« キンクロとソメイヨシノのコラボ写真……常信寺、本統寺の桜も | トップページ | 新学期第1回目は無事終了(たぶん)……伊勢別街道の話と、沿線の桜も »

2017年4月11日 (火)

明日から「新学期」……専正寺の「蛤墳」についても

Dscn7753_800x600

 夜には上がるという予報ですが、朝から終日雨です。ホームセンターかどこかへ行って歩くという手もあるのですが(笑)、明日から小生にとっては新学期ですので、その準備などをして過ごしていました。というのも、明日から7月末まで、15回にわたって、毎週水曜日に1コマだけ、津市の江戸橋あたりへ非常勤で講義に出かけるのです。昨年度前期に引き続いてですが、今年度も依頼があったということは、昨年の授業では特段の不始末はしでかさなかったということでしょう(笑)。冗談はともかく、授業の資料は、昨年のものを何度か見直し、加除修正をほぼ終えています。
Dscn7759_800x592 出講先の短大、今日までオリエンテーションなどがあり、明日から授業開始です。昨年の例では、受講生は、1年生が2/3以上でした。授業は、1コマ90分。高校の授業はおそらく1コマが45~50分というのが多いと思うのですが、1年生の皆さんにとっては、それがいきなり倍というのは大変かも知れません。まぁ、明日の小生の授業では、オリエンテーションをした後、「自己理解の演習」ということで、自分自身の社会的スキルを知るための質問紙を行うつもりですから、何とか頑張ってもらいたいと思っています。
Dscn7463_800x537 さて、散歩にも行っていませんので、持ちネタから、近所にある専正寺の蛤Dscn7462_800x600 墳について書くことにします。専正寺は、桑名市今中町にある浄土真宗本願寺派のお寺。三龍山専正寺。寛永4(1627)年に「称念寺」として創建されています。承応元(1652)年、藩主松平定良公から境内地の寄付があり、その時に「正念寺」と改名しました。戦災にて焼失後、昭和22(1947)年に専久寺と合併して「専正寺」となっています。
Dscn7469_600x800
Dscn7467_600x800  この専正寺に「蛤墳(こうふん)」(市指定文化財)があるということは、桑名に来てすぐの頃から知っていたのですが、訪れたことがありませんでした。山門をくぐって、正面やや右手にありました。勝手に、もっと大きくて立派なものを想像していましたので、ちょっと拍子抜け。失礼な感想であります。
Dscn7471_800x600 蛤墳が造られたのは、文政6(1823)年です。このあたりは当時、今一色と呼ばれ、漁村でした。付近一帯にたくさんの貝殻が埋もれていたため、今一色に住んでいた谷氏が蛤供養のため、正念寺にこの蛤墳を建てました。大正12年(1923)には、時雨蛤業者によって建て替えられ、現在に至っています。
 この蛤墳の碑文は、桑名の狂歌師・黒沢行業(一雲山人)が書いています。行業は、奥平松平家の家臣。行業の息子は、国学者・歌人として知られた翁満(おきなまろ)です。
あまおふねのりのみ声にはまぐりの貝の耳にもとめてしのばむ
 ところで、このときはまったく失念していたのですが、専正寺には、あの鳥居強右衛門(とりいすねえもん)一族の墓7基もあったのです。不覚でした(苦笑)。もっともこういうことは、最近、たびたびです(爆)。
 鳥居強右衛門は、奥平家の家臣で(陪臣であったとも言われます)、戦国時代の足軽です。名は勝商(かつあき)か、とされています。強右衛門が、有名になったのは、天正3(1575)年の長篠の戦いの時です。
 強右衛門は、天正3(1575)年、長篠の合戦の前哨戦で、長篠城が武田勝頼の大軍に包囲された長篠城から脱出し、援軍依頼の使者の役割を果たし、帰陣の寸前で捕らえられました。そのとき、徳川・織田の援軍が来ることを大声で叫び、城内に告げたため磔刑(たっけい)に処せられていますが、結果的にこれが織田・徳川連合軍の大勝の大きな要因となったのです。この功績により、強右衛門の子・信商が、千石を与えられ、奥平家の重臣になっています。この逸話については、池波正太郎が、「炎の武士」(角川文庫)に書いています。
 詳細は、割愛しますが、松平(奥平)忠雅が宝永7(1710)年に備後国福山から桑名藩へ移封となり、鳥居強右衛門の子孫6代目強右衛門清商(きよあき)も桑名へ移りました。鳥居家の墓所は、最初は藩主ゆかりの桃林寺にあったのですが、松平家が忍藩に移封後は、真如寺が墓地を管理。それ以後、日進学校の拡長、都市計画などで無縁墓地となってしたのですが、戦後、この7基は奇特の人の世話で専正寺へ移ったといいます。専正寺に7代商宥、9代商義、10代商寿、11代商正などの墓碑が現存しているそうです。
 強右衛門一族のお墓も、今度尋ねて来ようと考えています。

|

« キンクロとソメイヨシノのコラボ写真……常信寺、本統寺の桜も | トップページ | 新学期第1回目は無事終了(たぶん)……伊勢別街道の話と、沿線の桜も »

寺院」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キンクロとソメイヨシノのコラボ写真……常信寺、本統寺の桜も | トップページ | 新学期第1回目は無事終了(たぶん)……伊勢別街道の話と、沿線の桜も »