« 20191215近鉄ハイキング「名古屋の繁華街に残る古墳めぐり」(その1)……近鉄名古屋駅地下改札前をスタート、宝くじ名駅前チャンスセンター、ナナちゃん人形、後藤新平宅跡から日出神社、那古野山古墳、富士浅間神社、まねき稲荷、清寿院の柳下水へ | トップページ | ミコアイサに会いに行ってきました……河口堰ではカワセミと、ミサゴの食事を遠望 »

2019年12月23日 (月)

門松が立っています……鳥は相変わらず少ない

Img_2848c_20191223161801  昨日書きましたが、年内の仕事はほぼ完了。ということで、いささか脱力しています(苦笑)。10月初めからが、「遊び人」であった私には、用事が多すぎたということです。今日は午後から、アオサギさんのように、爆睡しておりました。が、午前中は、いつも通り、散歩。8時15分出発、10時半過ぎ帰宅。住吉神社、九華公園、貝塚公園、入江葭町から、桑名宗社(春日神社)、本町、船津屋あたりを経て住吉入江沿いを歩いて、5.9㎞。

Img_2772c  朝は、5.2℃とやや冷えました。藤原岳は、頂上あたりがやや白くなっているのが見えました。しかし、午前中は風も弱く、よImg_2796c_20191223162201 く晴れて暖かく感じました。諸戸氏庭園、住吉入江にはほとんど鳥はいません。揖斐川も、今日はキンクロハジロが10羽くらいと、カンムリカイツブリが数羽。どこも静かです。七里の渡し跡で、コガモ7羽。三の丸公園に来て、ようやくスズメの群れ。今の時期はこういうところや、神社でよく見ます。

Img_4740c_20191223163201  その三の丸公園の東の端で、こちら。ツグミでしょうが、若い個体のような気がします。ツグミは、今年はまだ本当に少ないのです。去年まででしたら、今頃は、あちこちで地上に降りて、エサを探していたのに。そして、シロハラは、まだ見ていません(先日、拙宅マンションの玄関先で見た「お尻鳥」がシロハラかも知れませんが)。

Img_2815c  柿安コミュニティパークではシジュウカラ2羽。九華公園の方からやって来ました。北門近くまで歩いていましImg_2845c_20191223162501 たので、ちょっと戻って確認。九華公園に入ってすぐのサザンカから、やかましいくらいのメジロの鳴き声。そっと近づいたら、10数羽が集って、蜜を吸っていました。この時期、花は多くありませんから、貴重な食糧だと思います。

Img_2860c  鎮国守国神社の社務所の裏、今日は、冒頭の写真のように、アオサギ1羽と、ゴイサギが1羽。今頃の時期、私が歩いている時間帯は、西側からここを見ると、ちょうど逆光で、鳥を探しにくいので、見逃しているかも知れません。その他は、ヒヨドリ天国という感じ。

Img_4749c_20191223162901 Img_2852c_20191223162901  カモたち、今日もあまり多くなく、合計53羽。メンバーはいつも通り、ヒドリガモが2組4羽、ホシハジロはオス1羽、ハシビロガモはオス4羽、メス3羽。ただし、ホシハジロのメスもいたかもしれませんし、ハシビロガモはけけっこうあちこち泳ぎ回っているので見逃しがあるかも知れません。

Img_4761c_20191223163001  ユリカモメは、21羽。今日は誰もエサを与えていませんでしたので、じきに姿を消してしまいました。現金な鳥です。貝塚公園でも、ヒヨドリ、ドバト、カワラヒワ、メジロくらい。こういう天気がよくて、暖かい日にたくさん出て来て欲しいと思うのですが、なかなか思うとおりには行きません。

Img_4766c_20191223163401  さて、今日の散歩では、見て回ろうと思っていたものがあります。それは、門松。まずこちらは、鎮国守国Img_4775c 神社。12月21日(土)に氏子の皆さんがつくられたもの。午前中に竹を切りに行って、午後からつくると伺っていました。

Img_4803c_20191223163601  桑名宗社(春日神社)。楼門の前に立てられています。こちらは、建設業Img_4806c_20191223163601 組合の方々が奉納されたといいますから、ある意味本職の手によるもの。かなり立派なものに仕上げてあります。

Img_2877c_20191223164501  住吉入江まで戻って来たら、チョウが1羽飛んでいました。ヒメアカタテハと思われます。こんな12月も下旬になって、という気がします。「寒さに弱い」と書いてあったので、余計に気になります。

Img_4794c_20191223164701  年賀状、12月25日までに投函して欲しいということですが、まだどこに出すか、整理を始めたばかり(苦笑)。枚数が定まってない故、年賀ハガキも入手していません。先延ばしにも限界がありますから、そろそろ本気にならないと。

Img_4781c_20191223164801  オマケ。鎮国守国神社境内にある梅の木。新しい枝が伸びてきて、芽も吹いてきていました。

|

« 20191215近鉄ハイキング「名古屋の繁華街に残る古墳めぐり」(その1)……近鉄名古屋駅地下改札前をスタート、宝くじ名駅前チャンスセンター、ナナちゃん人形、後藤新平宅跡から日出神社、那古野山古墳、富士浅間神社、まねき稲荷、清寿院の柳下水へ | トップページ | ミコアイサに会いに行ってきました……河口堰ではカワセミと、ミサゴの食事を遠望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20191215近鉄ハイキング「名古屋の繁華街に残る古墳めぐり」(その1)……近鉄名古屋駅地下改札前をスタート、宝くじ名駅前チャンスセンター、ナナちゃん人形、後藤新平宅跡から日出神社、那古野山古墳、富士浅間神社、まねき稲荷、清寿院の柳下水へ | トップページ | ミコアイサに会いに行ってきました……河口堰ではカワセミと、ミサゴの食事を遠望 »