« 20191215近鉄ハイキング「名古屋の繁華街に残る古墳めぐり」(その3)……いよいよ熱田神宮へお参りし、名鉄神宮前駅でゴール(完) | トップページ | 揖斐川にかもめの水兵さん……ミサゴも煽られる強風かな »

2019年12月26日 (木)

アオサギに大接近、カワウの漁も眼前で目撃、さらにイソヒヨドリの採餌シーンも!

Img_5382c  曇天で、気温は11℃を超えたものの、寒い感じの1日でした。朝一番に用事を済ませて、8時半から2時間あまり散歩。いつも通り、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、京町、寺町と5.5㎞。天気はスッキリしませんでしたが、今日のバードウォッチングは、大いに成果ありでした(微笑&喜)。

Img_3246c  まずは、九華公園のいつものアオサギさん。今日は、北門を入ったすぐの堀端にいました。気づかずに接近しImg_5449c たら、いったん逃げられたのですが、逃げた先が、九華橋のすぐ近く。そっと近寄ったら、何と10mほどまで接近できました。それが、左の写真。Canon EOS kiss x-5の250mmズームで撮って、ノートリミングの写真です。いや、アオサギにこれだけ近づけたのは、初めて。いつも、鎮国稲荷神社の社務所裏にいるときでも、20mあまりの距離があるのです。アオサギがいたのは、右の写真のところ。赤丸の中にいます。手前の橋が、九華橋。堀にかかっています。左手には公園管理事務所があります。

Img_3184c_20191226171001  昨日くらいから、この九華橋の北側(右上の写真でいうと、橋を渡った、右手)にコイがたくさん集まってきています。何故だかは不明。大きなコイが数10匹も集まって並んでいます。餌を食べている訳でもありません。皆、50cm以上もあります。

Img_3195c  そして、ここにカワウも集まってきて、何かを企んでいるようでした。しばImg_3213c らく見ていると、ご覧のように、カワウが超特大のコイを捕まえたのです。これが九華橋のすぐ下で展開されたので、ものすごく迫力がありました。

Img_3199c_20191226171101  そこへ、やはりというか、横取り狙いの、別のカワウが登場して、大混乱。結局は、初めにコイを捕らえたカワウが離さなかったのですが、獲物が大きすぎたようで、そのうちに諦めて放置。闖入者のカワウが、放り出されたコイを狙ったものの、こちらも手に負えず、諦めていました。コイは、浮かんできたりはしませんでしたので、逃げおおせたと思うのですが、ケガをしているのは確実。いやぁ、ビックリしたものの、しっかりと目撃できました。

Img_3272c_20191226171101  さらに、寺町商店街の南端、商店街の裏手の寺町堀の端で、イソヒヨドリのオスを見つけました。私が近づいたので、いったImg_3275c んは商店の屋根に逃げたものの、そのうちに、急に飛び出してきました。私の方に向かってきたので、驚いたのですが、狙いは私ではありませんでした。道を挟んだ、東側にあるお宅のフェンスのところに降りてきました。慌てて写真を撮ったら、何かを捕まえたようでした。帰宅して、パソコンで見ると、カメムシを捕らえていました。右の写真、何となく、このイソヒヨドリが獲物を見せてくれたような感じもします(微笑)。

Img_3282c  さらに、さっきまでいた屋根に戻ってのこのシーン、「獲ったどー!」と自慢するかのように、もう一度こちらに見せた様な気がします。それにしても、屋根の上から、20mはあろうかという先にいるカメムシを見つけ、それを捕らえるとは、すごい能力だと思います。

Img_3112c_20191226173201  さて、散歩の初めに戻って。拙宅前の住吉入江、今日は、「住吉キンクロウ&ホシハジロウ」でした。キンImg_5396c_20191226171001 クロハジロのオス1羽と、ホシハジロのオス1羽でした。揖斐川では、カンムリカイツブリが5羽ほどあちこちに浮いていました。キンクロハジロなどは、10羽ほど。目を凝らしてみても見えません。揖斐長良川の中州にも誰もいません。ユリカモメが2羽、アオサギが1羽飛んでいったのみ。七里の渡し跡には、キンクロハジロが4羽。

Img_5415c  蟠龍櫓東の堤防には、ツグミが1羽いたのですが、写真はピンぼけ。高水敷には、ヒバリが5~6羽。この時期に見かけるのImg_3136c は、珍しいことです。向こうも驚いたようで、すぐに逃げられました。三の丸公園の東端のソメイヨシノの木には、シメが1羽。シメも、ほとんど見かけません。去年であれば、ツグミも、シメもこのあたりから九華公園でよく見かけました。ツグミは貝塚公園では、まったく見ていません。それに、シロハラ、今シーズンは全く確認できていません。

Img_5452c  九華公園のカモ。今日はやや増えて、70羽。ハシビロガモはオス、メスとも5羽。ヒドリガモは、オス、メスとも2羽。ホシハジロはオス1羽。他は、キンクロハジロ。キンクロハジロが増えたり、減ったりしています。ユリカモメは、柿安コミュニティパークから遠望したときには、数羽が野球場のフェンスに見えたのですが、九華公園で見ると、2羽のみ。ユリカモメも少ないのです。去年、12月の後半になると、多いときには100羽を越えていたのに。

Img_5488c_20191226171001  内堀公園では、ジョウビタキのオスを見ましたが、曇天で超証拠写真(苦笑)。「そんなもの載せるな」といわれそうですが、まぁ、自分の観察記録ですので、ご容赦ください。いやしかし、今日は天候の割には楽しめました(微笑)。

 午後からは、年賀状の印刷中。宛名印刷はスピーディーにできるのですが、裏の通信面は、写真を入れたせいもあって、かなりの時間を要しています。今使っているプリンタは、さほど性能のよいものではありませんから、余計に時間がかかっている気がしますが、今日中には終えられるでしょう。120枚あまりですが、「今年限りで失礼します」とさせていただくものもあります。

|

« 20191215近鉄ハイキング「名古屋の繁華街に残る古墳めぐり」(その3)……いよいよ熱田神宮へお参りし、名鉄神宮前駅でゴール(完) | トップページ | 揖斐川にかもめの水兵さん……ミサゴも煽られる強風かな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20191215近鉄ハイキング「名古屋の繁華街に残る古墳めぐり」(その3)……いよいよ熱田神宮へお参りし、名鉄神宮前駅でゴール(完) | トップページ | 揖斐川にかもめの水兵さん……ミサゴも煽られる強風かな »