« 雨の午前中は博物館にて「遷宮絵巻」展、午後は短時間散歩でアオサギチェック | トップページ | 選挙の後、いつもと逆回りに散歩……鳥も散歩友達もいません、余談はメダカ »

2019年7月20日 (土)

鎮国守国神社の茅の輪……七里の渡し跡南に「伊勢国玄関口 宿場の茶店 一(はじめ)」がオープン

Img_3730c  相変わらずの梅雨空です。アメダスでは観測されていませんが、時々小雨が降っていました。この頃は、少々アヤシい空でも、降られてもいいやと思って、散歩に行くようになりました。大胆になったのか何だか、自分でもよく分かりませんが、いささかの心境の変化があった感じです。ということで、今日も8時20分から11時過ぎまで、住吉神社、九華公園、貝塚公園、入江葭町、京町、田町と5.4㎞。時間をかけた割りに距離は伸びていませんが、またもや「口の運動」に勤しんだ結果です(笑)。散歩する知人は少なかったのですが、その少ない知人とあれこれ話し込んできたのです。

Img_3656c  写真を撮ったときには気づかなかったのですが(こういうこと、よくあります。老化の一つか?と心配になりますが、いかがでしょうか)、アオサギが写っていました。中央に小さく、白っぽく写っているのがそれ。揖斐長良川の中洲です。鳥見としては失格? まぁそれはともかく、結果論として今日もアオサギが見られたのは、喜ばしい限り。なるべくポジティブに行かないといけませんから(苦笑)。

Img_3697c  さて、九華公園というか、鎮国守国神社では、今日の最大の目的は、茅の輪の確認(笑)。確か10時半から設営作業と聞いていImg_3699c たのですが、9時半前には作業が終わっていました。ただし、ご覧のように、注連縄が張られていて、まだくぐれないようになっていました。ちょうど、宮司さんの奥様に出会ったので伺ったところ、やはり御神事がある16時以降でないと、茅の輪くぐりはできないということで、残念。「4時からだから、そのときに来てね」といわれたのですが、他の用事もあり、今年も御神事はパス。祓え串はかなりの数が納められていました。御神事のときにあわせてお祓いされるということです。

Img_3677c_20190720195701

 今日の九華公園、クマゼミとムクドリしかいませんでした。季節的にこんなものとは思うものの、木曜、金曜と2日間いたアImg_3678c オサギがいないと張り合いがありません。雨模様の天気がずっと続いていますので、とくに朝日丸跡には、キノコがたくさん出て来ています。キノコについては、ほとんど知識がありませんので、間違っても取ってくるということはしません。

Img_3668c_20190720195701  九華公園に着いたのは8時40分頃ですから、峰崎部屋の朝稽古には、到底間に合いません。朝5時頃には起きているのですが、あまり朝早くから活動すると、どうも調子が狂うのです。それ故、稽古が終わっているであろう7時半までに九華公園に行くという芸当はできないのです(笑)。今朝貼ってあった星取り表。荒鷲関は、残念ながら、負け越し決定。三段目の若肥前が、5勝2敗と頑張っています。

Img_3717c  田町の商店にあるツバメの巣。散歩コースで、ヒナがいるのはここだけ。3羽が元気そうですし、かなりツバメらしくなってImg_3712c きました。ここで雛が孵ったのを確認したのは、7月8日でした(すでにクマゼミが賑やかになりつつあります……梅雨の晴れ間)。3週間くらいは、巣で育つといいますから、もうしばらくは楽しめそうです。

Img_3726c  その他の話題。桑名七里の渡し公園では、百日紅の花が咲き始めていました。もうそんな時期なのか、というのが正直な感想。諸戸氏庭園にもありますから、夏、玄関先からよく眺めています。10月頃までは花が咲きます。

Img_3666c  もう1つ。七里の渡し跡のすぐ南に、民泊「まちやど桑名宿」さんがあります。今日通りかかったら、1階に「伊勢国玄関口 宿場の茶店 一(はじめ)」がオープンするようでした。「休憩処 お土産 桑名のご案内」という看板も掛かっていました。桑名市が「桑名ブランド協議会」に委託して、今日開店したようです。営業時間は、10時~16時。桑名の特産品や名産品、うしおはまぐり、安永餅、しぐれ煮、桑名コロッケ、桑名のこめ油、アイス饅頭、スマック、地ビールなどを扱っているようです。今度行ってみなくては(微笑)。

|

« 雨の午前中は博物館にて「遷宮絵巻」展、午後は短時間散歩でアオサギチェック | トップページ | 選挙の後、いつもと逆回りに散歩……鳥も散歩友達もいません、余談はメダカ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、おはようございます。

鎮国さんの茅の輪くぐりは、毎年、7月20日ですね。
土用の入りに合わせてやっているのかと思うのですが、分かりません。
宮司さんにお目にかかったら、聞いてみます。

峰崎部屋、荒鷲関は負け越しで、十両に踏みとどまれるかどうかの瀬戸際でしょうね。
部屋の力士だけでなく、もっと積極的に出稽古などに行った方がよい気がします。

宿場の茶屋、散歩帰りに立ち寄ろうと思ったら、おば様たちで賑わって、大騒ぎでした(笑)。
なので、気後れしてしまい、また後日(苦笑)。
うしおはまぐりは、鯛の潮汁というのがありますので、それと同じようなものかと思っています。

投稿: mamekichi | 2019年7月21日 (日) 11時27分

おはようございます
鎮国さんはどうしてこの時期に茅の輪くぐり
なのでしょうね?
何か由来があるのでしょうか。

峰崎部屋、残念な成績ですね。
やはり、鬼の居ぬ間練習法がそのまま結果に繋がってる
感じでしょうか?^^;

宿場の茶屋、テレビで見ました。
お客さんが集まるといいですね。
見ててうしおはまぐりってどんなのかなと思いました。

投稿: こころん | 2019年7月21日 (日) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の午前中は博物館にて「遷宮絵巻」展、午後は短時間散歩でアオサギチェック | トップページ | 選挙の後、いつもと逆回りに散歩……鳥も散歩友達もいません、余談はメダカ »