« お盆近し、花屋に鬼灯並ぶ | トップページ | お盆休み、家内の実家へ一泊 »

2017年8月12日 (土)

雨の中、長良川河口堰でカワセミを確認……伊勢大橋で第2次大戦の弾痕も

Dscn2299_800x600

 昼前からは晴れてきたのですが、午前中出かけたときは、相当の雨風にやDscn2277_800x600 られました(苦笑)。出かけた場所は、右の写真のとおり、長良川河口堰であります。出るときに空模様が怪しく迷ったのですが、エイヤッと勢いで来てしまいました。
Img_8414_800x560 そのお陰で、長良川河口堰にてカワセミを初めて確認できました(微笑)。ブImg_8420_800x545 ロ友のひらいさんが、昨日(2017.08.11 河口堰にて)、カワセミをご覧になったというので、早速やって来たのです。東側の魚道のところに2羽いました。しかし、到着前から雨が降り始め、こんな証拠写真しか撮れませんでした。
Img_8429_800x584 色があまりよく出ておらず、嘴の色も定かではありませんので、雌雄の判別は困難。しかし、このまましばらくいてくれれば、また挽回のチャンスも出てくると期待しています。
Img_8406_800x564 さて、カワセミを確認したあと、周りを見ますと、魚道の東側、上流にはコサImg_8439_800x550 ギが2羽。この2羽、魚道の水路を挟んでいたのですが、何やら動きがシンクロしているようにも見えました。このあと、飛び去って行きましたので、詳細は不明。下流側には、コサギらしき姿が1羽(右の写真)。
Img_8476_800x555 遠く、西に見える鈴鹿の山並みの方には晴れ間もありましたので、そのままImg_8457_800x566 河口堰を渡ることにしました。堰西側の閘門アプローチ、上流側にはアオサギ。ひらいさんの真似をして、伊勢志摩ライナーとセットで(左の写真)。近くには、ダイサギとコサギも(右の写真)。コサギは他にもう1羽いました。
Img_8495_800x533 閘門の下流側には、コサギ3羽と、カワウ1羽。カワウも一頃に比べるとDscn2276_800x600 減ってしまいました。ここまで来たのはよいのですが、雨がかなり強くなってきました。「雨中のバードウォッチング」であります(苦笑)。風も強く、折りたたみ傘が煽られます。
Img_8538_800x519 一時は、この左の写真に写っているくらいの雨。ダイサギかコサギらしき姿が2羽写っているのですが、ハッキリ確認できません。やむなく、閘門アプローチの上の通路へ避難。
Img_8503_800x553 小降りになってきたので、東に戻りますが、その前に西側の魚道あたりをImg_8518_800x534 もう一度確認。コサギが、魚道の水路に降りていました。魚道のさらに上流、橋の下にもう1羽のアオサギを発見。まさか雨宿りをしているのではないと思いますが……。
Img_8522_800x591 先ほど伊勢志摩ライナーとセットで撮ったアオサギさん。側にコサギがやって来ていました。前傾姿勢になっているのか、風がけっこう強かったからです。傘やカメラを持って行かれそうになるくらいの風も吹きました。
Img_8561_800x591 堰の東に戻ってきましたが、いくら待っても、もうカワセミの姿は出てきまImg_8569_800x587 せんでした。代わって、下流側にアオサギ。餌をゲットしようという様子もありましたが、獲物はありませんでした。右は、堰上流側にいたコサギ。このあとすぐに飛び立ちました。
Dscn2285_522x800  ということで、雨には降られたものの、長良川河口堰で初めてカワセミを確認できたので、成果は大いにありというところです。アクアプラザながらの2階展示室には、左の写真のように、「河口ぜき周辺で見られる留鳥たち」というパネルがあります。が、カワセミは含まれていないのです。カワセミが継続して確認できるようになったら、ここに追加してもらわないといけないかも(微笑)。ちなみに、ゴイサギ、なたね通信さんのブログによれば(最近個体数が少ないゴイサギ)、最近三重県内でも減少しているというお話で、ちょっと気になります。
Dscn2296_800x600 せっかく揖斐長良川を渡ってきましたので、あの臨時駐車場の様子を見Img_8585_800x533 てきました。しかし、カワラヒワやヒバリが少しいただけで、コアジサシや、コチドリ、ケリの姿は全くなし。ここは、なばなの里の、あの巨大イルミネーションのちょうど裏。もう足場のようなものが組まれていました。今年はどういうテーマなのでしょう? といいつつも、小生は一度も見に行っておりません(苦笑)。
Img_8595_800x533 終戦記念日を前にして、関連した話題を1つ。今までも見たいと思っていImg_8597_800x533 たのですが、なかなか機会がありませんでした。帰り道、ちょうど伊勢大橋の東の端で止まり、上を見上げたら、第2次大戦中の弾痕を確認できました。伊勢大橋は、スパンが15ありますが、最も東のところです。「桑名の戦争遺跡(桑名しるべ石勉強会発行、2012年)」によれば、この弾痕は、昭和20(1945)年7月30日の米軍艦載機の機銃掃射によるものだといいます。

|

« お盆近し、花屋に鬼灯並ぶ | トップページ | お盆休み、家内の実家へ一泊 »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、おはようございます。

カワセミ、河口堰にいました。
ブロ友のひらいさんが前日に確認なさったので、「雨天決行」で見に行ってきました(笑)。

魚道のところは、サギやカワウもよく餌を採っています。
魚道観察室からみると、けっこう魚が通っているのがよく分かります。

伊勢大橋の弾痕は、ちょうどよく見えるところにたまたまクルマが止まったので、フロントガラス越しに撮りました(そのため、ちょっとクリアさに欠ける写真です)。

投稿: mamekichi | 2017年8月14日 (月) 07時45分

ひらいさん、おはようございます。
返事が遅れ、恐縮です。

伊勢大橋を渡る頃からポツポツし始めたのですが、チャンスを逃してはならずと、遠征決行しました(笑)。

幸い、カワセミ2羽を確認でき、行った甲斐がありました。

またときどき見に行こうと思いますが、今週はあまり天気がよくなさそうですね。

河口堰のサギは、おっしゃるように、子育てシーズン以外には集まっているように思えます。
9月頃になると、九華公園でも夏鳥が渡りの途中に立ち寄ることもあります。
なばな、河口堰あたりでも見られるかも知れませんね。
もう少し暑さを辛抱しましょう(微笑)。

ところで、伊勢大橋の弾痕ですが、いつもクルマで通るので、なかなか確認できないでいました。
掛け替えられてしまうと、見られませんので、今のうちにもう一度きちんと見ておきたいと思います。

投稿: mamekichi | 2017年8月14日 (月) 07時42分

こんにちは、昨日は午前中雨が降ってましたね。
長良川河口堰でなんとカワセミがいるんですか?
ここはたくさん魚がいて大物が狙えそうかな?
伊勢大橋の戦争の弾痕は見たことがないです。
生々しいあとですね、オープンカーにして撮られたのでしょうか。
車にのってても運よく停車した時でないと撮れないかも?

投稿: ミリオン | 2017年8月13日 (日) 14時49分

mamekichiさん、こんばんは!

河口堰遠征お疲れ様でした、雨も降ってたようで大変でしたが、カワセミが確認出来たの大収穫ですね。昨日自分が確認したものの、今日居なかったらどうしようかと思ったのですが、居てくれて安心しました。現時点では間違いなくこの辺りに棲み付いてくれているようですね、自分もコマメに確認してみます。

最近河口堰周辺は、サギ達が大勢集まってくれているので、安心してお散歩に行けます、サギ達が一番少ない時期は子育てシーズンかなと思うので、これから来年の春までは、大丈夫かなと勝手に思っています、また秋のダイビング祭りも楽しみです。

そして弾痕!、もう30年ほど通ってる所ですが、初めて知りました。(笑) この場所も近々確認してみたいと思います!

投稿: ひらい | 2017年8月12日 (土) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お盆近し、花屋に鬼灯並ぶ | トップページ | お盆休み、家内の実家へ一泊 »