« コチドリがヘン(笑)……コチドリのヒナ、ケリのヒナは元気 | トップページ | カイツブリのヒナは親の背に……アマサギ、オオヨシキリなどなど »

2017年6月 9日 (金)

ミドリガメの産卵、ならず残念

Dscn0081_800x600

 梅雨入り宣言早々に梅雨の晴れ間です。雨も農業などに必要だと言うことは分かっていますが、鬱陶しいのは大嫌いですから、晴れ間は大歓迎です。今日も、例によって例のごとく、8時50分から2時間半ほど歩いてきました。これからの季節、散歩なのか、修行なのかよく分からなくなりますが、「晴歩雨読」のモットーにしたがいます。住吉神社、九華公園、京町、田町と5.1㎞。
Img_8827_800x569 今年こそ、ミドリガメの産卵シーンを見たいと思って、先日から九華公園内Img_8832_800x533 を念入りに見て回っています。そうしましたら、鎮国守国神社の境内、九華招魂社の裏手で、こんなところを見つけました。ミドリガメが穴を掘って、そこにお尻を突っ込んでいるではありませんか! 「ラッキー!」と思って、そっと近寄って見ておりました。
Img_8840_800x597 ところが、数分後、卵を産むことなく、ミドリガメさんは移動をはじめてしまいImg_8847_800x533 ました。小生が見ていたのと、他にも旅ネコさんが2匹、近寄ってきてウロウロしたので、落ち着かなかったのでしょう。残念ながら、産卵シーンは、お預け(苦笑)。
Img_8869_800x567 この時期、カメさんと言えば、晴れ間を狙っての甲羅干しが必須。九華橋の北にある堀で左のような光景が展開されていました。「親ガメの背中に子ガメ……」といいますが、どう見ても親子ではなさそう。甲羅干しも大変です。
Img_8787_800x546 今日の九華公園、示し合わせたかのように、ムクドリの幼鳥があちこちにゾロゾロ出てきていました。ムクドリが松の幹に止まるなどというところは、あまり見ません。また、他の幼鳥もそうですが、人間を警戒していないのか、多少近寄っても平気そうでした。
Img_8807_800x547 こちら、親子のようでした。手前が親、奥が子。見かけの大きさはほとんImg_8811_800x554 ど変わりがありません。それなのに、この子ムクドリさん、親から餌をもらっているようでした。デッカい図体して……というのが、率直な感想。
Img_8873_800x533 そう思っていたら、後ほど、公園の外周遊歩道を歩いていたら、左の写Img_8883_800x541 真のようにムクドリの幼鳥が4羽そろって出てきました。傍らの桜の木に飛び移ったと思ったら、そこへ親鳥がやって来て、何かの実らしきもの(右の写真で赤いもの)を与えていました。まだまだ手がかかるのです。
Img_8818_800x538
 幼鳥は、ムクドリだけではありませんでした。本丸跡、辰巳櫓の近くでは、珍しくカワラヒワが数羽出てきていたのですが、向かって左のカワラヒワは、今年生まれたもののように見えます。今日は、「ヒナデビュー」の日なのかも知れません(微笑)。
Img_8891_800x533 ヒナ続きで、こちら、田町の商店にあるツバメの巣。誰もいませんでした。昨日の午後はいましたので、それ以降巣立ったものと思われます。これで散歩コースでチェックしているツバメの巣は、ほとんど巣立ってしまいました。二番仔を期待しましょう。
Dscn0077_600x800 京町近くのお宅。いろいろなアジサイが植えられています。この時期、ここを通るのが楽しみになっています。午後からは、少し仕事(笑)。遊んでばかりいるのではありません。相談ケースの報告書書きと、来月依頼されているKABC-Ⅱ研修会の準備など。やりたいことはいろいろありますが、時間があるとむしろできません。困ったものですが、昔から仕事は忙しい人に頼めということも言います。こんなものと諦めてしまわず、ボチボチとやることにしたいと思っています(思うだけかも……爆)。

|

« コチドリがヘン(笑)……コチドリのヒナ、ケリのヒナは元気 | トップページ | カイツブリのヒナは親の背に……アマサギ、オオヨシキリなどなど »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。

去年から見ているのですが、ミドリガメは、上陸してきて卵を産みます。
去年は、卵の殻を見られただけでしたので、今年は産卵シーンや、孵化シーンを見たいと思っていました。

ミドリガメの産卵についてはよく分かりませんが、夜のうちに上陸してきて、穴を掘って産むのだと思います。
城跡ですから、砂浜のように掘りやすくないので、次の日にかかってしまうのかなと思っています。
もう少し観察を続けてみたいと思っています。

ブログ、拝見しました。
烏骨鶏だろうと思います。
数え方にもよるようですが、6本指ともいえそうです。

投稿: mamekichi | 2017年6月10日 (土) 20時03分

こんにちは
やはり、陸で卵を産むのでしょうね。
猫とか天敵も多そうでなかなか難しそうで。
ウミガメは暗い夜に産むようですが
ミドリガメはどうでしょうね?
今日はまた神社へ行きました。
境内の鳥に導かれましたがなんという鳥かわかりません。
ネットで調べたら鶏は4本指。烏骨鶏は5本指と書いてありましたが
写真を拡大するとどうも6本ある感じで(^_^;)

投稿: こころん | 2017年6月10日 (土) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コチドリがヘン(笑)……コチドリのヒナ、ケリのヒナは元気 | トップページ | カイツブリのヒナは親の背に……アマサギ、オオヨシキリなどなど »