« 三ツ又池公園でパンダガモ……途中からモノクロ写真になっていてビックリ! | トップページ | 七里の渡し跡でイソシギ……九華公園、ユリカモメはゼロ »

2016年12月27日 (火)

ホシゴイにアオサギ登場……午後から九華公園へ散歩

Dscn3121_800x600

 11時過ぎくらいまで雨模様でしたが、午後からは晴れてきましたので、散歩は14時過ぎから16時半に。住吉神社から九華公園を往復してきました。3.8㎞ほど。もう少し歩くつもりでしたが、九華公園で知人にお目にかかり、あの「九華公園の野鳥たち」を見ていただいたり、管理人さんや、別の知り合いにもあってにも会って話をしている内に時間が過ぎました(苦笑)。
Img_0660_800x595 住吉入江では、ハクセキレイさんに遭遇。目の前の堤防をチョコチョコっと駆けていきました。写真はありませんが、住吉キンクロウズは、日によって、時間によって違いますが、2~6羽くらいがいます。今日は、入江に2羽、住吉水門の内側に4羽。
Img_0667_800x534 揖斐長良川の中州のアオサギさん、午後から散歩で新しいことが分かりまImg_0804_800x524 した。左の写真は、往きに撮ったもの(14時20分頃)。17羽がいました。帰りには、ゼロ(右の写真、16時20分過ぎ)。やはり、ここは昼間を過ごす場所で、どこかから出勤してくるものと思われます。
Img_0687_800x638 九華公園到着は14時30分。ホシゴイが1羽。朝とは違って、しっかり日が当Img_0689_800x533 たるところに出ていました。やはり、いつもと違う時間に散歩にきて、観察してみるとよいようです。
Img_0698_800x534 カモは見るからに少なく、合計36羽。すべてキンクロさんで、今日は、他のカモは不在。雨のせいでしょうか? ユリカモメは、堀に18羽、野球場のフェンスに6羽。
Img_0700_800x556 たまにはキンクロさんに注目してみましょう(笑)。左はオス、右はメス。メスImg_0701_800x534 の方は、傾き駆けた日が当たって、なかなかよい感じかなという気がします(微笑)。
Img_0735_800x581 本丸跡では、コゲラとシジュウカラが一緒に行動していました。コゲラは、Img_0761_611x800_2 2羽。つがいなのでしょう。今日は、ラッキーなことに、5m以内のところまで接近できました。餌探しに懸命になっていたからでしょう。
Img_0779_800x588 シジュウカラは、4~5羽。よく動きますから、あまりよい写真は撮れませんでした。
 このあと、始めに書きましたように、知人の方に出会い、管理事務所で「九華公園の野鳥たち」を見ていただきました。小生はそのまま管理人さんと話し込んでしまい、そこに別の知り合いも加わって、けっこうな時間しゃべっていました。毎度のことですが、散歩に行ったのか、話をしに行ったのか分からなくなります。
Img_0790_800x579 16時を過ぎましたので、日が陰る前にと家路についたのですが、何とこImg_0797_800x580 んな時間にアオサギさんが登場していました。鎮国さんの社務所の裏の「新お立ち台」であります。朝の内はいなくとも、午後から来ることもあるのかも知れません。
Img_0799_800x534 ホシゴイは、急いでいたのできちんと確認せずにいないと思い込んだのですが、帰ってからパソコンで見たら、木陰に隠れていました(苦笑)。黄色い丸の中です。
Img_0681_510x800 雨だったこともあって、午後から散歩に行ったのですが、いつもとは違っImg_0675_800x557 た時間に行くのもよいものです。というのも、午前中だけ見ていては分からないこともあったからです。ただ、冬は、午後になると風が出てきたり、日が陰ってきたりすることが多いので、それだけはちょっとというところです。往きに、七里の渡し跡近くの堤防で、親子連れの方がたこ揚げを楽しんでいました。風は結構ありましたし、洋凧でしたからよく上がっていました。アンパンマンのイラストが描かれていました。
Dscn3119_800x600 余談であります。こちら九華公園脇にある柿安本社ビルの前の様子。年末と言うこともあり、また、今朝、新聞に折り込み広告が入っていた問いこともあってか、かなり賑わっていました。駐車場整理の警備員の方が出るくらい。「歳末肉の市」だそうですし、29日は「肉の日」、年始は元旦から営業するそうです。我が家? あまりご縁はなさそうですねぇ(苦笑)。

|

« 三ツ又池公園でパンダガモ……途中からモノクロ写真になっていてビックリ! | トップページ | 七里の渡し跡でイソシギ……九華公園、ユリカモメはゼロ »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

昨日の朝はかなり降りましたね。
そして、昨日の夜は台風かと思うくらいの風。
この風が、鈴鹿の山には雪を運んできたようです。

さて、ご質問の件、ゴイサギの雛は孵化してから20-25日で巣を離れ、40-50日で飛べるようになって独立するようです。
さらに、生後1-2年で性成熟するそうですから、そのころまではあの「ホシゴイ」の模様出いるのではないかと思います。
ちなみに、「ホシゴイ」というのは、羽根にホシのような模様があることから、ホシゴイと呼ばれています。

鳥の行動は、なかなか読めないのですが、アオサギがあの時間にやってきているとは思いませんでした。
私もおユキさんと同じで、あそこにアオサギがいるとホッとします。

住吉キンクロウズは、少しずつメンバーも入れ替わったりしているようです。
といっても、オス・メスの数などからの推測ですが……。
自宅のすぐ側でカモが見られるのは、ありがたいです。

投稿: mamekichi | 2016年12月28日 (水) 17時53分

mamekichi先生、こんにちは。

昨日の朝、すごい雨が降っていて、ビックリしました。
まさかあれほど降るとは・・・。

さて、質問です。
ホシゴイさんは、ゴイサギさんの幼鳥だったと思うのですが、いつまでホシゴイさんなのでしょう?
ヒヨコが鶏になるのに、どれくらいかかるのですか?という質問と同義です。
拝見していると、ホシゴイさんはいつまでもホシゴイさんのような気になってしまって。

新お立ち台のアオサギさん、フレックスタイムでご出勤だったのですね。
あそこに立っているアオサギさんを見ると、安心します。

住吉キンクロウズ、是非、来桑している間にサインを求めに行きたいと思っています(笑)。

投稿: おユキ | 2016年12月28日 (水) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三ツ又池公園でパンダガモ……途中からモノクロ写真になっていてビックリ! | トップページ | 七里の渡し跡でイソシギ……九華公園、ユリカモメはゼロ »