« 小雨決行で散歩へ……カワセミを撮れました | トップページ | 九華公園でカワセミ2羽を確認……モズも »

2018年9月15日 (土)

20180915近鉄ハイキング「四日市の古代ロマンを想う 歴史探訪! くるべ古代歴史館を訪ねる」へ(予告編)

Img_5149c

 こんな天気でしたが、雨雲レーダーでは雨雲が見えなくなりましたので、9時半を過ぎてから近鉄ハイキングに行ってきました。今日は、「四日市の古代ロマンを想う 歴史探訪! くるべ古代歴史館を訪ねる」というテーマで、近鉄名古屋線・霞ヶ浦駅がスタート。
Img_5151c いつもより1時間ほど遅く、桑名駅を9時52分の津新町行き普通電車に乗Img_5158c 車。霞ヶ浦駅には、10時5分に到着。¥260。同じ電車に20~30人くらいハイキング参加者が乗っておられました。受付は、9時から11時ですから、楽勝。
Img_5156c こちらが今日のコースマップ。霞ヶ浦駅から、浄恩寺、荒木十兵衛頌徳之碑、天武天皇迹太川御遥拝所跡、くるベ古代歴史館、長倉神社、丸井屋老舗を経て、三岐鉄道三岐線・大矢知駅がゴール。マップ上は、約6㎞です。こんな天気でしたが、マップのナンバーは342。けっこう参加者はあるようです。今日の最大の目的は、くるべ古代歴史館と、長倉神社です。この2ヶ所は、7月14日の近鉄ハイキング「湖面を渡る風が心地よい夏の伊坂ダムを訪ねて」の時、近くを通ったものの、コースには含まれていなかったのです(20170714近鉄ハイキング「湖面を渡る風が心地よい夏の伊坂ダムを訪ねて」(予告編)……猛暑でしたが、10㎞あまりを完歩!)。また、くるべ古代歴史館は、久留部官衙遺跡にこの春オープンしたところで、オープン当初から一度来たかったところ。浄恩寺、荒木十兵衛頌徳之碑と天武天皇迹太川御遥拝所跡の3ヶ所は、去年12月22日の近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ『中風封じの田村寺』と垂坂公園を訪ねて!!」の時にも立ち寄っています(2017年12月24日:近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ『中風封じの田村寺』と垂坂公園を訪ねて!!」(12/22)へ(その3で完))。
20180915kintetsuhikingkasumigaura1 実際に歩いたルートを「キョリ測」に描いたものです。こちらをご覧いただくと詳しいルートが載せてあります。拡大もできますし、標高も分かります。ちなみに、霞ヶ浦駅は海抜3mでしたし、今日のルートでもっとも高いところは52mでした(おそらく長倉神社)。
Img_5169c 霞ヶ浦駅スタートは10時10分。駅のすぐ北の踏切をわたって北西に向かImg_5173c います。踏切の脇には、美容学校があります。このあたりは、ほぼ住宅街。幼稚園などもあります。
Img_5182c 地名でいうと、別名3丁目と南いかるが町の境で右折し、北東へ。さらにImg_5181c 住宅街の細い道を歩いて行きます。駅を出たあたりから、霧雨が渋々と降っていますが、傘を差すほどではありません。
Img_5186c スタートから2㎞あまりで。斑鳩山浄恩寺に到着。浄土真宗本願寺派。天Img_5192c 延2(974)年10月、天台宗寺院としてつくられ、その後、延徳年間(1489~1490)に浄土真宗に転じています。現在の本堂は明治28(1895)年の建立。前回来たときとは違って、今日はなかなか雰囲気のよい、落ち着いた感じのお寺に感じました。
Img_5201c 浄恩寺には、聖徳太子堂があります。この聖徳太子堂は、明治2(1869)年に三光寺(四日市市西富田町)から移建されたものです。今日は、本堂も、聖徳太子堂も扉が開けていただいてあり、それぞれのご本尊を拝むことができました。
Img_5220c 県道64号線(旧・富田山城有料道路)を歩道橋で越えていきます。この近くには、Img_5224c 12月22日の近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ『中風封じの田村寺』と垂坂公園を訪ねて!!」の時に、2ヶ所の伊賀留我神社に立ち寄りました(2017年12月24日:近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ『中風封じの田村寺』と垂坂公園を訪ねて!!」(12/22)へ(その3で完))。
Img_5231c 荒木十兵衛頌徳之碑のすぐ近く(伊勢湾倉庫いかるが倉庫)の北に「浄Img_5242c_2 恩寺道」という石碑がありました。「昭和貳年三月 道路改修祈念 現住専行」とあります。ここは、十四川のほとり。下流には、四日市高校や、近鉄・三岐鉄道富田駅があり、その辺りは桜並木になっています。石碑から100m足らずのところに荒木十兵衛頌徳之碑。桑名藩領朝明郡北鵤村の庄屋であった荒木十兵衛は、羽津用水を築造した人物。宝永3(1706)年に全長6㎞に及ぶ羽津用水を完成させました。この碑は、昭和27(1952)年、四日市市長・吉田千九郎によって建てられました。
Img_5246c 荒木十兵衛頌徳之碑と並んで「殉難の碑」が建っています。こちらは、羽Img_5249c 津用水改作の際、十四川と交差させる地下の難工事で殉じた方々のためのものです。
Img_5251c 「天武天皇迹太川御遥拝所跡(県指定史跡)」。大矢知町の民家の隣にImg_5257c あります。壬申の乱(672年)の際、大海人皇子(のちの天武天皇)は、奈良の吉野を離れて伊賀に入り、鈴鹿から三重郡家に進み、さらに朝明郡の迹太川(とおがわ)のほとりで天照大神に戦勝祈願したといいます。御遥拝所跡の碑が立つこの地は、江戸時代の人がその場所であると考えたところだそうです。この天武天皇迹太川御遥拝所跡あたりでほぼ3㎞、時刻は10時55分でした。
Img_5287c 天武天皇迹太川御遥拝所跡から大矢知町と茂福の間の道を通って7~Img_5282c 800mでくるべ古代歴史館に到着。ここは、北勢バイパスの工事で発見された「久留倍官衙遺跡」にあります。久留部官衙遺跡は、平安時代におよぶ朝明郡の役所跡で、大海人皇子(後の天武天皇)や聖武天皇が立ち寄ったと「日本書紀」や「万葉集」に書かれておいます。平成18(2006)年に国の史跡に指定されました。この久留倍官衙遺跡は、史跡公園として利用できるよう整備されており、平成31(2019)年度の整備完了の見込みです。
Img_5294c くるべ古代歴史館では、久留倍官衙遺跡のことが分かる展示があり、久Img_5297c 留倍官衙遺跡の変遷や、古代朝明郡のこと、壬申の乱や聖武天皇東国行幸、万葉集との関わりなどが、イラストや建物の模型、映像、出土遺物で解説されています。ここは、オープンしたときから来て見たかったところで、満足(微笑)。遺跡公園ができあがった暁には、そちらも是非と思っています。
Img_5313c くるべ歴史古代館には、11時5分に到着。3.7㎞。15分ほど見学して次へImg_5315c 向かいます。北勢バイパスの下をくぐって、大矢知町地内をさらに進みます。途中、お地蔵様を拝み、長倉神社へ。
Img_5320c 7月14日の近鉄ハイキング「湖面を渡る風が心地よい夏の伊坂ダムを訪ねて」の時は、この鳥居の向かいにある伊藤手延製麺所が立ち寄りスポットでした(20170714近鉄ハイキング「湖面を渡る風が心地よい夏の伊坂ダムを訪ねて」(予告編)……猛暑でしたが、10㎞あまりを完歩!)。この長倉神社は立ち寄りスポットではなく、また、坂道を上っていかねばならないようでしたし、このときはものすごく暑くて、寄り道する元気がなかったのです。
Img_5324c 延喜式内社ということで、かなり歴史があります。由緒不詳ですが、明治Img_5333c 6(1873)年に村社、明治41(1908)年11月に式内桜神社を合祀、昭和6(1931)年9月に郷社となっています。一の鳥居をくぐって、坂道を500mほど行くと二の鳥居があります(右の写真)。ここからさらに登って行かねばなりませんでした。
Img_5337c 坂の途中に、まずは豊栄稲荷神社が御鎮座。先にこちらImg_5339c にお参り。
Img_5374c さらに登って行くと、長倉神社の境内に。たぶんこのあたりが標高50m以Img_5375c 上でしょう。 もとは、八幡神社と称し應神天皇を奉斎していました。現在の御祭神は、応神天皇の他、木花之佐久夜毘売神(このはなさくやひめ)、大山祇命(おおやまつみのみこと)、高龗神(たかおかみのかみ)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、倭姫命(やまとひめのみこと)、宇迦能御魂神(うかのみたまのかみ)です。高龗神は、鎮国守国神社の境内社にも祀られていますが、他では知りません。長倉神社には、神馬殿の他、神宮遙拝所など、いくつか興味深いものがありましたが、それはまた本編にて。
Img_5432c 長倉神社に来る途中にお寺があるのに気づいていました。今日は時間Img_5460c 的にも、距離的にも余裕がありますので、寄り道。結果論ですが、これが幸い(微笑)。青木山照恩寺という、浄土真宗本願寺派のお寺。開基は天文4(1535)年で、現本堂の創建は宝暦年間(1746~1751年)と伝えられています。
Img_5451c この山門が、桑名城の城門を移築したものなのです。一度はImg_5434c 四日市市蒔田にある長明寺(蒔田城跡)に移築されたのち、大正15(1926)年に照恩寺へ譲渡されたと棟札にあるそうです。これは知りませんでした。私にとっては新発見(笑)。ちなみに、長明寺へは一度いったことがあります。去年11月9日に「旧・東海道ウォーク(安永~富田)へ」で立ち寄りました(2017年11月10日:旧・東海道ウォーク(安永~富田)へ(後編))。この旧桑名城の門を見つけられたのはラッキーでした。寄り道は楽し、であります。
Img_5480c 次の立ち寄りスポットへ行く途中、四日市市立大矢知興譲小学校がありImg_5483c ます。名前からして由緒がありそうな小学校ですが、実は、ここは、忍藩大矢知陣屋跡なのです。大矢知は江戸時代を通じて、ほとんどの時代、桑名藩領でしたが、文政6(1823)年、当時の桑名藩主・松平忠堯(ただたか)公が、武蔵国忍藩へ国替えとなったのです。しかし、忍藩では桑名に比べ石高が少なく、それを補うため、北勢四郡のうち72ヵ村(松寺、蒔田、西富田を除く)4万30,00石が忍藩領になりました。そのとき、ここ大矢知に陣屋が置かれ、忍藩が支配したのです。
Img_5484c 天保13(1842)年、一時幕府領になったものの、嘉永7(1854)年に再び忍藩領になっています。明治3(1870)年に忍藩は、藩士のために興譲堂を開設しました。忍藩の進修館の分館とも言える藩学校の興譲館を大矢知陣屋に興しました。忍藩の進修館の分館とも言える藩学校ができたということです。今の大矢知興譲小学校の名称は、これに因んでいるのではないかと思います。大矢知興譲小学校の校名の由来 には、“『興譲』は,古書「大学」の一節,
 「一家仁 一国仁 一家譲 一国興譲・・・」に基づく教育の道を諭したものが出典”とあります。このあたりの関連性についてはもう少し調べてみることにします。
Img_5494c 大矢知興譲小学校から北へ200mほどで八風道へ出ます。ここは、7月14Img_5496c 日の近鉄ハイキング「湖面を渡る風が心地よい夏の伊坂ダムを訪ねて」の時、通っています(20170714近鉄ハイキング「湖面を渡る風が心地よい夏の伊坂ダムを訪ねて」(予告編)……猛暑でしたが、10㎞あまりを完歩!)。そのときは気づきませんでしたが、大矢知郵便局の向かい側に道標があります。西側に、「右四日市みち」、「左くわなみち」、南側に「左たどみち」、北側に、「右こものみち」が刻まれています。安政3(1856)年の建立です。
Img_5507c 八風道に出て左折(西へ)。すぐに最後の立ち寄りスポットである丸井屋老舗があります。嘉永年間(1848~1854年)創業の、まさに老舗の和菓子屋さん。和菓子や、お団子の割引販売がありましたが、お茶をいただいただけで失礼してきました。ちなみに栗きんとんは1個¥270でした。
Img_5511c 丸井屋老舗さんから200m。八風道から少し入ったところに、本日のゴールである三岐鉄道三岐線・大矢知駅があります。5.9㎞を完歩。ゴールは12時10分。ちょうど2時間でした。
Img_5523c うまい具合に12時17分に近鉄富田行きの電車がありましたので、それにImg_5537c 乗車。富田までは1駅で、12時21分着。近鉄富田駅からは、12時33分発名古屋行き急行に乗車し、桑名には12時40分着。¥430。前にも書きましたが、三岐鉄道の切符は、いわゆる「硬券」です。もらってくればよかったか?
Img_5543c ということで、霧雨の中、近鉄霞ヶ浦駅から、三岐鉄道大矢知駅まで約6㎞、近鉄ハイキング「四日市の古代ロマンを想う 歴史探訪! くるべ古代歴史館を訪ねる」に参加してきました。あみま倶楽部のスタンプは、18個目をゲット。会員資格更新の12月までさらに頑張ってスタンプを増やしましょう(子どもみたいですが……)。桑名駅までの往復で約2㎞を歩いていますから、本日は合計約8㎞を完歩。ハイキングの記事は、いつものように明日以降、改めて本編を書きます。

|

« 小雨決行で散歩へ……カワセミを撮れました | トップページ | 九華公園でカワセミ2羽を確認……モズも »

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

近鉄ハイキング」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

昨日は、小雨模様でしたが、雨雲が見えなくなりましたので、ハイキングに行ってきました。
結果的には、ずっと霧雨でしたが(笑)。

近鉄ハイキングは、去年12月からの参加ですから、平均して月2回ペースです。
ただ、江戸橋での講義や、夏場の暑さで少しペースが上がりませんでした。

霞ヶ浦駅から北西へ1.5㎞ほどのところにある垂坂公園は、バードウォッチングスポットです。
垂坂山にありますので、けっこうアップダウンがありますが、夏場でもヤマガラを見たことがあります。
三岐線は、朝明川に沿って走っていますので、その気になるとこれからの時期、野鳥が見られるのではないかと思います。

投稿: mamekichi | 2018年9月16日 (日) 07時49分

mamekichiさん、こんばんは!

本日は小雨模様でしたね、自分は珍しく午前中に用事が有ったので、午後からいつものコース短縮版に行っておりました。
近鉄ハイキングも18回目ですか、結構早いペースですね、楽しみながら目標を達成出来るのは良い事ですね。本日のコースは、近鉄名古屋線は降りた事の無い駅、三岐鉄道三岐線は乗車した事も無く、まさに未踏の地、この辺りにも野鳥の楽園が有るのか気になります。

投稿: ひらい | 2018年9月15日 (土) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小雨決行で散歩へ……カワセミを撮れました | トップページ | 九華公園でカワセミ2羽を確認……モズも »