« 国際センタービルからの眺め……相談会で名古屋へ | トップページ | 九華公園でコサギとユリカモメのツーショット、アオサギも2羽……「九華公園の野鳥たち」続報 »

2016年12月 4日 (日)

シメ登場、寒牡丹が咲き、アオサギ戻る……久しぶりの「祝 当選」

Dscn2305_800x600

 寒牡丹が咲き始めていました。九華公園の管理事務所のすぐ北、通路脇です。「戸川寒」という品種だそうです(看板があったので、小生でも分かりました)。午前中は晴れという予報でしたが、雲が多く、寒い感じです。夕方からは雨といいます。8時半から11時まで、住吉神社、九華公園、江戸町、川口町からまた住吉神社を経て、住吉入江を一周。5.4㎞。
Img_6049_800x544 六華苑の入り口の大イチョウ。東側の、揖斐川堤防からの眺め。まだあまり落葉していないようです。我が家からも先端だけ見えます。
Img_6045_800x534 往きに諸戸氏庭園前で知り合いの方と話していたら、やたら近くでハクセキレイの声がしました。振り返ったら、目の前にいました。朝日に向かって何かしゃべっていました(笑)。このあと、揖斐長良川の中州にはアオサギが1羽。中州あたりは、他にも3~4羽、アオサギが飛んでいて、「出勤時間か?」と思ったのですが、帰りにはゼロ。どうも行動パターンは今ひとつ分かりません。
Img_6083_800x565 九華公園に到着。しばらくぶりに「新お立ち台」にアオサギさんの姿がありImg_6082_800x575 ました。いつ以来でしょう? しかし、アオサギが来たためか、ゴイサギ&ホシゴイの姿が見られません。よく探したら、ホシゴイが1羽だけ、「新お立ち台」の北側にいました。
Img_6079_800x534 アオサギからは直接見えない位置のようです。これは9時頃の様子。このあと、2回ほどチェックしたのですが、ホシゴイはいなくなり、アオサギさんだけになっていました。社務所側に回って確認することはできません。堀の対岸から見るだけですので、こちらからは陰になっているところにいるのかも知れません。
Img_6114_800x531 カモは合計82羽とかなりたくさん。しかし、天候も今ひとつですから、あまり活発ではありませんでした。ホシハジロのオスが3羽、メスが2羽、ハシビロガモのオス1羽、メス1羽、ヒドリガモのオス1羽、メス1羽、他はキンクロさん。ユリカモメは、けっこう動いていて、正確ではありませんが、30羽としておきます。
Img_6237_800x534  たまには、キンクロさんのクローズアップ写真。左はオス。相変わらずきImg_6130_800x608 ちんとカメラ目線。それに、寝癖(冠羽)も立派です。右は、メス。首のあたりが痒いのか、懸命に書いていました。目つきも真剣です。
Img_6154_800x524 こちら、判別が難しいのですが……。嘴の根元には白い部分があり、スズガモのような特徴。しかし、頭には冠羽が少しあるように見え、キンクロさんの特徴。う~む。今日は、キンクロをできるだけよく見てきたのですが、スズガモのオスと思われる個体には気づきませんでした。メスは、このように判別に苦しむのを見つけてしまいました。継続観察ですねぇ。
Img_6195_800x577 ハシビロガモさんのペアは、今日も、野球場南の吉之丸堀にいます。オImg_6238_800x534 スは、お休み中の時でも、近寄ってくる対象をしっかりチェックしています。この様子を見ると、仲むつまじいことがよく分かります。仲むつまじいといえば、ヒドリガモも同様。たいてい行動を共にしています。
Img_6170_800x533 天候のせいか、餌をくれる人もほとんどなく、ユリカモメも野球場のフェンImg_6187_800x541 スで休んでいたり、二の丸橋のところのエノキの実を啄みに行ったりするくらい。
Img_6249_800x564 アオサギを久しぶりに近くで見たくらいで、どうもなぁと思って、本丸跡かImg_6254_800x595 ら外周遊歩道へ行こうとしたら、辰巳櫓跡近くで、「チッ、チッ」というような聞き覚えのある鳴き声がして来ました。探したら、やはりシメさんの登場でした。しつこく写真を撮っていたら、気づかれたようですが、幸い逃げられずに済みました。
Img_6282_800x563 シメ、漢字で書くと「鴲」。変わった名前なのですが、「シー」と聞こえる鳴き声と、鳥を意味する接尾語である「メ」が和名の由来となっているようです(Wikipedia)。九華公園では、数は少ないのですが、私の好きな鳥の一つで、これからの楽しみが増えたということです。
Img_6321_800x536 拙宅前の住吉入江には、今日も朝からキンクロハジロのペアがいました。さらに、散歩から帰ってきたときには、カイツブリも来ていました。
Img_6218_800x560 まだモミジの紅葉も見られるところがあります。左は、鎮国守国神社の稲荷社の参道の入り口近くで。
Dscn2282_800x600 ところで、久しぶりに「祝 当選!」であります。au STARに加入すると、「選べる三太郎ギフト」が当たるということで、応募したら、「三太郎ふりかけ」が当たり、昨晩届きました。永谷園がつくっています。10種類の味が楽しめます。ブロ友のこころんさんがおっしゃるように、継続していろいろと応募しないといけません。

|

« 国際センタービルからの眺め……相談会で名古屋へ | トップページ | 九華公園でコサギとユリカモメのツーショット、アオサギも2羽……「九華公園の野鳥たち」続報 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

アオサギさんが戻ってきて、そのせいかどうかよく分かりませんが、ゴイサギ&ホシゴイが見えなくなりました。
アオサギは、ごくたまにこの木の下の堀で魚を捕っていることもありますから、エサが得られないということはないのですが、樹上にいることがほとんどですね。
ゴイサギ、ホシゴイは、アオサギには遠慮するのかという気がします。

九華公園のカモは、例年のほぼ最多の数になりました。
おっしゃるようにあちこちのものを合わせると、かなりの数になるのでしょうね。

シメがいよいよやって来ました。
九華公園ではこれからたいていは、1~2羽は見られます。
シロハラは、九華公園や貝塚公園ではもう少しするとやって来ると思います。
イカルは見たことがありません。
一度は見たいと思っています。
それとチョウゲンボウ、ひらいさんのレポートが楽しみだったのですが、来なくなったのは残念です。

ブログ、後ほど拝見します。

投稿: mamekichi | 2016年12月 5日 (月) 05時56分

mamekichiさん、こんばんは!

アオサギさん定位置に登場ですね、エサとかが有るようには思えないですが、鳥達にとっては、その場所が良いのでしょうね。しかしあの場所にエサが有る訳でも無く、ずっと居るというのも良く判りませんね、休憩だけなら他にも良い所が有るような気がしますし。

カモ達もあちこちで増えてきました、もう桑名地区だけでも数千羽(もしかして数万?)は居る感じですね。どこに行っても必ず見られるというのは鳥見としては嬉しい限りです。

シメ、野鳥撮影を始めてから、数回見ただけのレア野鳥で、最後に見たのは1年前くらいでしょうか、あとシロハラ、イカル、チョウゲンボウとかも最近は不在、どこへ行ってしまったのでしょうか。

ブログでの予告通り、雨のなばなに行っておりましたよ。(笑)

投稿: ひらい | 2016年12月 4日 (日) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国際センタービルからの眺め……相談会で名古屋へ | トップページ | 九華公園でコサギとユリカモメのツーショット、アオサギも2羽……「九華公園の野鳥たち」続報 »