« コアジサシ、チュウシャクシギ(?)、カイツブリの巣作り | トップページ | 家内の実家へ……余談は、「一平ちゃん 夜店焼きそば ショートケーキ味」 »

2017年5月13日 (土)

2016~17年のカモ・ユリカモメのデータ@九華公園(最終版)

 雨は昼過ぎに上がりましたが、午後もずっと曇天でした。本屋さんや、エディオンには出かけたものの、散歩には行っておりません。午後も、珍しく仕事に勤しんでいました(笑)。

Kamo16_800x522 さて、冬鳥もすっかりいなくなりました。九華公園に来ていたカモとユリカモメのデータをまとめましたので、載せておきます。2016年10月~2017年4月のデータです。まずは、カモ。キンクロハジロが大半でした。前半には、ハシビロガモ、ホシハジロ、ヒドリガモも来ていましたが、後半はほとんどすべてキンクロハジロでした。
 2016年秋の初認日は、10月9日でした。キンクロハジロです。終認日は、2017年4月28日、こちらもキンクロハジロです。10月の後半になると次第に飛来数が増加し、ピークは12月の初め。12月1日には84羽、12月4日には82羽で、このあたりが最多でした。10月後半から2月初めまでは、ハシビロガモ、ホシハジロ、ヒドリガモなども見られましたが、その後は3月初めまではハシビロガモのペア1組とキンクロハジロだけになりました。
Kamo15vs16_800x525 こちらは、2015~16年のデータと比較したもの。青が2016~17年、赤が2015~16年の推移を示します。多少の変動はあるものの、大まかな傾向は同じと見てよいでしょう。
Yuri16_800x533 次に、ユリカモメのデータ。まずは、2016~17年のもの。この間の初認日は、11月5日。11月中旬からは少しずつ飛来数が増えていました。終認日は、4月21日でした。ただし、4月6日以降は、1羽が来るか来ないかという程度でした。
Yuri15vs16_800x522 ユリカモメのデータを、2015~16年のデータと比較したもの。青が2016~17年、赤が2015~16年の推移を示します。ユリカモメの飛来数は、両方とも、日によってかなりの変動があります。ユリカモメはずっと滞在しているわけではなく、よそから飛んで来ます。それも、見ている限りでは餌を与える人がいるとたくさん集まってきます。これが影響しているかも知れません。昨シーズンは、120羽を越えたときもあり、また、100羽以上来た日も4回ありました。今シーズンは、100羽を越えたのは2回。最多は、112羽でした。エイヤッときわめておおざっぱにいえば、ユリカモメの飛来数に顕著な差はないでしょう。
 なお、1月14~16日には大雪が降りました。1月17日に見に行ったとき、九華公園の堀には氷が張っており、カモはほとんどいませんでした。ユリカモメは、二の丸堀で郡の上に集まっているという珍しい光景も見られました(ユリカモメ・オン・アイス……九華公園の堀も凍る)。カモは大雨が降ったりすると、その翌日にもいなくなることがありました。

|

« コアジサシ、チュウシャクシギ(?)、カイツブリの巣作り | トップページ | 家内の実家へ……余談は、「一平ちゃん 夜店焼きそば ショートケーキ味」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

データ集計は、時々やっていて、昨日は、4月分を入力して、グラフを書き直しました。

これで2シーズン、確認したことになりますが、カモも、ユリカモメもおおよそ同じくらいの数で、増減も似たような傾向だというのが分かります。

いわれてみれば、北に帰って行って繁殖するのですから、その子どもを連れてくれば増えていても良さそうですよね。
遠距離の移動ですからアクシデントにも遭遇するでしょうし、生まれた雛が皆無事に育つ訳でもないでしょうから、そういうことが影響するかも知れません。

コアジサシも、当初は河口堰で普通に見られましたが、その後はなかなかですね。
鳥たちが棲みにくいようなところでは、環境としてはよくありませんよね。

ユリカモメオンアイスは、滅多にないチャンスでした。
九華公園の管理人さんが教えてくださって、写真に撮れたものです。
教えてもらっていなかったら、わざわざ見に行かなかったかも知れません。

投稿: mamekichi | 2017年5月14日 (日) 08時16分

mamekichiさん、こんばんは!

データ集計お疲れ様でした、九華公園にも、毎年多くの冬鳥達がやって来ますが、データで見ると、毎年同じくらいの数がやって来るのも判りますね。ちょっと気になるのは、繁殖の為に北国に行くとすれば、こちらに来る時は増えてても良いかなと思いましたが、自然はそんなに甘くないという事なのでしょうか。コアジサシも年々少なくなっているので、何とか安全な繁殖場所を確保して欲しいところですね。

ユリカモメオンアイス、これは是非見たかったのですが、さすがにタイミングが難しいですね、来年チャンスが有れば行ってみたいです。

投稿: ひらい | 2017年5月13日 (土) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コアジサシ、チュウシャクシギ(?)、カイツブリの巣作り | トップページ | 家内の実家へ……余談は、「一平ちゃん 夜店焼きそば ショートケーキ味」 »