« 20181223近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 酒蔵めぐり油正『初日』と桃園三地蔵」へ……予告編、年内のウォーキング/ハイキング納め | トップページ | 久しぶりにカワセミ……最低気温は今シーズン初の氷点下 »

2018年12月24日 (月)

鎮国守国神社に門松……仕事を少し進められました

Img_7245c

 世間的にはクリスマスイブだそうですが、一応仏教徒であり、子どもたちももう20代半ばになっていますので、ほとんど関係がないという状況です。ありがたいような、ちょっと寂しいようなそういう感じです(笑)。今日は、また、振替休日だそうですが、それもあまり関係ありません。私自身は、いつも通り、8時半前から散歩であります。これまたいつも通り、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園から京町、寺町と6.5㎞。
Img_6254c けっこう風が強く、揖斐川の川面も波立っていました。しかし、こういう日に限って、カンムリカイツブリがよくいます。中洲近くや、揖斐川の右岸からとおくないところなど、計3羽。ヒドリガモやキンクロハジロなども、併せて30羽ほどチャプチャプしていました。
Img_6260c 七里の渡し跡では、ヒドリガモのペア3組と、コガモが10羽。両方いるとこImg_6264c ろ、また、これだけの数のカモがいるところは、今シーズン初。
Img_7260c  柿安コミュニティパークでは、モズが出て来ました。メスですから、三の丸公園からこのあたりによく出没する個体と思えます。はじめの方にも書きましたが、今日は風が強くて、ドバトやスズメ、ヒヨドリなども少なめでした。ハクセキレイもいません。
Img_7265c 8時45分頃九華公園に到着。アオサギがいたという情報もあったのですImg_6273c が、私が着いた時には不在。代わって、ゴイサギとホシゴイが、この時点では1羽ずつ。ただし、ホシゴイは、東を向いていて、西側から見ていると背中を向けられていました。
Img_6286c カモ、今日は合計59羽。メンバーはいつも通り、ヒドリガモ、ホシハジロ、ハシビロガモ、キンクロハジロ。いずれもオスメスが揃っています。ヒドリガモと、ハシビロガモは、あのカメの甲羅干しスロープの残骸で休むのがお気に入りのようです。
Img_7286c ユリカモメは、相変わらず少なめ。一時、30羽以上が飛んできていたのでImg_6310c すが、餌をもらえないためかそのまままた飛び去っていきます。野球場のフェンスにいたのは、最大で20羽ほど。
Img_6293c 寒くなってきて、またカワウが集まるようになっています。野球場の照明Img_7278c 灯の上や、神戸櫓跡の松の木が定位置。20羽以上がいます。こちらは、吉之丸堀の西側で漁の最中。ボラと思いますが、捕まえていました。
Img_6333c 風が強かったためか、小型野鳥は少なめ。ヒヨドリも少ない感じ。見たのImg_7303c は、シジュウカラ、カワラヒワ、シメ、モズ、メジロくらい。ツグミも、ビンズイもいません。貝塚公園でも、ヒヨドリくらい。シロハラは、先日一度見ただけ。冬鳥皆が、顔は見せてくれたものの、その後どこかに行ってしまっているという印象。
Img_7291c 冒頭にクリスマスイブと書きましたが、ということは今年も残すところあと1Img_7295c 週間ほど。鎮国守国神社には、門松が準備されていました。昨日午後から氏子の役員の方が、竹など材料を取りに行って作ってくださったそうです。
Img_6363c 帰りには寺町商店街を通ってきましたが、フラッグは冬バージョン。ナンテンなどをデザインしたものと見えました。
Img_7310c 散歩から帰って東の空を見たら、木曽御嶽山がよく見えていました。かなり雪が積もっています。午後から、来年度の江戸橋方面の授業のシラバス(授業計画)を作成して、メールで送りました。来月末の研究会打ち合わせの連絡もして、あとのdutyは年賀状の作成のみ。
 本日の野鳥リスト:
  • ヒヨドリ(諸戸氏庭園、桑名七里の渡し公園、九華公園、貝塚公園)
  • ヒドリガモ オス、メス(揖斐川、九華公園)
  • キンクロハジロ オス、メス(揖斐川、九華公園)
  • カンムリカイツブリ(揖斐川)
  • コガモ オス、メス(七里の渡し跡)
  • ヒドリガモ オス、メス(七里の渡し跡)
  • オオバン(七里の渡し跡)
  • カワラヒワ(三の丸公園、九華公園)
  • カワラバト(三の丸公園)
  • ハクセキレイ(三の丸公園)
  • モズ メス(柿安コミュニティパーク)
  • ゴイサギ
  • ホシゴイ
  • カワウ
  • ハシビロガモ オス、メス
  • ホシハジロ オス、メス
  • シメ(鳴き声のみ)
  • オオバン
  • ユリカモメ
  • カルガモ
  • シジュウカラ
  • メジロ
  • ウグイス(鳴き声のみ)
  • モズ オス

|

« 20181223近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 酒蔵めぐり油正『初日』と桃園三地蔵」へ……予告編、年内のウォーキング/ハイキング納め | トップページ | 久しぶりにカワセミ……最低気温は今シーズン初の氷点下 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

メリークリスマス
昔から我が家では、「仏教徒だ」と言い張ってきました(笑)。
ただし、サンタクロースは来ていましたが……。

風が強くて、川が波立っているとけっこう水鳥がいますね。
元気かどうかはよく分かりません。
カンムリカイツブリ、キンクロハジロは潜って餌をとりますが、ヒドリガモは潜れません(カイツブリは潜水名人ですが、カモには、潜水できる種類と、そうでない種類がいます)。

カワウは、日当たりが良すぎましたね。
でも、この頃、お腹がかなり白いカワウが1羽来ています。
カワウも潜って餌をとりますから、残念ながら、串刺しにはしません。

今年も残すところあと1週間になりました。
シラバスは、書式、内容が少し変わったので、「面倒だなぁ」という思いが先に立っていました(苦笑)。
あとは年賀状(まだ買ってきていません)と、ホームページリニューアル。
どうなりますか。

投稿: mamekichi | 2018年12月25日 (火) 07時47分

mamekichi先生、こんばんは。

あっ!メリークリスマス

我が家も仏教徒ですし(なんて、息子が子どもの頃に言ったら、怒られそうです。)、年末ばかり意識して、クリスマスは殆ど忘れています(汗)。

やはり、風が強いと、水に入る鳥さんたちは元気なような気がします。
波が立って、水面に餌が浮きやすいのでしょうかねぇ。
一度、鳥さんに聞いてみてください。

カワウさん、黒くないカワウなんて、カワウさんじゃなーい!と思いましたが、照り返しでしょうか。
大漁のようで、何よりです(笑)。
嘴がマジックハンドのように、うまく餌をキャッチしていますね。
いつかのアオサギさんみたいに、嘴に刺したりはしないのでしょうか。

年の瀬ですね。
もう日がない、と焦っていたので、案外まだ時間があるように感じています。
お仕事が捗ったのですね。羨ましい(微笑)。

投稿: おユキ | 2018年12月24日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20181223近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 酒蔵めぐり油正『初日』と桃園三地蔵」へ……予告編、年内のウォーキング/ハイキング納め | トップページ | 久しぶりにカワセミ……最低気温は今シーズン初の氷点下 »