« ユリカモメのイメージを変える出来事(笑) | トップページ | 散歩はイオンモール桑名&散髪(笑)……「九華公園の野鳥たち」の続編を制作中 »

2016年12月21日 (水)

冬至の朝は霧……コゲラ、ジョウビタキのメス、シロハラ

Dscn2923_800x600

 12月に入ってから、時間が経つのがことのほか早く、今日はもう冬至。冬至といえば、カボチャと柚子。冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれるようです。なぜカボチャかというと、カボチャを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつであるから。また、柚子湯は、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊だといいます。冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもあったそうです。
Dscn2905_800x600 冬至の今朝は、7時をかなり回ってから濃い霧が立ちこめてきました。9時過Dscn2909_800x600 ぎくらいまでだったでしょうか。「これでは散歩に行っても撮りも見えないし、写真も撮れないな」と思い、駅近くでの用事を先に済ませ、9時45分頃から散歩に出てきました。その頃には、右の写真のようによく晴れて、暖かくなってきていました。住吉神社、九華公園、貝塚公園と回り、また九華公園を通って帰宅。所要と散歩で合わせて7.2㎞も歩いていました。
Img_9739_800x503 揖斐長良川の中州の様子。これは帰りに撮った写真ですが、このところアImg_9596_800x586 オサギがたくさん集まっています。たいてい10羽~20羽くらい。この写真では15羽が見えます。今日は、揖斐川にもあちこちにキンクロハジロやオオバンの姿が見えていました。合わせて28羽。カンムリカイツブリ(左の写真)も、5羽ほどいました。カンムリカイツブリ、昨シーズンは、住吉入江にも来ました。今年も期待しています。
Img_9613_800x586 七里の渡し跡には、コガモのオスが3羽来ていました。東側の堤防の上にImg_9614_800x618 上がって、お休み中。帰り、11時半過ぎに通ったときにはもういませんでした。休みに来たのでしょうか?
Img_9605_800x563 同じく七里の渡し跡では、ホシハジロのオスが1羽。このホシハジロさん、根拠はないのですが、住吉水門の内側に来る個体のような気がします。他には、七里の渡し跡から奥の多聞橋の方の堀にオオバンが2羽、キンクロハジロが8羽。
Img_9625_800x540 10時10分に九華公園到着。いつもより1時間ほど遅い時間です。北門を入ってすぐにハクセキレイが1羽。
Img_9678_800x569 鎮国守国神社の社務所裏には、ついたときにはゴイサギもホシゴイもいなかったのですが、30分後にもう一度見ると、ホシゴイが1羽のみ、クスノキの上の方にいました。この頃は、このパターンです。ゴイサギの姿は見られなくなり、ホシゴイが1羽。
Img_9631_800x534 ユリカモメ、この写真は、管理事務所脇の電柱の上の様子。ここにもよく止まっています。今日は、最多で22羽と少なめ。
Img_9659_800x547 カモたちは合計67羽。ハシビロガモのオス1羽、メス1羽、ホシハジロのオImg_9633_800x534 ス1羽、メス1羽、ヒドリガモのオス1羽、メス1羽とキンクロさんと、数は変動するもののほぼ固定メンバー。
Img_9662_800x529 エサをくれる人もなく、ユリカモメも、カモも静かに過ごしていました(左Img_9661_800x534 は、二之丸堀の様子)。右は、ハシビロガモのオスですが、未だにエクリプス状態。どうなっているのでしょう?
Img_9648_800x563 管理事務所のすぐ北あたりには、コゲラ、シジュウカラ、メジロが混群で出てきていました。いずれもよく動きますので、なかなかその姿を捉えられません。メジロは、ホシゴイを見ているときも社務所裏のセンダンの木あたりで動き回っており、このところよく見られるようになってきました。年配の鳥好きの方が、「山に雪が降ると、こっちに降りてくる」とよくおっしゃいますが、その通りのようです。
Img_9681_800x567 九華公園の外周遊歩道の東では、久しぶりにジョウビタキのメスを見ました。このあたりで毎年よくジョウビタキのメスを見ます。
Img_9727_800x529 貝塚公園では、シロハラをチェック。公園西側の植え込みにたいていいまImg_9730_800x597 す。しつこく写真を撮っていたら、逃げられ、しかも睨まれたような気がします(右の写真)。この他、カワラヒワ、ヒヨドリ、シジュウカラなどもいましたが、ツグミは見られず。
Img_9741_595x800 帰りに桑名七里の渡し公園を見てきました。この頃、前は通るものの、中には入らないでいたのです。目につくところ何カ所かにこの看板が立てられていました。マスコミでも話題になっていますが、鳥インフルエンザに対する注意喚起です。この近くでも名古屋の東山動物園や、三重県明和町でも鳥が死んでいます。私の散歩コースでは、死んでいる鳥は見ていませんし、弱っている鳥も見当たりません。九華公園でも、こういう看板が必要ではないかという気がします。

|

« ユリカモメのイメージを変える出来事(笑) | トップページ | 散歩はイオンモール桑名&散髪(笑)……「九華公園の野鳥たち」の続編を制作中 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

昨日は暖かかったですね。
しかし、雨のあとは寒くなるそうですから、気が抜けません。

冬至を調べたら、「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれているとありました。
プリンも、「ん」がついていますから、大丈夫かも知れません。

ハクセキレイさんは、都会にもいるでしょうね。
ときどき人懐っこいハクセキレイさんがいます。

ユリカモメvs.カワウバトルの写真、2枚ほど、「記事内で拡大」を指定するのを忘れていました。
失礼しました。

投稿: mamekichi | 2016年12月22日 (木) 08時13分

お写真、確認しました。
それにしてもユリカモメさん、カワウ殿に挑むなんて、意外とやんちゃなんですね。
ユリカモメさんは、パンとかお菓子を食べるところばかり拝見していたので、お魚を咥えている姿にも、衝撃でした(笑)。

投稿: おユキ | 2016年12月21日 (水) 22時03分

mamekichi先生、こんばんは。

今日は、暖かかったですね。
日焼けが心配になるくらいでした(苦笑)。

冬至には、「ん」がつくものを食べると良いのですか。
記事を読ませていただいてから考えて、うどんを食べることにしました。
「プリン」でも良いのかしら?

そうそう、私、ハクセキレイさんを識別できるようになったんです。
これまで、小さな鳥はみんなスズメということにしていたのですが(笑)、
よく観るようにしたら、ハクセキレイさんだったのです。
先日など、目の前にいたのですが、道を譲るように居直って、見送ってくれました。
ハクセキレイさんは、案外、人懐っこいのでしょうか。

それと、
センセー!月曜のユリカモメさんとカワウさんの餌鳥合戦、
肝心のお写真が拡大できないのです。
どうにかしてください(笑)。

投稿: おユキ | 2016年12月21日 (水) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユリカモメのイメージを変える出来事(笑) | トップページ | 散歩はイオンモール桑名&散髪(笑)……「九華公園の野鳥たち」の続編を制作中 »