« 「九華公園の野鳥たち」パネルのライトアップ……PRです | トップページ | 堀巡りの舟から逃げるオオバン、ユリカモメとゴイサギ飛来、ツバメも……九華公園でライブも楽しむ »

2017年4月 2日 (日)

改めて灯街道・桑名宿のイベントを見てきました(4/1)

Dscn6956_800x591

 3月30日から始まった灯街道・桑名宿のイベント、早くも最終日になりました。初日に見てきたものの、やや早い時間でしたので、暗くなってからの様子も見たいと思い、昨日(4/1)、もう一度見てきました。19時半から21時、船津屋、七里の渡し跡、吉之丸コミュニティパーク、九華公園、吉之丸コミュニティパーク、花街界隈、住吉神社と回って来ました。冒頭の写真は、吉之丸コミュニティパーク。灯りは、このイベントのシンボルマークをかたどっています。物産販売ブースも出ています。なお、この記事の写真は、すべてコンデジ(Nikon Coolpix)の夜景モードで撮りました。
Dscn6883_600x800 船津屋さん。前の記事(灯街道・桑名宿のイベントを覗いてきました(3/30)Dscn6888_800x615 にも載せましたが、やはり暗い方が情緒が増した気がします。右の写真、もう少しなんとかすればよかったのですが、鋳物燈籠から漏れた灯りが、壁に映っているところがおもしろい感じがしたのです。蛤と、木曽三川の模様がほのかに見えています。
Dscn6991_800x600 七里の渡し跡の鋳物燈籠と、伊勢一の鳥居。向かって左には、わずかに常夜灯も見えるように撮って見ました。この写真、地面に這いつくばって、ローアングルから見上げるもので、ちょっと苦労しました(苦笑)。
Dscn6985_581x800 灯街道・桑名宿のイベントでは、やはり七里の渡し跡から蟠龍櫓のあたりがDscn6895_609x800 もっとも楽しめるところだと改めて思いました。左の写真は、七里の渡し跡から、蟠龍櫓へと昇る、緩い坂で撮ったもの。奥に蟠龍櫓と桜の気が写っています。ただし、桜はまだほとんど咲いていませんでしたので、ピンク色に見えるのは、光の加減かなにかによります。右の写真は、同じ坂道で、もう少し南側によって撮ったもの。
Dscn6901_800x575 蟠龍櫓を、揖斐川の下流側から見た景色。蟠龍櫓のライトアップは、いDscn6899_800x600 つも行われていますが、そこに鋳物燈籠の灯りや、七里の渡し跡の鳥居も。右は、蟠龍櫓の南、三の丸公園にある桜。ここは少し咲いていました。
Dscn6919_600x800 吉之丸コミュニティパーク入り口にある本多忠勝公銅像。夜見ると、またDscn6912_800x600_2 かなり違った雰囲気です。ここから、吉之丸コミュニティパークの芝生広場までは、竹を切ってつくられた竹灯籠が並んでいます。ろうそくが入れられていますので、灯りが揺れて、幻想的といってもよい雰囲気を醸し出しています。
Dscn6931_800x600 九華公園、吉之丸堀。花菖蒲園に渡る橋のあたりから、東を向いて撮っています。堀には、灯りの入った水燈籠が浮かべられ、桜のライトアップもなされていますが、ちょっとよく分からない写真になってしまいました。舟も運航されているのですが、これでは見分けがつきません。雰囲気だけでもお酌み取りください。
Dscn6932_800x541 奥平屋敷跡には、堀巡りの実行委員会がつくった一群の燈籠が飾られています。九華公園の中では、これがもっとも見事でした。
Dscn6944_800x530 夜桜は、九華公園の本丸跡、西側(時計塔の裏)で撮ってきました。公園内では、ここの桜が毎年、もっとも早く咲きます。このあと、吉之丸コミュニティパークに戻り、物産販売所で、後藤酒造場の青雲(樽つめ)と、濁り酒を購入。その場で、愚息と賞味してきましたが、青雲の方は、樽の木の香りがして、最近飲んだ中ではベストでした。濁り酒もいけました。樽詰めの青雲を瓶に移してもらって、お土産に(笑)。
Dscn6958_800x512 帰りは、花街界隈を通ろうということで、料亭柿安の前から、旧・灯街道Dscn6961_800x600 へ。花街界隈もなかなか良い感じでした。

Dscn6963_800x600

 左は、歌行燈本店。右は、割烹日の出。前の記事(灯街道・桑名宿のイDscn6967_800x585 ベントを覗いてきました(3/30)) にも載せましたが、灯街道提灯も、鋳物燈籠も景色に溶け込んでいる感じです。とくに日の出さんのお店には、店名を示す燈籠がもともとあるようで、マッチしています。
Dscn6996_800x600 再び七里の渡し跡に戻り、ここからは、いつもの散歩コースのように、揖斐川堤防から住吉神社を通って戻ってきました。蟠龍櫓が、七里の渡し跡の水に映り、なかなか見応えのある景色です。
Dscn7001_800x545 この景色、前の記事(灯街道・桑名宿のイベントを覗いてきました(3/30))の最後に冗談半分で紹介しましたが、拙宅マンションと、住吉入江を東から(住吉ポンプ場の南東)眺めたものです。自画自賛でありますので、お気になさらないでください(苦笑)。

|

« 「九華公園の野鳥たち」パネルのライトアップ……PRです | トップページ | 堀巡りの舟から逃げるオオバン、ユリカモメとゴイサギ飛来、ツバメも……九華公園でライブも楽しむ »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。
灯りのイベント、やはり暗いときにも見たいと思い、息子を誘ったら行くという返事でしたので、出かけてきました。

燈籠は、電灯や、LEDが入っているものと、ろうそくが入っているものとありました。
1つずつ付けて廻り、また、消さねばなりませんので、大変な手間だと思います。
来年も開催されるはずですので、またお越しください。

最後の写真、わが家では、長島温泉のホテル花水木にも負けないなどと盛り上がっていました(笑)。
灯りが水に映るという演出は、来年、是非取り入れてもらいたいと思います。

投稿: mamekichi | 2017年4月 3日 (月) 08時20分

ひらいさん、おはようございます。
灯街道・桑名宿イベント、あっという間でした(が、2回も行きました……笑)。
小声で言いますが(笑)、例によって、一部で盛り上がっているという面も否定できません。
もっと市民参加型のイベントがあった方がよいように思います。

夜の野鳥図鑑までわざわざご覧くださって、ありがとうございました。
野鳥のパネルは、まつり終了後も処分はされないと思います。
個人的には、「今見られる鳥」といった形で、数を絞って掲出できたらいいかなと思ったりしています。

投稿: mamekichi | 2017年4月 3日 (月) 08時16分

mamekichi先生、こんばんは。

むふふふふ♪ 待った甲斐がありました。
やはり、暗い方が良いですね。

本田忠勝像、実際に見たら、怖そうですね。迫力があります。
竹灯籠は、ろうそくが入っていたのですね。
全部電灯かと思っていたので、火が入るなら、やはり行けば良かったと後悔しています。

最後のお写真、先日はコメントできませんでしたが、わかりましたよ。
幡龍櫓のところもでしたが、水に映るというのは、なんとも幻想的で良いものですね。

これで桜が咲いていたら・・・季節モノは難しい~。

投稿: おユキ | 2017年4月 2日 (日) 21時49分

mamekichiさん、こんばんは!

灯街道・桑名宿イベント、あっという間に終わってしまいましたね、実は4日間しか開催しないという事を本日まで知りませんでした。しかも今日がその最終日、慌てて今晩行って来ました、ただ吉之丸コミュニティパークのイベントは行くの忘れてました。(笑) mamekichiさんの写真を見て楽しませて頂きました。夜の野鳥図鑑も、しっかりと確認させて頂きましたよ。

投稿: ひらい | 2017年4月 2日 (日) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「九華公園の野鳥たち」パネルのライトアップ……PRです | トップページ | 堀巡りの舟から逃げるオオバン、ユリカモメとゴイサギ飛来、ツバメも……九華公園でライブも楽しむ »