« 花筏に挑戦……ツバメは巣の材料集めに小学校に | トップページ | 2010年12月以前の記事はlivedoorのブログをご覧ください »

2017年4月14日 (金)

弥富のサギ山で「18禁画像(笑)」……弥富野鳥園と三ツ又池公園へも

Img_8178_800x533

 もう桜に飽きたということではありませんが、今日は、気になっていたサギ山を見に行ってきました。場所は、愛知県弥富野鳥園の近く。JRAのトレーニングセンターの南です。この写真で、木々の中に点々とある灰色の物体、ほとんど全てがアオサギです。とても全部は数えられませんでしたが、80羽以上は確実にいました。
Img_8107_800x575 ブロ友のひらいさんの情報によれば、すでに1月29日にはかなり集まっていImg_8117_800x581 たようです(安心の場所)。小生も、2月8日に一度見てきましたが(ミコアイサ、三ツ又池公園に再登場……弥富のサギ山も)、そのときはまだ20羽あまりでした。
Img_8193_800x543 さて、いきなりで恐縮ですが、ここからはたぶん「18禁画像」です。18歳未満Img_8196_800x565 の方は、ご遠慮ください(苦笑)。様子が不審な2羽のアオサギを見つけ、連写致しました。両方とも嘴はピンク色で、繁殖期真っ最中を示しています。1羽が、もう1羽の上に乗って、この一連の行動が始まったのです。上に乗っている方、何やら目が血走っているような気がします。
Img_8203_800x584 しかも、このペアのすぐ側には、他にもアオサギが3羽ほどいたのですが、Img_8208_800x536 それにはまったくお構いなしで、この行為に及んだようです。後方にいた2羽は、素知らぬ風を装っていたと思えたのですが、向かって右にいるアオサギさん、始めから終わりまで、何やら不機嫌そうな、憮然とした表情に見えて、笑えました。
Img_8212_800x522 「18禁画像」の最後に笑えるシーンを。左の写真、よくご覧ください。上に乗っていた方(こちらが当然オスだと思います)、何だか「ガニ股」になっていました。いやぁ、アオサギさんには脱帽です(爆)。
Img_8282_800x548 雛がいた巣は、気づいた限りでは1つだけでした(去年のゴールデンウィークには、もっとありました)。巣に2羽の雛がいるのがお分かり頂けるでしょう。すでにアオサギの貫禄が備わっているように見えます。
Img_8125_800x566 結局30分あまり見ていたのですが、いろいろなシーンが見られました。まImg_8355_800x539 だまだ巣の材料にする枯れ枝を運んでくるアオサギさんはたくさんいます。他のシーンもあったのですが、左の写真のアオサギさん、何やら慌てているようにも見えて、おもしろかったのです。かなり大きなというか、長い枝を持ってくるアオサギもたくさんいます(右の写真)。
Img_8246_800x589 こちらは、けっこう大きな魚を咥えて戻ってきたところ。魚の種類までは分かりません。雛の餌なのでしょうか? 降りるところまでは見えませんでしたので、残念ながら、詳細は不明です。
Img_8307_800x552 これだけたくさんが一箇所に集まっていますと、あちこちで小競り合いとImg_8310_600x800 思われることもよく起きていました。この2は、あまり切迫感は感じられないのですが、小競り合いの後飛び立ち、追いかけ合いをしていました。
Img_8142_800x589 このサギ山、アオサギがほとんどなのですが、わずかにダイサギも見られました。確認できたのは、4羽ほど。ただし、陰になっていて見えないものもいるかも知れません。
Yachouenstamp_800x589 クルマを弥富野鳥園に止めていきましたので、帰りにはDscn7933_800x600 野鳥園も覗いてきました。平日は空いています(本館利用者名簿は、小生を含め、3名!)。今日は、本館にも行ってきました。2階は剥製室・資料室などがあり、今日は、「野鳥写真展」が開かれていました。3階には、大型双眼鏡が設置された展望室があります。ここで、名古屋からいらしたご夫婦といっしょになり、サギ山で撮ってきたばかりのアオサギの写真を見ていただきました。「ここの望遠鏡で見るよりよく分かる」と感心されました(微笑)。
Dscn7934_800x600 本館の南西には、「野鳥観察路」が設けられていましたので、行ってみたImg_8366_800x546 のですが、池には遠く、カワウやマガモ、キンクロなどがいるのが分かったくらい。
Dscn7940_800x600 まだ10時半で、昼までには時間がありましたので、ついでに、同じ弥富市Img_8408_800x533 内の三ツ又池公園へも寄ってきました。小生にとってはバードウォッチング・スポットなのですが、世間的には、芝桜で有名です。
Img_8466_800x533 九華公園で管理人さんから「春のお花スポットめぐり」のスタンプラリーのImg_8468_800x533 用紙をもらっていましたので(リンク先は、昨年度の情報しかありませんでした)、「たまには、今までやったことないこともしてみるか」と思い、スタンプをもらいがてら、鳥を見に行ったという次第です。賑わっていました。
Img_8472_800x601 三ツ又池公園の、これからのシーズンの主役は、カイツブリ。去年は、雛

Img_8452_800x570

が孵って、親の背中に乗っているところを写真に撮っています(2016.6.5;カイツブリの雛が親の背中に乗ったシーン、カイツブリの餌やり、そして、カイツブリのふ化前後の様子……弥富・三ツ又池公園再訪で大いに成果あり)。今年もまた是非、確認に来ようと思っています。
Img_8426_800x619
 カモたちはもうかなり少なく、ヒドリガモが10羽くらいと、コガモが12羽ほImg_8433_800x548 ど。たくさんいたハシビロガモは、まったく見られませんでした。カルガモも後で述べますが、2羽くらい。
Img_8457_800x558 オオバンは、池のあちこちに散らばっていましたが、合計10羽。一部は、中之島の西側で上陸して餌を食べていました。
Img_8435_800x563 中之島からカモを見ていて、ふと足下を見たら、カルガモが2羽。しかし、向かって左のカルガモさん、褐色の模様はあるものの、全体的にけっこう白っぽいので、驚きました。あの「美白スズメ」に倣っていえば、「美白カルガモ」(笑)。突然変異なのか、他の種類のカモとのハイブリッドなのか? 聞いてみたのですが、応えてくれませんでした(苦笑)。
Img_8504_800x535 明日は天気があまり優れないという予報です。九華公園の桜祭りの最終Img_8514_800x576 日なので、行ってきたいと思っているのですが、どうでしょう。最後の2枚は、拙宅前の桜並木で、スズメがソメイヨシノの花を落としている証拠写真(笑)。ヒヨドリなどもしているかも知れません。

|

« 花筏に挑戦……ツバメは巣の材料集めに小学校に | トップページ | 2010年12月以前の記事はlivedoorのブログをご覧ください »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。
弥富のサギ山、実は、前日(木曜)にここを通って、「たくさんいるな」と思い、急遽行ってきました。
行ってきてよかったですねえ(爆)。
まさか18禁シーンまで見られるとは思いませんでしたし。
おっしゃるように密集していますよね、あれはあれで何かメリットがあるのでしょうね。

三ツ又池公園、今日(4/15)のイベント準備が行われ、駐車場が半分しか使えず、大混雑していました。
カモは少しだけが、池の中央に集まっていました。
カイツブリは、まだ巣も作っていませんでした。

ひらいさんのブログ、拝見しました。
後ほどコメントさせていただきます。
コアジサシ、去年のあそこに

投稿: mamekichi | 2017年4月15日 (土) 15時31分

mamekichiさん、おはようございます!

弥富のサギ山、凄い状態になっておりますね、これだけ広い山なので、もっと分散すれば良いのに、やたら密集しております、集団生活が好きなのでしょうか。そして18禁シーン(笑)、もう誰もこの子達を止められないですね。時期になると繁殖活動を始めるとか、野鳥達の習性も面白いです。

そして三ツ又池公園、芝桜が満開ですね、人が多くなるとカモ達も気になってどこかに移動してしまいそうです。

と言うことで、本日(4/15)早朝より、mamekichiさんと同じコースを楽しんで来ました。(笑) サギ山での撮影結果も上々(笑)、三ツ又池公園は、芝桜まつり開催中だったので寄らず(遠くから芝桜は撮影しました)、最後にコアジサシの営巣地を確認して、今戻って来ました。残念ながらコアジサシはまだ来てないようでしたが、4月中にか来てくれるかなと思っております。

投稿: ひらい | 2017年4月15日 (土) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花筏に挑戦……ツバメは巣の材料集めに小学校に | トップページ | 2010年12月以前の記事はlivedoorのブログをご覧ください »