« 20181012近鉄ハイキング「こもガク&大日本市菰野博覧会を楽しもう!」へ(その2)……道の駅・菰野で「早春」を購入、大日本市博覧会を見て、庄部御旅所から東町商店街を経て無事菰野駅にゴール(完) | トップページ | 九華公園にヒドリガモのオスとオオバンが登場 »

2018年10月27日 (土)

20181027JRさわやかウォーキング「来てちょ~だゃ~名古屋の産業をめぐって 秀吉生誕の地 中村へ!!」へ(予告編)

Img_9068c

 近鉄ハイキング、JRさわやかウォーキングに参加するようになって11ヶ月。Img_9054c 今回は、いよいよ名古屋に進出(笑)。今日は、名古屋でJRさわやかウォーキングであります。「来てちょ~だゃ~名古屋の産業をめぐって 秀吉生誕の地 中村へ!!」というテーマです。JR名古屋駅のタワーズガーデンが受付(8時半~11時)。桑名を9時2分に出る名古屋行き普通電車に乗車。9時36分に到着、¥350。
Img_9070c 本日のコースマップ。タワーズガーデンをスタートして、円頓寺商店街、ノリ181027jrwalkingnagoya タケの森、トヨタ産業技術記念館、豊国神社(中村区区民まつり会場)がゴールという約8㎞。産業技術記念館から豊国神社の間が、3.7㎞。この間立ち寄るところなしというのが、ちょっと難点。右が実際に歩いたルートマップ。名古屋駅から東へ向かい、グルッと反時計回りに中村公園&豊国神社までということ。ゴール地点の中村公園までは8.3㎞でしたが、そこから、地下鉄東山線・中村公園駅まで来たら、トータルで9.5㎞でした。いつものように、自宅から桑名駅往復で(ちょっと寄り道)2.1㎞。11.6㎞も歩きました。さすがに少しお疲れ。今日は、かなり端折った予告編にて。
Img_9074c 今までとは違って、大都会の駅前からスタートということで、いつもとかなりImg_9083c 景色が違います。スタートは、9時45分。冒頭の写真、背景はツインタワーで、ここにはJR名古屋タカシマヤと、マリオットアソシアホテルがあります。こちらは、ミッドランドスクエアとか、大名古屋ビルヂング。
Img_9093c 桜通を東に向かい、時々出かける国際センタービルや、名古屋の都市高速道路を越えて、堀川にかかる桜橋を渡ります。渡っImg_9102c たところで、左折(北へ)。
Img_9118c 500mほど進んで、左折し、再び堀川を渡ります。この橋は五条橋。慶長15(1610)年、尾張の首府が清洲から名古屋に移るときに(いわゆる清洲越)開削された堀川に架けられた7つの橋の1つ。
Img_9142c 五条橋を渡ると、円頓寺商店街。名古屋駅と名古屋城のほぼ中間にあります。ここは、大須などと同様に昔は繁華街で、信長が清洲から名古屋に移ってきたときに、ついてきた商人の町で、今も下町の雰囲気がよく残っています。円頓寺商店街は、毎年7月に円頓寺本町商店街と共同で開催される円頓寺七夕まつりが有名。何年か前に訪ねたことがあります。そのときは、近くにある「四間道」にも回ってみました。四間道には、古い蔵や屋根神様が残っていて、見所も多いのですが、今回のコースには含まれていません。
Img_9216c こちらが長久山円頓寺。円頓寺商店街は、このお寺の門前町が発展したもの。円頓寺は、承応3(1654)年に、普敬院日言上人によって開創された日蓮宗のお寺。円頓寺商店街には、このほか、慶栄寺(真宗大谷派)や、真宗高田派愛知別院などのお寺もありますが、詳細はまた本編にて。
Img_9170c 円頓寺の東に金刀比羅神社がありました。そこに珍しいものを見つけたImg_9186c ので、立ち寄ってしまいました。「名古屋弁みくじ」です。初穂料は100円でした。これは引いてみなくてはなりません。その結果、「小吉」でした(微笑)。「どっちを向いても幸福みてゃーあらせんて ひそかに空からおって来る、地から湧いてくるもんだに 心静かに待ってみや 盗難用心」とありました。ちなみに「恋愛」は「いろいろでも許してもらえる」、「商売」は「どえりゃあええ」だそうです。
Img_9230c 続いて、名古屋都市高速6号清洲線の下をくぐって円頓Img_9257c 寺本町商店街へ。この商店街を通り抜けて外堀通りへ。500mほど歩いて、ノリタケの森へ。ここで3㎞過ぎ、時刻は10時55分。ノリタケの森は、初めて。
Img_9264c 気に入りました(微笑)。水辺もありますし、煉瓦で作られImg_9294c た工場跡もあります。噴水もあり、リラックスできるところです。右は、6本煙突のモニュメント。
Img_9328c かなりぶっ飛びますが、続いてトヨタ産業技術記念館へ。南側の門からImg_9342c 入ったのですが、入ってすぐに「豊田商会 事務所」。豊田佐吉翁が自動織機と環状織機を研究するために明治35(1902)年に設立したもの。
Img_9349c 続いて、トヨタグループ館。大正14(1925)年に建設された豊田紡織本社Img_9354c 事務所を修復したもの。トヨタ自動車などの設立総会などが催されたところで、トヨタグループ発祥の地だそうです。中には豊田佐吉翁が実際に使った道具や、戦争中に使われたタイムレコーダ(時計は、まだ動いていました)、機械の図面などが展示されていました。産業技術記念館では、「100年前のオーディオという展覧会」が行われていましたが、今回はパスしてきました。かなり以前、家族連れで来たことがあります。
Img_9368c 産業技術記念館からは名鉄・栄生駅のImg_9381c 横を通って、南西へ。JR東海道新幹線、東海道線、名鉄名古屋線の高架下をくぐります。せっかくだから電車が通るところを撮りたいと思って少し待ったら、下りの新幹線が通過。
Img_9414c JRと名鉄の高架橋の下から約3㎞半。立ち寄るところもなく、ほぼ直線の道筋をひたすら歩き、市営地下鉄東山線の中村公園駅のあるところに建つ豊国神社の鳥居のところに出ます。大きいです。トンでもなく大きいんです。これを実は一度見てみたかったのです。この鳥居、高さ24m、笠木34m。「中村の大鳥居」と呼ばれ、京都市の平安神宮大鳥居と同じ高さだそうです。昭和4(1929)年の創建当時は、世界一高い鳥居だったといいます(こちら)。ちなみに、ここに至る道路は、「鳥居通」。道路の名前になるだけのことはあります。大鳥居のところには、12時5分着。
Img_9419c 大鳥居から500mほどは、神社の参道になっています。「豊国参道」という名前が付いてImg_9443cおり、 「9」の付く日には朝市が立ち、「豊国参道 九の市」と呼ばれ、賑わうといいます。スタートから7.6㎞を歩いて、二ノ鳥居へ。12時15分着。中村区区民まつりが開かれていて、大賑わい。
Img_9463c 豊国神社の拝殿。この神社は、敷地が豊臣秀吉生地に当たります。明Img_9466c 治17(1884)年7月、当時の県令・国貞廉平をはじめ地元崇敬者の人々によって、生地で秀吉を祀る運動が盛んとなり、翌明治18年1月に竣工し、8月には神社が創建されました。神社を中心として中村公園が整備されています。なお、東隣に妙行寺というお寺があり、ここは加藤清正の生地です。
Img_9490c 豊国神社にお参りしたあとは、「初代中村勘三郎生誕記念像」と、「大正天皇お手植えの松」を見て来ました。初代中村勘三郎(慶長3(1598)~明暦4(1658)年)の出自には諸説あるようですが、「甲子夜話(江戸後期)」には、「尾州愛智郡中村」とあるそうです。この記念像は、平成28
(2016)年に建てられています。
Img_9510c 大正天皇は、皇太子でいらした明治43(1910)年10月、臨時第三・第十五師団対抗演習をご覧のため愛知県下に行啓されました。その際、ここ中村公園に建設された迎賓館施設(記念館)で御休憩になり、公園の由来、豊公、清正誕生地の説明を受け、松をお手植えされたといいます。お手植えの松の傍らには、大正天皇が中村公園でお詠みになった漢詩(七言絶句)の詩碑があります。
Img_9576c さて、豊国神社参拝も済ませましたので、ゴールしてこなくてはなりませImg_9583c ん。ゴールは、公園の北西部分に設けられていました。JRさわやかウォーキングでは、案内の矢印が詳しく出されますので、それにしたがっていけば道を間違うことはありません。12時40分にゴールイン。ここまで歩いたのは8.3㎞。スタート直後は曇っていて湿度が高く、また途中からは晴れてきてけっこう汗を掻くくらいでした。
Img_9586c 参加証のスタンプは、ようやく7個目。11月24日までの1年間が有効期間なのですImg_9587c が、10個をゲットできるかどうか、ちょっと微妙。今日は、先着5,000名まで、「愛知デスティネーションキャンペーン×さわやかウォーキング三英傑コース」のバッジ(名古屋)がもらえました。
Img_9603c 無事ゴールインしましたので、ここで弁当タイム。円頓寺商店街のどこかで弁当を売っていないかと思ったのですが、残念ながらありませんでしたので、結局今日もコンビニ弁当。途中、ファミマで買ってきた「お好み俵おむすびセット(¥378)」。豊国神社近くに戻って、池の端のベンチでいただきました。食べていたら、隣に、同じウォーキングに参加していたらしい男性が一人やって来て、ロングサイズの缶麦酒を取り出し、美味しそうに飲んで行かれました(微笑)。ちなみに、小生は、「麦酒でも飲んだらうまいだろうな」とは思うのですが、このあとまだ歩かねばなりませんので、途中ではアルコールはいただきません。
Img_9620c 13時10分に再スタート。途中、まつりのパレードを見ながら、地下鉄東山Img_9633c_2 線の中村公園駅へ。13時25分に到着。スーパーアオキの建物にある3番出入り口。ここまでに歩いたのは、結局9.5㎞でした。今日もよく歩きました。
Img_9635c 中村公園駅を13時31分に出る高畑行きに乗車し、2駅先のImg_9646c 八田駅まで。13時34分着、¥200。八田駅では、JR関西線にも、近鉄名古屋線にも乗り換えができますが、地下鉄の改札からはJR八田駅の方が、地下鉄からは近いので、まずはそちらへ行ってみました。右の写真のような、かなり長いエスカレータに乗ります。
Img_9648c JR関西線八田駅。普通電車しか止まらないのですが、それは近鉄八田駅も同じ。ちょうど13時54分に四日市行きの普通電車がありましたので、それに乗って帰ることにしました。桑名には、14時16分着。¥320。
Img_9670c 写真の整理も、あれこれの調べもまだできていませんので、いつものように本編は、また少しずつ書いていくことにします。時間がおありの方にはまたお付き合い下されば幸いです。こちらの写真は、我が家の玄関先から見た、名古屋駅前の高層ビル群。あのあたりを歩いてきたという次第です。

|

« 20181012近鉄ハイキング「こもガク&大日本市菰野博覧会を楽しもう!」へ(その2)……道の駅・菰野で「早春」を購入、大日本市博覧会を見て、庄部御旅所から東町商店街を経て無事菰野駅にゴール(完) | トップページ | 九華公園にヒドリガモのオスとオオバンが登場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

JRさわやかウォーキング」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。

名古屋初進出です(微笑)。
名古屋駅前からのスタートで、かなり勝手が違いました。

豊国神社は、お社は小さいのですが、立派な神社で、地元出身の豊臣秀吉を今でも慕っているというのがよく分かります。
初代中村勘三郎の碑や、大正天皇お手植えの松の他、茶室、元迎賓館もありますし、庭もなかなか立派でした。
私は行かなかったのですが、東となりにあるお寺は、加藤清正の誕生の地だそうです。

信長公の神社というのは、聞いたことがありませんね。

JRも、近鉄も会員期間が1年で、その間にいくつスタンプを集められるかということになっています。
JRは、東海の範囲ですから、遠くで開催されることも多く、なかなか集められません。

昨日(10/28)も熱田から鶴舞というコースがあったのですが、10/27の夜、宴会をしてしまい、さすがに出かける元気がありませんでした。

この先、近くでとなると岡崎などでの開催になります。
どうしたものかと思案中。

バッジを配るのは流行(?)のようで、先日、菰野~湯の山温泉の近鉄ハイキングでももらいました。
皆さん、リュックにけっこうつけていますので、魅力なのでしょうね。

投稿: mamekichi | 2018年10月29日 (月) 16時33分

おはようございます
名古屋遠征ですね。
曲がったりして迷わないように
名古屋へ行く時は津島から東へ真っ直ぐコースが多くて
豊国神社があることは知ってましたが
まだ行けてません。立派な神社ですね。
行ってみたい神社の1つです。
秀吉さんや家康さんの神社はあるのに
信長さんは思い当たりませんよね。
ウォーキングの有効期限が間もなくなのですね。
無理されませんように。
僕なら先着○名とかあるとゴールまで小走りになってしまいそう(笑)
また本編楽しみにしてます(^^)

投稿: こころん | 2018年10月29日 (月) 07時18分

おユキさん、こんにちは。

いよいよ名古屋にも進出しました(笑)。
高層ビル群、我が家の玄関先から見るとほぼ目の高さに見えますが、さすがに近くに行くと思わず見上げてしまいます。

大名古屋ビルヂング、1階にはISETAN Houseが入っています(微笑)。

名古屋弁みくじ、商売繁盛とあったのですが、あまり当たっていない気もします(苦笑)。
家内にも、「失物 出ん 諦めやあ」がウケていました(苦笑)。
円頓寺商店街の金刀比羅神社へお出かけになって、是非とも引いてみて下さい。

中村公園あたりにお住まいだったんですね。
あの辺は、初めてでかけました。
気取らない下町という雰囲気のように思いました。

中村公園駅は、アオキスーパーでした。

中村区区民まつりが行われ、公園のステージではクイズ大会、午後からはパレードが始まるところでした(山車の他、子どもたちの自作神輿や、女性会の方方も勢揃い)。

まつりといえば、桑名も昨日、今日と我が家近くの寺町商店街でまつり博、アピタでは商工会のまつりなど、3つか4つのイベントが行われています。
朝から、寺町商店街から歌声や太鼓の音がよく聞こえて来ます。

投稿: mamekichi | 2018年10月28日 (日) 14時30分

mamekichi先生、おはようございます。

いよいよ名古屋へ進出ですか(笑)。
高層ビルは、やはり見上げてしまいますよね。
名古屋駅のJR側の方へは、しばらく行っていないので、新鮮な気持ちでお写真を拝見しました。
大名古屋ビルヂング、こんなふうになったのですね。

「名古屋弁みくじ」、商売がどえりゃあええ、とは羨ましい(微笑)。
個人的には『失物 出ん 諦めやあ』がウケました。

ノリタケの森、ステキですね。世界観がしっかりしていて、「ノリタケ地方」という感じがします。

中村の大鳥居、懐かしいです。
3歳ごろまで、この辺りに住んでいたのです。
当時の記憶は、中村公園やその周辺のお店屋さんなどですが、私たちが引っ越した後も、伯母たちが住んでいたので、時々ご機嫌伺いに来ていたのです。
中村公園駅、以前は、ジャスコだったのですが、今はアオキスーパーになってしまったのですね。

すっかり、浦島です(笑)。


お祭りもあったのですか。石取祭も、こういう時期にやってくれれば、色々と楽なのになぁ、と思いました(笑)。
そうそう、昨日は栄の方で、ハロウィンのパレードもあったそうです。
秋も、なかなか賑やかですねぇ。

投稿: おユキ | 2018年10月28日 (日) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20181012近鉄ハイキング「こもガク&大日本市菰野博覧会を楽しもう!」へ(その2)……道の駅・菰野で「早春」を購入、大日本市博覧会を見て、庄部御旅所から東町商店街を経て無事菰野駅にゴール(完) | トップページ | 九華公園にヒドリガモのオスとオオバンが登場 »