« 住吉入江でほぼ4年ぶりにハジロカイツブリ……カンムリカイツブリの食餌シーンに、来年の干支飾りをいただいたお話しも | トップページ | イソヒヨドリのオス、モズのメス、ダイサギ »

2018年12月18日 (火)

20181209近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 青木酒造の銘酒「米宗」をたずねて」へ(その2)……青木酒造、源空寺に立ち寄った後コースミスで余分に歩いて弥富駅へゴール(完)

20181209kintetsuhikingyatomi2  12月9日の近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 青木酒造の銘酒「米宗」をたずねて」の続き(その2)です。その1では、薬師寺の大楠、鯏浦城跡を見て、難畑地蔵尊、興善寺地蔵を巡ってきました。東名阪自動車道・弥富インターのあたりから北へ向かいます。青木酒造までは1㎞あまり。

Img_5622c スタートからほぼ3㎞地点。西に養老山地が見えます。雪をかぶっていますImg_5626c し、養老山地から吹き下ろす風がけっこう冷たい。田園地帯を黙々と進みますが、今シーズン初の酒蔵みてある記ですから、期待も高まるのです(苦笑)。
Img_5662c スタートから3.8㎞、青木酒造に10時半に到着。実は、近鉄弥富駅から東名Img_5669c 阪自動車道を越え、愛西市(青木酒造は、愛西市本部田町)まで行かねばならないということで、かなり遠いイメージを持っていました。しかし、歩いてきてみて、けっこう近かったのに驚き。青木酒造さんの創業は、文化2(1805)年。江戸時代後期、210年以上の歴史があります。
Img_5637c まずは、抽選会の結果を確認。近鉄ハイキングのコースマップには、ナンバーが振ってあります。このナンバーで抽選というワケ。今回のナンバーは113。何度も見ましたが、残念ながら、何も当たらず(苦笑)。掠りもしませんでした。
Img_5642c 気を取り直して、試飲コーナーへ。ここは無料試飲。別に1杯100円でのImg_5639c 有料試飲コーナーもありました。まずは、「純米 米宗(こめそう)」を。「完全発酵 初しぼり 無濾過生原酒」だそうです。ここに出ている「初しぼり 若水しぼりたて」と同じだと思います。純米酒で、辛口。トロッとした印象。美味い!
Img_5647c 飲みながら試飲コーナーを見ていますと、お代わりしても大丈夫そうでしたし、純米・米宗の他に、梅酒も出て来ていましたので、これも試飲をお願いしました(微笑)。山廃本醸造原酒と梅酒用品種である剣先梅を氷砂糖は控え目にして漬け込んだ梅酒だそうです。梅酒のエキスがかなり感じられました。
Img_5649c 続いて、甘酒の振る舞いへ。酒蔵の酒粕で造られた甘酒は、どこでいたImg_5634c だいても美味しい(微笑)。体も温まります。
Img_5654c 続いて即売コーナーへ。たいていは、試Img_5736c 飲した酒を買ってきます。「純米 米宗(こめそう) 完全発酵 初しぼり 無濾過生原酒」の720ml入りを買ってきました。¥1,300と、なかなか良いお値段ですが、たまにはいいでしょう。この頃、愚息もこれを密かに楽しみにしています。
Img_5658c ところで、土産を買っていると、試飲コーナーから、「いきなり開けると危険だから、ちょっと待って」という話が聞こえImg_5657c て来ました。「危険な酒?」とは、気になります。そういえば、即売コーナーでも、小生が買った酒の隣にあった瓶に「危険 生原酒」と書かれたものがありました。これも試飲できるならと、無料試飲へ再度突入(笑)。「米宗の活性ふなくち 手汲みどぶ」です。どぶろくでした。純米生にごり酒で、瓶の中で2次醗酵させているため、いきなり開けると、炭酸ガスが吹きこぼれるということでした。最後に、最初の「純米 米宗」をもう1杯いただいて、試飲も、青木酒造みてある記も無事終了(微笑)。都合4杯も試飲してしまいました。
Img_5666c 青木酒造滞在は15分ほど。寒かったせいもあるのか、さほど飲んだ感じImg_5675c もありませんでした。ましてや酔っているという自覚はほとんどゼロ。青木酒造からは東に向かいます。300mほどのところに源空寺というお寺がありましたので、立ち寄って来ました。
Img_5681c 浄土宗のお寺。稱名山源空寺。由緒などを記した看板なImg_5684c どはありませんでしたが、例によって、ネット検索すれば何か分かると高を括ったのが間違いでした。浄土宗のお寺を検索するサイトでは出てきたものの、それ以外は分かりませんでした。楠でしょうか、大木が印象的です。
Img_5677c お寺の入り口に地蔵堂。さらに境内の墓地への入り口あたりには、お社Img_5685c が3つあったのですが、これも不明。木柱が建っていたものの、文字は読めず。やむなく、境内を一通り拝見してそのまま出て来ました。
Img_5691c このあとすぐの道を右折するのが、本来設定されたコースでしたが、「違うな」と勝手に思い込んでさらに300mほど先に行ってから右折。ところが、マップにある神社が見えず。「間違えたな」とは思ったのですが、正規ルートを行っても、再び東名阪自動車道に突き当たって右折し、西に向かいますから、そのまま間違ったルートで行くことにしました。同じあたりで、女性の参加者の方も、「私、地図が読めないんです」といって迷っておられたのですが、お誘いして同行。「旅は道連れ、世は情け」とばかりに(笑)、世間話や、ハイキングの話をしながら、本来のコースに戻りました。帰宅してから確かめたら、500mほど余分に歩いていました(苦笑)。冒頭の実測ルートマップには、正規ルートも入れてあります。「何本目で曲がる」ということもきちんと確かめないといけないという教訓を得ました。
Img_5694c 青木酒造から弥富駅までは立ち寄るところもありませんので、ひたすらゴImg_5696c ールの近鉄弥富駅を目指します。途中、愛西市西條町あたりで、アヤシげな(失礼)漢方薬局を発見。営業しているのかどうかも定かではありません。この日は閉まっていました。「薬草」と大書されていたり、「スッポンまむし」という看板があったりでした。
Img_5698c 往きに通った西中地北交差点で左折すると、弥富市内に戻ります。ここ20181209kintetsuhikingyatomi1 から南下。西中地の交差点からは、往きのルートをそのまま戻ります。再び難畑地蔵尊を見て、このあたりで7㎞。弥富駅も近づいてきます。
Img_5711c 11時43分に近鉄弥富駅に戻ってきました。歩いたのは7.7㎞。コースミスをしなければ、7.2㎞でしたが、まぁ歩きに来たのですから、多少はいいでしょう。養老でしでかしたように2㎞も余分に歩くといけませんが……。要した時間は、2時間15分。立ち寄り先が少なかったのと、あまりウロウロと見て回るところがなかったからです。11時55分に五十鈴川行き急行がありましたので、それで帰宅。桑名駅着は、12時1分。¥260。
Img_5744c 前日に続き、あみま倶楽部のスタンプをゲット。12月16日にはJRさわやかウォーキングがありました。神楽酒造へ行くものでしたが、研究会で参加できませんでした。この次は、12月22日の近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ「中風封じの田村寺」と垂坂公園を訪ねて!」。去年も行ったコースですが、今年も行こうと思っています。

|

« 住吉入江でほぼ4年ぶりにハジロカイツブリ……カンムリカイツブリの食餌シーンに、来年の干支飾りをいただいたお話しも | トップページ | イソヒヨドリのオス、モズのメス、ダイサギ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

近鉄ハイキング」カテゴリの記事

酒蔵」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。

酒蔵みてある記は、なかなか楽しめますよ。
四日市、川越は、小さいながらも頑張っている酒造場があり、近鉄ハイキングで行くことができます。

どこの酒蔵も、みてある記のときは、試飲、甘酒の振る舞い、即売会がありますし、地元の物産販売所が出ていることもあります。
お酒が飲めない方でも楽しめるかと思います。

この日のハイキングでは、東名阪を越えて延々と歩かねばならないイメージがありました。
しかし、実際には弥富駅から3㎞ほどで、さほどでもありませんでしたよ。

地図は、①歩く方向(進行方向)と地図の向きを合わせる、②近くにあるランドマークにできそうな建物を決め、時々それを確認し、居場所をはっきりする、③分かれ道や、曲がり角ではしっかり確認するとよいといわれます。

今回は、曲がるところをしっかりと確認せずに行ったのが間違えた元でしたが、東名阪が見えていましたので、元に戻れました。

田村寺の中風封じでは、ご祈祷を受けると「かぼちゃぜんざい」がいただけます。
ハイキング参加者は、去年の例では、コースマップにある券と引き替えにお供物のお下がりということで、「かぼちゃ煎餅」が1枚いただけました。

投稿: mamekichi | 2018年12月18日 (火) 14時50分

こんにちは、酒蔵みてある記のハイキングいいですね。
酒蔵でお酒の試飲とか買い物ができるのは楽しみですね。
東名阪を越えていくのは遠く感じますね。
女性は地図が苦手な人が多そうですね。
私も方向音痴で地図を見ながら歩いてるのによく迷います(笑)
12月22日は冬至ですね、中風封じの田村寺ではかぼちゃの煮物か何か頂けるんでしょうか。

投稿: ミリオン | 2018年12月18日 (火) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住吉入江でほぼ4年ぶりにハジロカイツブリ……カンムリカイツブリの食餌シーンに、来年の干支飾りをいただいたお話しも | トップページ | イソヒヨドリのオス、モズのメス、ダイサギ »