« 授業のQ&A……「くわな史跡めぐり」の正誤表云々の余談もあります | トップページ | 万助溜公園でチョウトンボ、蓮の花、そしてカワセミ……余談はライギョ »

2017年7月 6日 (木)

クマゼミ登場

Dscn1144_640x480

 九州では、大雨が続いて、被害も出ているのですが、こちらは晴れ間が広がり、最高気温も32℃を超えていました。何だか申し訳ないような気がしています。冒頭の写真は、吉之丸コミュニティパークで撮ったもの。青空に蘇鉄が似合い、夏の風情であります。
Img_2737_640x460 夏の風情といえば、数日前からセミの鳴き声が聞こえるようになっていました。最初は、ニイニイゼミの鳴き声のようだったのですが、耳鳴りがしているのか?と思ってしまいました(苦笑)。その後、一昨日あたりはクマゼミの鳴き声がするようになり、今日、九華公園でその姿を捉えました。動画もご覧ください。
 クマゼミ、まだ「合唱」とまでは行きませんが、九華公園内の複数の場所からその鳴き声が聞こえていました。セミの鳴き声が聞こえるようになると、一段と暑くなった気がします。
Dscn1145_640x406  暑くなりそうでしたので、8時15分頃散歩に出て、いつものように、住吉神社、九華公園、京町、吉津屋町、田町と回ってきました。峯崎部屋の朝稽古もしばらく見てきました。「スー女」というそうですが、最近は相撲好きで、相撲部屋の朝稽古を見に来る女性が多いといいます。そういえば峯崎部屋の稽古も、去年よりギャラリーが多く、女性の姿が結構あるなと思いました。年配の方もいらっしゃいますし、バギーを引いた若いお母さんの姿もあります。
Img_2648_640x427_2 女性が多いせいではないと思いますが、稽古の方は一段と熱が入ってImg_2658_640x457 います。今度の日曜から、名古屋場所です。今日は、9時半頃まで稽古が行われていましたが、場所が始まると、もっと早くに終わります。
Img_2724_640x427 今場所は、出稽古に行っていることも多いのですが、今日は、峰崎部屋唯一の幕内力士である荒鷲関の姿もありました。鉄砲をこなした後、厳しい表情で幕下力士の稽古を見ておられます。
Img_2770_640x468 さて、こう暑いと九華公園には鳥の姿はほとんどありません。ムクドリ、スズメくらい。他には、ツバメが飛んでいたり、コゲラの鳴き声がするくらいです。
Img_2734_640x427 ミドリガメたちは、甲羅干しに精を出しています(という表現はヘンかも知Img_2742_640x427 れませんが)。甲羅干しスロープはけっこうな賑わいですし、堀沿いの石垣などにもたくさん集まっています。
Dscn1153_640x480 旅ネコさんも、涼しいところを探して、お休みという姿をよく見ます。今日Img_2775_640x427 は見かけませんでしたが、このところ新顔の旅ネコさんも目撃します。子どもではありませんので、どこかからやって来たか、人間様の都合捨てられたかしたのでしょう。この旅ネコさんは、九華招魂社の拝殿で撮りました。
Img_2750_640x427 今年は雨が少ないせいか、キノコがあまり生えてきません。いつもよく生Img_2755_640x485 えてくるのは、朝日丸跡ですが、そこも数えるほどです。野球場のグラウンドでよく見るキノコ・サークルは、ありません。
Dscn1155_640x480 公園内の一角(九華橋の近く)には、苗をくださった方があるようで、
管理人さんがヒョウタンを10数本植えていDscn1156_640x480 らっしゃいました。ツルが絡んで行くように網も設置されています。どんな風になるか、楽しみです。ちなみに、この網、実は海苔養殖用の網のリサイクルだそうです。
Img_2778_640x427 帰り道は、吉津屋町のお宅(左の写真)と、田町の商店のツバメの巣を巡Img_2779_640x457_2 回。吉津屋町の巣は、親がいないことがよくありますから、卵はないかも知れません。田町の巣は、今日も親が巣に就いていましたので、ここはまたヒナが孵ると期待しています。
Dscn1158_640x480 ところで、諸戸氏庭園の修復工事の現場。何気なく眺めていたのですDscn1159_480x640 が、「アレッ?!」と思うことがありました。一つは、左の写真の向かって左端に写っている「丸型ポスト」。ついこの間までは、かなり色あせていたと思うのですが、塗り直されていました。今では、数少なくなっていますが、諸戸氏庭園の雰囲気によく合いますので、この先も残してもらいたいものです。
Dscn1129_640x399 もう一つは、修復工事の現場の囲いに、こういう看板と、これまでの修復工事の様子を示す掲示が出ていたことです。
Dscn1132_480x640 こちらはこれまでの修復工事の様子を示したもの。1枚の写真にしますと、ほとんどDscn1133_467x640_2 読めないと思いますので、分割しました。これまでに行われている玉突場、洋館、御殿などの解体、修理、揚屋の様子が載っています。これから修理が行われる主屋も、半解体、揚屋が行われると思います。御殿の揚屋のときには、油圧ジャッキで1cmずつ上げるという作業を200回繰り返して、2m持ち上げたとあります。大変な作業でしょう。

|

« 授業のQ&A……「くわな史跡めぐり」の正誤表云々の余談もあります | トップページ | 万助溜公園でチョウトンボ、蓮の花、そしてカワセミ……余談はライギョ »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 授業のQ&A……「くわな史跡めぐり」の正誤表云々の余談もあります | トップページ | 万助溜公園でチョウトンボ、蓮の花、そしてカワセミ……余談はライギョ »