« 船頭平閘門舟めぐりへ……長良川河口堰にも立ち寄り【御衣黄について付記あります】 | トップページ | 桜も鳥も、今ひとつ(苦笑) »

2017年4月 4日 (火)

九華公園にアオサギ、キンクロ・ユリカモメもまだいます……治水神社のサギ山も見てきました

Img_6583_800x562

 九華公園の「新お立ち台」(鎮国守国神社の社務所裏)に、久々にアオサギImg_6589_800x582 がいました。9時過ぎにはいなかったのですが、10時過ぎには何気なく止まっていたのです。しばらく見ている間に、口を開けたり、頭を掻いたりと、いろいろな様子を楽しませてくれました。このアオサギさん、嘴はピンク色ですから、繁殖期のはずですが、ここで油を売っていてよいのでしょうか? ちょっと気になります。ちなみに、揖斐長良川の中州にも、今日はアオサギが1羽いました。
Dscn7221_800x562  今日の散歩は、まず、8時40分から11時半、住吉神社、九華公園、京町、寺Dscn7268_800x600 町と5.2㎞。午後から、またもや船頭平閘門へ。御衣黄のあるところを確認に行ったのですが、表示板はなく、「たぶんこれだろう」という見当を付けてきました。その帰り、治水神社のサギ山もチェック。左の写真は、九華公園。今日も人出は結構あり、堀巡りの舟も賑わっていました。右は、治水神社です。
Img_6352_800x614 揖斐川の堤防、蟠龍櫓近くでは、ヒバリ2羽。通り過ぎていたのに、ヒバリや降りてきたのを見て、後戻りして撮りました(笑)。このあたりに巣があるのかどうかはよく分かりませんが、ヒバリはよく目撃するところです。
Img_6390_800x587 九華公園では、シメ2羽。左は奥平屋敷跡で。こちらに気づいて、桜の木にImg_6411_800x574 逃げたところ。右は、朝日丸跡にて。このシメさん、頭部の色が薄く、九華公園で見るシメの内、これだけは個体識別ができます。
Img_6415_800x585 アオジ、今日も1羽いました。写真を撮ったのは、朝日丸跡。二の丸跡、朝日丸跡、外周遊歩道の東あたりに出没しています。漂鳥ですから、そのうち山の方へ行ってしまうかも知れませんが、もうしばらく付き合ってくれないかと思っています。
Img_6536_800x562 キンクロハジロ、カモバックではありません、カムバックです(苦笑)。吉之丸堀に16羽がいました。ただし、今日も、堀巡りの舟が運航されましたので、10時過ぎにはいなくなってしまっていました。
Img_6520_800x565 ユリカモメ、今年はまだ来ています(去年は、4月になると見ませんでしImg_6507_800x554 た)。9時半には3羽でしたが、11時頃には20羽ほどが飛んでいました。2枚の写真は9時半過ぎ、吉之丸堀にて。餌をやる人がいて、右は堀に投げられた餌を奪い合っているところ。
Img_6452_800x607 エナガは、ペアと思いますが、二の丸跡から朝日丸跡にかけて見られまImg_6459_800x562 した。左は、左は、オス。右は、尾が曲がっていますから、メスと考えられます。九華公園では、この他、シジュウカラや、コゲラの鳴き声がしていました。
Img_6632_800x591 ツバメは、京町にて確認。京町あたりでは、去年、3箇所のお宅で巣を確認しています。このツバメは、毘沙門堂近くの電線で撮ったもの。ここでツバメがよく休んでいるのですが、まだ1羽しか見ていません。巣を直していたりする様子もありません。
Img_6666_677x800 こちらは午後から出かけた治水神社の鎮守の森。アオサギは、思ったほImg_6681_800x553 どいませんでした。10羽もいなかったと思います。宮司さんと話していたら、毎年、これからの時期に集まってくるということでした。見ていると、巣の材料を運んでいるアオサギが2羽ほどいました。ここは、これからまた確認しようと思います。
Dscn7175_800x600_3 ところで、今日もあちこちで桜を見てきました。まずは、諸戸氏庭園本邸Dscn7178_800x600 前のソメイヨシノ。勝手に「マイ・ソメイヨシノ」に決めています。まだ満開とは行きません。
Dscn7186_800x558 こちらは、吉之丸コミュニティパークの枝垂れ桜。トイレの前に何本かありますが、そのうちの1本がかなり咲いてきています。ここと、となりの三の丸公園のソメイヨシノは、まだ咲き始め。
Dscn7210_800x600 九華公園は、木によって(or場所によって)、咲き具合はかなり異なりまImg_6377_800x533 す。左は、もっとも早くから咲く、本丸跡の桜。5分咲きは十分クリアしています。右は、吉之丸堀の西側にあるソメイヨシノ。
Img_6603_800x533 野球場南にある枝垂れ桜は、満開に近くなってきました。いつもの年は、Img_6614_800x600 ソメイヨシノより1週間ほど早く咲き始めますが、今年は同時進行という感じです。右は、公園の外周遊歩道の南にあるヤマザクラ(キッチン寿さんの前あたり)。咲き始めました。九華公園の桜、今年は咲き具合が、バラバラという感じです。
Img_6333_800x533 こちらは、諸戸氏庭園の煉瓦蔵前のソメイヨシノ(マイ・ソメイヨシノとは別)。明日午後からは曇りがちになり、週末は雨模様という予報で、桜が気になります。

|

« 船頭平閘門舟めぐりへ……長良川河口堰にも立ち寄り【御衣黄について付記あります】 | トップページ | 桜も鳥も、今ひとつ(苦笑) »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

久しぶりのアオサギさんでしたが、今日はまた来ていませんでした。
子育て中のサボりかも知れません。

アオジは、今日もまだいました。
植え込みの陰に入ることが多いので、図鑑用の写真はまだ撮れていません。
シメは、あの表情と体のスタイルがいいですね。
好みの鳥です。
エナガも毎日見るのですが、動きが細かくて、なかなか写真に撮れません。
ユリカモメは今日も来ていましたが、いつまでいるのか気になるところです。

治水神社では、宮司さんがいらしたので、治水の歴史や神社の由緒を伺った次いでにアオサギのことを聞いてみました。
そうしたところ、本文にも書いたとおり、例年はこれから集まってくるというお話でした。
また見に行こうと思うのですが、真上を見上げるのはしんどいですね。

投稿: mamekichi | 2017年4月 5日 (水) 15時15分

おユキさん、こんにちは。
アオサギさんは、昨日だけの限定だったようで、今日は来ていませんでした。
繁殖期真っ最中ですから、一休みに来ただけだったかも知れません。

治水神社のアオサギは、樹齢数10年と思われる松の木などのてっぺんあたりにありますので、ほとんど真上を見上げて、写真を撮っています。
鳴き声が聞こえていたり、時々移動するので、バッサバッサと羽音がしていました。

御衣黄、普通は読めませんよね(笑)。
前から見てみたいと思っていた桜ですが、ネットで検索しても近くにあるという情報がなかったのです。
ところで、シノニム(synonym)は、普通は、「別名」とか、「同意語」という意味で、生物学では「異名」と訳される言葉のようです。

アオジは、今日も見かけたのですが、ツツジの植え込みの陰を伝って移動していました(時々、長い距離を飛びます)。
なかなか表には出てきてくれません。

鶴舞公園にいらしたんですね。
テレビで見ても、人や露店が多そうですね。
フクロウはいいですね。
一度間近で見てみたい鳥です。

投稿: mamekichi | 2017年4月 5日 (水) 15時11分

mamekichiさん、おはようございます!

久しぶりのアオサギさんですね、日曜日に確認しましたが、さすがに人も多かったからでしょうが、不在でした。この子は子育てサボッてるようですね。(笑)

アオジは九華公園が気に入ってるようですね、野鳥図鑑用写真の撮影チャンスですね。シメは、キリっとしたすまし顔がかっこいいです。エナガの尻尾曲がり、この時期ならでわですね。ユリカモメはもう少しご滞在でしょうか、そろそろ暖かいを通り越して暑くなってきたので、あっと言う間に居なくなってしまうような気もします。

そして治水神社のアオサギ、やはり少なめですね、しかも今年は余り見やすい所に居ないような気もします。もう少しすると増えるとの事、自分も確認してみようと思っています。

投稿: ひらい | 2017年4月 5日 (水) 06時33分

mamekichi先生、こんばんは。

アオサギさん、ご無沙汰しーてーまーすー、と、深々 挨拶したくなります(笑)。
やはりキレイですねぇ。
治水神社の方のアオサギさんは、見下ろされているからか、ちょっと怖い感じで、大人(という表現が適切かどうかわかりませんが)っぽく感じます。

御衣黄、なんと読むのかと思い、リンク先を拝見したところ、学名:シノニムとありました。
シノニム・・・?人間失格の中に出てきたような気がします。
アントシノニムだったでしょうか。
いけません、連想ゲームが始まってしまいます(苦笑)。

アオジさん、やはり日焼けを恐れて、日陰がお好きなのでしょうか(笑)。

私も今日、桜を観て来ました。
といっても、思っていたより桜の木は多くなく、屋台の多さにビックリして帰ってきました。(鶴舞公園です。)
偶然ですが、ペットカフェの方が、白いフクロウを連れて散歩にいらしていて、近寄ったら、私の肩に乗りました。
人に慣れているので、有難みはあまりないのですが、貴重な経験をしました。


投稿: おユキ | 2017年4月 4日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 船頭平閘門舟めぐりへ……長良川河口堰にも立ち寄り【御衣黄について付記あります】 | トップページ | 桜も鳥も、今ひとつ(苦笑) »