« ツバメの雛の巣立ち、イトトンボの餌そしてアブラゼミ登場 | トップページ | よく働いた……かなぁ? »

2017年7月24日 (月)

ニイニイゼミ発見、「灯篭ネコ」写真に挑戦中……散歩はいよいよ「修行」状態に(笑)

Img_5987_640x427

 相変わらず蒸し暑い日です。13時半には31.6℃。まだ上がるかも知れません。散歩途中でお目にかかった、小生よりも高齢の方から「お宅、暑いのに毎日歩いているね。わしはもう毎日はしんどいわ」とか、「こう暑いと、出歩く元気も意欲もなくなります。エアコンを付けてじっとしてます」と言われました。が、明日から3日間は、用事がありますので、今日歩いておかないとと思い、いつものように出かけてきました。ほとんどビョーキであります。ブロ友のひらいさんの記事(2017.07.22 長良川を南下~ 野鳥の楽園でマッタリ~)を拝見して、長島町の海岸(ナガシマスパーランドの南)あたりにも行きたいとは思ったのですが……。
Img_5851_640x427 まずはツバメの巣の巡回結果から。散歩コースにヒナがいるのは2ヵ所になImg_5855_640x455 りました。左は三崎通のお宅、右は田町の商店。どちらも変わりなく、ヒナも元気でした。左の写真のヒナたちの方が、成長具合から見て、巣立ちは早そうです。
Img_6001_640x483 昨日、雛が巣立った京町の呉服屋さんの近くの電線。ツバメの幼鳥がいまImg_6002_640x437 した。これまで見ていると、巣立ってしばらくは、育っていた巣の近くにいるような気がしますので、これらは呉服屋さん育ちのヒナのように思います。
Img_5940_640x468 さて、九華公園では相変わらずクマゼミの大合唱でうるさいのですが、まれにニイニイゼミの鳴き声も聞こえていました。先日から探していたのですが、ようやく今日、1匹見つけました。野球場の南にある八重桜の木にいました。とはいえ、写真のように「保護色」のようになっていて、気づくのにしばらく時間がかかり、自分でも笑えてきました。
Img_5886_640x427 クマゼミ。表現は悪いのですが、「掃いて捨てるほど」います。ただ、これImg_5874_640x427 までは木の高いところにだけいたのが、今日は、手が届きそうな、低いところにもかなり止まっていました。鳴き声の大きさがメスに対するアピールになると何かで読みました。「うるさい」といってしまっては、申し訳ないですね。
Img_5961_514x640 アブラゼミの姿もチラホラと見かけます。小生はまだ鳴き声は聞いていないのですが、散歩友達の方に伺うと、「アブラゼミも鳴いてるな」ということでした。「ジジジジジ…」とも「ジリジリジリ…」とも聞こえますが、ひょっとしたらクマゼミの鳴き声の勢いに隠れているのかも知れませんし、小生が見つけたのがメスばかりという可能性もあります。メスは鳴きません。子どもの頃は、メスのセミを「ダマ」と呼んでいました。鳴かない=「黙っている」→「ダマ」ということだったと思います。
Img_5946_640x482 虫つながりで、こちらはクマバチさんと思いますが、ムクゲの咲きかけのImg_5950_640x462 花に来ていました。この直前、すでに咲いているムクゲにいたのですが、どういうわけかこちらにも回って来たという次第。花の中には入れなかったためか、「馬乗り」のようになりました。
Img_5909_640x427 ところで、こちら、勝手に名付けて、「灯篭ネコ」であります。7月14日に見つけて以来(案の定、降られました(苦笑)……余談、雑談諸々も)、ときどき見かけます。狛犬に入っているネコもいます。散歩友達の方々は、写真を、新聞か、ローカルテレビ局のニュースにある投稿コーナーに出せとおっしゃいます。「挑発」に乗ったわけではありませんが、おもしろい写真が撮れないかと、それ以来あれこれ狙っています。
Dscn1568_640x469 しかし、それがなかなか難しいのです。「ネコが灯篭に入っている」ことがImg_5906_417x640 説明なしで、写真だけを見て分かって、なおかつそれなりにおもしろい写真にするのは、至難の業(苦笑)。ネコにポーズの注文を付けられる訳はありませんし、餌でつることもできないでしょうし……。あまり近寄ると、左の写真のように逃げられる始末。灯篭の中がひんやりして、気持ちよいのでしょうが、何かよい工夫はないかと、いささか思案中。
Img_6016_640x466 ということで蒸し暑い中、汗だくになって5.5㎞を歩いてきました。まさに散歩ではなく、「修行」の日々であります。途中、東常盤町のお宅では、ワンちゃんがぐったりしていました。気持ちはよく分かります(苦笑)。地面に掘った穴に顔というか、アタマというか、突っ込んでお休み中。穴の中は、多少は温度が低いのでしょう。
Img_5890_640x461 昨日も書きましたように、25日(火)と27日(木)は、教育委員会の仕事で、2日とも終日缶詰状態。26日(水)は、午前中、非常勤先の江戸橋方面で試験。帰宅後は、何とか一通り採点を終えたいと思っています。それ故、散歩の時間的余裕は、残念ながらなさそうです。ブログ更新も難しいかと思います。

|

« ツバメの雛の巣立ち、イトトンボの餌そしてアブラゼミ登場 | トップページ | よく働いた……かなぁ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

ネコ」カテゴリの記事

コメント

TAKUさん、こんばんは。

今日は午前中からよく晴れてきましたが、梅雨明け宣言以降、不順な天候が続きましたね。
散歩は、いよいよ修行のようになってきましたが、水分&塩分補給に務め、体調を崩さないよう気をつけたいと思っています。

灯篭ネコに興味を持ってくださり、ありがとうございます。
散歩友達の方にけしかけられて、投稿できる写真にならないかと試行錯誤中です。
暑さを避けるのと、おっしゃるように狭いところが好きなようですから、灯篭や狛犬のところはネコたちにとっては、絶好の休憩スポットなのでしょうね。

投稿: mamekichi | 2017年7月26日 (水) 21時38分

こんにちは!
梅雨明け以降、スッキリした天気が続かずですが、毎日蒸し暑いのでくれぐれもお気を付けくださいね。

それにしても、“灯篭ネコ”はたまりませんね。
顔をちょこっと出している写真が最高です(^^)

ネコって狭かったり、変なところが好きな気がしますが、その子にとっては心地よい場所なんでしょうね(笑)

投稿: TAKU | 2017年7月26日 (水) 13時35分

こころんさん、こんばんは。

灯篭ネコ、お褒めにあずかり恐縮です。
この季節、いつもの散歩コースに鳥がいないこともあって、あれこれ題材を探す中で見つけました。
灯篭から出てくるところが良いでしょうかねぇ?

万助溜公園、行ってきました。
3回目でした。
チョウトンボに魅入られてしまいました(微笑)。

Wikipediaによれば、「平地から丘陵地にかけての植生豊かな池沼などで見られる」ということですから、この条件に当てはまるのでしょうね。
去年教えていただくまでは全く知らないトンボでした。

投稿: mamekichi | 2017年7月25日 (火) 19時49分

こんばんわ。
灯籠猫いいですね。
灯籠から出てくるところをうまく撮られましたね。
猫の柄も和柄で浮世絵に描かれそうな感じでピッタリ(^^)

また万助さんに行かれたんですね。
惹かれる気持ち滅茶苦茶わかります(笑)
僕も記事には書いてませんが記事にした以外に3度ほど(笑)
チョウトンボに出会える確率が高い場所は
近くになかなかありませんもんね。
チョウトンボが育つ微妙な環境があそこにはあるんでしょうね。

投稿: こころん | 2017年7月25日 (火) 17時49分

おユキさん、おはようございます。

セミさんたち、早朝から鳴き始め、10時頃になるとパタッと静かになります。
公園を歩いていても、ほぼ一斉にといってよいくらい鳴き止みますので、不思議です。

蒸し暑いのもイヤですが、雨も困ります。
九華公園方面であれば、雨宿りも可能ですので、もっぱらこちらになります(福島、上之輪方面は木陰も、雨宿り場所もありませんし、河口堰の方も同様)。

「灯篭ネコ」、皆さん気づいていなかったようで、2~3人に教えて差し上げたら、「投稿しろ!」となりました(苦笑)。
なかなかこれはという写真は撮れないで苦労しています。
アイデア倒れになる可能性大であります(爆)。

昨日の中日新聞のアングルにコゲラが穴を掘って、木くずが飛んでいる写真が採用されていましたが、あれなら撮ったことはあります(とここで威張っても何もなりませんが……)。
何が採用されるかは、担当の方の好み、興味にもよるようで、難しいところです。

お陰様で、なんとかの節句働きであります。
金曜午後も、相談の方を承りました。
今日、明後日は、終日缶詰で資料を眺めつつ、あれこれ考え、必要なことを申し上げねばなりません。
普段歩いている身にとってはじっとしているのは辛く、老眼には大変なのです。
しかし、多少ともお役に立てるようやって来ます。

投稿: mamekichi | 2017年7月25日 (火) 07時50分

mamekichi先生、おはようございます。

セミ、やかましいです(苦笑)。
こちらのセミは、早朝勤務のシフトに従っている様子で、10:30ごろには退勤、静かになります(笑)。
暑さもですが、急な雨にも困りますね。

「灯籠ネコ」楽しみです。
仰るように、写真だけを見てわかるように撮るのは、難しそうです。
狛犬ネコも面白いので、狛犬ネコも補欠に考えておいてください(笑)。
投稿されるなら、こちらでも見られるメディアがいいなぁ

先生、お忙しそうですね。
「頼みごとは忙しい人に頼め」というので、今がチャンス!と思うのですが、咄嗟には思いつきません(爆)。

投稿: おユキ | 2017年7月25日 (火) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツバメの雛の巣立ち、イトトンボの餌そしてアブラゼミ登場 | トップページ | よく働いた……かなぁ? »