« 九華公園に「居残りキンクロ」か?……ツバメのヒナは勢い余って(笑) | トップページ | 桑名発達臨床研究室ご案内 »

2017年5月20日 (土)

カイツブリの背に雛、コアジサシの求愛給餌そしてオオヨシキリ@三ツ又池公園……長良川河口堰にも遠征

Dscn9562_800x600
 好天が続きます。若干迷いましたが、今日は、小遠征としました。ただ、出かけるのは少し遅くなって、9時を回りました。まずは、長良川河口堰へ。9時半到着。堰の東側でコサギなどを見て、西まで渡ろうとしていたら、ブロ友のひらいさんが来られました。ひょっとしたらお目にかかれるかとは思っていたのですが、ラッキーでした。一緒に西側まで往復し、さらにアクアプラザながらを覗いて来ました。先日見てきたコアジサシの営巣地は、もう放棄されていたなど、新情報を頂けました。
Img_4691_800x557 河口堰の話の前に、まずはこちらから。河口堰から弥富の三ツ又池公園にImg_4687_800x568 回ったのですが、カイツブリに雛が生まれており、左の写真のように親の背中に乗っているところが見られました。前回(5/16、木曽三川公園、治水神社のアオサギ、弥富のケリのヒナそして三ツ又池公園のカイツブリ……九華公園では花菖蒲1輪、開花)行ったとき、親がずっと就いていた巣だと思います。カワイイです。去年見て以来、ハマりました(笑)。
Img_4591_800x598 さて、いったん河口堰の話に戻します。堰の東側の魚道、上流側にはコサギが合計6羽。魚道にいたコサギたちも、ちょっと覗くだけで逃げる、逃げる。行動パターンが、アオサギに似てきました(苦笑)。写真を撮るだけなのですから、こういう仕打ちはないと思うのですがねぇ……。
Img_4596_800x537 堰の西側も、上流側の魚道あたりにコサギが計5羽。右の写真は、堰の上Img_4598_607x800 の通路にある手すりの間からそっと覗いて撮ったものです。
Img_4600_800x570 しかし、「コサギも然る者……」、すぐに気づかれ、逃げらImg_4606_800x568 れました。ただ1羽、残って悠然と御食事(笑)。
Img_4624_800x550 さらに少し上流には、アオサギが1羽。ひらいさんに教えてもらって、写真Img_4637_800x549 を撮ろうとしたら、これまた逃げられました(苦笑)。閘門へのアプローチにある浮きの上へ。
Img_4634_566x800 こんな風でした。遠くにアオサギ、ケーブル状に1羽のコサギ、手前の浮きにコサギ4羽です。河口堰の西には、葦原が広がっていますが、ここからはオオヨシキリの鳴き声がよく聞こえてきます。いつも歩く対岸の揖斐川右岸まで聞こえるのですが、なおさらです。
Dscn9564_800x600 アクアプラザながらでは、ひらいさんに倣って、入館者数のチェック(微笑)。このところ、少し伸び悩んでいるようで、1週間でプラス200人くらいのようです。
Dscn9565_800x600 アクアプラザでひらいさんと別れ、弥富の三ツ又池公園へ。途中、道路脇の温度表示板は、何と28℃! 暑いわけです。今日は、いつもとは逆に南から西へと回ってきました。そして、2、3枚目の写真のように、カイツブリの雛を確認。雛を含め、カイツブリは計12羽。親が巣に就いていたのは、4ヶ所。空っぽまたはカメが乗っ取っていた巣は3ヶ所でした。
Img_4760_800x574 巣は、公園の池のあちこちに点在しています。いずれも発泡スチロールImg_4770_800x586 の上につくられています。このように親がいる巣に卵があるかどうかは、確認できませんでした。
Img_4749_800x577 公園の北西側、花菖蒲園の近くの街路樹に出てきて鳴いていたのは、オオヨシキリ。これだけクリアに捉えられたのは、たぶん初めて。花菖蒲園の中からも、盛んに鳴き声は聞こえてくるのですが、姿は見られません。ちなみに、花菖蒲の姿はありません。葦が生い茂っています。
Img_4794_800x552 花菖蒲園の南にある広場では、モズの姿が一瞬だけ見られました。オスのように見えます。この時期、モズを見るのは珍しいことです。
Img_4810_800x542 公園のもっとも東側を歩いている時、コアジサシらしき姿が見えました。Img_4811_800x532 ちょっと嬉しくなります(微笑)。が、かなり遠い(苦笑)。250mmズームでは、かなり苦しいところ。拡大してみると、1羽が小魚を咥え、もう1羽の方へ運んでいくようでした。
Img_4812_800x559 やはり、あの「求愛給餌」のようです。今までは、河口堰あたりでしか見たImg_4814_549x412 ことがありません。河口堰では、浮きや、杭の上で行われていたのですが、今日は、水上での求愛。
Img_4833_779x563 肉眼ではハッキリとは確認できませんでしたが、パソコン上で拡大してみると、求愛給餌は無事に終えられたようでした。この他、ダイビングシーンも撮ったのですが、残念ながらピンぼけ。コアジサシは、その後、南の方へ飛び去っていきました。帰宅後、ひらいさんから、コアジサシの別の営巣地についての情報もいただきました。また確認してこなくてはなりません。
Img_4730_640x800 長良川河口堰と、三ツ又池公園だけでしたが、なかなか充実した遠征でした。三ツ又池公園の蓮池には、片隅に睡蓮が咲いていました。明日は、母親の法事のため、実家方面へ出かけますので、ブログ更新はなしの予定。

|

« 九華公園に「居残りキンクロ」か?……ツバメのヒナは勢い余って(笑) | トップページ | 桑名発達臨床研究室ご案内 »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。
こちらこそ、ありがとうございました。

しかし、おっしゃるように、コサギの逃げっぷり、かなり進化しています。
以前はあれほど逃げ足が速くなかったですよね。
アオサギを見て、学習したのでしょうか(笑)。

カイツブリ、公園を一周して確認しましたが、雛は写真を撮った
1羽だけのようでした。
他に巣に就いている親もいましたので、これから誕生していくと思います。

コアジサシは、かなり距離がありましたので、載せたような写真しか撮れませんでした。
しかし、水上で求愛給餌とは思いも寄りませんでした。
臨時駐車場で営巣しているということですから、河口堰でも見られる可能性大ですね。

そして、オオヨシキリ。
遠くから鳴き声が聞こえていて、探したら、思わぬところにいました。
ああいうところにいるのは、珍しいと思います。
確かに鳥の鳴き声ではない感じです。


投稿: mamekichi | 2017年5月20日 (土) 20時15分

mamekichiさん、こんばんは!

本日はありがとうございました、サギ達もそこそこ揃っており、楽しかったですね。しかしあの逃げっぷりはどうなってるのでしょうか、昨年まではあれほど酷くなかったように思います。もしかしたらアオサギがコサギに逃げるように教えてるのかもしれません。(笑)

そしてカイツブリ!、背中に乗ってますね~、これは是非とも見にいかねばと思っています。トラブル無ければ明日辺りにでもと思っています。(笑) ついでにサギ山と、新たな場所の確認です。

そしてコアジサシ!水上で求愛給餌とは驚きです!、溺れたりはしないと思いますが、結構命がけですね。今年はコアジサシの行動が少しだけですが見えて来たので、ダイビング撮影にもチャレンジしたいところです。

最後にオオヨシキリ、これだけ目立つ所に出てくるのは珍しいですね、多度方面で木の上にとまっているところは目撃した事が有りますが、基本どこかに隠れて鳴いている野鳥かなと思っています。あの鳴き声は虫とは言いませんが、野鳥っぽくない気がします。

投稿: ひらい | 2017年5月20日 (土) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園に「居残りキンクロ」か?……ツバメのヒナは勢い余って(笑) | トップページ | 桑名発達臨床研究室ご案内 »