« ミドリガメの産卵、ならず残念 | トップページ | 歌行燈本店のアジサイ »

2017年6月10日 (土)

カイツブリのヒナは親の背に……アマサギ、オオヨシキリなどなど

Dscn0094_800x600

 今日も好天です。好天に誘われ、というわけでもありませんが、臨時駐車場、大島水門、長良川河口堰、弥富市内某所、三ツ又池公園と回って来ました。この時期、九華公園あたりは夏鳥が来ませんし、コアジサシや、コチドリ及びケリのヒナ、カイツブリのヒナが気になります。
Img_8923_800x594 臨時駐車場のコチドリのヒナ。今日は、この1羽だけが動き回っていました。Img_8925_800x602 親鳥やもう1羽のヒナは見当たりませんでした。右の写真は、後ろ姿ですが、小生が注目したのは、首の細さ。「こんなに細いのか!?」と思ったのです。
Img_8915_800x540 コチドリの親は、3羽ほど見かけたのですが、ヒナがいたところとは離れていましたので、上の写真のヒナの親ではありません。
Img_8949_800x569 ケリは、今日は親しか見られませんでした。ずいぶん離れたところにいても威嚇してくるようになりました(苦笑)。車にも突っ込んできそうな勢いで、驚きます。
Img_8913_800x563 コアジサシは、減ってしまい、5羽ほどしか見られません。一時は、20羽くらImg_8953_800x554 いいたのに、別のところへ行ってしまったのでしょうか。それに巣に就いていると思われたものもかなりいたのに、ヒナの姿もありません。
Img_8912_800x566 今まであまり取り上げていませんが、この臨時駐車場には、ヒバリもいます。2~3羽はいるように思います。
Img_8960_800x541 大島水門に立ち寄って、キンクロさんを確認。今日も、奥に入ったところDscn0095_800x600 でお休み中でした。無事な姿が見られ、安心です。その後、河口堰に立ち寄ったのですが左岸の魚道あたりには、カワウしかいませんでしたので、堰本体は渡らず、そのまま弥富市内某所へ。
Img_8976_800x541 弥富市内某所のコアジサシ、今日は、数10羽くらい。100羽はいないようImg_8977_800x533 に思えました。巣に就いていると思われるものもたくさんいますが、まだヒナの姿はないようでした。
Img_8968_800x554 それどころか、まだ、求愛給餌用と思われる小魚を咥えてきて、ウロウロImg_8970_689x479 しているオスの姿も見られました。いやぁ、コア地足のペアリングも大変なようです。
Img_8984_800x590 忘れるところでした。この某所、今日はヒバリもいました。ケリは、ここにはいませんでしたが、北の方から鳴き声がしていました。この某所と、すぐ北にある空き地で毎年営巣するようです。
Dscn0109_800x600 弥富の三ツ又池公園です。芝桜の季節以外は、空いています。今日は暑いので、散歩の人もあまりいません。ご夫婦で望遠鏡を持って来て、バードウォッチングをしていらっしゃる方にお目にかかりました。
Img_9018_655x800 三ツ又池公園といえば、この季節は、カイツブリのヒナ。左の写真、向こImg_9033_775x551 う側にいるのが、最初に生まれたヒナ。ずいぶん大きくなってきていました。色、模様はまだヒナ仕様ですので、親とは区別が付きます。右は、中之島のすぐ南にある巣の親子。ヒナは2羽。向かって左の親がエビのようなものを咥えて、ヒナに与えていました。
Img_9035_800x587 右上の続き。向かって右のヒナが、この餌をもらったようで、食べていまImg_9040_800x567 す。どの鳥も、子育て、とくに餌を探してきて、与えるのは大変でしょう。カイツブリのヒナたち、元気に育ってもらいたいものです。
Img_9200_800x559 池の北、花菖蒲園近くでも、別の親子。ヒナ2羽が親カイツブリの背中にImg_9238_800x512 乗っています。その後、もう1羽の親と合流し、ヒナ1羽は、そちらの背中へ移動。なかなか微笑ましい光景です。
Img_9268_800x566 今日三ツ又池公園で見たカイツブリは、親が9羽、ヒナが5羽でした。カイツブリが使っていた巣は7つ。まだこれからヒナが誕生してくるのではないかと思います。
Img_9001_800x595 カイツブリの他に三ツ又池公園で見た鳥。まずは、オスのモズ。パットゴルフ場近くの電柱の支線に止まっていました。
Img_9168_800x591 オオヨシキリ。蓮田や、花菖蒲園(花菖蒲は、すっかりダメになっています)あたりにオオヨシキリがいます。ここのオオヨシキリは、遊歩道沿いの木に出てきたり、葦の間に姿を見せてくれたりと、サービス満点です。今日も、合計3羽を見られました。
Img_9081_800x576 そして、こちら、アマサギ。まということ。ずは、公園の北西で、麦刈りをしているとこImg_9092_800x550 ろで2羽を確認しました。これほど近くでアマサギを見たのは、初めて。以前は、調べもせずに「亜麻色のサギ」と思い込んでいたのですが、「猩々鷺」または「飴鷺」でした。もとは、「アメサギ」、つまり「飴鷺」でそれが変化して、アマサギになったようです。飴色のサギということ。飴色は、砂糖を煮詰めて焦がした色です。「亜麻色」は、「亜麻色の髪の乙女」というヒット曲で誤解を生じていますが、「黄色みがかったベージュに近い色」で、アマサギの色とは違います。
Img_9125_800x549 アマサギ2羽は、その後飛び去りましたので、追いかけたら、公園の北にある水田あたりに7羽が集まっていました。なかなかの光景です。あとで気づきましたが、この写真、右下にケリが1羽写っていました。
Img_9259_800x583 三ツ又池公園内の橋で、こんな鳥を見つけました。「珍しい鳥か?」と気色ばんだのですが、ムクドリのようでした。ちょっと悔しかったので、勝手に「アカハラムクドリ」と名付けました(爆)。
Img_9068_690x800 三ツ又池公園の周囲には、遊歩道が設けられています。所々にアジサイImg_9060_800x533 が咲いています。蓮はまだでしたが、蓮田の中には、睡蓮も混じっていて、睡蓮は咲いていました。鳥と花を楽しみながら、三ツ又池公園を1周し、2.4㎞ほど歩いてきました。
Img_9146_800x587 午後からは、もう少し歩こうということで、九華公園まで往復し、4.2㎞。し

Img_9075_800x581

っかり運動しましたし、鳥見も充実していて、楽しめました。これらのモンシロチョウの写真は、三ツ又池公園で撮ったものです。
【付記】
 6月3日の諸戸氏庭園の記事のうち、花菖蒲の名前を誤っていました。記憶違いによるものです。「黒燕」と書きましたが、「濡れ燕」でした。ただ、ネットで検索しますと、記事に載せたものとは違う写真が出てきます。詳しい方がいらっしゃいましたら、是非ともご教示ください。

|

« ミドリガメの産卵、ならず残念 | トップページ | 歌行燈本店のアジサイ »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。
昨日は暑かったですね。
おっしゃるようにコアジサシ、コチドリ、キンクロにケリもですが、振り回されて喜んでいます(笑)。

コチドリのヒナの首、驚きました。
あんなに細いとは思いませんでした。
臨時駐車場のコアジサシは、不思議です。
卵を抱いていたコアジサシもけっこういたのに、何だか煙に巻かれたような気がします。

河口堰は昨日も、東側にはサギ類はいませんでしたので、西には渡りませんでした。
ねぐらにしている可能性はあるんでしょうね。

某所は、それなりの数がいましたし、卵を抱いているように見えるのもたくさんいました。
ちなみに、昨日は、本格的なバーダーさんは、お一人でした。

三ツ又池公園、ヒナが増えていました。
昨日はご夫婦連れで、望遠鏡を持った方が1組だけ。
おっしゃるように、カメラを持った方には出会いませんね。
カイツブリのヒナが背中に乗るところは、あまり人気がないのでしょうかね?
アマサギ、以前長島で遠くから見たことはありましたが、これほど近くで見られたのはラッキーでした。
それとオオヨシキリ、サービス精神旺盛で助かりますね。

投稿: mamekichi | 2017年6月11日 (日) 18時33分

mamekichiさん、こんにちは!

暑い中の遠征お疲れ様でした、コアジサシ&コチドリ&キンクロさんの魅力に振り回されてる感じですね、自分も同じですが。(笑)

コチドリのヒナ、首が細いですね、ビックリというより笑えます。コアジサシ、あれだけ居たのにどこへ行ってしまったのでしょうか、トラブルに巻き込まれてなければ良いのですが。あの臨時駐車場も使われてるようなので、心配になります、北側臨時駐車場をお勧めしたいくらいです。

河口堰、ここ最近野鳥が少ない感じですが、出社前に1号線から見ると閘門辺りに大型の野鳥が多く見られるので、エサ場と言うより、ねぐらなのかもしれませんね。

そして某所、こちらも少なくなっているようで心配ですが、先日の大雨の影響は少ないようで安心しました。本日行こうと思ったのですが、体力不足でした。(笑)

カイツブリ公園、子育ても本格的になってきましたね、この公園では他のカメラマンを見た事無いのですが、カイツブリは人気無いのでしょうか。とてもカワイイのに勿体無いですよね。そしてアマサギ、集まってますね、長島の田んぼにも時々集まっておりますが、集団行動が好きなようですね。そしてここのオオヨシキリ、サービス満点ですよね、河口堰のオオヨシキリも見習って欲しいです。(笑)

投稿: ひらい | 2017年6月11日 (日) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミドリガメの産卵、ならず残念 | トップページ | 歌行燈本店のアジサイ »