« 寒波襲来で、鳥も少なし……梅はまだ蕾固し | トップページ | 「昭和のくらし・昭和の子ども」展へ……四日市市立博物館 »

2017年1月12日 (木)

寒い中、乙女椿咲く……猛禽類の証拠写真も(笑)

Dscn3748_800x600

 今日も、寒いというよりも、冷たい感じでした。左の写真のように、多度山とImg_3893_800x522 いうか、揖斐長良川の上流の方から雲が出ているのは、冬の典型的なパターンで,寒さのサインです。右は、散歩に出るときの藤原岳の様子。雪が積もっていますし、山の上にかかっているのは雪雲のような気がします。
Dscn3760_800x600 しかし、こういう寒い中にも、鎮国守国神社では、ツバキが咲いてきています。年末くらいからヤブツバキが咲いていましたが、今日は、乙女椿(と神社の方に伺っています)が、2輪咲いていました。鳥に会うのも楽しみですが、寒い中花を見られるのも嬉しいものです。
Img_3957_800x599  今日は、まずこちら。ホオジロです。11月25日(ホシゴイは3羽もいました!……ホオジロ、ジョウビタキのメス、イチョウの黄葉なども)にもチラッと見たのですが、きちんと確認できたのは、今シーズン初。蟠龍櫓近くにある三Img_3940_800x574 の丸水門のところに出てきました。例年、このあたりにホオジロがやってくるので、「まだかまだか」と待っていたのです。堤防下の地面で餌を探していました。左の写真はオス。もう1羽,オスがいました。
Img_4031_800x600 もう一つは、証拠写真ではありますが、猛禽類。九華公園内を歩いていたImg_4048_533x800 ら、東の空に見えました。見えたといっても、55mmで撮ると、右のように、ほとんど点にしかなりません(左の写真は、250mmズームで撮って、大トリミングしています)。ノスリかなぁ?と思っています。
Img_3993_800x558 九華公園の管理事務所近くで、ジョウビタキのメスが出てきました。が、ご覧のような写真。この頃こまめに,露出補正やら、ホワイトバランスやらを調整するようにしているのですが、うまく行っていません(苦笑)。もっと練習しないといけません。
Img_3999_800x583 シメも、九華公園でほとんど毎日見られるようになりました。それも、けっこう離れたところで複数見ますので、2羽以上はいると考えています。
Img_3977_800x567 鎮国守国神社のゴイサギ&ホシゴイ。今日は、ホシゴイ2羽Img_3981_800x596 にゴイサギ1羽。ホシゴイの1羽は、よく見えるところにいたものの,他の2羽は、木陰の奥にひっそりと止まっています。
Img_3985_800x556 社務所の裏ですので、堀の対岸からしか見えないところにいます。見る位置が少しでも変わると、葉っぱの陰に隠れて分からなくなります。さらに、視点の高さによっても同じようなことが起こります。社務所裏では、この頃、少しずつ移動しながら、立ったり、しゃがんだりして確認しています。事情を知らない方からすると、不審人物と思われることでしょう(苦笑)。
Img_4012_800x534 九華公園のカモは、合計68羽。ハシビロガモのペアが1組と,他はキンクImg_4009_800x534 ロハジロがほとんど(スズガモも含まれているかも知れないということです)。寒いので、お休み体勢ばかり。
Img_4094_800x534 ユリカモメは、少なく、10羽。二の丸橋の欄干にも並んだのですが、それも3羽(写真は、そのうちの2羽)。閑散としています。
Img_4067_800x577
 ビンズイは、ほぼ定着したかも知れません.今日見たのは、5羽。神戸櫓Img_4073_800x588 跡と、辰巳櫓跡の間。地面に降りているのもいました。
Img_3912_800x567 ツグミは、九華公園でもようやく地面に降りているところを見るようになりましたし、去年よく見かけた三の丸公園などでもみるようになりました。左の写真は、揖斐川堤防、旅館山月裏で撮ったもの。
 今日、この他に見たのは、アオサギ1羽(揖斐長良川の中州)、カンムリカイツブリ計11羽(揖斐川)、セグロカモメ2羽(揖斐川)など。セグロカモメは、揖斐川にダイビングして、魚を捕るところを目撃したのですが、うまく撮ることはできませんでした。このとき、別の1羽が横取りしようと急接近して来ていました。キンクロさんは、住吉水門や、揖斐川、吉之丸コミュニティパーク西の堀などにもいます。
Dscn3769_800x600 散歩は、8時40分から11時15分頃まで。いつも通り、住吉神社、九華公園、歴史を語る公園から田町と回ってきました。4.7㎞。途中、九華公園の管理事務所で管理人さんと30分近く話し込んでしまっていました(苦笑)。写真は、諸戸氏庭園と住吉入江の間。ここにはベンチがありますが、冬でも、諸戸氏庭園の森で北風は遮られ、陽が当たっていると日向ぼっこに好適の場所です。散歩帰りにたいてい一休みしてきます。
 
Img_4110_800x533 余談。八間通に春日神社へ入るところを示す看板があります.何気なく眺めたら、バージョンアップしていました。昨年12月に「桑名石取祭の祭車行事」も含む「山・鉾・屋台行事」が、ユネスコの無形文化遺産に決ったことを承けてでしょう。春日神社は、「神社婚活」とか、「ランドセルのお祓い」とか、いろいろと新しい試みもしておられます。

|

« 寒波襲来で、鳥も少なし……梅はまだ蕾固し | トップページ | 「昭和のくらし・昭和の子ども」展へ……四日市市立博物館 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

健彦さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

私は今までプログラムモードでそのまま撮ることが多かったのですが少しはまじめに撮るようにしようと、この頃は、露出補正や、オートだったホワイトバランスも変えてみるようにしました。
まだ失敗がたくさんあります。
変更したのを元に戻すのを忘れたりすることもよくあります。

最近読んだ本で、露出補正とISO感度の調整が肝心とありましたので、これからあれこれ試してみようと思います。

教えていただいたように思いきってあげるのもよいかも知れませんね。
試してみます。

いつもの散歩コースは、川沿い、公園ですので、猛禽類はたまに見るくらいです。
たいていは、トビか、ミサゴ。
ノスリは珍しいです。

これからもよろしくお願いします。

投稿: mamekichi | 2017年1月14日 (土) 08時34分

こんにちは。初めての書き込みです。よろしくお願いします。
露出補正には、私もいつも悩まされています。木に止まっている鳥を狙っているときに、上空を飛んでいる猛禽などを見つけた時などは、瞬時に露出変更しなければならないので、間に合わなかったり、頭も混乱したりして、失敗もかなりあります(笑)。
私の場合、空抜け順光の時などは、鳥の種類にもよりますが、(機材にもよりますが)露出補正1.3~1.7位、逆光になったときは、2以上3を超えることもあります。試に思い切って上げてみるのもいいかもしれません。
ノスリと思われている写真、私もノスリにまず間違いないと思います。ではまたよろしくお願いします。

投稿: 建彦 | 2017年1月13日 (金) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒波襲来で、鳥も少なし……梅はまだ蕾固し | トップページ | 「昭和のくらし・昭和の子ども」展へ……四日市市立博物館 »