« 石取祭囃子の練習始まる……江戸橋は今日は授業評価、「くわな史跡めぐり」正誤表後日談もあります | トップページ | 案の定、降られました(苦笑)……余談、雑談諸々も »

2017年7月13日 (木)

再び万助溜公園へ……チョウトンボ、ミヤマアカネにハス

Img_3953_640x448

 もう一度チョウトンボを撮りたくて、再び東員町の万助溜公園へ行ってきました。途中から雲がかかり、今ひとつの条件でしたが、チョウトンボはこの間よりも多く、合わせて10羽ほどが見られました。数は多かったものの、撮影しやすいところにはなかなか来てくれず、蒸し暑い中、結局、1時間半近く粘ってきました。
Img_3893_640x456
Img_3879_640x472
 こちらは、上溜で撮ったもの。こんな止まり方もするのかと思ったものです。このときはラッキーなことにすぐ近くまで行けました。ただ、アングル的には、もう少しなんとかしたいと思ったのですが、この位置からしか撮れませんでした。
Img_4011_640x460 先日撮ったチョウトンボは、黒っぽい感じでした(07/07;万助溜公園でチョウトンボ、蓮の花、そしてカワセミ……余談はライギョ)。今日の写真を見ると、色は微妙に違うものがあるようでした。ネットで調べますと、メスの一部に黒金色を呈するものがあると書かれているところがありました。
Img_4016_640x472 1枚前の写真と同じチョウトンボです。かなりトリミングしていますが、羽の付け根あたりの模様、なかなかきれいだなと思います。「造形の妙」といいたくなります。
Img_4021_640x467 もう少しチョウトンボにお付き合いください m(_ _)m 左の写真のものは、Img_4025_640x461 少し黒っぽい感じがします。右の写真のチョウトンボ、翅が傷んでいますが、色合いはまた若干異なっています。微妙な個体差もあるのかも知れません。等と思い始めると、また確認に行きたくなります(苦笑)。今日は、初めにも書きましたが、雲が広がっていました。晴れて太陽が当たっていた方が、チョウトンボの翅の色はもっときれいに出る気がしますから、やはりもう一度行かねばなりません。
Img_3999_640x427 こちらは、ミヤマアカネの未熟な個体ではないかと思います。成熟したオスは全身が赤くなりまた、メスは橙色が濃くなりますが、未熟なうちは雌雄とも黄褐色をしているといいます。たぶん初めて見たと思います。和名は、深山茜と書きますが、実際には、万助溜のように低地にもいるそうです。
Img_3850_640x427 コシアキトンボのオス。和名は、腰空蜻蛉。全身は黒色で、腹部の白い部分が空いているように見えるためにこの名が付いたといいます。成熟したオスは腹部の付け根が白色、メスと未成熟のオスは黄色です。最近はあちこちで見るようになったと思います。
Img_3822_640x427 万助溜公園といえば、蓮も忘れてはなりません。前回来たときよりも花はImg_3838_640x482 やや少なめでした。
Img_3857_640x427 なるべく変化を付けて撮りたいとは思うのですが、難しいものがあります

Img_3867_640x427

(苦笑)。
 
Img_3870_640x462 苦労していたら、ハチさんに助けてもらいました(微笑)。うまい具合に飛んでいるところを撮らせてくれたのです。
Img_3815_640x458 今日もカイツブリの親子がいました。合計で、親が2羽、ヒナが3羽でしImg_4050_640x456 た。ヒナといっても、見た目ではもう親と同じくらいの大きさ。なのに、まだ親から餌をもらっていました。右の写真、親が海老らしきものを咥えていますが、このあとすぐにヒナに与えていました。
Img_3927_640x441 もう一つ。上溜で見つけました。ミドリガメではありません。ニホンイシガメではないかと思います。

|

« 石取祭囃子の練習始まる……江戸橋は今日は授業評価、「くわな史跡めぐり」正誤表後日談もあります | トップページ | 案の定、降られました(苦笑)……余談、雑談諸々も »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。

万助溜公園、なかなかよいところで気に入っています。
また出かけようと思っています。

チョウトンボはもちろん、カワセミもいますし、他のトンボたちもいろいろいますので、楽しめます。

チョウトンボの翅、美しいですよね。
トリミングしてみたら、我ながら見とれてしまいました(苦笑)。

トンボ、足は6本ですね。
写真ではすべてが見えていないようです。

ところで、コンデジは、お陰様で修理完了後は快調です。
修理に出す前にネットで検索してみたら、モードダイヤルの不調はけっこうよく起きる現象のようでした。
メカニカルな故障かと思ったのですが、基板交換で対応してもらいました。
この辺はよく分かりません。

S7000は、購入するとき、レンズ部分が持ち運びに邪魔になるかということと、ゴールドはちょっとはデカと心配しましたが、どちらも杞憂に終わりました。
ポケットに入れるのも全く気になりませんし、ゴールドはむしろこれでよかったと思っています。
全体としては、満足しています。

ただ、被写体までの距離が近いとピントが合いにくいのには、困ります。
マクロにしても合わないことがよくあります。
この点は、以前使っていたRichoのCX-3は優秀です。
レンズカバーに傷が付かなければ、あのまま使い続けたと思います。

投稿: mamekichi | 2017年7月17日 (月) 20時24分

3893のお写真が4本に見えましたけど
ほかのトンボのように6本ですね(^-^;

投稿: こころん | 2017年7月17日 (月) 15時34分

こんにちは
再び万助溜公園へ行かれたのですね。
このチョウトンボ、惹かれますよね。

翅のアップを見るととても綺麗で美しい。
拝見してたらまた行きたくなりそうです(^^♪

手と足の4本でうまくバランス取ってよく留まれるものですね。

コンデジに不具合があったようですがその後どうですか?
散歩中にコンデジを落とし液晶が割れてしまいました。
もう10年ぐらい使ってて手軽に撮るにはよかったのですが。
S7000、いい機種だなあと思ってますが店頭では見かけませんね。
ネットでは評価が良くてまだ売ってる店が目に付きますが。
高倍率でポケットに入るというところがいいなと思います。

僕はサッと撮れたらいいのでキヤノンのオンラインショップのアウトレットでパワーショットの型落ちを探そうかなと思ってます(^^;

投稿: こころん | 2017年7月17日 (月) 15時26分

おユキさん、こんにちは。

サボローさん、アプリまであるんですね(笑)。
もっともサボロー対策のようではありますが……。

「外在化」といえるのでしょうが、おっしゃるように人格を切り離して、外に置くというのは良いかもしれません。
扱いがたい感情などにも使えそうです。

投稿: mamekichi | 2017年7月15日 (土) 17時15分

mamekichi先生、こんにちは。

>サボローさんの相手がサボれないとは、これいかに(笑)?

うまい!さすがお師さん。
考えてみれば、自分の一部だと思うと切り離し難いですが、人格を与えて外部のモノとしてしまうと、扱いやすくなるような気がしますね。

”サボローさんの相手”などと自分で書いておきながら、気付きませんでした(笑)。

投稿: おユキ | 2017年7月15日 (土) 11時21分

おユキさん、おはようございます。

サボローさんの相手がサボれないとは、これいかに(笑)?

キノコサークル、毎年野球場のグラウンドに現れるのですが、今年はできなさそうです。
朝日丸跡には、キノコは出てきているのですが、雨が足りないのでしょうか?
一気に大雨というのではダメなようです。

「くわな史跡めぐり」の件、100ヵ所をはるかに超えるミスが発覚したのが、昨年10月の発行直後。
そこから、正誤表が出るまでに8ヶ月もかかっています。
その上、配布場所として市の広報に載せた博物館には、配布を失念ですから、腹も立ちます(苦笑)。
やる気がなさそうなのが見え見えですね。

訂正も、1項目全部削除とか、漢字の読み方を知らなかったのではないかと思えるミスもあったりで、イヤになります。

正誤表も広報くわなに載せただけですから、市外の購入者がいたとすると、知るよしもなしですから、大げさに言うと、「桑名の恥」です。


さて、チョウトンボは、本当にきれいですし、チョウチョのようにヒラヒラと飛ぶ姿は魅力的です。
カワセミもそうですが、メタリックカラーは良いですね。
もっとよい写真や、飛んでいるところも撮りたいと思っています。
わが家からは車で30分足らずのところですので、もう一度出かけたいと考えています。

細いものに惹かれるんですね。
イトトンボ、残念ながら、この日は見当たりませんでした。
水田地帯の水路や、川に行くと、イトトンボやもっと他のトンボもいると思います。


ハチの写真、おもしろいシーンでしょう?
おっしゃるように「ミクロの決死圏」をイメージしますね。
思わぬ拾いものでした。

ところで、天気には振り回されますね。
先だっては名古屋市内でも大雨でしたし、昨日は、愛知・岐阜県境あたりでした。
これだけ降ると、梅雨明けかと思いたくなりますが、まだのようですね。
ご自愛ください。

投稿: mamekichi | 2017年7月15日 (土) 08時21分

mamekichi先生、こんばんは。

サボローさん(ブログ記事に書きました)の相手が、思いのほか大変で梃子摺っています(汗)。

キノコサークル、今年は出来ない感じみたいですねぇ。残念です。
「くわな史跡めぐり」正誤表の件、ずいぶんご立腹でしたね。
お元気そうでなによりと思いました(笑、失礼)。

チョウトンボ、キレイですね。
二枚目のお写真、ドレスを着て(片足を高く上げて)踊っているバレエダンサーのようにも思えます。

個人的には、先日載せられていた、イトトンボの仲間が好きです。
細いものには、なんとなく惹かれるのです。
素麺とか(笑)。細身のボールペンとか。

蓮に向かうハチさん、まるでミクロの決死圏のような世界観だと思いました。

この頃は、お天気が大変なことになっていますね。
毎日、振り回されています。

投稿: おユキ | 2017年7月14日 (金) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石取祭囃子の練習始まる……江戸橋は今日は授業評価、「くわな史跡めぐり」正誤表後日談もあります | トップページ | 案の定、降られました(苦笑)……余談、雑談諸々も »