« かわいいエナガ……小学生たちに「鳥博士」と紹介された余談(苦笑) | トップページ | 強風にもかかわらず鳥は多し(ただし証拠写真ばかり)……余談もあり »

2017年3月 1日 (水)

パラミタミュージアム(三重県菰野町)で「歌川広重 二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版」展を見る

Dscn5541_800x600

 午前中は晴れ、午後からは曇ってきて、15時頃から雨が落ちてきました。今Dscn5499_800x600 日は、曇ってこない内にと、こちらへ外出。といっても、これだけでお分かりになる方は少ないでしょう(微笑)。左の山は、御在所岳。わが家からも見えますが、すぐ近くまで行きました。右は、近鉄湯の山線の大羽根園駅前。
Dscn5508_800x578 実は、三重県菰野町にあるパラミタミュージアムで、「歌川広重 二つの東Dscn5506_800x600 海道五拾三次 保永堂版と丸清版」という展覧会を観に行ったのです。
Dscn5486_800x600 わが家辺りの方であればクルマで行く方が多いと思いますが、小生は、近Dscn5487_800x586 鉄電車で。桑名駅発8時57分の準急で四日市まで(準急とはいえ、富吉からこちらは各停)。三重県に住んで30数年になりますが、近鉄湯の山線にはまだ乗ったことがなかったのと、昨年末、近鉄あみま倶楽部に入り、乗車券、特急券の割引がきくのです(右の乗車券をよくご覧いただくと、「あみま割」と表示があります)。乗車券は2割引(ただし、特急停車駅でないとこの割引は扱ってもらえません。帰りはICカード利用)。
Dscn5491_800x600 近鉄四日市で湯の山線に乗り換え。9時31分発。初めての経験で、ドキドキDscn5494_800x600 (笑)。いわゆる「鉄ちゃん」ではありませんが、電車や鉄道、駅その他には興味はあります。電車には、湯の山温泉開湯1300年ということで、それを記念するヘッドマークがついていました。パラミタミュージアムの最寄り駅が、大羽根園で、ここには9時53分着。
Dscn5496_800x600 左は大羽根園駅のホーム。目の前に鈴鹿の山並みが見えます。わが家かDscn5501_800x599 らも見えますが、菰野町はその麓の町ですから、すぐ間際という感じ。駅前のコンビニの背後に御在所岳というロケーション。コンビニの向こう、左手の高い山が御在所岳です。
Dscn5544_800x599 大羽根園駅です。記憶では、昔からこんな風だったように思います。駅員Dscn5550_800x600 さんはいません。自販機も、切符売り場もありません。ホームは単式で、入り口近くに、右の写真のように、ICカードをタッチする機械2台と、乗車票発券機があります。典型的なローカル駅という感じ。
Hiroshige1_568x800 前置きが長くなりすぎました。「歌川広重 二つの東海道五拾三次 保永Hiroshige2_568x800 堂版と丸清版」展は、¥1,000。歌川広重(1797~1858)は、 天保3年(1832) 、 京都御所へ御料馬を献上する「八朔御馬進献」の行事を記録する命を幕府から受け、江戸から京都へ上り、このときのスケッチをもとに「東海道五拾三次之 内」を出版しています(はじめ保永堂と遷鶴堂から共同出版、 のちに保永堂からの単独出版)。天保5年(1834)、53ヶ所の宿場に日本橋と京都を加えた大判錦絵全55図を完 結したといいます。これが好評を博したことで、名所絵師としての地位を築いた広重は、20種以上もの東海道シリーズを残しています。画題が隷書体で書かれていることから「隷書版東海道」ともいわれる「丸清版の東海道五拾三次」もその一つで、嘉永2年(1849)、丸屋清次郎の寿 鶴堂から出版されました。今回の展覧会では、「保永堂版」と「丸清版」の2種類が同時に展示されて、比較できるようになっています。さらに、大正時代に撮影された宿場町の写真、平成に入ってからの写真も併せて見られるという企画になっています。
 五拾三次の浮世絵、各地の有名なものや、地元三重県を描いたものは、これまでにも本などで見ましたし、実物も一部は博物館などで見たことがありました。しかし、実物が一度にこれだけ見られるという機会はなかなかありません。しっかり堪能してきました。「保永堂版」と「丸清版」の比較はもちろん興味深いものがありますし、大正、平成に撮影された写真とも見比べられるというのは、おもしろい企画です。
Dscn5563_800x695 こちら、図録に載ったものを撮影しました。地元、桑名です。上が、保永堂版」で、「七里渡口」というタイトル。接岸しようという船の背後には、桑名城が描かれていますが、この時代、すでに天守閣は焼失して、ありません。蟠龍櫓が描かれているとされます。下の「丸清版」では、渡しの道中、船上での旅人の様子が描かれ、背後には桑名城と思われる城が見えています。
Dscn5566_800x532 浮世絵は、現代では、一般に多色摺りの木版画錦絵を指します。絵師が描いた原画を彫り師が木版にし、その後、色を重ね刷りしていきます。今日の展覧会では、この「庄野 白雨」を例に、どのように色を重ねていくかも展示されており、これまた興味深く見てきました。記憶では、13回重ね刷りしてありました。
Dscn5514_800x631 広重を見終えて出てきたら、ちょうどこのからくり人形「納曾利(なそり)」Dscn5516_800x600 のデモンストレーションが始まるところでしたので、それも見てきました。制作者は、二代目萬屋仁兵衛<よろずやにへい>さん。舞の途中で人間から龍神へ早替わりするシーンもあります。
Dscn5523_800x609 仕掛けは、絹糸をより合わせた紐とセミクジラの鬚でできたバネが使われており、伝統技術そのものなのですが、人間が操作するのではなく、コンピューター制御で行われていました。舞台の下を覗いてみると、それがよく分かります。
Dscn5562_800x647 ということで、1時間半近く楽しんできました。帰りにミュージアムショップで、図録と「桑名 七里渡口」の表紙のメモ帳をお買い上げ(笑)。図録があると、どうも欲しくなるという悪いクセがあります(\1,700)。メモ帳も、どうしたものかと思ったのですが、\125でしたので、まぁいいかと。
Dscn5555_800x600 大羽根園駅11時35分発の電車で、近鉄四日市経由、帰途へ。帰りに桑名駅近くで用事を済ませ、1時頃帰宅。買ってきた図録を見直して、楽しもうと思っています。明日は雨のようですが、午後、特別支援教育支援員養成講座で講師を務めます。昼前に出かけ、先日と同じく、名古屋国際センターへ。

|

« かわいいエナガ……小学生たちに「鳥博士」と紹介された余談(苦笑) | トップページ | 強風にもかかわらず鳥は多し(ただし証拠写真ばかり)……余談もあり »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。
パラミタミュージアム、初めて行ってきました。
これまでいくつか見てみたい展覧会があったのですが、ようやく実現です。
北斎の展覧会も見てみたかったものでした。
パラミタは、般若心経にある文言の「波羅蜜多(はらみた)」から来ているようですね。

今回の広重の五拾三次は、2つのバージョンと写真とを見比べられますし、「庄野 白雨」を例に、どのように刷り上がっていくのかも示されていますので、私はとても楽しめました。

ところで「鳥博士」というのは、大げさですねぇ。
素人の暇つぶしですから(爆)。

寺町の河津桜、全体としてはまだもう少し先の方が楽しめます。
寺町堀の方の並木も、チラホラ咲いてきています。

投稿: mamekichi | 2017年3月 3日 (金) 19時19分

こんばんは
パラミタに行かれたんですね。
以前、北斎の時に行ったことあって、
今回の広重も行きたいなあと思ってたところです。
池田満寿夫さんの作品もあり
般若心経からパラミタと名付けられたようですね。

鳥博士…そろそろメ〜テレが。なっちゃんが(笑)

寺町の河津桜もうちょっとですかね(^^)

投稿: こころん | 2017年3月 3日 (金) 18時36分

ミリオンさん、こんにちは。

確かに大羽根園の駅の近く、整体院がありました。
そこに通っていらっしゃったのでしょうか。

パラミタミュージアム、私も行ってみたいと思いつつ、昨日が初めてでした。
庭は、散策ができるようになっていて、おっしゃるように山野草もあるようでした。
御在所岳もすぐ目の前に見えて、いいところです。

歌川広重の東海道五拾三次は、この2つ以外にもたくさんのバージョンがあるそうです。
桑名といえば、やはり保永堂版の「舟と蟠龍櫓」が有名ですよね(これは、桑名市博物館の2階にも飾ってあります)。

投稿: mamekichi | 2017年3月 2日 (木) 10時41分

こんばんは、大羽根園駅の名前懐かしいです。
随分前に大羽根園駅近くの整体に通ってました。
パラミタミュージアムには行ったことないです。
庭には山野草が咲いてるそうですね。
歌川広重の東海道五拾三次は二つの東海道五拾三次があるんですね。
蟠龍櫓と船のやはり見るなら自分の住んでる所が見たいですね。

投稿: ミリオン | 2017年3月 1日 (水) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かわいいエナガ……小学生たちに「鳥博士」と紹介された余談(苦笑) | トップページ | 強風にもかかわらず鳥は多し(ただし証拠写真ばかり)……余談もあり »