« 九華公園にアオサギ戻る、ユリカモメは91羽と最多をカウント……ウミネコの若鳥(?)に天使の梯子 | トップページ | イソヒヨドリのメスに、ミサゴの証拠写真……ユリカモメの乱舞も »

2016年12月17日 (土)

久しぶりのコゲラ、ゴイサギはセンダンの木のてっぺんに登場

Img_9082_800x551

 風も少し弱まり、寒さも和らいだ感じがします。旅ネコの日向ぼっこは、鎮国守国神社の境内社、九華招魂社の拝殿で見かけました。気持ちよさそうで、うらやましいです。今日は、9時半からほぼ2時間の散歩。5.6㎞。住吉神社、九華公園、歴史を語る公園、京町、老松公園、寺町。
Img_8989_800x521 揖斐長良川の中州、今日は、アオサギの集会日のようで、18羽が集まっていました(ここに写っているのは、12羽)。集まるとはいえ、かなり密集していますが、トラブルは起きないのか、ちょっと気になります。
Img_9003_800x550 鎮国守国神社の社務所の裏。到着した途端に、どこかからゴイサギが飛んImg_9012_800x533 で来て、センダンの木の上の方におりました。左のような姿のゴイサギ、あまり見ないと思います。右の写真の赤丸のとところです。こういう目立つところにいるのも珍しい。黄色い丸には、ホシゴイが1羽います。
Img_9010_800x568 ゴイサギは、しばらくしたらフツーの姿に戻りました。今日は、このゴイサギとホシゴイが、1羽ずつ。
Img_9040_800x590 九華公園では、ずいぶん久しぶりにコゲラの姿を捉えました。あの、神戸櫓Img_9052_800x632 跡での巣作り作業以来です。ちょこまかよく動いてあまりよい写真は撮れなかったのですが、左の写真をよくご覧ください。中央あたりに足が写っています。体の割に大きく、鋭い爪がついています。これでしっかりと捉まり、あちこち動き回ります。また、木の幹を下に向かって進んでいくことも平気なのです。
Img_9044_800x539 2羽が一緒にいましたから、ペアなのだろうと思います。このコゲラは、シジュウカラや、メジロとの混群を形成していました。このあたりでは、鈴鹿の山に雪が降ると、鳥が降りてくるとおっしゃる年配の方がいらっしゃいます。雪も降りましたから、メジロや、ヤマガラなどが増えることを期待しています。
Img_9066_800x597 シジュウカラとメジロは、証拠写真(苦笑)。このときは、晴れたり、曇ったImg_9067_800x588 り忙しかったのです。シジュウカラは数羽、メジロは10羽くらいがいました。
Img_9021_800x534_2
 ユリカモメは、合計46羽ほど。昨日からは、半減。それでも二の丸橋の欄Img_9077_800x610 干に並んだり、堀に浮かんだり。ときどきは、二の丸橋袂のクスノキ(昨日まで、勘違いしてエノキと書いていましたが、クスノキでした)に実を啄みに来たり。
Img_9136_800x570 クスノキに止まるユリカモメは、少数派のようで(右上の写真)、多くは左の写真のように、ホバリングしながら実を食べようとしていました。
Img_8997_800x541 今日はあちこちでハクセキレイを見ました。左は、三の丸水門の近くにImg_9015_800x559 て。右は、九華公園の九華橋の近くにて。
Img_9139_800x558 中には、ユリカモメのように、二の丸橋の欄干に降りたものも。2羽だけが並びました(笑)。
Img_9020_800x580 カモは、62羽。ヒドリガモのオス1羽、メス2羽、ハシビロガモのオス1羽、メImg_9146_800x534 ス1羽、ホシハジロのオス1羽で、他はキンクロハジロ。ヒドリガモは、オス1羽とメス2羽がたいてい行動を共にしているのですが、この3羽どういう関係なのでしょう? ずっと気になっています。
Img_9147_800x536 逆光気味ですが、ツグミです。九華公園の外周遊歩道の南にて。立教小学校の体育館の側。遊歩道に降りていたのですが、歩いて行ったら電柱の上に逃げられました。ツグミたち、まだなかなか降りてきません。
Dscn2738_800x600 諸戸氏庭園前の住吉入江。散歩に出たときは、キンクロは6羽(オス4羽、メス2羽)いたのですが、帰ってきたら、いつも通りの5羽になっていました(オス4羽、メス1羽)。眺めていて思いつきました。名付けて、「住吉キンクロウズ」であります(笑)。
Img_9000_800x536 今日はこれらの他、住吉神社前の揖斐川で、キンクロハジロ11羽、オオバン1羽、ヒドリガモのペア1組なども見ました。七里の渡し跡には、キンクロのメス2羽と、オオバン1羽。このオオバンは、揖斐川の方から飛んで来て、着水。いつもより1時間遅い散歩でしたから、見られる鳥も違ったかも知れません。
Dscn2722_800x606 もう12月も後半になりました。大掃除やら(中掃除くらいが、せいぜいカモしれません)、年賀状やらもそろそろ準備しなくてはなりません。年賀状は、もう退職して丸5年も過ぎましたから、少し整理させてもらおうかと考えています。写真は、九華公園の管理人Oさんにいただいたもの。手作りです。本当に器用で、こまめにいろいろとなさる方です。

|

« 九華公園にアオサギ戻る、ユリカモメは91羽と最多をカウント……ウミネコの若鳥(?)に天使の梯子 | トップページ | イソヒヨドリのメスに、ミサゴの証拠写真……ユリカモメの乱舞も »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

お陰様で、いくつか収穫がありました。
ゴイサギ、どこかから飛んで来たように思ったのですが、センダンの木のてっぺんに降りました。
ゴイサギは動物性のものを食べますから、たぶんセンダンの実は食べないと思います。
実は、一昨日(12/16)、ゴイサギを見ていたら、上空をホシゴイが旋回し、北西の方に飛び去りました。
サギたちの行動は、未だよく分かりませんね。

アオサギ、集まる日は昨日のように10数羽もいるのですが、まったく見られない日もあります。
河口堰と同時に観察したら何か分かるかも知れませんね。

コゲラ、久しぶりに見ました。
動き回ってなかなか撮れず、あの写真は「ケガの功名」のようなものです。
足と爪は本当にしっかりしたものです。
ユリカモメは、よほど強風の日などを除けばたいてい見られるようになりました。
クスノキ(エノキと勘違いしていました)にも、相変わらず集って実を啄む光景も見られます。

ツグミは、まだほとんど樹上です。
おっしゃるように食べ物の関係かも知れません。
長島で見られないというのは、残念ですね。

「住吉キンクロウズ」、芸名です(笑)。
姿を見ると寄ってきますから、九華公園で人に慣れたキンクロさんたちの一部かも知れません。
自宅からすぐのところでカモが見られるのは、嬉しいものですよ。

カルガモさんも他のカモを追いかけるんですね。
九華公園では、キンクロさんや、ユリカモメがときどきそういうところを見せてくれます。
これも意味がよく分かりません。

ところで、イルミネーション探し、お疲れ様です。
新発見があったことを祈っています。
是非拝見したいと思っています。

投稿: mamekichi | 2016年12月18日 (日) 08時29分

mamekichiさん、こんばんは!

今日は色々収穫が有ったようですね。ゴイサギ、普段隠れてる感じですが、今日は目立つ所に居ますね、センダンの実を食べてたのでしょうか。

アオサギは相変わらず集まっておりますね、今日は昼ちょっと前に河口堰に行ってみましたが、12羽程、河口堰の閘門周辺に集まっておりましたよ。その18羽の一部が移動してきたのか、もしくは計30羽居るのかは判らないですね。その河口堰のアオサギ12羽は、全て同じ格好で居眠りしており、笑ってしまいました。

コゲラも青空バックに良い感じです、そして足の爪、掴まれたら痛そうです。ユリカモメも見ない日は無い感じですね。

ツグミ、まだ木から下りてこないとは、まだ木にエサが有るという事なんでしょうね。ちなみに長島側ではツグミを見なくなりました。(泣)

「住吉キンクロウズ」 グループの名前でしょうか(笑)、芸でもしてくれると面白いですね。本日河口堰では、1羽のカルガモが、特定の1羽をずっと追い掛け回してました、何がしたいのか良く判りませんね。

本日もイルミネーション探しに行っておりましたよ。(笑)

投稿: ひらい | 2016年12月17日 (土) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園にアオサギ戻る、ユリカモメは91羽と最多をカウント……ウミネコの若鳥(?)に天使の梯子 | トップページ | イソヒヨドリのメスに、ミサゴの証拠写真……ユリカモメの乱舞も »