« 20200111JRさわやかウォーキング「あいち・なごや生物多様性EXPOと宮の渡し跡から熱田神宮」(その3)……宮の渡し跡へ | トップページ | ビンズイ再登場、ゴイサギコロニー復活か?【過去のゴイサギコロニーについて付記しました(1/17)】 »

2020年1月15日 (水)

江戸橋での授業も最終日、来週は筆記試験

Dscn2616c  雨は明け方にはもう降ってはおらず、日中は晴れました。しかし、北風が冷たい。暖かく感じる日が続きましたので、寒さが身にしみます(苦笑)。今日は、江戸橋での授業、14回目。授業は今日で終了し、来週は試験となります。授業最終日とあって、出席率も85%を越えました。「来週のテスト がんばる!!」というコメントもありましたが、しっかり準備してきてもらいたいと思っています。

Dscn2619c  今日は、出勤したとき、グラウンドにツグミが7~8羽いました。それもけっこう近いところに集まっていました。いるところにはいるのか、それとも出てくるようになったのかは分かりませんが、ちょっと感激。最近、Q&Aを説明して、その日の授業内容に入るとき、覚醒水準向上を狙って(?)、鳥の写真を見せてバードウォッチングの話を少しだけしていましたが、概して好評でした。これが楽しみで授業に来たとか、授業をきちんと聞けるようになったというコメントもあり、「いいのか?」と若干迷うところもありますが、それなりの効果はあり、さらには学生との距離は縮まったようです。授業が終わったとき、「センセイ、もう卒業ですから、一緒に写真を撮ってください」という学生あり、「鳥が見えたので、見てきま~す」という学生ありでした(微笑)。

Dscn2623c  さて、帰りは風が冷たかったものの、いつも通り、志登茂川で道草。四日市港潮汐表で見ると、満潮は9時25分、干潮は15時Dscn2641c 11分とちょうど間の時間。水量はかなり多かったものの、水鳥はそれなりにいました。もっとも多かったのは、オナガガモたち。右の写真は、右岸の堤防下の様子。数10羽のオナガガモ、ヒドリガモが上がってきていました。覗き込むと驚かせてしまい、カモたちは川へ逃げます。

Dscn2646c  オナガガモのオス。コンデジ(Nikon Coolpix S7000)の割に良く撮れたと自己満足(微笑)。右は、マガDscn2650c モ。マガモは数は多くはありませんが、対岸(左岸)の方にも見えました。

Dscn2644c  他には、ホシハジロや、ヒドリガモの姿もあります。寒かったのであまりDscn2660c じっくりとは見てきませんでしたが、ホシハジロはオスのみ。

Dscn2653c  対岸を見ると、ユリカモメや、セグロカモメの姿もありました。これは、いつもの散歩コースでのバードウォッチングよりも楽しめた感じです(微笑)。まったく何をしにいっているやら(苦笑)。

|

« 20200111JRさわやかウォーキング「あいち・なごや生物多様性EXPOと宮の渡し跡から熱田神宮」(その3)……宮の渡し跡へ | トップページ | ビンズイ再登場、ゴイサギコロニー復活か?【過去のゴイサギコロニーについて付記しました(1/17)】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20200111JRさわやかウォーキング「あいち・なごや生物多様性EXPOと宮の渡し跡から熱田神宮」(その3)……宮の渡し跡へ | トップページ | ビンズイ再登場、ゴイサギコロニー復活か?【過去のゴイサギコロニーについて付記しました(1/17)】 »