« 心理アセスメントに関する情報……DN-CAS事例集と、WPPSI-3の発売予定 | トップページ | 九華公園のソメイヨシノ、一部のつぼみがピンクに »

2017年3月23日 (木)

ユリカモメの乱舞……椿にメジロ、スズメの砂浴びなども

Dscn6433_800x600

 薄曇りでしたが、昼くらいからは日差しも感じられるようになりました。午前Dscn6453_800x547 中は所用がありましたので、散歩は午後から。14時過ぎから2時間ほど、九華公園まで。公園内を一周して、帰宅。それでも4.4㎞。暖かかったので、散歩する人や、スケッチをするグループ、行楽に来たと思われる方などたくさんでした。
Dscn6444_800x600 今日は、月末には北へ帰ってしまうであろうユリカモメの特集。というのも、知り合いの方が餌をやるところに遭遇し、あれこれ撮れたからです。本題に入る前に余談(笑)。左は、コンデジ写真(Nikon Coolpix s7000)です。デジイチで撮っていたのですが、途中思いついてコンデジで撮ったもの。パソコンで見てビックリ。こっちの方がよく撮れていました(苦笑)。ピントが合う範囲が広いのでしょう。
Img_4346_800x548 餌をやっているすぐ側で100以上撮ってきました(ここからは、デジイチ写Img_4350_800x549 真)。55mmで、トリミングはしてあります。左、ちょうど餌のパンの切れ端をキャッチするところ。右は、また別のユリカモメですが、パンをキャッチしたところ。クリックして拡大の上、よくご覧くだされば幸いです。
Img_4347_800x533 こちらは、途中でドバトまでもが参戦してきたところ。笑えました。ドバトも餌ゲットには必死ということです。3羽くらいのドバトがやって来ていました。残念ながら、ドバトにはピントは合っていません。
Img_4365_800x533 そのほか、これらのシーンも。左のようなシーンが目の前で展開されていまImg_4393_800x546 したので、けっこう迫力がありました。ちょうど堀を渡る橋のところで餌をやっておられましたので、中には橋に降りて休んだり、次のチャンスを狙うユリカモメたちもいました。
Img_4322_800x533 餌やりが始まる前、近くの小屋の屋根で休むユリカモメたち。ユリカモメImg_4323_800x533 は、去年のデータですと、3月中には九華公園から姿を消します。こういうところが見られるのもあとわずかということです。ユリカモメ、今日は46羽。カモは、キンクロハジロのみで、32羽。
Img_4422_800x619 公園の外周遊歩道の東では、椿にメジロ。鳴き声は複数でしたが、外にImg_4426_800x593 出てきたのはこの1羽のみ。右の写真、写真としてはどうかと思いますが、こんなに花の奥まで顔を突っ込んで蜜を吸うという証拠です(微笑)。
Img_4433_800x568 ゴイサギは、やはり1羽のみ。葉っぱの奥に隠れているのをかろうじて確認できました。九華公園で他に見たのは、ムクドリとツグミ、ヒヨドリくらいでした。午後のこの時間帯では、野鳥はあまりいません。
Img_4299_800x543 九華公園に行く前、吉之丸コミュニティパークでは、スズメが砂浴びをしImg_4306_800x544 ているところを見つけました。といっても、左の写真のスズメさん、「砂に浸かっている」という感じで、動いてはいませんでした。他にもスズメがいました。右の写真のように、穴が開いていましたので、5羽くらいが砂浴びをしていたと思われます。
Img_4302_800x595 スズメたちもそろそろ繁殖期だろうと思います。去年は、たとえば旅館・山月のあたりなどで営巣している様子が見られましたが、まだ今年は巣作りをしているところには気づきません。
Img_4291_800x588 オシマイは、またもやトビの証拠写真(苦笑)。長良川の上空あたりを飛んでいました。写真に写っている建物や鉄塔は長島町内のもの。右下に霞んでいるのは、名古屋駅前の高層ビル。

|

« 心理アセスメントに関する情報……DN-CAS事例集と、WPPSI-3の発売予定 | トップページ | 九華公園のソメイヨシノ、一部のつぼみがピンクに »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。
寒暖が定まらず、体調管理が大変ですね。

コンデジも、デジイチも、カメラの性能とシャッターチャンスに恵まれたお陰で何とか見られる写真になっています(笑)。
コンデジは、思わぬ時にピントが合っていなかったりということもあり、油断できませんが、基本的な性能は確かですね。

あの場所には、ドバト、ユリカモメ、そして堀にはキンクロハジロがいました。
運動性能はユリカモメが最も優れているようですが、ドバトも懸命に飛び込んできました。

ユリカモメは3月中にはいなくなるでしょうし、キンクロハジロも連休前には北へ帰ってしまいます。
もうしばらくですが、楽しませてもらいたいと思っています。

投稿: mamekichi | 2017年3月24日 (金) 14時00分

こんにちは
コンデジもデジイチもうまく撮られてますね。
スマホカメラに押されてるようですが
今のコンデジは侮れませんね。
鳩の嘴の大きさはユリカモメに負けそうですが
一生懸命なところがいいですね!
3月いっぱいで少し寂しくなりそうですね。

投稿: こころん | 2017年3月24日 (金) 10時42分

ミリオンさん、おはようございます。

ユリカモメたちは、今月末には九華公園から姿を消します。
ただし、去年、4月以降も、江戸橋通いの電車の中から、水田などにいるところを見ました。

パンをキャッチするところは、まさに「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式のお陰で捉えられました。
これは、冗談のようですが、本当のことで、たくさん撮った中からよいものを選んでいます。
百発百中とはとても行きません。

ユリカモメの夏羽は、頭が黒くなります。
ネットで検索していただくと写真が出てくると思いますが、なかなかユーモラスです。

ミリオンさんのお宅あたりにもツバメが来ているんですね。
本当に春ですよね。
そのうち、ツバメの子育ても始まります。

投稿: mamekichi | 2017年3月24日 (金) 08時28分

こんばんは、ユリカモメもそろそろ北の地へ向かう頃なんですね。
パンをキャッチする所うまく撮れてますね。
ユリカモメのほっぺが黒っぽくなってるのは夏羽なんですね。
今朝、出かける時にツバメの鳴き声が聞こえていました、
もうツバメが来て春なんだなぁと思います。

投稿: ミリオン | 2017年3月23日 (木) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心理アセスメントに関する情報……DN-CAS事例集と、WPPSI-3の発売予定 | トップページ | 九華公園のソメイヨシノ、一部のつぼみがピンクに »