« 20200209近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 早川酒造部『天一』」へ(完) | トップページ | パンダガモと、サギ山確認@弥富……確定申告は無事終了 »

2020年2月10日 (月)

初雪、薄氷の中、ウグイスにカワセミ……九華公園の石垣修理は、どうもねぇ

Img_6721c Img_1737c_20200210181201  朝はマイナス2.9℃、最高気温も5.7℃止まり。そして、とうとうというか、ようやくというか、一時的に雪が舞っていました。九華公園の堀には、今日も薄い氷。北国の方には笑われるでしょうが、底冷えする感じの1日。ですが、寒さに負けず、8時から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、中橋のゴイサギコロニー、春日神社、京町、寺町と5.7㎞。10時40分頃帰宅。

Img_6868c  今日はまず、こちら。ウグイスです。九華公園の相撲場近くで見つけ、粘ってとれたのがこれ。暗かったので、こんな色に見えImg_1655c_20200210182101 ていますが、全体に地味ではあるものの、背中はオリーブ褐色です。もう1種類は、カワセミ。3回ほど見ました。ダイビングシーンや、小魚をくわえて飛ぶところも撮ったものの、ピンぼけ/ブレブレの写真ばかり。これもちょっと枝が被っていますが、ご容赦ください。ということで、寒い中出かけていったご褒美がいささかあったということ(微笑)。

Img_6760c_20200210182201  他にも、ユリカモメのこれらのシーンも。左の写真は、薄く氷の張った二の丸堀の東エリアで撮影。いかにも寒そう。右は、二Img_6923c_20200210182301 の丸橋の欄干に並んだところ。今シーズンはほとんど見られませんし、並んだとしてもせいぜいこれくらいの数で、あまりきれいには並びません。ユリカモメは、合計82羽。

Img_1609c  さらに、ジョウビタキのメスのジョビボール。「使用前、使用後」ではありませんが、ジョビImg_1607c ボールとフツーの姿と両方を見せてくれました。かなり違います。笑えるほど。ご存じない方がご覧になったら、別の鳥と思うかも知れません。ジョウビタキのメスは、朝日丸跡と相撲場近くの2個所で見ましたが、同一個体かも知れません。

Img_6694c  話を戻して。住吉入江には、これはスズガモのメスでしょう。他にはオオバンが1羽。揖斐川には、カンムリカイツブリが4羽ほど。今日見たカンムリカイツブリは、まだまだ冬羽でした。遠いので写真はありません。

Img_6704c  七里の渡し跡では、ヒドリガモが16ペア。そのうち、1/3くらいが堤防の法面に上陸して、エサを啄み始めImg_1552c ていました。春が近くなると、このように堤防の法面や、高水敷に上陸して、草を食むようになります。

Img_1572c  九華公園では、鎮国守国神社の社務所裏にシロハラ。近くにツグミもいまImg_6723c したが、ちょっと遠くて、証拠写真。シロハラは、管理事務所近くでも目撃。2羽来ているように思います。最近は、社務所裏にはゴイサギ&ホシゴイはいません。中橋のゴイサギコロニーにいます。

Img_1575c  カモは、キンクロハジロの大半が、南西エリアの堀に。ハシビロガモは、二の丸堀の西側、水が減って石が露出したあたりにImg_1672c います。合計45羽。ハシビロガモのオスが8羽、メスが2羽、キンクロハジロが34羽、ホシハジロのオスが1羽。ヒドリガモは全く来なくなりました。

Img_1579c  アオサギは、ハシビロガモの近くにいました。ダイサギも1羽来ていますが、これが神経Img_1621c 質。かなり離れて写真を撮っていても逃げます(苦笑)。右の写真は、野球場の前の堀に降りたところを、朝日丸跡から撮ったもの。

Img_1663c  ツグミは、ハシビロガモの近くにもいました。このほか、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、ヒヨドリなどもいました。シジュウカラやメジロは、あまりきれいにとれなかったり、枝かぶりだったりで割愛。

Img_6906c  さて、先日修理を行っていた朝日丸跡の石垣崩れの現場、こんな風になっていました。いやぁ、去年9月の台風で崩れて、5Img_1659c_20200210194501 ヶ月近く。これはちょっとないよなぁ、という修理の仕方。散歩友達の皆さん、同意見。石垣というのは、「石を組み上げて作られた壁、もしくは柵のこと」です。これ、どう見ても組み上げてはいません。コンクリート壁の中に、テキトーに石を散らしたという感じ。業者さんが独自判断でこのようにするとは到底考えられませんので、市役所の指示なのだと思えます。「県指定文化財として指定を受けており、工法や費用の面での検討が必要」ということだったのですが、文化財であるなら、こういう修理はないはず。修理個所の下に石垣の石だったと思われる石が8個ほど落ちています。うまく入らなかったor余ったから捨てたと見えます。

Img_1700c  このままこの記事を終えると、気分がよろしくありませんので、河津桜の話題で終えます。ここ2~3日、寒さが厳しいのでImg_1704c 開花は進んでいません。案内看板も掲出されていました。水曜から土曜くらいは、気温が上がるといいますから、開花が進むかも知れません。期待しています。

|

« 20200209近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 早川酒造部『天一』」へ(完) | トップページ | パンダガモと、サギ山確認@弥富……確定申告は無事終了 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

実は、「初雪」というほどには降りませんでした(微笑)。
ちらついたくらいでオシマイでしたから。
九華公園を歩いているときにも、チラチラしていましたから、実感しました。

カワセミは、堀の水が抜かれてから、あちこちをウロウロして、水がそれなりに深いところで、えさを探しています。
この写真は割と近いところに来たところ。
あいにく日は陰り気味だったのですが、近かったのが幸い。
これは、嘴が上下とも黒いので、オスです。

ジョウビタキ、全然違うでしょう?
ふっくらしている鳥の写真を見ると、「太っている」と思う方、けっこういらっしゃるんですよ。

ツグミ、見つけられましたか(微笑)。
何も賞品などはありませんが……。
動くか、鳴くかしてくれると分かります。
小型の鳥は、じっとしていることはあまりありませんから。

石垣はねぇ、素人の仕事かと思えます。
ガッカリです。
水道屋さんのトラックが来ていましたし、別の方は、「こういう仕事は初めてだから、どのくらいの期間かかるか分からない」と業者さん本人に聞いたといいます。

投稿: mamekichi | 2020年2月11日 (火) 17時18分

mamekichi先生、おはようございます。

今シーズン初めての雪。
教えてくれる人があったので、なんとか見ることができました。
はい、名古屋では、雪だったのはほんのひと時で、間もなく、冷たい雨に変わってしまいました。

カワセミさん、太陽を反射している風でないのは、新鮮ですね。
ブルーの奇麗なこと!
この子は、オスですね(笑)。

ジョウビタキ、たしかに別の鳥みたいです(微笑)。
このお写真ですと、肉付きが良いのではなく、毛を立たせているということが、よく分かりますね。

社務所裏の、ツグミさん?
こんなの、騙し絵じゃないですか!(笑)。
よく見つけられますね。

石垣。
これは怒って良いと思います。
県指定文化財なのですよね。三重県の恥である、と、何なら愛知県民の私が抗議します。

河津桜、昨夜ニュースで観ました。
本場?静岡での様子でしたが、かなり咲いていました。
こんなに寒いのに、桜がこんなに・・・と思うと、不思議な気持ちになります。

投稿: おユキ | 2020年2月11日 (火) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20200209近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 早川酒造部『天一』」へ(完) | トップページ | パンダガモと、サギ山確認@弥富……確定申告は無事終了 »