« 河津桜も咲き、春めいてきた感じ | トップページ | ウメジロウ……鳥たちの行動は春めいてきています »

2018年2月25日 (日)

アオサギさんに接近、ユリカモメも復活

Img_7101c

 最近、九華公園ではアオサギさんに遊んでもらっています(微笑)。今日は、朝日丸跡の南東の端に佇んでいました。左の写真は、超望遠コンデジの65倍ズームの威力のお陰。嘴はかなりピンク色になってきています。ブロ友のひらさんによれば、例のサギ山にはアオサギがかなり集まっているそうですから(2018.02.25 アオサギ大集合!)、このアオサギもそちらへ向かうかも知れません。
Img_0870c アオサギがいたのは、ここ。左は、EOS kiss x-5の55mmレンズで撮っていImg_0871c ます。右は、同じく、250mmズームで撮影。あまりにも自然に佇んでいるので、風景に溶け込んでいます。危うく気づかないまま近づきそうでした。
Img_0867c 今日のトピックスは、もう一つ。ユリカモメの姿を久しぶりに見ました。2月16日以来、9日ぶりです。暖かくなってきたせいか、餌をやる人が復活したためと思われます。今日は72羽。この写真は、吉之丸堀の東屋のところにて撮影。
Img_7067c 久しぶりの曇りで、夕方には雨という予報です。ソーラーパワーが得られないのはちょっとつらいところ。近鉄ハイキング、JRさわやかウォーキングは、パスしました。8時半からいつものコースを散歩し、6.1㎞。鳥はやや少なめ。九華公園の水門修理は無事に終わったそうで、今日中にも潮の干満を見て、堀に水を入れるということでした。
Img_0841c 揖斐川沿いも鳥は少なく、三の丸水門まで来て、ヒバリの鳴き声を聞きました。下流側で見つけ、写真を撮ろうと思ったら、水門の上流側へ。そちらへ行ったら今度はまた下流側に逃げられと、ヒバリのお陰でウロウロ(苦笑)。
Img_0844c ゴイサギは、いつものところ(社務所裏のクスノキ他)に、計4羽。肌寒いImg_0897c ですし、夜行性ですから、隠れてじっとしていました。左の写真は、例の色の薄いゴイサギさん。右の写真は、九華稲荷社の参道から(東から)撮ったもの。
Img_0860c カモたち、今日は53羽。ハシビロガモも、久しぶりに泳ぎ回って餌取りをしImg_0863c ているところを見ました。メンバーは、ホシハジロがおらず、ハシビロガモのオス3羽、メス2羽にキンクロハジロ。ハシビロガモのオス、左の個体は、エクリプスから脱却していますが、右の個体(もう1羽、同様のものがいます)は、まだ抜けきっていないまま春を迎えそうです。単に遅いだけなのか?
Img_7113c 本丸跡では、シメの姿。ここ何日か、見ていませんでしたが、健在のようです。このほか、ジョウビタキのメスも見たものの、ピンぼけ写真ばかりでした。
Img_0904c 貝塚公園でも、まだ1本だけですが、白梅が咲いてきて、梅の香りが、あImg_0914c たりに漂っています。鳥は少なく、ジョウビタキのメスと、シロハラ2羽、ツグミ1羽のみ。右のジョウビタキのメス、昨日見た個体と同じです。下半身の羽の乱れ方が同じ(昨日の最後から2枚目の写真もご覧ください)。
Img_0908c 「ツグミは、哲学者だ」と、昔、小生の叔父がいっていたことがあります。立ち止まって、遠くを見ている様子を目の当たりにすると、そんな気がしてきます。
Img_0889c オマケは、鎮国守国神社の拝殿にある薦被りの上にいた旅ネコトリオ。「トリオ」と書いたとおり、3匹います。寒いとき、ここによく乗っています。最近は、近寄っても逃げたりしなくなりました。「無害」であることが認知されたのでしょうか(微笑)。

|

« 河津桜も咲き、春めいてきた感じ | トップページ | ウメジロウ……鳥たちの行動は春めいてきています »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

ネコ」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。

アオサギ、向こうも逃げるチャンスを失ったかも知れません(笑)。
私も、アオサギがいるとうれしいですね。
「魚を直接食べさせたい」というのは、よく分かります(笑)。

ユリカモメ、9日ぶりの登場。
今日は、私がいるあいだに餌をやる人が3組。
やはり現金というか、えげつないというか(笑)。
最近、九華公園にいらっしゃる皆さんに、そのえげつなさがばれてきています。

ツグミが哲学者に見えることもありますが、たいていは「だるまさんが転んだ」ですね(笑)。
これは、たぶん自分が哲学者にはなれないことの裏返し(苦笑)。

投稿: mamekichi | 2018年2月25日 (日) 19時45分

mamekichiさん、こんばんは!

アオサギ、近いですねぇ、基本非フレンドリーなので、時々逃げないアオサギが居ると嬉しくなります。エサで釣るのは何だかなぁですが、魚を直接食べさせてあげたいです。
ユリカモメカムバックですね、やはりエサには目がないようです。そろそろ北国に帰ってしまいそうなので、自分もエサ持って行かねばと思っています。
「ツグミは、哲学者だ」、カッコいい言葉ですね、何となく判るような気もしますが、やはり「だるまさんが転んだ」にしか見えないです。(笑)

投稿: ひらい | 2018年2月25日 (日) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河津桜も咲き、春めいてきた感じ | トップページ | ウメジロウ……鳥たちの行動は春めいてきています »