« カモメとヒドリガモの飛翔シーン | トップページ | 平穏なはずの九華公園で一大騒動(笑)……オオバンデーと、春日さんで“「山・鉾・屋台」無形遺産”登録を祝す横断幕を見る »

2016年12月 1日 (木)

ジョウビタキオスの接近シーン……コサギを上から撮った写真も

Img_5696_800x545

 12月に入ってしまいました(笑)。「入ってしまった」という表現は適切ではなDscn2191_800x600 いかも知れませんが、気分的にはこういうことです。散歩コースでは、まだ紅葉が楽しめるところがあります。歴史を語る公園で撮ってきました。9時から11時半まで、5.4㎞。住吉神社、九華公園、歴史を語る公園、京町、寺町であります。
Img_5716_800x568 今日は、まずこちらから。見つけたときは目を疑いました。というのも、ジョウビタキは縄張り意識が強い鳥ですから。桑名別院本統寺の寺務所の屋根に2羽が並んでいたのです。特にトラぶる様子もありません。このあとは、別行動に。
Img_5497_800x533 さて、時間的な順序にしたがいますが、その前に、揖斐長良川の中州にはImg_5628_800x534 アオサギの姿はなし、オオバンも七里の渡し跡や水門には見えず。代わりに、キンクロハジロ20羽ほどが、中州近くに居たくらいでした。こちら、鎮国守国神社の社務所の裏には、今日は何度探しても、ゴイサギ1羽(赤い丸)と、ホシゴイ1羽(黄色い丸)のみ。ウロウロしながらあちこち見回していたら、社務所の屋根に旅ネコさんがいました。ゴイサギの代わりではないでしょうが……。ときどき、ここに居ます。
Img_5507_800x533 ユリカモメ、今日は10羽ほど。管理事務所近くの電線に1羽が降りようとしたImg_5512_800x600 のですが、あの足では、細い電線には掴まれなかったようで、曲芸のようにバランスをとっていたのですが、このあと、諦めて飛び去りました。電柱に止まっているユリカモメは、これには無関心のようで、笑えました。
Img_5518_800x565 カモさんたち、今日は、84羽。今シーズン最多でした。曇天でテンションがImg_5520_800x533 上がらない様子で、あちこちでお休み体勢。しかし、このあといろいろとあります。まずは、二之丸堀でカワウたちがたくさん降りてきて、漁を始めると、落ち着いて入られず、ウロウロ(右の写真)。
Img_5551_800x534 カワウたちは、吉之丸堀にも乱入。ハシビロガモ2羽、ヒドリガモ3羽が居Img_5553_800x557 たのですが、ヒドリガモが右往左往(笑)。ヒドリガモのメス2羽が、たまらず飛んで逃げます。お陰で今日も、ヒドリガモの飛び姿をキャッチできました。
Img_5579_800x558 ハシビロガモのカップルは、昨日と同じく、野球場南の遊歩道沿いにいたこともあってか、この騒ぎにはまったく動ぜず。写真は、騒ぎが収まった後で、そっと撮ったものですが、これまた昨日同様、オスはしっかり警戒中でした(笑)。メスは、足を伸ばすなど、リラックスモードのようです。
Img_5541_800x554 ちなみに、カワウさん、大漁ではなかったものの、餌をゲットできたものもいました。
Img_5590_800x517 鎮国さんにお参りし、外周遊歩道に回ろうかと思っていたところ、上空にImg_5600_800x553 白いサギの姿が(念のため申し添えますが、シラサギという名前の鳥はいません)。パソコンで確認したら、ダイサギのようでした。しかも2羽。九華公園上空を何度も旋回していたのですが、最終的には北の方へ去って行きました。ダイサギは、今まで九華公園で見たことはありませんでした。
Img_5674_800x598 歴史を語る公園を覗いたら、オオバンが4羽と、スズガモ(?)のメスが1Img_5685_800x524 羽。見ている内に、1羽のオオバンさんが、とんでもないものを咥え始めました(右の写真)。これはいくら何でも食べられません。堀に浮いていたレジ袋ですから。食べたらどうしようと思ったのですが、そのうちに諦めてくれたので、一安心。
Img_5741_800x576 拙宅前の住吉入江。今日も、キンクロさんカップルが1組。散歩に出たときも、一回りして戻ってきたときもいました。ただし、15時半頃買い物から帰ったときには不在で、ちょっとがっかり(笑)。
Img_5747_800x517 もう一つ、ここで驚いたことは、マンション敷地内の電柱にコサギが止まImg_5755_800x603 っていたのです(昨日は、ここから数10mほどの玉重橋あたりの電線にいました)。我が家まで上がっていき、玄関先から見下ろしたら、まだいました(右の写真)。コサギが止まっているところを上から撮影する機会は、たぶんあまりないと思います。
Dscn2189_800x600 曇天でしたが、結構楽しめました(微笑)。やはり出て行かないと、野鳥には会えませんし、珍しいシーンにも遭遇できません。今日、九華公園では、近くの立教小学校の子どもたちが、マラソンをしていました。この時間、昨日も「体力づくり……」として、校庭で皆そろって体操をしていました。息を切らしている子どももいましたが、概して皆元気に走って行きました。

|

« カモメとヒドリガモの飛翔シーン | トップページ | 平穏なはずの九華公園で一大騒動(笑)……オオバンデーと、春日さんで“「山・鉾・屋台」無形遺産”登録を祝す横断幕を見る »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

コサメビタキと思うのですが、自信はありません。
しかし、確かにふっくらしていて可愛いですね。
しばらく遊んでくれました。

上から見たコサギさんの背景は、道路で、石畳風になっています。
諸戸氏庭園の本邸前の道です。

「シラサギ」は、通称というか、日常用語なのでしょうね。
鳥の図鑑には、ありません。
ダイサギ、チュウサギ、コサギです。

投稿: mamekichi | 2016年12月 2日 (金) 08時17分

mamekichi先生、こんばんは。

昨日の、コサメビタキさん?? ウルトラスーパー可愛いじゃないですか!!
ふっくらまん丸で、転がしたくなります(笑)。

上から見たコサギさん、背景はコンクリートなのでしょうが、雪景色のようにも見えます。
すごく遠くに行って撮影したみたいです。

ところで、シラサギというのは、よく聞きますが、どうして言われるようになったのでしょう。

投稿: おユキ | 2016年12月 1日 (木) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カモメとヒドリガモの飛翔シーン | トップページ | 平穏なはずの九華公園で一大騒動(笑)……オオバンデーと、春日さんで“「山・鉾・屋台」無形遺産”登録を祝す横断幕を見る »