« 20190202近鉄ハイキング「名所・旧跡めぐり お江の里と海の幸」へ(その1)……千里駅をスタートし、上野神社、円光寺へ | トップページ | 20190210近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 早川酒造部『天一』」へ……早川酒造部で楽しんで「完」 »

2019年2月 9日 (土)

20190209近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 『北勢線応援酒』を発売する桑名の酒蔵・後藤酒造場をたずねて」(予告編)

Img_2459c

 今日は、桑名で近鉄ハイキングであります。「酒蔵みてある記 『北勢線応援酒』を発売する桑名の酒蔵・後藤酒造場をたずねて」ということで、近鉄沿線ではなく、三岐鉄道北勢線の蓮花寺駅からスタート。そのため、三岐鉄道西桑名駅から乗車。北勢線は、JR・近鉄桑名駅の南にある西桑名駅からいなべ市北勢町の阿下喜駅まで20.4㎞を結んでいます。日本では数少なくなった一般的な営業を行う762mm軌間のナローゲージの鉄道路線の1つで、鉄ちゃんには有名。大正3(1914)年4月、大山田(現在の西桑名)~楚原間14.5kmが開業したことに始まります。
Img_2468c 電車もご覧の通り、ミニサイズ。西桑名駅を9時40分に出る楚原行きに乗Img_2464c 車。蓮花寺までは8分、¥170。乗車した電車は、レトロカラーにペイントされています。調べてみると、もとは三重交通モ4400形電車です。北勢線開業100周年記念(2014年)に作られた旧北勢線の復刻カラーとして、三重交通であった時代の塗装になっているのです。これに乗るのは初めて。
Img_2487c 今日の受付&スタートは、西桑名駅から3駅目、蓮花寺(れんげじ)駅。地Img_2486c 元では、「れんげいじ」と発音されます。受付は10時からでしたが、着いた時にはすでに数10人の方が並んでいました。酒蔵みてある記は、やはり人気。右は、コースマップ。蓮花寺駅から長谷神社を経て、後藤酒造場で酒蔵見学をし、三岐鉄道北勢線・星川駅がゴールという、マップ上7.5㎞。桑名市南部、員弁川(町屋川)の南側を歩きます。
190209kintetsuhikingrengeji こちらは実際に歩いた実測ルートマップ。いくつか寄り道もしましたので、7.9㎞でした。春日神社(石取祭がある春日神社とは別)、矢部駿河守定兼墓碑、教専寺、善徳寺、長谷神社、能部神社、後藤酒造場と回って来ました。バックオーダーが解消されていませんが、今日はこの。「酒蔵みてある記 『北勢線応援酒』を発売する桑名の酒蔵・後藤酒造場をたずねて」の予告編。
Img_2502c スタートして800mほど、桑名市稗田にある春日神社。創祀は伏見天皇Img_2504c (在位1187~)以前とされます。奈良の春日神社より、春日神社(桑名宗社)へ分祀される時、この春日神社に小休があったといいます。御祭神は、建御雷之男神(たけみかづちのかみ;鹿島神宮の祭神。伊弉諾尊が火神を切り殺したとき、剣に付着した血から化生した神)、斎主神(経津主神(ふつぬしのかみ)、刀剣の神格化された神。建御雷神と共に,高天原からの最後の使者として出雲に派遣されて、大国主命に国譲りを承知させた)、天児屋根命(あめのこやねのみこと;天照大神が天の岩屋に隠れたとき、祝詞を奏した神)、姫大神(特定の神の名前ではなく、神社の主祭神の妻や娘、あるいは関係の深い女神を指すもの)。隣の空き地に金ピカの仏像などもあり、これも気になりました(まだ調べておりません)。
Img_2522c 春日神社から細い道を回って、400mほど行くと、寶増山薬王寺という寺があり、その境内に「矢部駿河守定兼墓碑」が建っています。矢部駿河守定兼(寛政元(1789)~天保13(1842))は、江戸後期の旗本。天保12(1841)年、江戸南町奉行となりました。住民には思いやりのある名奉行だったものの、老中水野忠邦と対立。目付鳥居耀蔵の画策により在任8カ月で罷免され、桑名藩へ永預け、改易の処分を受けた。これに抗議し、絶食して死んだといわれます。
Img_2528c 矢部駿河守定兼が桑名藩に預けられてからのことについては、こちらに詳細な言及があります。天保13年7月に亡くなり、その後、顕本寺で日顯上人が葬儀を執り行い、薬王寺に埋葬されました。その後、許されて、遺族・家来が町屋川の河原で荼毘に付し、遺骨を持ち帰りました。跡地に村人がムクノキを植え、墓標代わりにしていたのですが、枯れてしまい、その跡に北勢史談会が木製の墓標を建てました(昭和25(1950)年8月)。昭和36(1961)年、作家・松本清張が訪れ、多額の寄付を寄せ、昭和39(1964)年9月、この墓碑が建立されています。
Img_2538c 矢部駿河守定兼墓碑から西へ400m足らず、県道3号線沿いに「敷政稲荷神社」があります。地図には載っているのですが、現状は、鳥居と社号標が残っているだけ。こちらのサイトに鳥居の写真が載っていますが、ネットではめぼしい情報は出て来ません。リンク先の記事は、2016年12月2日づけのものですから、この頃までは神社はあったと思われます。
Img_2543c 敷政稲荷神社跡で左折し、南下。員弁川(町屋川)を桑部橋で渡ります。Img_2557c 桑部の町に入って右折。県道3号線より一本南の道、桑部小学校の北を通って西へ向かいます。このあたりも古い町で、民家に昔からの看板が残っています。あの「羽田結納」の他、2軒の結納品店の看板が並んでいて、興味を引かれますが、先に進みます。
Img_2563c 桑部小学校のすぐ北には、藤花山教専寺。浄土真宗本願寺派のお寺Img_2575c (左の写真)。もう少し進むと、小学校の北勢にも浄土真宗本願寺派の善徳寺があります(右の写真)。いずれも、ネットではこれという情報はありませんでした。さらに調べてみましょう。
Img_2589c 桑部の町をさらに西に進み、スタートから2.8㎞、10時35分に長谷(ながたに)神社に到着。「延喜式」にある「桑名郡長谷神社」と考えられていまする。村社。奈良時代、称徳天皇神護景雲元(767)年、常陸国鹿島神宮の御祭神を勧請し、桑部村の地、谷の奥にあたる長谷に鎮座したといいます。常陸国から大和国への遷座の際、当地に立ち寄った使者が、藤原氏の興隆にあやかりたい、と、当地の有力者の懇願による勧請だったと伝わっています。
Img_2601c 御祭神は、建御雷之男神(たけみかづちのかみ)、斎主神天児屋根命(あまのこやねのみこと)、姫大神品陀和気命(ほんだわけのみこと;応神天皇)、大山祇命(おおやつみのかみ;山の神)、天目一箇命(あまのまひとつのかみ;金工の神)、須佐之男命(すさのおのみこと;天照大神の弟。乱暴を行ったため、天照大神が怒って高天原から追放された。出雲に降り、八岐大蛇を退治し、奇稲田姫(くしなだひめ)を救い、大蛇の尾から得た天叢雲剣を天照大神に献じた)。 明治41(1908)年、能部神社、須賀神社、、春日神社を合祀していますが、昭和56(1981)年に春日神社(東金井字西谷)、昭和57(1982)年に能部神社を分祀しました。
 ちなみに、明治初年に至るまで、桑名春日神社(現桑名宗社)の神事において、桑部の人たちが招聘され、当社の協力を得て行われたといいます。
Img_2606c 境内には、八天宮社がありました。八天宮は、火伏の神。桑名・員弁地方ではたくさん祀られているそうです(こちらに言及あり。八天宮は秋葉神社と同じとも書かれています)。それは、江戸時代文政7(1824)年、桑名藩主の命で各村に八天宮を祭るようにされたからだといいます。
Img_2623c また、一の鳥居をくぐった右側(西側)には、忠魂碑、日露戦役祈念碑、五箇条の御誓文を刻んだ石碑、また、忠魂義胆郷党軍人記念之碑がありました。忠魂碑は、「桑名の戦争遺跡」によれば、昭和15(1940)年1月の建立。建立者は、石原末松。支那事変と太平洋戦争の戦没者83名の名が刻まれています。日露戦役祈念碑は、同書によれば、明治40(1907)年4月に山本鐵太郎他19名により建立され、日露戦争での戦没者7名と、従軍者36名の名前があります。この五箇条の御誓文碑は、桑部小学校にあったものを戦後、現在地へ移したそうです(こちらに記述があります)。忠魂義胆郷党軍人記念之碑は、明治28(1895)年2月、桑部村大字桑部壮年会が建てています。
Img_2672c  長谷神社からさらに西へ。桑部、正和台と1.7㎞進むと、東名阪道の下をImg_2675c くぐったところに能部(のんべ)神社があります。創立は不詳。明治21(1888)年、春日神社が鎮座していたのですが、明治40(1907)7月、八幡宮境内(字南貝戸1073-1)に移し、「能部神社」と単称の旨を願い出て、同年10月に合祀。さらに明治41年3、長谷神社に合祀となりました。終戦後、氏子の総意により、昭和57(1982)年3月、大字能部の旧社地に分祀されています。
Img_2694c_2 いよいよ本日のメイン、後藤酒造場。桑名の地酒「青雲」の醸造元です。スタートからは5.7㎞、時刻は11時25分。やはり大賑わい。皆さんほとんどの方は、ここでの試飲、即売品の購入が目的と思います。ちなみに、青雲は、灯街道イベントなどで購入し、飲んでいますが、好みの酒です。なお、お断りしておきますが、私、決して大酒飲みではありません(微笑)。
Img_2704c 無料試飲は、青雲の大吟醸。三重県産山田錦100%、アルコール分は16~17度。何と形容すべきか、果物のような香りがしますし、なめらかで飲みやすいのに、コクがあるという感じ。
Img_2708c 有料試飲も、1杯100円でありましたので、ナイショで(誰Img_2707c_2 に?)、「久波奈」を1杯。いずれも三重県産の山田錦と、神の穂が減量。特別吟醸で、醸造用アルコールは添加されていません。アルコール分は15~16度。青雲とはことなりますが、果物の香り。「マスカットを思わせる」とありましたが、そこまでの判別はできません。のどごしは、青雲に比べ、こちらの方が柔らかくて、飲みやすい。2口でいただいてしまいました(もったいない)。
Img_2652c 今日のハイキングでも「お楽しみ抽選会」がありました。いつも通り、コーImg_2692c スマップに割り振られた番号で、です。今回は、#043でしたが、見事外れ。青雲大吟醸とかが賞品でした。下1桁(酒粕)も、2と6でした。
Img_2698c 今回も、甘酒の振る舞いがあり、もちろんいただいてきました(微笑)。酒Img_2716c 蔵によって微妙に味が異なりますが、それを言葉にできるほど繊細な舌および文章力はありません。飲食ブースも出ており、小腹が空いていましたので、桑名のとらや饅頭が売っていたみたらし団子を1本。¥100。小声でいいますが、私的には、郷里の「天王の団子屋」のみたらしがベスト。
Img_2834c 本日の土産は、2種類。1つは、「青雲 しぼりたて生酒」。720ml入り、Img_2844c ¥1,300。冬季限定で、アルコール分19~20度。「冷やのままお召し上がり下さい」です。このあと早速(微笑)。もう1種類は、「北勢線 応援酒」と銘打った「嘉例川(かれがわ)」。「嘉例川」は、近くの地名。嘉例川地区で栽培された酒米・五百万石でつくられています。有料試飲で出ていましたが、試してきませんでした。「爽やかで軽い旨みの純米酒」だそうです。アルコール度数は16。
Img_2729c これですべて完了(微笑)。ゴールの三岐鉄道北勢線・星川駅へは、県Img_2734c 道26号線を直進するのが近いのですが、この道は歩道がないので、危険ということで、東側の田園地帯を迂回するルートが指定されていました。正和中学校の前を通って、員弁川の堤防道路へ。
Img_2740c 来るときに渡った桑部橋の1本上流側にかかる坂井橋を渡って行きまImg_2761c す。星川駅には、12時15分に到着。7.9㎞でした。次の西桑名行きは、12時41分でしたので、隣にある三洋堂星川店を除いて、時間つぶし。
Img_2766c 西桑名駅まで¥200。帰りは、レトロカラーではなく、普通の黄色い電車。以前のハ

Img_2779c

イキング記事でも載せていますが、ホームに居る人との大きさを比べてみてください。本当に小さな電車です。中はロングシートですが、向かいに座った人と、膝つき合わせてという感じになります。
Img_2780c 車内はこんな感じ。電車も、ところによっては、民家の軒先というか、庭Img_2784c 先を通っていきます。まさにローカルな印象です。線路幅が最初に書きましたように、762mm軌間のナローゲージですし、ずいぶん古い電車ですから、よく揺れます。モーター音も吊り掛け式というタイプに独特な音で親しめます(こちらで聞けます)。
Img_2819c 西桑名駅には、12時56分に到着。ちょうど良い運動でした。ハイキングで歩いたのは、7.9㎞。自宅から西桑名駅往復は、2.3㎞。合わせて10.2㎞。ハイキングとしてはまぁまぁこれくらいでしょう。

Img_2840c

 あみま倶楽部のスタンプは6個目。たぶん去年よりハイペース(微笑)。明日は、「酒蔵みてある記 早川酒造部『天一』」があります。近鉄名古屋線・伊勢朝日駅から、旧東海道を通って、朝日町歴史博物館へ。若松園、早川酒造部、山武食品に立ち寄って近鉄名古屋線・川越富洲原駅がゴールという約7.0㎞コース。去年(2018年)2月11日にも同じコースのハイキングに行っています(20180211近鉄ハイキングの酒蔵みてある記“早川酒造部「天一」”へ(予告編))。去年は、天一の絞りたて原酒の試飲でした。やや甘い感じで、濃いめという印象だったと記憶しています。明日は天気は良さそう。連日の酒蔵みてある記ですが、参加したいと思っています。もう一度、お断りしておきますが、決して大酒飲みではありません(爆)。

|

« 20190202近鉄ハイキング「名所・旧跡めぐり お江の里と海の幸」へ(その1)……千里駅をスタートし、上野神社、円光寺へ | トップページ | 20190210近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 早川酒造部『天一』」へ……早川酒造部で楽しんで「完」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

近鉄ハイキング」カテゴリの記事

酒蔵」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、おはようございます。

お読みくださり、ありがとうございます。

酒蔵みてある記は、たいてい最終目的地が酒蔵に設定されていて、そこまで頑張って歩こうということです。
今回のように7.5㎞というのは普段歩いていらっしゃらないと、遠いように思われるかもしれませんね。
しかし、参加者の半分くらいは、ご夫婦や友人連れでおしゃべりをしながら歩いておられます。
そうすると案外苦にならないようですよ。

また、いわゆる「団体行動」ではありませんから、それぞれのペースで歩けます。
引率されて歩かされるのは、私も嫌です(微笑)。

酒蔵で、しぼりたての生酒を味わうのは本当に美味しいですよ。
女性もたくさん試飲しておられます。

昨日は、息子が志摩方面に行ってきて、干物や牡蠣の旨炊きを買ってきてくれましたので、家族で楽しみました。
普段飲まない娘も、青雲を一口飲んで、「これは美味しい」といっていました。

投稿: mamekichi | 2019年2月10日 (日) 04時24分

こんばんは、酒蔵みてある記のハイキングお疲れさまです。
後藤酒造場へは実家地域を通るし酒蔵には行ってみたいけど、
寒いし歩ききれるか足に自信がないです。
しぼりたての生酒の味は格別でしょうね。
今夜はご子息と乾杯でしょうか。

投稿: ミリオン | 2019年2月 9日 (土) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20190202近鉄ハイキング「名所・旧跡めぐり お江の里と海の幸」へ(その1)……千里駅をスタートし、上野神社、円光寺へ | トップページ | 20190210近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 早川酒造部『天一』」へ……早川酒造部で楽しんで「完」 »