« その後の御衣黄、河口堰でコムクドリ、某所でケリは営巣……なばなの里は花ひろばのみ公開中 | トップページ | 金儲けにならない、役に立たないことばかりで楽しむ(微笑) »

2020年4月22日 (水)

コゲラの巣はまだ工事中……鯉のぼりも見かけました

Img_4055c_20200422164901 Img_4063c_20200422164901  気温は15℃止まりで、北寄りの風もけっこう吹いて、寒く感じます。冒頭の写真は、散歩に出るときの北の空。何だか冬の空のイメージです。8時過ぎから、いつも通り、住吉神社、九華公園、貝塚公園、入江葭町、京町、寺町、田町と6.1㎞を歩いてきました。これくらい歩くのが、今のところちょうどよい感じ。寒い感じがしたためか、散歩する人はきわめて少なく、知人1名、九華公園の管理人さんと、清掃のシルバー人材センターの方に会ったくらい。三之丸公園のソメイヨシノと蟠龍櫓。もう少し葉っぱが繁ってくるとまたよい景色になるはず。

Img_3706c  三之丸公園にある藤棚。クローズアップして見ると、左の写真のように、それなりに見事なフジの花が咲いているのですが、離Img_4068c れて見ると、右のような写真。2~3回書いたと思いますが、市の公園では藤棚の手入れや、施肥がされているのを見たことがありません。以前はもっと見事に咲いたのに、残念だと思います。

Img_4075c_20200422164901  九華公園、今日は、鎮国守国神社の社務所裏にゴイサギが1羽。よく見ると、ゴイサギの特徴Img_3715c の1つである目(虹彩)の赤さがありません。虹彩は黄色がかったオレンジ色で、幼鳥の特徴が残っています。成鳥では、繁殖期には後頭に白い冠羽が3本伸てきて、足が赤みを帯びます。このゴイサギ、足はピンク色をしています。別のアングルの写真で見ると、冠羽があります。ということは、ホシゴイからゴイサギに変身したばかりか、という気がします。

Img_4081c_20200422164901  コゲラの巣、卵があるのかどうかよく分かりませんでしたが、今日は、木くずを放り出していましたので、まだ工事中のようですImg_3771c_20200422171501 。もう1箇所の巣は、今日もコゲラの姿はありませんでした。キジバトの巣は、今日も親が就いていました。キジバト、今週終わり頃には雛が孵るのではないかと期待しています。さらに、鳥小屋のセキセイインコも、今週中くらいには雛が産まれてくるという話。楽しみですねぇ。

Img_3759c_20200422164901  カモたちは、まだまだ滞在中。合計38羽。ヒドリガモが2ペア、ホシハジロはオスが4羽にメスが1羽。他はImg_3752c-2 キンクロハジロ。そうそう、カルガモのアーちゃんもいます(いたり、いなかったりですが)。一方、オオバンは姿を見なくなりました。その他には、ツグミが、奥平屋敷跡にも、朝日丸跡にも2羽ずつ、二の丸跡には1羽と合計5羽。ハクセキレイ、カワラヒワ、ムクドリなど。ヒヨドリ、カラスはほとんど見ません。

Img_3775c_20200422164901  九華公園の藤棚は、ほぼ満開といってよいかと思います。ツツジは、日当たりのよいところはよく咲いていImg_4111c_20200422164901 ますが、全体としては1~2分咲きくらいの印象。

Img_4174c  貝塚公園も人の姿はありません。南東側のエリアでシメ。シメ、今日は、三之丸公園と柿安Img_4188c コミュニティパークとの間でも鳴き声がしていました。シメの近くには、ツグミが3羽。ここでもカワラヒワと、ムクドリが少しいたくらい。

Img_4199c  内堀南公園では、ちょっと珍しい景色。藤棚の脇に藤のImg_4203c_20200422165001 木が生えてきています。去年、気づいてブログにも載せています(2019年4月26日:スッキリしない天気……鳥はやはりいません)。

Img_4162c_20200422165001  九華公園の近くのお宅では、鯉のぼり。近年は(などと書くと大袈裟ですが)、散歩コースではあまり見なくなっています。田舎の方へ行くと、昔のように庭にポールを立てて、昔ながらの大きな鯉のぼりが泳いでいるのを見ますが、市街地では少なくなっています。

Img_4077c  オマケ(では、恐縮なのですが)。九華公園の清掃をしてくださっているシルバー人材センターの方から呼び止められ、1つプレゼントしてもらいました。趣味でつくっておられ、公園で配ったりしていらっしゃるそうです。「広告の紙でつくっているンや。よかったらもらって」ということ。趣味で何かをつくり、皆さんに差し上げて喜んでもらうというのは、老後の楽しみとしてよいこと。

 

 

 

|

« その後の御衣黄、河口堰でコムクドリ、某所でケリは営巣……なばなの里は花ひろばのみ公開中 | トップページ | 金儲けにならない、役に立たないことばかりで楽しむ(微笑) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

ゴイサギ、ときどき、あの鎮国守国神社の社務所裏にいます。
昨日の個体は、成鳥らしさを示していますから、繁殖できるのかも知れません。

コゲラ、キジバト、インコ(メスはずっと巣箱の中です)は、順調に推移しているようです。
あまりあちこち行くのが憚られますから、今シーズンの楽しみとします。

カモは、例年ゴールデンウィーク頃までいます。
今年は堀めぐりがありませんでしたから、ゆったりしているように見えます。

N里は、独占状態でしたが、あの時間帯だけ雲行きがアヤシく、ちょっとだけ小雨に降られました。

イルミは、さすがに元手も手間もかかっているからなのでしょうね。
再開できた場合は、7月26日までとは(微笑)。

今の状況ですと、緊急事態宣言を5月6日で解除というのは難しそうな気がします。
いろいろ先行きがどうなるか気になるところです。

投稿: mamekichi | 2020年4月23日 (木) 03時26分

mamekichiさん、こんばんは!

今年はゴイサギが長く滞在していますね、まだ若い個体のようですが、子育ては出来るような気もしますがどうなんでしょうか。
コゲラとキジバト、インコも順調そうで良かったです、またこの状況が落ち着いたら確認してみたいです。カモ達も結構のんびりしていますね、今年は暖かい冬でしたが、その後も余り暖かくならないので、まだ気候的に快適なのでしょうか。

昨日は早速N里に行かれておりましたね、しかも完全独占だったようで羨ましいです。(笑) さすがに宣伝もしていないので、誰も来ないかなと思っています。
追加のN里情報です。
1.イルミは7/26まで開催延長(公式アナウンス有り)、入場料は1600円
2.今年はあじさい祭り中止(公式アナウンス有り)
3.昨日まで公式に書いてあって、今は消えてしまいましたが、花ひろばの無料公開は4/26まで、GW期間中は閉園で、5/7以降は状況に応じて決める

気になるのは、イルミを7/26まで延長するとなると、来年度のイルミは中止か?、もしかしてイルミ解体せず、内容だけ変えて公開、等と妄想しています。(笑)

投稿: ひらい | 2020年4月22日 (水) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後の御衣黄、河口堰でコムクドリ、某所でケリは営巣……なばなの里は花ひろばのみ公開中 | トップページ | 金儲けにならない、役に立たないことばかりで楽しむ(微笑) »