« 鎮国さんで枇杷を頂いてきました | トップページ | ミドリガメの産卵シーン »

2017年6月16日 (金)

コアジサシのヒナ

Img_0144_800x562

 相変わらずの好天。今日は、コアジサシの営巣地を確認して来ました。Img_0146_800x559 6/13の火曜日以来ですが、ヒナが孵ったという情報もあり、いの一番にここへ行ったという次第。観察できるところから近くで、3ヵ所にヒナの姿がありました。左はその一つ。右の写真は、ここにいるヒナが出てきたところ。2羽が動き出していますが、その後ろにもう1羽いて、ここは合計3羽。
Img_0148_800x545 2羽の先には親がいます。雨が降っていませんので、地面が乾燥して、白っぽくなっていて、ちょっと見にくくなっています。向かって左端にヒナ、右に親が写っています。
Img_0172_800x538 小生のカメラ&ズームレンズではいかにも非力で、よく分かりませんが、左Img_0176_800x600 の写真では親が小魚を咥えてきて、ヒナに与えようとしています。右の写真はまだ判別しやすいと思いますが、ヒナが後ろ姿になってしまいました(苦笑)。
Img_0192_800x588 もう1ヵ所、ヒナのいる巣。観察場所からは、これが最も遠いので、あまりクリアではありません。やはり装備を充実させた方がよいかなと思ったりします(笑)。
Img_0237_800x558 先日、臨時駐車場で見た「ヘンなコチドリ」と同じですが(6/ 8、コチドリがヘン(笑)……コチドリのヒナ、ケリのヒナは元気)、ヒナが親のお腹の下に入っていくところ。向かって右のヒナ、お尻の穴らしきものが見えています。
Img_0254_800x552 餌を咥えたままウロウロしているオスもいました。まだ相手がいないのImg_0277_800x581 か、はたまた巣の場所を失念してしまったのか? コアジサシにもいろいろといるようで、笑えます。右の写真は、餌を与えてすぐにまた、餌取りに飛び立ったところ。子育ては大変です。
Img_0287_800x558 載せてもよいものかどうか、若干迷いましたが、エイヤッと。金魚を捕まImg_0312_800x577 えてきて、ヒナに与えようとしている親コアジサシもいました。結局、ヒナの口には大きすぎて、飲み込めず、自分で食べてしまっていました。
Img_0319_800x606 続いて三ツ又池公園へ。カイツブリの様子を見に。こちら、最初に雛が孵Img_0323_800x561 った巣。ヒナは、先日、もうずいぶん大きくなっていました(6/10、カイツブリのヒナは親の背に……アマサギ、オオヨシキリなどなど)。今日はその姿は見られず、親がまた巣に就いていました。親が巣から降りたところを何気なく見て、ビックリ。卵があります。それも4個も! Wikipediaによれば、「4-12月に1回に4-6個の卵を年に1-3回に分けて産む」ということです。
Img_0327_800x591
 その隣、中之島のすぐ南にある巣のヒナ。2羽とも元気そうでした。親とはImg_0358_800x577 少し離れていたのですが、親が読んだようで、巣に戻っていきました(右の写真)。
Img_0382_800x562 公園内の池には、他にも親が巣に就いているところがいくつかありましたImg_0471_800x547 し、ヒナがいる巣も3つほど。今日見たヒナは、合計7羽。まだまだしばらくは、ヒナの誕生や、親が背中にヒナを乗せる姿が楽しめそうです。
Img_0422_800x549 そのヒナが親の背中に乗ったところ、今日はあまり見られませんでした。Img_0388_800x579 池の北の端、花菖蒲園近くでこのシーンだけが見られました。ここも、ヒナが2羽いるところです。
Img_0367_800x551 この他、今日三ツ又池公園で見られた鳥たち。まずは、西側の水田には、サギが4羽。1羽はアマサギ、他の3羽はチュウサギのように見えました(写真には、アマサギ1羽と他2羽しか写っていません)。
Img_0452_800x576 コアジサシも1羽が飛来。何度かダイビングを繰り返して、小魚をゲットしImg_0466_800x560 ていきました(右の写真、証拠写真ではありますが)。
Img_0484_800x558 公園内の遊歩道をほぼ1周し、帰ろうとしたら、南から飛んできた鳥がありました。カワウにしては変だなと思ったら、ゴイサギでした。夜行性のはずなのに、北の方へ飛んで行きました。先日ここでお目にかかったバーダーご夫婦も、ゴイサギを見たとおっしゃっていました。
Img_0498_800x587 もう1ヵ所。臨時駐車場も確認。コアジサシは、北側のエリアに7羽。先日Img_0510_669x800 は2羽しかいませんでしたから、多少増えた(というか戻ってきたというか)のでしょう。しかし、それにしても、卵を抱いていたコアジサシもいたのに、ヒナの姿は見かけません。どうなっているのでしょう? 何か人為的なアクシデントでもあったのでしょうか? 鳥見としては鳥に迷惑をかけてはいけません。
Img_0535_800x533 ケリは、今日は1羽。相変わらず威嚇してきます。ケリのImg_0552_800x605 ヒナは、南の方に1羽いるのを確認しました。嘴は、ケリらしい感じがしますが、そのほかはまだまだケリとは思えないイメージ。
Img_0567_800x577 コチドリは、親だけ3羽ほど見かけましたが、ヒナは、今日は見つけられず。いつもより2時間以上遅い時間帯で、11時半を過ぎていたということも関係しているかも知れません。
Img_0375_619x800 ということで、午前中は遠征してきました。歩いたのは、三ツ又池公園で2㎞あまりでしたので、午後からは3時頃から2時間ほど、九華公園へ往復してきました。帰り際、七里の渡し跡でツバメのヒナが2羽いました。強風の中、水門の入り口でそれに耐えながら親が来るのを待っていたのです。親が来て餌をもらうシーンも見られましたが、写真の処理ができていませんでの、また後ほど。左の写真は、三ツ又池公園の蓮田に咲いていた睡蓮。パソコンで見たら、上の方にカメの子らしき姿が。「見れども見えず」でありました(苦笑)。

|

« 鎮国さんで枇杷を頂いてきました | トップページ | ミドリガメの産卵シーン »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。
コアジサシのヒナ、カワイイですね。
金魚はマスコミで話題にもなっていますから、マズいのですが、写真としては見逃せませんから、載せてしまいました(笑)。
さすがに嘴の大きさ(幅?)には合わず、食べられませんでした。

カイツブリのヒナが背中に乗っているところ、先日もチャンスはわずかでした。
まだ抱卵中のカイツブリもたくさんいましたので、これからまだ見られると思います。
サギ山、この頃行っていませんが、ひらいさんのブログを拝見して、これはもう一度見てこないとと思いました。

投稿: mamekichi | 2017年6月18日 (日) 18時52分

mamekichiさん、こんにちは!

ついにコアジサシのヒナ登場ですね、昨年はもう少し大きくなってから確認したので、既に親鳥っぽくなっていましたが、生まれたては超可愛いですね。しかし金魚はちょっと問題ですね。(笑) ヒナ用に小さな魚を捕獲しなければならないとは、親鳥も大変です。

自分も、本日三ツ又池公園、弥富某所を巡回してきました、こちらも異常無しでしたが、カイツブリのヒナが親の背中に乗ってる姿は確認出来ずでした、ついでにサギ山も覗いてきましたが、相変わらずアオサギで賑わっておりましたよ。

投稿: ひらい | 2017年6月18日 (日) 14時07分

おユキさん、こんばんは。
コアジサシもですが、他の鳥たちも、ヒナはカワイイですね。
飛び立ちそうなところは、親の方に行こうとしたところと思います。

コアジサシは、外観だけでは雌雄判別はほとんど不可能ですが、おっしゃるように、オスに見えてしまいますね。
餌を運んでくるのは、オスと思って間違いはなさそうです。

金魚は、もちろん、場所が場所だけに言わずもがなです(苦笑)。
新聞、テレビでも話題になっていましたが、コアジサシの名前は出ていないようでした。

カイツブリ、重量制限はどうなのでしょう?
鳥は、飛ぶために案外軽くできています。
乗せて沈むということはないような気がしますが、どうでしょう?

アマサギの飴色は、夏羽です。
先日書きましたが、「亜麻色」と間違われていることがほとんどですが、誤りです。
いい感じの色合いをしていますよね。

臨時駐車場のコアジサシ、1枚目の写真は、わざと説明なしで乗せました(笑)。
なかなか見られない一瞬を捉えられたと思います。

ところで、鳥のヒナに同一視ですか(爆)?
う~ん、かわいらしくありたいとか(微笑)。

投稿: mamekichi | 2017年6月17日 (土) 20時38分

mamekichi先生、こんにちは。

コアジサシのヒナ、可愛いですね。
もう、飛び立ちそうな格好をしているところなど、笑えます。
ヒナをお腹に抱えたコアジサシさん、ペアでも写っていますね。
頭の毛が、ソフトモヒカンのように逆立っているので、もう一羽の親鳥と並んでいると、オスのような印象を受けます。

金魚(笑)。
どこから仕入れてきたのでしょうね。
ナイショにしておきます(笑)。

カイツブリさん、今日のお写真を拝見して、背中に乗せるには、重量制限があるのかしらん、と思いました。
大きな子が乗ったら、ブクブクブク・・・(沈)とか(笑)。

アマサギさんの色、冬鳥に多い系統のように思います。
優しくて好きな色です。

臨時駐車場の、1枚目のコアジサシさん、何がどうなっているのか、さっぱりわからなかったです。
尻尾はわかりますので、なんとか想像してみましたが、もうこれ、オブジェじゃないですか(笑)。

鳥さんたちのヒナばかり、何度も拡大して見ていたら、自分がヒナのように思えてきました。
ピヨピヨchick

投稿: おユキ | 2017年6月17日 (土) 13時07分

れいちゃんさま、おはようございます。

こちらこそ、昨日はありがとうございました。
あのあと、三ツ又池公園、臨時駐車場と回りたかったこともあって、失礼してしまいました。

雛は、どの鳥でもカワイイですね。
ケリのヒナなど、これがあの「凶暴な」ケリになるのかと思えるくらいカワイイです。

臨時駐車場では、広い中で探すのはなかなか難しいと思いますが、三ツ又池公園はカイツブリの巣は点在していますし、昨日は7羽ほどのヒナがいましたので、見つけやすいと思います。
ただ、ご承知のようにカイツブリも警戒心が強いので、それだけはお気を付けください。
オオヨシキリは、北側の花菖蒲園や、その回りによくいます。
この頃、公園の周囲の水田にときどき、アマサギがいます。

私もピンぼけ写真、失敗写真を量産しています(苦笑)。
それ故、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式でやることにしました。

こちらこそ、またよろしくお願いします。
ブログもご覧くだされば、嬉しいです。

ところで、江戸橋あたりで勉強していらしたんですね。
今教えている学生さんたちは熱心で、素直ですよ。
特別支援に関わるお仕事もなさっているとは、驚きです。
また、実際の様子など差し障りのない範囲で教えていただければ幸いです。

投稿: mamekichi | 2017年6月17日 (土) 08時04分

こんばんは。
今日コアジサシのところでお目にかかりました。
色々教えて頂きありがとうございました。
日曜にでも、臨時駐車場や公園の方に行きたいと思います。楽しみが増えて嬉しいです!

雛はやっぱり可愛いですねー(^^)
まだまだ未熟でピントがイマイチな写真ばかりだったのですが、もう雛を撮れたことだけで満足でした!

また、どこかでパタッとお会いすることがあれば、また、おしゃべりしてくださいね。
ブログは楽しみながら覗かせてもらいます(^^)

PS江戸橋への通いの記事が載っていて、遥か昔、私もそこで勉強していました。懐かしいです。また、今、少しの時間ですが、特別支援に関わる仕事もしており、親近感を感じさせていただきました(^^)

投稿: れいちゃん | 2017年6月16日 (金) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎮国さんで枇杷を頂いてきました | トップページ | ミドリガメの産卵シーン »