« 「九華公園の野鳥たち」(続編)は、ほぼ一区切りか……今日も蟄居中 | トップページ | 今日も蟄居……正受老人の「一日暮らし」が気になる »

2017年1月24日 (火)

朝日町歴史博物館へ真田信繁(幸村)の書状を見に行く

Dscn4275_800x600

 今朝は、うっすら雪化粧していました。山陰地方を中心に大雪となっていDscn4272_800x600 て、鳥取ではクルマ100台以上が立ち往生といいますから、これくらいは大したことはないと思わないといけません。天気予報は、午前中は雪がちらつくということでした。昨日、一昨日と外出しませんでしたので、どうも落ち着かないでいました(苦笑)。
Dscn4290_800x600 それで、11時前から、雪が舞う中、こちら、朝日町歴史博物館まで出かけてDscn4285_600x800 きました。朝日町は、桑名の南となり、わが家からは国道1号線経由で20分弱。この博物館で、今月14日から2月12日まで、企画展「むかしむかし-歴史と伝説」が開催されています(こちらに毎日新聞の記事へのリンクがあります)。
Dscn4287_800x438 その中で、大坂の陣で活躍した戦国武将、真田信繁(幸村)直筆の手紙が公開されていますので、それを見に行ってきたという次第です。この手紙は、縦16cm、横93cmで義兄の小山田茂誠に宛てられたものです。信繁は、関ヶ原の戦いに敗れた後、和歌山の九度山に流された境遇を嘆き、「ことのほか病気がちになり、歯も抜け、ひげも黒いところはあまりありません」とつづられているそうです(興味はあるものの、さすがに古文書は、読めません)。手紙は、東京大史料編纂所に写しはあったようですが、本物の所在が分からなくなっていたところ、昨年10月に県内の収集家の男性が古書店で発見し、博物館に寄託したといいます。
 写真は、看板にあったものを撮って、載せています。日付は、「二月八日」とあるのですが、何年かは書かれていません。内容からは、信繁40歳前後のものと推定されています。本文の行間に「追而書」(現在で言えば、追伸)が書かれていました。
 前段に引用した「ことのほか病気がちになり……」の部分は、この「追而書」の最後に次のようにあります:
我々なども去年より
としより、事之
外病者成申候、は
などもぬけ申候、ひげ
などもくろきハあまり
無之候、今一度遂
面上度存候、以上、
 これで主たる目的は達成したのですが、そのほかにも「掘り出し物」がありました。それは、羽柴(豊臣)秀吉の書状、朱印状や、関ヶ原の合戦布陣図、浮世絵です。
Senran_568x800  賤ヶ岳の戦いでは、桑名や亀山でも戦闘が行われたようで、桑名の戦況を伝える書状がありましたし、小牧・長久手の戦の頃の朱印状の中には、戦況とともに、縄尾(現在の朝日町縄生)や、桑部(桑名市)の砦の普請について書かれているものも展示されています。ちなみに、小牧・長久手の戦の際には、羽津(四日市市)や縄生にも秀吉方の砦が築かれ、秀吉自身も在陣したそうです。さらに、関ヶ原の合戦布陣図には、安濃津(現在の津市)や、桑名でも戦闘が行われたという説明もありました。これらの辺り、小生自身はあまりしっかりとは認識していませんでしたので、とても興味深く見てきました。
Ukiyoe_566x800  浮世絵は、「織田信長公清須城修繕御覧之図」、「本能寺焼討之図」、「大坂平野合戦真田幸村地雷火をもって関東の大軍を破る」の3点が展示されていました(2月に入ると、展示替えがあるそうですから、もう一度行かねばなりません)。いずれも、明治時代に描かれたものですが、見事でした。
 この他朝日町の歴史に関わる内容が充実していましたし、桑名に関するものや、桑名から出土したもの、鎮国守国神社が所蔵する資料なども展示されています。なかなか充実した展覧会で、失礼ながら、「山椒は小粒でぴりりと辛い」という印象でした。入場は無料、月曜と、31日、2月1日は休館ということです。
Hyousi_568x800  余談ですが、入場無料なのに、本文が20ページもある図録(パンフレット?)を頂戴してきました。これは、きちんとした資料です。6~8枚めの画像は、パンフレットからお借りしました。
Dscn4293_800x600 お陰様で体調はだいぶ戻ったと思います。ただ、この寒さですから、散歩は自重しています。寒気は徐々に去って行くということですから、もうしばらくしてから散歩&鳥見を再開したいと思っています。最後の写真は、夕方、ベランダから眺めた、中部電力川越火力発電所です。

|

« 「九華公園の野鳥たち」(続編)は、ほぼ一区切りか……今日も蟄居中 | トップページ | 今日も蟄居……正受老人の「一日暮らし」が気になる »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

健彦さん、こんばんは。

朝日町歴史博物館は、きちんと資格を持った学芸員の方がいらっしゃるようですから、たぶん大丈夫でしょう。

本文には書きませんでしたが、今日も、職員の方が館内にいらっしゃり、説明をしてくださいました。

例の「くわな史跡めぐり」は、市役所文化課がつくったものです。
文化課は、文化財の調査、保護及び活用などの仕事もしているようですから、専門家がいらっしゃると思うのですが、どうなっているのでしょうね。

投稿: mamekichi | 2017年1月24日 (火) 20時45分

こんにちは。
>入場無料なのに、本文が20ページもある図録(パンフレット?)
とのことですが、そこにはミス記載はないのでしょうか?(意味深笑)。

投稿: 建彦 | 2017年1月24日 (火) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「九華公園の野鳥たち」(続編)は、ほぼ一区切りか……今日も蟄居中 | トップページ | 今日も蟄居……正受老人の「一日暮らし」が気になる »