« ダイサギ、アオサギ、イソヒヨドリに、今頃出て来たヒガンバナ | トップページ | 小雨に降られ、カワセミは見たものの、鳥は少なし »

2019年10月16日 (水)

今日も晴れ(微笑)

Dscn1732c  水曜日、江戸橋での非常勤の日です。毎回毎回天気のことを書いていますが、お陰様で、今日も晴れ(16連勝中……微笑)。天気予報では曇りでしたが、昼は22.9℃になり、快適。学生諸君、出席は50名弱。まだ履修登録者名簿が来ていませんが、これくらいなら適切なクラスサイズ。今日は、ちょっと乱暴でしたが、幼児期、児童期、青年期、中高年期の友人関係について。人との関わりの中でもろもろが発達することや、反抗期など、一見困った現象の背景に発達的な意味があるという話。学生諸君には、青年期の友人関係の話は、実感ができたようでした。

Dscn1729c  非常勤の行き帰りは近鉄電車を利用します。桑名から江戸橋まで、急行で約40分。江戸橋駅からは徒歩10分あまり。電車のEb57b1ca 待 ち時間を除けば、片道1時間あまりですから、通勤時間もまあまあ。江戸橋駅から少し歩いて、旧・伊勢別街道に出ます。伊勢別街道は、関宿東追分(亀山市)から津市芸濃町椋本(むくもと)、津市一身田(いっしんでん)を通り、伊勢街道と合流する江戸橋までの総距離およそ四里二六町(28.5㎞)の街道です。高田本山専修寺へ行くハイキングなどで何度か通っています。右の写真は(2018年3月25日撮影)、江戸橋駅近くの伊勢別街道(これは南向き。この先、江戸橋常夜燈のところで伊勢街道に合流します)。

Dscn1730c  江戸橋駅から上り方向(白子駅方向)の踏切を越えたところで(上左の写真で右端に写っています)、伊勢別街道から離れるの205ddc47 ですが、この道は(左の写真)、旧・伊勢鉄道の廃線跡。現在の伊勢鉄道ではなく、明治44(1911)年、三重県四日市市に設立された鉄道会社で、現在の近畿日本鉄道名古屋線・鈴鹿線、養老鉄道養老線を作り上げた会社です。伊勢電気鉄道として知られています。昨年3月25日、近鉄ハイキングで歩いています(2018年3月25日:近鉄ハイキング「(旧)伊勢鉄道廃線跡めぐり」へ)。ちなみに、踏切あたりからは、現在の近鉄名古屋線と同じルートを走ったそうです(右の画像は、このハイキングの時のもの)。

Dscn1728c  余談。江戸橋駅から踏切に至る途中におぼろタオルという会社があります。昨年1月11日に高田本山を訪ねる近鉄ハイキングで立ち寄り、「おぼろガーゼタオル」をいただいたことがあります(2018年1月13日:近鉄ハイキング「高田本山専修寺『お七夜』と寺内町散策」へ(その3)……一身田寺内町、一御田神社、下津醤油、おぼろタオル、江戸橋常夜灯と道標そして江戸橋で「完」)。これは明治時代から続いている品物だそうですが、二重袋織りガーゼタオルでとても気持ちよく使えます。門内に直売所があるのですが、ハイキング以来立ち寄ってはいません(苦笑)。

|

« ダイサギ、アオサギ、イソヒヨドリに、今頃出て来たヒガンバナ | トップページ | 小雨に降られ、カワセミは見たものの、鳥は少なし »

学問・資格」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイサギ、アオサギ、イソヒヨドリに、今頃出て来たヒガンバナ | トップページ | 小雨に降られ、カワセミは見たものの、鳥は少なし »