« 今日もユリカモメの乱舞に、セグロカモメの幼鳥 | トップページ | シメのアクロバットと、ジョウビタキの個体識別の話……途中から降られました(苦笑) »

2017年2月13日 (月)

久しぶりに九華公園にアオサギ……ポンプ修理で堀の水位が下がり、ユリカモメもカモも戸惑う

Img_7889_800x543

 もう見限られたのかと思っていました。ずいぶん久しぶりに九華公園にアオサギさんが登場! 鎮国守国神社の社務所裏の「新お立ち台」にです。このアオサギさん、実は、まずは奥平屋敷跡のステージの裏、「お立ち台」と呼んでいるところにいたのですが、気づかず接近してしまい、いったん逃げ逃げらレ真下。その後、このお立ち台に戻り、さらにここに移動してきたものです。九華公園でアオサギを見たのは、去年の秋以来だと思います。
Dscn4783_800x600 その九華公園、今日は、堀の水を排水するポンプの修理が行われていましImg_7719_800x521た。修理の内容は承知していませんが、大型のクレーン車も入るなど、かなり大がかりに行われていました。
Pump_800x443_2  場所は、この地図で赤丸を付けたところです(ポンプに加え、水門もあります)。九華公園の堀は、地図にもありますが、野球場の東側に揖斐川からの導水路があり、ここから水を入れます。排水は、このポンプの北にある三の丸水門を通して行われます。
Dscn4793_800x592 ポンプの修理を行うためには、堀の水位を下げる必要があるということで、数日前から準備されていました。写真は、九華公園の外周にある遊歩道の南あたりのようす。堀と行っても浅いもので巣から、そこが見えているくらいでした。あちこちにある「捨て石」もかなり露出。
Img_7757_800x571 二の丸橋の下辺りでは、ご覧のように、ユリカモメたちがたむろしている有様。先月中旬の「ユリカモメ・オン・アイス」もなかなか見られない光景でしたが、これまた珍しい景色。こういう状況に落ち着かないのか、ユリカモメたちは、野球場のフェンスや、二の丸堀、吉之丸堀を飛び回って、ウロウロしていました。ちなみに今日は、86羽。
Img_7734_800x534 カルガモは、九華橋の北にいたのですが、思うように泳ぎ回れず、ちょっImg_7859_800x572 と気の毒でした。カモは、合計50羽。ハシビロガモのペア1組の他は、キンクロさんと、いつもと同じでしたが、やはり落ち着かないのか、いつもならめったにいない、三之丸町内側の堀にも集まっていました。
Img_7723_800x578 ゴイサギ&ホシゴイは、いつものように、鎮国さんの社務所の裏に、ゴイImg_7740_800x584 サギ2羽と、ホシゴイが1羽。左のゴイサギさんは、ずっと同じところにいたのですが、右のゴイサギは、初めは見えないところにいました 。が、突然、「ゴイサギ汁」を発射したのち、登場(笑)。
Img_7728_800x594
 ホシゴイは、最近の定位置である、クスノキのてっぺん辺りに。ここにいImg_7869_800x548 てくれると、稲荷社の参道からもよく見えます(右の写真)。
Img_7795_800x567 今日の九華公園は、カワラヒワやツグミはあちこちにいましたが、他の鳥たちはほとんどいません。シジュウカラの声も聞こえてはいたものの、シメ、ビンズイ、ジョウビタキなどはまったく見かけませんでした。岐阜の南濃町からいらしたというバードウォッチャーの方とお話ししたのですが、残念がっておられました。ヒドリガモやホシハジロもご覧になりたかったようです。
Img_7914_800x534 今日の散歩は、8時45分から11時半。住吉神社、九華公園、貝塚公園、京町、寺町と6㎞ちょうど。写真は、貝塚公園の白梅。梅そのものも楽しみたいのですが、「梅にメジロ」、通称「ウメジロウ」を撮りたいのですが、メジロたちが梅の木にやってくるのにはもう少しかかるかも知れません。
Dscn4792_600x800 九華公園についての余談。鎮国さんの宮司さんに教えていただきました。九華橋(管理事務所近くの橋)を渡って、左手に鎮国さんの鳥居があります。そのすぐ側にクスノキの大木があります。廻りに、石柱が立っていて(ただし、かなり傾いたり、沈下したりしています)、以前から、何だろうと思っていました。このクスノキ、今上陛下のご生誕記念で植えられたものだそうです。石柱に何か刻まれていないか、見たのですが、何もないようでした。

|

« 今日もユリカモメの乱舞に、セグロカモメの幼鳥 | トップページ | シメのアクロバットと、ジョウビタキの個体識別の話……途中から降られました(苦笑) »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日もユリカモメの乱舞に、セグロカモメの幼鳥 | トップページ | シメのアクロバットと、ジョウビタキの個体識別の話……途中から降られました(苦笑) »