« 教室は蒸し暑い(苦笑) | トップページ | ケリのヒナ(たぶん孵化直後)とコチドリのヒナ……コアジサシのヒナを探しに行ったはずが(苦笑) »

2017年6月 1日 (木)

ツバメのヒナ、巣立ちの季節か

Img_7277_800x533

 6月に入りました。陰暦では、水無月。ただし、水がない月ではなく、この「無」は「の」にあたる連体詞で、「水の月」という意味だそうです。田に水を引く月というところから来ているとありました(語源由来辞典)。月が変わったとはいえ、やることは同じであります(苦笑)。今日も8時40分から散歩。三崎見附、田町、九華公園、貝塚公園、入江葭町、京町、寺町と5.5㎞ほど。
Img_7286_800x571 今の時期、このコースでは、ツバメの巣を巡回するほかありません。まずImg_7295_800x561 は、田町の商店にある巣。ようやくヒナたちが顔を覗かせるようになっていました。4羽は確実にいます。まだ羽毛が生えていて、まさにヒナという感じがしています。
Img_7349_800x560 入江葭町にあるお宅。肉眼では分からなかったのですが、写真に撮って、パソコンで拡大してみると、羽毛のようなものが見えている感じです(中央やや左)。先日も、「ここにはいない」と書きましたが、誤りだったかも知れません。5分あまり見ていたのですが、親はやって来ませんでした。
Img_7351_800x565 京町の柿安の近くのお宅の巣は、空っぽでした。ここは、ヒナもずいぶん大きくなっていましたので、巣立ったのだろうと思います。Wikipediaの記述によれば、「抱卵日数は13 - 17日。その後の巣内での育雛日数は20 - 24日」だそうです。この巣で雛を確認したのは、5月18日(ツバメのヒナ誕生しました…スズメのヒナも)でした。実際には4日ほど前に生まれたそうですから、5月14日。それから数えると17日。ちょっと早い気もしますが、巣立ったと思いたいところです。
Img_7354_800x564 左は京町の呉服屋さんの巣。ヒナは、かなり成長している印象。5羽いるはImg_7362_800x558 ずですが、3羽しか見えません。これを確認して、吉津屋町へ回りました。こちらの巣は、5羽がそろっています。親も餌をやりに来ていました。
Img_7365_800x533 吉津屋町の巣を確認して、もう一度呉服屋さんのところへ戻ると、お店の前の電線にヒナが2羽いるではありませんか! 動きもシンクロしていました(笑)。さて、このヒナ、どこから来たのでしょう。呉服屋さんの巣からというのが、もっともありそうなのですが、確実にそうだとはいえません。
Img_7406_800x522 呉服屋さんの巣を覗いてみると、ヒナで溢れていたのが、ちょっと空いた感じがします。う~ん、どうなのでしょう?
Img_7395_800x564 電線にいるヒナのところへは、親ツバメがときどきやって来ました。餌はImg_7399_800x560 運んできているようでしたが、与えたかどうかは確認できません。餌でつって飛ぶよう促しているように見えます。「巣立ちの瞬間」を見てみたい気はするのですが、いろいろと難しいでしょうね。まずは、不審者として通報されないように気をつけなくてはなりません(苦笑)。
Img_7316_800x533 ところで、九華公園の花菖蒲。場所とアングルを選んで撮りますと、結構Img_7329_800x557 咲いていて、見応えも感じる写真になります(微笑)。左は、管理事務所の南、右は、奥平屋敷跡の北。この2ヵ所、それなりに咲いてはいるのですが、何となくボリュームがない気がします。
Img_7313_800x533 左は、お気に入りの野花菖蒲。花菖蒲の原種です。右は、奥平屋敷跡北Img_7328_800x578 の花菖蒲園で撮ったもの。部分的に撮れば、十分鑑賞に堪えます。
Dscn9876_800x540 本丸跡の花菖蒲園の様子。こちらは、ちょっと残念な光景をていしてしまっています。全般に生育が良くなく、背丈が低いのです。咲いているところもありますが、雑草の方が勢いがある印象。
Dscn9864_800x561 管理事務所の前では、管理人の方たちが、プランターで育てていらっしゃImg_7298_800x561 います。こちらは、手入れや肥料が行き届いているのか、立派です。それにプランターでも十分に育てられるという証拠でもあります。月末に株分け会があるのですが、トライしてみようかという気になります(ただ、自宅でやる許可が得られない可能性が大であります……苦笑)。
Img_7338_800x533 オマケの話。朝日丸跡で、ミドリガメが上陸してきているのを発見しました。甲羅干しはしますが、ここまで上陸してくることは普通はありません。そろそろカメの産卵期を迎えるためだろうと思われます。去年も、6月17日にカメが上陸してウロウロしているのを見ました(子ツバメのお尻写真(笑))し、6月20日には、ミドリガメの卵の殻を見つけています(誕生したばかりのツバメの雛と、七里の渡し公園で水浴びするカワラヒワ)。梅雨時の楽しみにできそうです。

|

« 教室は蒸し暑い(苦笑) | トップページ | ケリのヒナ(たぶん孵化直後)とコチドリのヒナ……コアジサシのヒナを探しに行ったはずが(苦笑) »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教室は蒸し暑い(苦笑) | トップページ | ケリのヒナ(たぶん孵化直後)とコチドリのヒナ……コアジサシのヒナを探しに行ったはずが(苦笑) »