« 案の定、降られました(苦笑)……余談、雑談諸々も | トップページ | 河口堰にサギたち戻る……臨時駐車場は、閑散 »

2017年7月15日 (土)

ツバメの二番仔たち

Img_4431_640x427

 お相撲さんが自転車に乗る光景。この時期、わが家の近くではときどき見Dscn1173_640x480 かけます。桑名には、峰崎部屋と、貴乃花部屋の宿舎がありますので、街中や、スーパーなどでもお相撲さんを見ることがあります。少し離れていても、あの鬢付け油の香りがしてきます。このところ、峰崎部屋の朝稽古の話題を書きませんが、9時前に九華公園に行っても、もう稽古は終了しています。名古屋場所が始まると、早くに終わるようです。
Dscn1182_640x480 今日もよく晴れて、暑い日でした。写真は、九華公園。南側から北を向いて撮ったものですが、真夏の空というイメージです。最高気温は、14時過ぎに32.7℃だったようですが、午前中、散歩していても、汗だくになりました。9時から11時半、三崎通から九華公園、貝塚公園を経て、吉津屋町、京町、田町と5㎞。
Img_4313_640x427 三崎通の上の電線にツバメが4羽。親なのか、今年産まれた幼鳥も混じっImg_4314_640x443 ているのか、定かではありません。この頃巡回しているお宅の近くの電線ですが、このお宅にある巣の親ではなさそうでした。
Img_4329_640x473 その三崎通のお宅にある巣。ヒナは4羽とも元気そうでした。左の写真にハッキリ写っているのは3羽です。親は一度やって来て餌を与えてすぐ飛び去りました。写真に撮りたかったのですが、その後5分以上やって来ず。陽当たりで待つのが耐えられませんでした(苦笑)。
Img_4335_640x462 このすぐ近く、田町の商店にある巣。今日は、空っぽでした。行き帰りとも見たのですが、親鳥は不在。ここは、一番仔のとき、ヒナが孵ってもなかなか姿が見えなかったところです。卵か、ヒナか、不明であります。
Img_4392_640x479 こちらは、吉津屋町のお宅の巣。ここしばらくは、親が巣に就いていたり、Img_4397_640x427 いなかったりでしたが、今日は、「いきなり」ヒナがいました(小生の印象としては、まさに突然現れたという感じ)。2羽のようで、まだ目は開いていないように見えました。このお宅には、巣がf2つあります。向かって右の巣から雛が巣立ったあと、このヒナがいる巣が新たに作られたのです。二番仔といってよいのかどうかは、定かではありません。
Img_4414_640x469 京町の呉服屋さんには、3つの巣があります。先だっては、最も奥にある巣からヒナが5羽巣立ったのです。その後もときどき見に来ていたつもりだったのですが、見逃していました。手前、西側にある巣に3羽のヒ ナがいたのです。ビックリです。これまた「いきなり」のヒナでした(苦笑)。我ながら、何を見ていたのか? と思います。
Img_4338_640x477 ツバメたちの他には、めぼしい鳥はいません。九華公園では、花菖蒲園Img_4343_640x472 でハクセキレイ。2羽見たうちの1羽。もう1羽は、幼鳥かメスのようでした。右は、九華公園の二の丸跡にいたスズメ。頬の黒いところが薄いので、今年産まれた幼鳥でしょう。親の側にいました。
Img_4368_640x427 ヒヨドリが少し戻ってきた感じです。しばらくほとんど見なかったのですが、ここ数日、九華公園などでも見られるようになりました。こちらは、外周の遊歩道の南の桜の木にいたもの。咥えているのは、セミの幼虫か何かのように見えます。
Img_4381_640x467 貝塚公園で見たスズメ。これも幼鳥と思います。芋虫のようなものを咥えて来て、地面に叩きつけているところです。こんなに大きな虫を食べると、お腹いっぱいになるのではないかと、いらぬ心配(苦笑)。
Img_4341_640x460 ところで、九華公園に限らず、あちこちでセミの大合唱が聞こえるようになりました。といっても、ほとんどクマゼミです。数年前は、九華公園でもアブラゼミを見たのですが、この頃はクマゼミばかり。タモをもってセミ採りに来る親子連れの姿も見るのですが、まだセミは木の高いところにしかいません。
Dscn1181_640x480_2 余談といいますか、これまたちょっと驚いたお話。九華公園にヒョウタンImg_4356_427x640 の苗が植えられたのは、この間書いたと思います(07/06;)
クマゼミ登場)。いつも貝塚公園でお目にかかる、九州出身の“バールフレンド”にこの話をしたら、「ヒョウタンは、小さくて、まだ柔らかいときは食べられますよ」と! 驚きました。初耳です。が、検索してみたら、食用にできるヒョウタンとそうではないヒョウタンとがあるようです(Wikipediaの説明はこちら)。苦み成分であり、嘔吐・下痢等の食中毒症状を起こすククルビタシンが普通は含まれているようですが、それが少ないものがあるそうです。ヒョウタンを食べて中毒を起こした例もあるようですから、よく調べなくてはなりません。

|

« 案の定、降られました(苦笑)……余談、雑談諸々も | トップページ | 河口堰にサギたち戻る……臨時駐車場は、閑散 »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

暑いですね。
散歩は止められませんが、こう暑いと参ります。
相撲の稽古は、朝早くに終わるようですが(鎮国守国神社の裏にまわしが干してありますので、稽古はしているはずです)、朝から蒸し暑いので大変でしょうね。

ツバメのヒナ、去年は、今の時期にこれだけ見た記憶はありません。
年によって(気候によって?)違うのかも知れません。
糞をいやがって、巣を壊してしまうお宅も多いようですが、私が見て回っているところは、いずれも新聞紙を敷いて養生してあったり、車を他に止めて汚れないようにしてあったりです。

揖斐川の堤防には、ねぐらがあるようですね。
今年も野鳥の会から「ねぐら入り観察会」の案内が来ていました。

おっしゃるように子育ても終わりつつあるようで、散歩コースにも今年デビューした幼鳥たちが見られるようになってきました。
暑さが厳しいので、少しでも野鳥が見られるとホッとしますね。

ヒョウタンを食べるとは全く知りませんでした。
教えてくださったのは、熊本の椎葉村ご出身の方でした。
ヒョウタンは、下の方には種が入っていて、上の方がおいしいそうです。
たぶん食べる機会はないと思いますが、驚きでした。

養老駅、ヒョウタンが飾ってありますね。
土産物としても打っていた記憶があります。

投稿: mamekichi | 2017年7月17日 (月) 07時28分

mamekichiさん、こんにちは!

毎日暑いですが、散歩はやめられないですね。(笑) 自分も顔の日焼けが痛いくらいです、また、この暑い時期に相撲の練習も大変そうです。

ツバメ、ヒナがどんどん増えてますね、ここ最近ツバメも巣を作る環境が無くなり数が減っているような事も聞きましたが、桑名からはどんどん育って欲しいです。最近こちら側でも良く見かけるようになりました、こちらも突然出て来た感じがします。また、夕暮れに揖斐川堤防を通ると、河原にツバメがたくさん飛んでいる所が有ります、もしかしたらねぐらなのでしょうか、帰宅時間を合わせてじっくり確認してみようと思っています。

野鳥も子育てが終わり、そろそろあちこち行動する季節になってきたのでしょうか、たくさんの野鳥が見れるのはありがたい事です。

最後にヒョウタン、食べられる種類も有るんですね、てっきり観賞用だと思っていました、ヒョウタンと言えば養老鉄道の養老駅、たくさんのヒョウタンが飾ってあります、鉄道好きだった頃は良く行きましたが、最近はさっぱりです。(笑)

投稿: ひらい | 2017年7月16日 (日) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 案の定、降られました(苦笑)……余談、雑談諸々も | トップページ | 河口堰にサギたち戻る……臨時駐車場は、閑散 »