« 20190203JRさわやかウォーキング「節分の尾張四観音・笠寺観音と旧東海道めぐり」へ(その2)……笠寺観音、名古屋市見晴台考古資料館、笠寺公園、きんさん桜・ぎんさん桜 | トップページ | エナガ、今年初お目見え、そしてウメジロウに、今日は「シメ・デー」 »

2019年2月18日 (月)

20190203JRさわやかウォーキング「節分の尾張四観音・笠寺観音と旧東海道めぐり」へ(その3)……笠寺一里塚からわずかに東海道を歩き、七所神社へ、粕畠公園で弁当を食べ、笠寺駅にはほぼ3時間でゴール

 2月3日のJRさわやかウォーキング「節分の尾張四観音・笠寺観音と旧東海道めぐり」も、その3となり、今回でゴールの見込みです。

190203jrwalkingkasadera2_2 その2の最後にも載せた、この日のウォーキングの実測ルートマップの後半部分。見晴台考古資料館のある笠寺公園の入り口でほぼ4㎞。公園を出て南下し、4.8㎞のところに次の目的地である「笠寺一里塚」。ここは、再び、旧・東海道。
Img_1806c こちらが、笠寺一里塚。名古屋市内には、かつて9ヶ所の一里塚があったそうですが、現在残っているのはここのみ。徳川幕府は、慶長9(1604)年、日本橋を基点に東海道をはじめ主要街道に一里塚を築きました。36町を一里(約4㎞)とし、一里ごとに土を盛って塚を築き、その上に木を植えて目印としました。ここも、かつては、一対の塚で、道を隔てた南側に大正時代まで塚があったそうです。江戸・日本橋からは、88里にあたります。この一里塚の上にはエノキが植えられています。写真は、南側から撮っています。向かって右の道からここへ来ました。塚に向かって左が、旧・東海道。
Img_1803c 一里塚跡は、県内の旧・東海道沿いで、朝日町(縄生)や、四日市市(富Img_1811c 田、日永)で見たことがありましたが、塚そのものが残っているのは、初めて見ました。ここから、わずか70mほど、また東海道を歩き、笠寺精治寮病院の手前で、右折。ちょっと大回りして(たぶんコース設定上、ある程度の距離を歩くようにするためでしょう……笑)、七所神社へ。
Img_1816c 住宅街を通って、スタートから5.7㎞。七所神社(ななしょじんじゃ)。御祭神は、日本武尊(やまとたけるのみこと)、須佐之男尊(すさのおのみこImg_1822c と)、宇賀魂命(うがみたまのみこと)、天穂日尊(あめのほひのみこと;天照大神の子。天孫降臨に先立って、葦原の中つ国に遣わされたものの、大国主命に味方して復命しなかった)、天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと;瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の父。天照大神と素戔嗚尊が誓約(うけい)をしたときに生まれた神)、乎止与尊(おとよのみこと;天火明命の子孫で尾張氏の十一世。尾張国造となった)、宮簀比売尊(みやずひめのみこと;日本武尊の妃。尾張の豪族の娘)の七柱。そのため、七所神社と呼ばれます。
Img_1832c 天慶3(940)年に、平将門の乱を鎮める祈願のため、熱田の宮の神々をImg_1844c 勧請したと伝わっています。確かに、御祭神は、熱田神宮に関わりが深い神様が多くなっています。将門の乱は、平安中期、関東に起こった内乱です。平将門は、天慶2(939)年、常陸・下野・上野の国府を占領し、一時関東を支配下において新皇を称したのですが、天慶3(940)年、平貞盛・藤原秀郷らに討たれています。同時期に瀬戸内海で起こった藤原純友の乱とともに承平・天慶の乱という。
Img_1838c 下調べをしたところ、七所神社には熱田神楽の正統を継承してきた「神楽師の碑」があるということで見て来ました。熱田神楽は、愛知県の尾張・西三河地方に伝わる巫女神楽の一種で、熱田神宮内で行われていたものがこの地域全体に広まったのだそうです。碑表には、「熱田神楽師 宗家 荒川関三郎師 稲熊代三郎師 壽碑」とあります。昭和27(1952)年の建之。この年、荒川関三郎氏は56歳、稲熊代三郎氏は58歳でした。碑にある荒川関三郎(あらかわせきさぶろう、明治30年生まれ)は、4代目宗家を名乗り、多くの弟子を育てたそうです。碑陰の文章は、次のリンク先にあります:神楽師の碑
Img_1852c これで、コースマップに示された回るところはすべて制覇。時刻はちょうどImg_1866c 正午。七所神社の西に粕畠公園があり、目の前を名鉄名古屋本線が通っていて、電車も見られましたので、ここで昼食としました。名鉄は、高校から大学院まで通学に9年間お世話になりましたから、いささかの思い出や、思い入れがあります。
Img_1871c 実は、もっと時間がかかると思って、朝、桑名駅の駅ナカファミマで弁当をゲットして来たのです。「いなり&おむすびセット」、税込み¥378であります。あみま倶楽部の会員は、駅ナカファミマで¥500以上購入すると、¥100引きのチケットが10枚あるのです。ハイキング/ウォーキングでは、歩くのに支障が出ないように昼は少なめに食べようと思いますが、そうすると、選べる弁当のバリエーションが限られてしまいます。ファミマでは、是非とも「ハイキング/ウォーキング用弁当」を発売して欲しいですねぇ。それも攻めて週替わりのメニューで(笑)。
Img_1878c 15分ほど休憩した後、再スタート。粕畠公園の少し先で左折、名鉄名古Img_1882c 屋本線の高架下を通って、前浜通へ。南区役所の前を通って右折し、再び、名古屋高速3号線沿いに進みます。笠寺駅には12時25分にゴール。結果的には、残り10分でしたから、わざわざ弁当を食べるほどでもありませんでした(爆)。せっかく買って行った訳ですし、ウォーキングですから、公園など空の下で食べた方が良いか、ということで(微笑)。
Img_1892c ゴールは、スタートと同じではありますが、こちら。JR東海道線・笠寺駅Img_1897c 東口。スタートからは、7.0㎞。スタートしたのが、9時半でしたから、ほぼ3時間。その9時半には、ゴール受付が始まっていましたので、右の写真の状況は、スタートの時も見ました(苦笑)。
Img_1894c JRさわやかウォーキングのスタンプは、これで3個目。たぶん去年よりハイペース。今日は、先着2,500名に新春キャンペーンとして、「笠寺駅 絵馬型駅名バッジ」(先週、伊勢市駅でもらったものと同じタイプ)がもらえるということでしたが、すでになくなっていました。前にいた男性が係の方に聞いているのが聞こえて来ました。が、「2,500人は、とっくにゴールしました。お客様で3,000番目くらいです」だそうで、残念。名古屋で開催されるJRさわやかウォーキングには、これで2回目の参加でしたが、いずれも参加者はとても多い感じです。
Img_1908c 帰りは、笠寺駅発12時28分の東海道線・岐阜行き普通に乗車。名古屋Img_1926c 駅着は、12時40分。¥200。今日は、珍しく指令があり(微笑)、「きよめ餅を買ってくるように」ということでしたので、名古屋駅で下車。ギフトキヨスク名古屋で探したものの、売っておらず、ピンチ! 「これはヤバい」と思い、「エエイッ」と思い切って、近鉄名古屋駅へ。改札を通って、駅ナカファミマへ。良かった、10個入りと5個入りとを売っていましたので、5個入りをゲット(¥600)。何となく、ここで売っていたような記憶があったのです。指令を無事コンプリートし、安心して帰宅(微笑)。今日の3時のおやつ。名古屋からは、近鉄電車。13時1分の松阪行き急行で、桑名着は、13時22分。¥440。
190203miharsidaistampc オマケは、名古屋市見晴台考古資料館のスタンプ。ハイキング・ウォーキングに行くようになってから、スタンプがあると押してきます(子どもみたいで我ながら笑えます)。このように台紙があるところではそれをいただきますし、なければ、メモを書いているコクヨのLevel Book(測量野帳)に押してきます。毎度毎度書きますが、桑名にはこういうスタンプはありません。九華公園でも、管理者の方が市にスタンプ作成を申し出て、原稿までつくって提出したのに、梨のつぶてだそうです。せっかく、東海道や、旧・桑名城など歴史・文化遺産があるのに、それを活かさない手はありません。と、ここでぼやいていても始まりませんが……。この日は、現地で7.4㎞、桑名駅往復が1.8㎞で、合計9.2㎞。よく歩きました。
 これでようやく、2月はじめのハイキングの記事が終えられました。3編に分けるほどではなかったような気もします。もう少し全体像を考えてから、個々の記事を書かねばなりません。自分でもそう思っていますが、なかなか実現しません(サボっているだけですが)。調べ始めると、ささいなことまで気になります(そうでなくても、どうでも良いことや、ささいなことが気になる質ですから)。この年になって、行動パターンを変えるのは難しいでしょうが、次からはもう少し見通しを持って、それぞれの記事を書くことにしましょう。昔はうまく行かないと、すぐにムキになったのですが、さすがにそういう傾向は弱まったと思っています。
 笠寺観音は、また平日にでも行ってみたいと思うのですが、こういうイベントでもないとわざわざ出向くというのは難しい気がします。

|

« 20190203JRさわやかウォーキング「節分の尾張四観音・笠寺観音と旧東海道めぐり」へ(その2)……笠寺観音、名古屋市見晴台考古資料館、笠寺公園、きんさん桜・ぎんさん桜 | トップページ | エナガ、今年初お目見え、そしてウメジロウに、今日は「シメ・デー」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

JRさわやかウォーキング」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。

笠寺方面は、私も初めてでした。
知っていたのは、笠寺観音と名古屋市見晴台考古資料館くらいです。

富部神社は、津島神社から勧請された神社ですが、ここの拝殿(祭文殿)も、本殿も立派です。
もっときちんと写真を撮ってきたらよかったと思っています。
私が御朱印をもらって来ないので、書きませんでしたが、おっしゃるとおり、月替わりのデザインのようですね。
ここは、一度訪ねてご覧になるとよいかも知れません。

笠寺観音は、予想以上の大混雑でした。
恵方ではないので、空いているかと思ったら、大きな間違いでした。
いきなりこういう行事の開催されるときに行くものではないと思うのですが、ハイキングやウォーキングがないとなかなか行けないということもあり、難しいところです。

地下鉄も、今は、東山線や桜通線にはホーム柵が設置されましたね。
名古屋へ通っているは慣れていたためか、若かったためか,平気でしたが、今は気をつけないとと思います。

弁当、おっしゃるとおりです。
その土地の名物弁当を売っていたら、買います。
今まで参加したハイキング・ウォーキングでも、途中で売っていることがあったのですが、事前に分かっていればそこで買ったのにと思いますね。

投稿: mamekichi | 2019年2月25日 (月) 19時58分

ゴールおめでとうございます
笠寺方面は行く機会がなかなか無いので楽しませていただきました。
富部神社は初めて聞きますが
スサノオさんを祀ったいい神社ですね。
リンクしていただいたホームページを見たら
御朱印が月毎にデザインがあるようですね。

笠寺観音は混んでますね^^;
地下鉄のラッシュ時のようで。
地下鉄のホームのラッシュは怖いですよね。
一番前に並ぶと押されないかと心配でした(笑)
今は安全柵があるようですが。

ハイキングやウォーキングの
スタート駅でお弁当を
ゴールの駅でお土産を販売したら儲かりそうな気がしますけど
考えが甘いですかね(笑)

投稿: こころん | 2019年2月25日 (月) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20190203JRさわやかウォーキング「節分の尾張四観音・笠寺観音と旧東海道めぐり」へ(その2)……笠寺観音、名古屋市見晴台考古資料館、笠寺公園、きんさん桜・ぎんさん桜 | トップページ | エナガ、今年初お目見え、そしてウメジロウに、今日は「シメ・デー」 »