« 東海地区K-ABC研究会 事例研究会のお知らせ | トップページ | 九華公園でモズ……サギソウ、メダカ、ミナミヌマエビの話も »

2018年9月 8日 (土)

20180902近鉄ハイキング“「開湯1300年 ゆこうよ 湯の山」菰野藩主土方雄豊公ゆかりの見性寺での開湯1300年記念祭を訪ねて”へ(その2)……道の駅・菰野から、東町商店街、瑞龍寺、西覚寺

20180902kintetsuhikeyunoyamaonsen  9月2日の近鉄ハイキング“「開湯1300年 ゆこうよ 湯の山」菰野藩主土方雄20180902kintetsuhikeyunoyamaonsen2 豊公ゆかりの見性寺での開湯1300年記念祭を訪ねて”のその2です。その1では、パラミタミュージアムでオートマタを見て、道の駅・菰野へ向かう途中、絶滅危惧種のサークルKの店舗を発見したところまででした。地図では、近鉄・大羽根園の駅を過ぎたところ(東)あたりまでです。

Img_4365c 道の駅・菰野です。出発から4㎞の手前。11時5分に到着。1階が、菰野の各種観光案内や、みやげ物・地場産品の販売をしている道の駅。2階は、観光協会の事務所。ここで是非ともチェックしたいものがありました。それは、菰野名産の真菰(マコモ)を使った食べ物です。マコモは、イネ科マコモ属の多年草。水辺に群生し、種子(ワイルドライス)、肥大した新芽(マコモダケ)が食用とされます。マコモは菰野の名のおこり、そのゆかりとなったといわれ(こちら)、菰野町の名産となっているのです。
Img_1566c マコモを使った商品はたくさんの種類があり、迷いました(こちらもご覧ください)。最終的にスイーツか、蕎麦かと考えた結果、スイーツに。岩嶋屋さんの「まこもどら焼き」と、「和菓子屋さんのまこもときなこのクッキー」をチョイス。初めてでしたので、お試し。岩嶋屋さんのことは知らなかったのですが、創業明治24(1891)年という老舗でした。看板商品は、うすかわまんじゅうと、ちんころ(織田信長の孫・八重姫が菰野城の土方氏のところへ輿し入れしたときに持ってきた子犬のおもちゃを表しており、外側は落雁で中にはきな粉と黒糖を合わせた餡が入っているそうで、懐かしい味だといいます。リンク先で見られます)。どら焼きもクッキーも美味しく、家族にも大好評でした。今度は、スイーツもですが、蕎麦なども是非とも味わってみたいと思っています。
Img_4366 土産をゲットしてから、一休み。スタートから1時間半ほど経ちましたので、水分補給。小腹も空いていたので、おにぎりを1つ。気がつかなかったのですが、駐車場には、「お食事処 マコモの里」があり、ここで色々なマコモ料理が食べられるようでした。ただし、営業は、土日祝日の11時半から16時です。
Img_4371c 道の駅・菰野を11時15分に出発。湯の山街道を東へ1㎞ほど行ったとこImg_4374c ろで、ご覧のような建物を発見。普通の住宅かと思いきや、紅白の幔幕。よく見たら「親・子・孫三代の家 モデルハウス」とあります。千葉建設という会社のモデルハウスでした。田舎でよく見かける、大きな家そのもの。まさかこういう三世代向けのモデルハウスがあるとは、今まで不勉強でした(微笑)。モデルハウスは2棟あります。
Img_4377c 三世代モデルハウスに驚きつつ、100mほどで菰野郵便局西の交差点へ。ここで、右折して南へ。東町商店街に向かいます。リンク先は、菰野優良商店会のサイトですが、そこにあるマップで重森書店から東(向かって右)が東町商店街。
Img_4385c かなり昔からの商店街のようです。閉店している店も案外あるのですが、Img_4407c 書店、酒屋、和菓子屋、靴屋、仕出し屋さんなどが営業しています。左は、和菓子の玉乃屋さん、右は、宴会・仕出しの藤政さん。
Img_4403c 今はもう営業はしていないようですが、こういう風情のある旅館もありました。油佳(あぶけ)旅館さん。
Img_4388c 商店街の一角にお寺があります。長松山瑞龍寺臨済宗妙心寺派ですImg_4393c。ご本尊は薬師如来。菰野藩士たちの菩提寺として崇敬を集めてきました。
Img_4398c もとは天台宗のお寺でしたが、永禄11(168)年、信長の兵火により焼失し、正保年間Img_4395c_2 (1644-47)に宗貞和尚によって臨済宗のお寺として再建されています。元文5(1740)年に鐘楼が建立され、安永2(1773)年に本堂が新築されました。境内には延命殿があり、お地蔵様がいらっしゃいました。地蔵さんは延命除災の功徳があるとあつい信仰を受け、菰野の町に昔から大きな火事が起きたことがないことも、この地蔵さんの加護があるからと信じられているそうです。
Img_4390c 門前には、こちらのように可愛らしいお地蔵様。東町と旭町の商店街をImg_4443c 中心に、地蔵盆が盛大に行われるようです。地蔵盆は8月24日の宵の口から夜半にかけて。右上の写真にある延命殿に祀られたお地蔵様を供養するまつり。露店が120軒も出て、人出は3,000人もとか。延命殿にいらっしゃるお地蔵様は、元は本堂に祀られていたご本尊だったそうです。それが、慶安年間(1648~52)に、川原町の河合松兵衛家からお薬師さんがこの寺へ移されご本尊に代わったため、地蔵さんは延命殿に収まったといいます。
Img_4413c 東町商店街を抜け、今日の最終目的地である見性寺に向かいます。先Img_4417c ほどの藤政さんの先を右折し、南へ。近鉄湯の山線の踏切をわたる直前、右手(西)に宝樹院西覚寺があります。浄土真宗大谷派。ネット検索では、とくに情報は出て来ませんでした。右の写真は、本日のゴールである、近鉄菰野駅。
20180902kintetsuhikeyunoyamaonsen3 今日の記事は、この地図のあたりです。東町商店街あたりでクルクル回20180902kintetsuhikeyunoyamaonsen4 っていますが、それは、見性寺を拝観してから、ゴールの菰野駅に向かおうとしたら、踏切のところで近鉄四日市行きの電車が行ってしまい、30分待つことになり、菰野城跡を見に行ったため(右の地図を参照)。見性寺、菰野城跡の話は長くなりますから、また次回。本日はここまで。西覚寺で6㎞手前、時刻は11時40分を過ぎたところ。

|

« 東海地区K-ABC研究会 事例研究会のお知らせ | トップページ | 九華公園でモズ……サギソウ、メダカ、ミナミヌマエビの話も »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

近鉄ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海地区K-ABC研究会 事例研究会のお知らせ | トップページ | 九華公園でモズ……サギソウ、メダカ、ミナミヌマエビの話も »