« 鳥はおらず、台風21号の被害「パトロール」をしてきました(笑) | トップページ | 長良川河口堰、城南干拓へ……サギソウは3輪開花 »

2018年9月 5日 (水)

20180902近鉄ハイキング“「開湯1300年 ゆこうよ 湯の山」菰野藩主土方雄豊公ゆかりの見性寺での開湯1300年記念祭を訪ねて”へ(その1)……湯の山温泉駅から、アクアイグニスを通過してパラミタミュージアムへ

Img_4216c

 9月2日に行ってきた近鉄ハイキング“「開湯1300年 ゆこうよ 湯の山」菰野藩主土方雄豊公ゆかりの見性寺での開湯1300年記念祭を訪ねて”の本編その1です。8月5日に「ユネスコ無形文化遺産 祭り一色の桑名 日本一やかましいまつり「桑名石取祭」にふれる」に行って以来です(今日は石取祭、本楽……近鉄ハイキング「ユネスコ無形文化遺産 祭り一色の桑名 日本一やかましいまつり「桑名石取祭」にふれる」について付記しました)。近鉄湯の山線・湯の山温泉駅がスタート、菰野駅がゴールで、案内では約6㎞のコース。
Img_4221c こちらは、スタートの湯の山温泉駅。受付時間が9時~11時でしたので、桑Img_4220c 名駅を8時42分の松阪行き急行に乗車。四日市には8時54分着。湯の山 線に乗り換え。9時2分発。湯の山温泉駅には、9時27分に到着。¥520。もらったコースマップのナンバーは221。
Img_4228c 子どもたちが小さい頃でしたか、来た記憶があるのですが、半分以上忘却の彼方(笑)。駅前にもバスがたくさん来ていて、もっと立派な駅だったような気もしますが、アヤシい(苦笑)。
Img_4224c この日のコースマップ。あみま倶楽部会員証にスタンプを押してもらい、また、今日のハイキングはKIPSポイント100ポイントがもらえますので、KIPSカードも確認。湯の山温泉駅をスタートして、アクアイグニス・片岡温泉、パラミタミュージアム、道の駅菰野から東町商店街を通って、菰野藩主・土方家の菩提寺である見性寺へ。今日は、「土方雄豊(ひじかたかつとよ)公開湯1300年記念祭」が開かれています。そして、ゴールは、湯の山線・菰野駅。
20180902kintetsuhikeyunoyamaonsen こちらは、当日実際に歩いたルートを距離測β上に描いたもの。見性寺からゴールの菰野駅に行く直前、近鉄四日市行きの電車が通過してしまいましたので、菰野城跡にも立ち寄って来ました。その結果、歩いたのは8.4㎞。
 湯の山温泉駅をスタートしたのは、9時35分。Img_4231c いったん西に向かい、神明20180902kintetsuhikeyunoyamaonsen1 橋をわたって、折り返し、千草方面へ向かい、若干回り道をして、湯の山街道に行きます。左の写真は湯の山温泉駅を出てすぐのあたり。閉まっている商店もあり、いささか寂しい気がします。
Img_4234c 湯の山温泉駅は、近鉄湯の山線の終点。このように、行き止まりとなっている駅こそ、終着駅という感じがします。全くの思いつきですが、「終着駅」というと、高校生の頃流行った、奥村チヨの歌(こちら)を思い浮かべてしまいます(苦笑)。ここまで乗ってきた電車が、折り返し運転のため停車しています。
Img_4237c 三滝川にかかる神明橋をわたって、ほぼUターンする感じで千草方向Img_4242c へ。このあたりから鈴鹿の山並みがよく見えますが、鈴鹿山脈の主峰である御在所岳は見えていません。右の写真は、神明橋をわたって右折したあたり。少し上り道。
Img_4246c 千草交差点を右折して、湯の山街道に入り、南に向いて進みます。このあたりからは、御在所岳(1,212m)が望めます。この写真で、山腹に白い鉄塔が見える山がそれ。鉄塔は、御在所ロープウェイの「6号支柱」。御在所岳の標高約943m地点に建つ御在所ロープウエイの支柱です。その高さは61mで、「日本一」の規模。天気がよいと我が家からでも肉眼で見ます。
Img_4253c 再び三滝川を渡る手前で、保護猫カフェ「またたび庵」という看板が掲げImg_4260c られた建物を発見。飼い主のいない猫をなくし、殺処分ゼロを目指す地域猫活動やTNR活動を応援する里親募集型の猫カフェだそうです。いろいろなところがあるものです。右はこのまたたび庵の先で三滝川を渡るところから眺めた鈴鹿山脈。
Img_4267c 1㎞をやや過ぎたところで、鈴鹿スカイライン入り口の交差点へ。現在、こImg_4272c こは、第2名神高速道路の工I事が進んでいます。ご覧のような巨大施設。新四日市ジャンクションから亀山市の新名神高速道路につながります。ちなみに、鈴鹿スカイラインは、菰野町と滋賀県滋賀県甲賀市を結ぶ道路で、国道477号の一部。若い頃はここによく走りに来ました(微笑)。さらにちなみに、その頃は、スプリンタートレノGT-APEX(いわゆる86トレノ)なるスポーツタイプのクルマを乗り回しておりました。このクルマよく走る、いいクルマでした。
Img_4273c この写真は、鈴鹿スカイライン入り口交差点の東側から撮ったもの。向こうに見える山は鈴鹿山脈。この交差点、東から来て、右に曲がると鈴鹿スカイライン、直進すると、湯の山温泉駅方面。
Img_4278c 鈴鹿スカイライン入り口の交差点からやや東にアクアイグニスがありまImg_4285c す。スタートからほぼ1.5㎞、時刻は9時55分頃。昔々は、片岡温泉からスタートしています。石窯パン、イタリアンカフェ、スイーツの店などがありますが、ハイカラすぎて、小生には縁はありません。なので、見て、写真を撮るだけで通過してきました(苦笑)。
Img_4286c アクアイグニスから次の目的地であるパラミタミュージアムへ歩いていると、クラシックカーが走って行きました。この日、他にもクラシックカーを見ましたが、鈴鹿スカイラインをドライブしたら気持ちよさそうです。今度は、愛車・コペンで走りに来るといいかも。
Img_4342c パラミタミュージアム。スタートから2㎞あまり。10時5分に着いて、40分ほど過ごしてきました。小生にとっては、本日の主たる目的地の1つ。「英国自動人形展オートマタ・アナログの美」を見たかったのです。この間、四日市市立博物館に行ったとき、足を伸ばそうかとも思ったのですが、今日のコースにありましたので、楽しみに取っておきました。ハイキング参加者は、¥100引きの¥900で入館出来ました。自動人形のほとんどが、ボタンを押すと動くようになっていて、楽しんできました(プラスティックケースに収まっています)。
20180902paramitaautomata イギリスの現代オートマタ作家、ポール・スプーナー(1948~)の作品を中心に紹介されています。オートマタは「西洋のからくり人形」で、自動で動く機械仕掛けの人形です。この展覧会では、からくりによって動くだけではなく、その小さな世界でちょっとしたストーリーが展開されるものが紹介されているのが特徴。オチがあったりして、ニヤリとさせられました。出品リストは、こちらにあります。このほか、特別企画として、「泰良木(やすらぎ)ゆめ 創作人形展-昭和からの伝言-」(こちらの料金も入館料に含まれています)も開催されており、それも見て来ました。
Img_4304c パラミタミュージアムには、立派な庭もあります(パラミタガーデン)。前回来たときには見ていませんでしたが(2017年3月1日:パラミタミュージアム(三重県菰野町)で「歌川広重 二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版」展を見る)、今日は一回りして来ました。
Img_4307c なかなかよい感じの庭園ですし、よく手入れされていて気持ちの良い散Img_4319c 策路です。小生の他には、カップルが1組。二人の様子を見ていて、「いやぁ、若いというのはいいなぁ」などと思いました(微笑)。
Img_4330c 右上の写真にもありますが、ここがとくに気に入りました。右の写真のよImg_4329c うな景色もあって、とくにいい感じ。庭園もアートという気がします。壺や石彫作品も点在しています。パラミタミュージアムでは、9月9日から18日まで、加古川利彦さんの「~身近な自然を感じる~ 野鳥画と植物画」という展覧会が予定されています(無料)。これも見たいと思っています。
Img_4297c パラミタミュージアムには、この「納曾利(なそり)」というからくり人形が2Img_4301c 階エレベーター前に展示されています(これは撮影可)。二代目萬屋仁兵衛さんの作。雅楽の演目「納曾利」の龍神を表し、音楽に合わせて旋回しながら、首や手足を動かして舞を披露します。人形は全て木製で、動作は舞台の下に置かれたコンピューター制御の機械によって行われています。毎日午前11時と午後2時の2回、舞が披露されます。前回来たときに見ています。
Img_4350c パラミタミュージアムを10時45分に出て湯の山街道を下っていきます。大Img_4360c 羽根園駅の手前でほぼ3㎞、10時53分。次の目的地・道の駅菰野を目指します。途中、今では珍しくなったサークルKを発見。サークルK菰野桜野店です。サークルKがもっとも好みのコンビニでした。今となっては、貴重なので、写真を1枚(微笑)。
20180902kintetsuhikeyunoyamaonsen2  本日は、ここまで。次は、道の駅・菰野から。

|

« 鳥はおらず、台風21号の被害「パトロール」をしてきました(笑) | トップページ | 長良川河口堰、城南干拓へ……サギソウは3輪開花 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

近鉄ハイキング」カテゴリの記事

コメント

さくらさん、こんにちは。

オートマタは実際に動かすこともできて、面白い展覧会でしたね。
「泰良木ゆめ創作人形展 昭和からの伝言」にあるような人形、私はちょっと苦手です。
こちら、おっしゃるように無料ではなく、オートマタの展覧会も含めての「入館料」1,000円でした。

投稿: mamekichi | 2018年9月26日 (水) 17時15分

パラミタミュージアムのオートマタ人形展面白かったですね。泰良木ゆめ創作人形展昭和からの伝言も非常に面白かったです。ただ、あなたのプログに無料とありましたが、特別企画展に無料はありえないでしょう。入場料1000円払いましたよ。入口の有料貸ギャラリーだけは無料でした。

投稿: さくら | 2018年9月25日 (火) 23時29分

おユキさん、こんばんは。

大阪の地震から始まり、西日本豪雨、台風3つ来襲に地震ときては、参りますね。
しかも政府の対策は後手後手に回り、単に「やってるぞ」というアピールだけ。
個人的には、総理大臣が替わって欲しいと思っています。

アクアイグニスは、本文にも書きましたが、その昔は「片岡温泉」とう入浴施設だったはずが、いつのまにか超ハイカラになってしまい、おいそれと足を踏み入れられなくなって、残念(笑)。

パラミタミュージアムは、施設も庭もなかなかよいところ。
イオンをバックにした岡田文化財団が運営しているだけあります。
ちなみに、イオンの発祥は四日市。
企画も興味深いものが多いのです。

オートマタはしっかり楽しめます。
からくりがどうなっているか興味津々です。
「納曾利」はハイテクからくり人形。

サークルKは、今では絶滅危惧種。
コンビニの中でもっとも気に入っていたのですが、セブンやファミマには叶わなかったのですね。
コンビニ、便利なのですが、どこも同じようなものしか売っていなくて、面白いところではありません。
その意味では、サークルKはなかなかオリジナルな商品があったと思います。

投稿: mamekichi | 2018年9月 7日 (金) 20時47分

mamekichi先生、こんにちは。

台風で地震で雨、ですね。しょんぼりです。

アクアイグニス、リンク先も拝見しました。なんとハイカラな!(笑)
足湯でもあれば、ちょっと一休みもできそうと思いましたが、ゴロゴロリラックススペースなどもあり、一度入り込んだら抜けられなくなりそうな施設ですね。

毒舌も立て板に水、のような語り口でテレビにもよく出演されている、笠原シェフのお店もあるのですね。
パンも美味しそう、と、つい、食べものの方へ(笑)。

パラミタミュージアム、お庭もステキですね。
これは何と言うのでしょう、竹から水が出ているお写真。
予告編で拝見した時に、「出来上がっている写真」だなぁ、と思ったのです。
お気に入りだったのですね。

カラクリ人形も惹かれます。
ミニチュアなども好きなので、小さいということと、動くということに惹かれるのかなぁ、と思います。

そういえば、サークルK,あまり見なくなりましたね。
コンビニは勢力争いが盛んで、落ち着きません(涙)。

投稿: おユキ | 2018年9月 7日 (金) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥はおらず、台風21号の被害「パトロール」をしてきました(笑) | トップページ | 長良川河口堰、城南干拓へ……サギソウは3輪開花 »