« 4日連続のアオサギ(笑)……歴史を語る公園、春日神社にも行ってきました | トップページ | 九華公園にゴイサギ再登場、アオサギとツーショット……ヒガンバナも咲きました »

2017年9月10日 (日)

河口堰にて30分あまりの散歩……アオサギは連続5日目

Dscn3400_800x600
 30℃近くなり、日中はけっこう暑い感じでした。九華公園に立ち寄ってから長良川河口堰へ行くつもりでクルマで出かけたのですが、九華公園の管理事務所で管理人のSさんや、知人に出会い、1時間半近くも話し込んでしまいました(苦笑)。河口堰到着は10時40分。滞在時間30分あまり。冒頭の写真は、伊勢大橋西詰交差点で信号待ちの間に撮った写真。東の空です。
Dscn3401_800x600 時間の余裕がありませんでしたので、管理橋の上を西まで往復しただけで、親水広場までは行っていませんし、ヤギさんも見に行きませんでした。天気がよかったせいか、散歩に来ているカップルや親子連れの方が何組かありました。
Img_1753_800x579 遅かったのであまり期待しなかったのですが、それでも、東側の魚道ではコImg_1756_703x800 サギや、アオサギの姿がありました。いずれも上流側です。コサギは餌を探していたようですが、アオサギは杭の上でじっとしています。戻ってきたときも同じところに。これで5日連続でアオサギが見られました(微笑)。
Img_1762_800x605 同じく東側魚道、下流にはコサギ4羽とカワウ多数。コサギたちも、カワウの多くも、身繕いをしていました。マッタリと過ごす時間なのかもしれません。
Dscn3408_800x600 河口堰の西側。いつもなら閘門へのアプローチのところにサギやカワウがDscn3409_800x600 いるのですが、今日はカワウが1羽いたくらい(左の写真)。杭が並んでいるところが閘門へのアプローチ。浮きが並んでいるところの右が、魚道になります。右は、同じく上流側。建物があるところが、閘門。コンクリートの壁が3つ並んでいるところが呼び水式魚道、左の草が生えているところがせせらぎ魚道です。この堰の西側でもカワセミを何度か見かけたのですが、今日は確認できませんでした。
Img_1829_800x533 上流側、閘門の施設のところに、アオサギ1羽と、ダイサギ1羽。アオサギImg_1787_800x592 がいたところへは、通路で近づけます。左の写真は、250mmズームで撮ってノートリミング。ここまで近づくのが限度。このあとすぐ逃げられました(笑)。アオサギがいたところの下にダイサギ。右の写真は、管理橋から撮ったもの。左のアオサギの写真を撮ってから覗き込んだら、これまた逃げられました。皆逃げ足の速いこと。
Img_1778_800x509 上流側の閘門へのアプローチには、もう1羽、別のアオサギ。こちらは距離がありましたので、平然としています。ただし、このあと、上流からジェットスキーが近づいてきて、このアオサギさんも飛び去ってしまいました。今日見たアオサギは、合計4羽。
Img_1854_800x533 管理橋を渡って東に戻ってきます。堰の上流にダイサギ2羽とコサギ1羽Img_1871_800x563 がいるのが見えました。付いたときの写真をよく見ると、そのときからいたようでした。こちらは2羽は餌を探しているようでした。そのうち移動してきたのか、ダイサギとコサギがバトル。
Img_1858_800x587 管理橋の上では、あちこちでハクセキレイの姿を見ました。30分あまりの滞在で、急いで見て回った割には、まあままでした。
Dscn3403_800x600 夏のような空で、かなり雲が出ていたのですが、それがImg_1874_800x533 なかなかおもしろくて、空というか、雲というか、写真もけっこう撮ってきました。左は、河口堰東から、上流方向の写真。右は、なばなの里のアイランド富士。地上40mほどの高さまで上昇すると思います。お客さんの姿も見えています。
Img_1888_800x533 オマケは、近所のお宅で見かけたムラサキシキブ。この間は、花屋さんでも売っていました。

|

« 4日連続のアオサギ(笑)……歴史を語る公園、春日神社にも行ってきました | トップページ | 九華公園にゴイサギ再登場、アオサギとツーショット……ヒガンバナも咲きました »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。

鳥たちは、繁殖期も終わり、戻ってきているということだと思います。
どういうわけかアオサギが気に入っていますので、アオサギに会える回数が増えるのはうれしいことです。

河口堰の魚道、せせらぎ魚道もあります。
魚を見るのは、難しいのですが、この周囲にはサギたちやカワウが集まってきて、漁をします。
このあたりで、しばらく前にカワセミが飛ぶのを何度か見たのですが、この頃はうまく行きません。

春日神社の灯篭、大きいですよね。
立派なものを寄進すると御利益があるということなのかという気がします。
誰が寄進したか刻まれていると思いますので、今度きちんと見てこようと思います。
椿大神社の狛犬も大きいんですね。

アルビノカラスをご覧になってもう1年ですか。
元気でいるのは何よりです。
仲間からはどう認識されているのか気になりますが、仲良くしているというのであれば、心配はなさそうですね。

投稿: mamekichi | 2017年9月11日 (月) 16時45分

おはようございます
アオサギさんを目にする回数が増えてきたようですね。
コンクリート製だけでなく
せせらぎ魚道のような自然な感じの魚道もあるんですね。
まだ3回ほどしか行ってないのでまた見てみようと
思いました。
春日神社の灯籠、たしかにバランス的に大きい感じがします。
椿大神社の参道の狛犬もとても大きいです。
今まで見た中では一番大きいと思います。

例の某公園で先週、白いアルビノカラスに再会しました。
約1年経ちますが低い低い確率です ^^;
黒いカラスたちと仲良く元気にしてたので心配なさそうでした。
話題になって追っかけ回されることなく
今後も育っていって欲しいです。

投稿: こころん | 2017年9月11日 (月) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4日連続のアオサギ(笑)……歴史を語る公園、春日神社にも行ってきました | トップページ | 九華公園にゴイサギ再登場、アオサギとツーショット……ヒガンバナも咲きました »