さらに安倍総理が「一律10万円給付」を補正予算に組み入れるよう指示したとも伝わっています。どうも一貫性がなく、右往左往して、小出しに対応しているように見えてしまいます。きちんとした司令塔がいないという気がしてなりません。現在までに分かっている科学的な根拠に基づいて対応してもらいたいと思います。昨日はクラスター対策班の専門家が見通しを語っていましたが、予測式や、パラメータなど詳しいことは出ていないようです。そこまで明らかにして、専門家でさらに検討してもらうことは大切ではないかと考えます。個人的には、可能な予防策(手洗い、うがいの励行、必要なところではマスク、3密を避けるなど)をきちんと実行していくことにします。最後の写真は、諸戸氏庭園上空を飛んでいたゴイサギ。

 

|

« 九華公園で7年4ヶ月ぶりにヒレンジャク | トップページ | コゲラは今日も巣にいました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園で7年4ヶ月ぶりにヒレンジャク | トップページ | コゲラは今日も巣にいました »